Fab1noa4kdowxu2vnjj1

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

ウイスキーのカロリーや糖質は?女性に嬉しい効能ばかり!健康や美容効果は?

2019.03.17

ウイスキーのカロリーや糖質など、健康にまつわる情報をご紹介します! ウイスキーは健康にも良い様々な効能があるため、美容意識の高い女性にもおすすめ! カロリーや糖質などウイスキーの気になる情報を知って、美味しく健康にウイスキーを飲みましょう!

  1. ウイスキーのカロリーや糖質量などの情報まとめって?
  2. ウイスキーのカロリーや糖質量などの情報まとめ①100mlのカロリーは237キロカロリー
  3. ウイスキーのカロリーや糖質量などの情報まとめ②アルコール20gに対してのカロリーは142キロカロリー
  4. ウイスキーのカロリーや糖質量などの情報まとめ③糖質・炭水化物はゼロ!
  5. ウイスキーのカロリーや糖質量などの情報まとめ④癒やし効果のあるウイスキーアロマ
  6. ウイスキーのカロリーや糖質量などの情報まとめ⑤エラグ酸が糖尿病合併症予防に効果的
  7. ウイスキーのカロリーや糖質量などの情報まとめ⑥エラグ酸がアンチエイジング効果をもたらす
  8. ウイスキーのカロリーや糖質量などの情報まとめ⑦適度な飲酒は心筋梗塞予防になる
  9. ウイスキーのカロリーや糖質量などの情報まとめ⑧女性は1日ハイボール1~2杯が適量
  10. ウイスキーのカロリーや糖質は?女性に嬉しい効能ばかり!健康や美容効果は?のまとめ
引用: https://tk.ismcdn.jp/mwimgs/a/7/1140/img_a782cd0d6b8a56c3a785166ddf754821278903.jpg
飲み方も様々で、芳醇な香りを楽しむことができるウイスキー。ハイボールやストレートなど、お好みの飲み方で飲むことができるためお酒初心者の方にもおすすめです。 そんなウイスキーに、健康的な効能があることをご存知ですか?今回はウイスキーの健康的な効能とカロリーや糖質などの情報について、詳しくまとめていきます。 ウイスキーは美容意識の高い女性にもおすすめなので、情報をぜひチェックしてみてください!

そもそもウイスキーってどんなお酒?

まずはウイスキーについて少し掘り下げていきます。 ウイスキーには様々な健康効果があるのですが、そもそもウイスキーとはどのようなお酒なのでしょうか?
ウイスキーの定義はそれぞれの国によって異なっており、原料、製法、熟成年数などが各国ごとに定められていますが、一般には「穀類を原料として、糖化、発酵の後に蒸溜をおこない、木製の樽で貯蔵熟成させてできるお酒」と定義されています。 とくに重要なのが‘木製の樽においての貯蔵熟成。ウイスキーは樽の中で長い年月をかけて熟成するがゆえに、深い琥珀色をしており、この熟成によってウイスキーの香りがまろやかに、そして深いコクを持つようになるのです。

ウイスキーは国によって定義が異なりはしますが、一般的な定義としては「穀物を使って蒸留したお酒を木製の樽で熟成させたもの」とされています。 ウイスキーが光り輝く黄金色をしているのは樽で長期間熟成させるためで、この熟成期間でウイスキー特有の芳醇な香りが生まれます。
引用: https://www.barrel365.com/wp-content/uploads/2018/02/s20180222_171430472.jpg

ウイスキーの度数ってどれくらい?

続いて、ウイスキーの度数についてご紹介します。 幅広いカクテルに使われているウイスキーですが、その度数とはだいたいどれくらいなのでしょうか?
種類よって多少異なりますが、一般的なウイスキーのアルコール度は40~43度くらい。ビールが4~7度程度、ワインが12~15度程度、日本酒が14~18度程度、焼酎でも25~35度程度が主流であることを考えると、日本人が日常的に親しむお酒のなかではウイスキーのアルコール度数はかなり高めであることがわかります。

ウイスキーの度数は、銘柄によっても異なりますがだいたい40~43度くらいになっています。 洋酒としては平均的な度数ですが、ビールやワインなど飲みやすいお酒と比べるとかなり高めの度数となっています。 そのため、お酒初心者の方はソーダで割ってハイボールで飲むなど、飲みやすく飲む工夫が大切です。
引用: https://dol.ismcdn.jp/mwimgs/d/f/670m/img_df8afc2acc13970fafd7690ce3a749c9524578.jpg
さて、ここまでウイスキーについて少し掘り下げていきました。 ここからは、ウイスキーの健康的な効能について詳しくご紹介していきます! ウイスキーを飲んだことがあまりないという方も、たくさん飲んだことがあるという方も、ウイスキーの効能を知って健康的に飲んでみてください!
引用: https://assets.media-platform.com/lifehacker/dist/images/2015/06/150629wiskey4-w960.jpg
健康にも良く女性にもおすすめなウイスキーの情報・効能まとめ、1つ目はウイスキーのカロリーについてです。 ウイスキー100mlでのカロリーは237キロカロリーとなっています。一方でビールは100mlで40キロカロリー、ワインは100mlで73キロカロリーとなっています。 この数値だけ見るとウイスキーのカロリーはかなり高いの!?と思ってしまいますが、実はそんなことはないんです。 ウイスキーは他のお酒よりもアルコール度数が高いため、100mlで換算するとカロリーが高くなってしまうんです。
引用: https://cookbiz.jp/soken/core/wp-content/uploads/2017/01/Fotolia_97233492_S.jpg

関連記事

引用: http://whiskymag.jp/wp-content/uploads/2018/08/048-main.jpg
健康にも良く女性にもおすすめなウイスキーの情報・効能まとめ、2つ目もウイスキーのカロリーに関してです。 ウイスキーのカロリーが100mlで換算すると高くなってしまうことは解説しました。では、一般的に適量とされるアルコール20gに対してのカロリーはどれくらいなのでしょうか。
ウイスキーのアルコール20gに対してのカロリーは、142キロカロリーとなっています。同量の他のお酒と比較してみると、ビールが216キロカロリー、ワインが161キロカロリーとなっているのでウイスキーは他のお酒とだいたい同じくらいのカロリーであることがわかります。
引用: https://www.visit-hokkaido.jp/assets/images/info/2015/12/188_main_image.jpg
引用: https://www.windsor-hotels.co.jp/ja/blog/wp-content/uploads/2018/06/whisky-683x1024.jpg
健康にも良く女性にもおすすめなウイスキーの情報・効能まとめ、3つ目は糖質・炭水化物についてです。 ウイスキーに含まれている糖質や炭水化物はゼロになります。糖質制限ダイエットなどに取り組んでいる方からしても、これはありがたい情報ですよね! ウイスキーと同じような蒸留酒であれば、蒸留の過程で糖質が無くなるため糖質ゼロになります。
引用: https://www.mag2.com/p/news/wp-content/uploads/2016/02/1-650x401.jpg

関連記事

引用: https://kohei-fujimura.com/wp-content/uploads/2018/12/img_1357-300x200.jpg
健康にも良く女性にもおすすめなウイスキーの情報・効能まとめ、4つ目はウイスキーの癒やし効果についてです。 ウイスキーは前述の通り、木製の樽で熟成されて作られます。その際にウイスキー特注の香りが作られるわけですが、あの香りはウイスキーアロマと言われ、癒やし効果があることがわかっています。 そのため、夜にウイスキーを香りを楽しみながら飲むだけでリラックス効果が得られ、良い睡眠に導いてくれる効果も期待できるんです。
引用: https://whisky-bar10.com/wp-content/uploads/2019/01/adam-jaime-119551-unsplash.jpg
引用: https://im.belluna-gourmet.com/gourmet/ph/G/7084/507084/DLARGE.JPG
健康にも良く女性にもおすすめなウイスキーの情報・効能まとめ、5つ目はウイスキーの持つ健康効果についてです。 ウイスキーに含まれているポリフェノール・エラグ酸は糖尿病合併症予防に効果的なことがわかっています。 そもそもウイスキー自体に糖質がないので糖尿病の方でも飲みやすいのはもちろん、糖尿病合併症の予防まで期待することができます。 ちなみにこのエラグ酸というポリフェノールも、ウイスキーが樽で熟成される際にウイスキーに含まれる成分なんです。
引用: https://shop.riedel.co.jp/upload/save_image/10221215_5447215b546d5.jpg

関連記事

引用: https://minproject.jp/assets_r3/img/column/2015/camcam_02.png
健康にも良く女性にもおすすめなウイスキーの情報・効能まとめ、6つ目はエラグ酸のもうひとつの効能についてです。 エラグ酸は糖尿病合併症の予防だけでなく、アンチエイジング効果をもたらすこともわかっています。 ポリフェノールは抗酸化作用があるため、体内の活性酸素と結合して体内の酸化を防ぐ効果があります。 老化は体内の酸化が原因で進行するため、抗酸化作用のあるエラグ酸を摂取することでアンチエイジング効果につながるというわけです。
引用: https://cdn2.veltra.com/ptr/20150409015628_1526734443_11139_0.jpg?imwidth=550&impolicy=custom
引用: https://rpr.c.yimg.jp/im_siggiDMnC5qNJBrAo63.rsV8qg---x800-n1/amd/20160526-00058108-roupeiro-000-4-view.jpg
健康にも良く女性にもおすすめなウイスキーの情報・効能まとめ、7つ目は飲酒の健康効果についてです。 ウイスキーだけの話ではありませんが、適度な飲酒は健康にいいとされています。 具体的な例を挙げれば、適度な飲酒は心筋梗塞予防になるといわれています。飲酒をすることで血管が広がり血液が循環することで、血液がサラサラになるためです。 一方で、過度な飲酒は心筋梗塞などの危険性を一気に高めます。健康効果を最大限得るためにも、飲酒は適度に、ほどほどに調整することを心がけましょう。
引用: https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/63269/640x640_rect_63269089.jpg

関連記事

引用: https://common-fitness.com/file:/public:/2018/11/13/120948-900073.jpg
健康にも良く女性にもおすすめなウイスキーの情報・効能まとめ、8つ目はウイスキーの適量についてです。 適度な飲酒が体にも良いことはわかりましたが、では適度な飲酒とは実際どれくらいの量なのでしょうか? 例えば女性では、1日ハイボール1~2杯が適量とされています。ハイボール1~2杯であれば、全体のウイスキーに含まれるアルコール量は約60g。これは一般女性に適量とされているアルコール量になります。 男性の場合は、ハイボール3~4杯程度が適量とされています。これくらいの数値を目安に、適度にお酒を楽しんでみてください。
引用: https://cdn.macaro-ni.jp/image/summary/35/35486/3a39f27d57e65ce450f6e93f1b7c8eac.jpg

ウイスキーが気になる方はこちら!

引用: https://www.satofull.jp/upload/save_image/06011904_5b111a33026ea.jpg
今回はウイスキーの健康効果についてご紹介していきました! 健康に良い効能をいくつも持つウイスキーを、ぜひ上手に飲んであげてください!