Zro4mw6jps2kxwuwtxai

ヘアスタイル

CATEGORY | ヘアスタイル

ヘアカラーのレッド系!市販・ブリーチなしの色落ちしにくいのはこれ!

2019.04.22

この季節、新しいヘアカラーにチャレンジしたい!そんな方も多いですよね。おすすめは、赤いヘアカラー。レッドやチェリーレッド、グラデーションなどアレンジ次第で素敵に変身!市販やセルフ、ブリーチや色落ちなどはどうなのでしょう?レッド系のヘアカラーまとめてみました

目次

  1. ヘアカラーのレッド系!市販・ブリーチなしの色落ちしにくいのはこれ!はじめに
  2. ヘアカラーのレッド系!市販・ブリーチなしの色落ちしにくいのはこれ!【1.シエロヘアカラー ルビーブラウン】
  3. ヘアカラーのレッド系!市販・ブリーチなしの色落ちしにくいのはこれ!【2.サイオスカラ―ジェニック】
  4. ヘアカラーのレッド系!市販・ブリーチなしの色落ちしにくいのはこれ!【3.泡パックヘアカラー】
  5. ヘアカラーのレッド系!市販・ブリーチなしの色落ちしにくいのはこれ!【4.ビューティーラボヘアカラー】
  6. ヘアカラーのレッド系!市販・ブリーチなしの色落ちしにくいのはこれ!【5.ビューティメイクアップカラー】
  7. ヘアカラーのレッド系!市販・ブリーチなしの色落ちしにくいのはこれ!【6.フラッシュライトミルキーヘアカラー】
  8. ヘアカラーのレッド系!市販・ブリーチなしの色落ちしにくいのはこれ!【7.クイスクイスデビルズトリック】
  9. ヘアカラーのレッド系!市販・ブリーチなしの色落ちしにくいのはこれ!【8.エチュードハウスホットスタイル】
  10. ヘアカラーのレッド系!市販・ブリーチなしの色落ちしにくいのはこれ!【9.リーゼプリティア】
  11. ヘアカラーのレッド系!市販・ブリーチなしの色落ちしにくいのはこれ!【10.フェアリー3Ⅾカラー】
  12. まとめ

ブリーチなしのヘアカラーが今人気です。
でも、レッド系のヘアカラーにしようとすると、どうしてもブリーチアリというイメージがありますよね。

実は今、ブリーチなしでも十分にかわいいヘアカラーを楽しむことができるんです。
レッド系もアッシュ、ワイン、ローズといろいろ!
ブリーチをしないカラーはどんな特徴があるのでしょう

ブリーチなしヘアカラーのメリット

★色持ちがいい
染めたばかしのときはシャンプーで色落ちがあるものもありますが、色持ちがいいと評判です。それは日本人のもともとの髪色が黒が強いものの赤みが入った黒髪だkら自然となじみやすく色落ちを感じにくいという特徴があるためです

★髪の毛の負担が少ない
ブリーチなしの場合髪の毛への負担が少ないメリットがあります。
ブリーチの場合その時点で髪を痛めてしまします。髪の痛みを最小限にしたいという方はブリーチなしのヘアカラーがいいでしょう

★気軽にかわいいアレンジができる
ヘアカラーの色の中では赤やピンクはかわいらしさを増す色です。
ブリーチなしでも気軽に試せるレッド系は挑戦しやすいというメリットがあります。

市販ヘアカラーのタイプ

市販のヘアカラーには以下の2つのタイプがあります。

★クリーム・乳液タイプ
染まりにくい髪質などの方でも染まりやすいのが特徴。ただし毛量によっては村になりやすいため、気になる方は乳液タイプをチョイス

★泡タイプ
簡単にむらなく染めることができます。不器用さんでも大丈夫。
ただ髪質によっては染まりにくいという声もあるようです。

レッドヘアカラーのグラデーション

グラデーションヘアカラーというと、おしゃれ上級者の方にしかできない、自分にはとっても無理!とおもっていませんか?
グラデーションヘアカラーはどんな方にも自然な形で似合ってしまう優秀なカラーアレンジなんです。

特に赤やアッシュ、ラベンダーなどその色単体だととってもイメージが決まり切ってしまうという場合、グラデーションにすることでぐっとおしゃれで自然な感じのヘアスタイルになるんです。

レッド系のカラーにトライしたい方はぜひ知っておくといいですよ

レッド系ヘアカラーグラデーション
赤が強めなふんわりウエーブ。とっても素敵ですね。

レッド系ヘアカラーグラデーション
ブラウンも強いレッド系。
初心者の方にも挑戦しやすい上品なレッド系ですね

1 / 4