Xvkqxm3q81r6646w4uut

スポーツ

CATEGORY | スポーツ

【初心者さん必見】スケートボードの選び方&おすすめブランドまとめ!

2019.03.16

スケートボードを始めてみたい初心者さん必見です。今回は、初心者さんにおすすめのスケートボードの選び方や、おすすめブランドをご紹介します。さっそくこちらの内容を参考にして、自分にぴったりなスケートボードや、おすすめのパーツを選びましょう。

目次

  1. 【初心者必見!スケートボードの選び方】スケートボードの種類
  2. 【初心者必見!スケートボードの選び方】コンプリート?パーツ?
  3. 【初心者必見!スケートボードの選び方】コンプリートの選び方
  4. 【初心者必見!スケートボードの選び方】おすすめコンプリートブランド
  5. 【初心者必見!スケートボードの選び方】パーツの選び方
  6. 【初心者必見!スケートボードの選び方】おすすめデッキブランド
  7. 【初心者必見!スケートボードの選び方】おすすめトラックブランド
  8. 【初心者必見!スケートボードの選び方】おすすめウイールブランド
  9. 【初心者必見!スケートボードの選び方】おすすめベアリングブランド
  10. 【初心者必見!スケートボードの選び方】まとめ
Nbopsybpjuidg8rmmt7r
引用: https://www.instagram.com/p/BvD9SlRBpc0/

スケートボードには大きく分けて「ショートスケートボード」「ロングスケートボード」「クルーザーボード」の3つの種類があります。それぞれに見た目の形状や素材の違いがあり、3種類のスケートボード独自の楽しみ方の特徴があります。まずは、自分に合ったスケートボードを選びために、この3つのスケートボードの持つ特徴の違いからご紹介しましょう。

ショートスケートボード

Ghuf8rghgo5vb9nc8mox
引用: https://www.instagram.com/p/BgWF4uNl2L9/

「ショートスケートボード」は、3種類の中で最も人気のあるスケートボードです。デッキ素材は木製合板です。ショートスケートボードの大きさは、ストリートやパークなど楽しむ場所を選びません。トリック技が出せる構造で、オリンピックなどでも採用されています。多くの人から支持されていることから、初心者にもおすすめのスケートボードです。

ロングスケートボード

Lhituwtek3cgnffvkzaw
引用: https://www.instagram.com/p/BtmujZPFdzH/

「ロングスケートボード」は、大きなデッキを持ったスケートボードです。その長さは1m以上にもなります。そのため安定感は抜群です。ひとまず、初心者でも簡単に乗ることができます。海外のドラマなどで、ロングスケートボードで海岸線をのんびりクルージングする光景を目にすることがありますね。

クルーザーボード

Ikie0vjkw8a8htuhcojc
引用: https://www.instagram.com/p/Bs2kSOkFZ9t/

「クルーザーボード」は、路面の衝撃を吸収しやすいウレタン製ウイールのため、クルージングに適しています。デッキは丈夫なプラスティック製が主流なので、耐久性があって長持ちするのが特徴です。小さなデッキは安定感には欠けるので、初心者が乗りこなすのはちょっと難しいスケートボードです。トリックよりも移動手段として使いたい人におすすめです。

Mvassqwrnebeecdgw49w
引用: https://www.instagram.com/p/BvCQ6vLBmnS/

スケートボードを購入するには、「パーツ」と「コンプリート」の2つの方法があります。

コンプリートとは?

パーツとは異なり、完成したスケートボードを購入する方法です。「既に完成しているので、組み立てや選ぶのに時間や手間がかからない」「パーツよりも安い価格で手に入れることができる」などのメリットがある一方、「自分の好きなパーツが選べない」「他の人との差別化ができない」などのデメリットがあります。

パーツとは?

各パーツごとに部品を選んで、スケートボードを完成させる方法です。そのことで「自分の好みのパーツが選べる」「自分だけのスケートボードをカスタマイズできる」などのメリットがあります。一方、「パーツの選び方によっては価格が高くなる」「組み立てる手間がある」などのデメリットがあります。

1 / 5