H4grz9yx6j8txlf9nbgz

お酒

CATEGORY | お酒

ウイスキーの賞味期限はいつ?【開封前/後】おすすめの保存方法も!

2019.03.16

香りが高くコクのある味わいが人気のウイスキーですが、賞味期限を知らないという人も多いですよね。今回はウイスキーの賞味期限について、開封前・開封後はいつなのかを解説します。合わせておすすめの保存方法もご紹介。是非参考にしてみてください。

  1. ウイスキーの賞味期限はいつ?
  2. ウイスキーの賞味期限はいつ?ーウイスキーとは?ー
  3. ウイスキーの賞味期限はいつ?ーそもそもウイスキーに賞味期限はあるの?ー
  4. ウイスキーの賞味期限はいつ?ー開封前の賞味期限ー
  5. ウイスキーの賞味期限はいつ?ー開封後の賞味期限ー
  6. ウイスキーの賞味期限はいつ?ーおすすめ保存方法ー
  7. ウイスキーの賞味期限はいつ?ーパラフィルムを使った保存方法ー
  8. ウイスキーの賞味期限はいつ?ープライベート・プリザーブを使った保存方法ー
  9. ウイスキーの賞味期限はいつ?-ウイスキーが飲めるかどうかはどう判断する?-
  10. まとめ ウイスキーを長く美味しく楽しもう
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81-qCwWrNiL._SL1500_.jpg
香りが高くコクのある味わいが人気のウイスキー。ウイスキーはバーや居酒屋だけでなく、家飲みとしても根強い人気があります。家飲み派にとってお家のウイスキーがいつまで持つのか気になるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。お酒だから長持ちしそうというのは何となく分かるけど、実際の賞味期限は分からないという人も多いのでは? そこで今回はウイスキーの賞味期限について詳しく解説します。ウイスキーの賞味期限の開封前・開封後での違いやおすすめの保存方法も合わせてご紹介。是非参考にしてみてください。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/716XEIelxLL._SL1085_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71gvKXfExJL._SL1000_.jpg
そもそもウイスキーとはどんなお酒なのでしょうか。 まずはウイスキーがどんなお酒なのかをご紹介します。

ウイスキーは蒸留酒の一つ

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51jxLqiLF%2BL.jpg
ウイスキーは蒸留酒の一つで、大麦やライ麦、トウモロコシなどの穀物を麦芽の酵素で糖化し、発酵、蒸留させたものです。蒸留酒は基本的にアルコール度数が高いものが多く、ウイスキーのアルコール度数も40~43度ほどと高いのが特徴です。

ウイスキーの材料別種類

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71tqSsSpoPL._SL1248_.jpg
ウイスキーには使用する材料によって種類が分かれています。主な種類は下記の通りです。 〇モルト・ウイスキー 大麦麦芽(モルト)のみを原料とするもの 〇グレーン・ウイスキー 穀物(トウモロコシ、ライ麦、小麦など)を主原料に、大麦麦芽を加えて造られたもの 〇ブレンデッド・ウイスキー 数種類の個性が異なるウイスキーを混ぜ合わせて造られたもの

ウイスキーの産地別種類

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81k%2BwAWgkmL._SL1500_.jpg
ウイスキーには産地別種類もあります。 なかでも下記の5つは世界5大ウイスキーと呼ばれ有名です。 〇スコッチ・ウイスキー(産地:スコットランド) 〇アイリッシュ・ウイスキー(産地:アイルランド) 〇アメリカン・ウイスキー(産地:アメリカ) 〇カナディアン・ウイスキー(産地:カナダ) 〇ジャパニーズ・ウイスキー(産地:日本)

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/711LUCjJDJL._SL1000_.jpg
ここからはウイスキーの賞味期限について詳しく解説していきます。 そもそもウイスキーに賞味期限はあるのでしょうか。 ウイスキーをよく飲むという人の中にはウイスキーの賞味期限を見たことがないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

ウイスキーには賞味期限の記載がない

Wbwlspilyz6qpeiokizb
引用: https://www.instagram.com/p/Bu_KDHeHchs/
一般的に販売されているウイスキーには賞味期限の記載がありません。 これはウイスキーがお酒の中でもアルコール度数が高く、品質が安定しているため、賞味期限の記載義務がないためです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91my0a1Tf7L._SL1500_.jpg
ここからはウイスキーの賞味期限がいつなのかを具体的に解説します。 まずは開封前のウイスキーの賞味期限についてです。

開封前なら賞味期限はないと考えて良い

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91HbJE3skoL._SL1500_.jpg
ウイスキーな開封前であれば賞味期限はないものと考えて良いと言えます。 ウイスキーはアルコール度数が高い蒸留酒であるため開封前の状態であれば安定して品質を保つことが可能です。きちんとした保存方法で保存をしていれば長く持たせることができます。

※長く置いても熟成することはない

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61xXGvQS3UL._SL1280_.jpg
ワインなど長く置くことで熟成させることができるお酒がありますよね。ウイスキーも長く置くことで熟成するのではないかとお思いの人もいるかもしれませんが、残念ながらウイスキーは瓶の中で熟成することはありません。 ウイスキーは樽の中では熟成しますが、瓶詰め後は熟成することはないとされています。 そのため、熟成させようと長期間保存しているというのであれば早めに飲むのがおすすめです。

コルク栓のウイスキーは注意が必要

Lap2nqgfjgzuz6nxc7zf
引用: https://www.instagram.com/p/BudWhKSlQtb/
基本的に開封前のウイスキーは賞味期限がなく長く保存することができますが、コルク栓のウイスキーの場合は注意が必要です。 コルク栓のウイスキーは高温になる場所などに長期間保存しておくと、開封前であってもゆっくりと蒸散が進みます。開封前でも保存状態が悪ければウイスキーが劣化してしまうため、注意が必要です。

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81kqG4HRTUL._SL1500_.jpg
続いてウイスキーの開封後の賞味期限についてご紹介します。

開封後は半年~1年が目安

ウイスキーは一度開封してしまうと空気に触れて酸化が始まってしまいます。 何度も開け閉めを繰り返すうちに酸化のスピードも早くなり、味や風味も落ちてきます。 ウイスキーは開封後はできるだけ早めに飲むのがおすすめです。 開封後のウイスキーが美味しく飲めるのは半年~1年程度が目安となりますので、それまでには飲み切るようにしましょう。
Mp9wuh0tlav8xppceecj
引用: https://www.instagram.com/p/BuTNRI7h11H/
ここからはウイスキーを長く美味しく楽しむためのおすすめの保存方法をご紹介します。

光の当たらない涼しい場所に保存する

Timhcsvkztlacfcylxl0
引用: https://www.instagram.com/p/Bu_3DCvDhP6/
ウイスキーは開封前・開封後に関わらず、直射日光の当たらない涼しい場所に保存するようにしましょう。

箱入りのウイスキーなら箱に入れて保存するのがおすすめ

Ivrfyxpl5whh89zcki0s
引用: https://www.instagram.com/p/Bu_8NEoltVj/
箱入りのウイスキーであれば箱に入れて保存するのがおすすめです。ウイスキーの箱は光を遮断するように作られているので開封前・開封後に関わらず箱に入れた状態で保存するようにしましょう。

※開封後はしっかりとフタを閉める

Llenwtwkzemgxeufdo0u
引用: https://www.instagram.com/p/BsqHUnigVJf/
ウイスキーは空気に触れると酸化が始まり、風味や味が変わってしまうので開封後はしっかりとフタを閉めるようにしましょう。 また、空気に触れさせる時間をできるだけ少なくするために、開けたらすぐに閉めるという意識を持っておくことが大切です。

関連記事

Y5ar1ybrfmcvo3mbtgkd
引用: https://www.instagram.com/p/BTGd-6_Aa-H/
ウイスキーを長く美味しく楽しみたいという人はパラフィルムを使った保存方法がおすすめです。 パラフィルムとはバーなどでウイスキーやワインなどを保存する時に使われているもので、お酒を密閉することができるアイテムです。 使い方もウイスキーボトルの栓の周囲に巻き付けるだけなので簡単です。
Drrnvevwzthi0vfb9cyy
引用: https://www.instagram.com/p/Bpdrni1gJlE/
開封後のウイスキーを長期間保存する方法として、プライベート・プリザーブを使った保存方法もあります。 プライベート・プリザーブとは窒素・炭酸ガスが入ったスプレーで、お酒の酸化を防ぐために使用されます。 プライベート・プリザーブをボトル内に3~4回程度吹き込んでフタを閉めることでボトル内の酸素濃度を低くすることができ、お酒の酸化を和らげる効果があります。

関連記事

Ydtqxqohubhrew4qvrtj
引用: https://www.instagram.com/p/BuGjlf9lyle/
ウイスキーには基本的に賞味期限がありませんが、保存状態次第では劣化してしまうこともあります。 古いウイスキーが飲めるかどうかはどう判断すれば良いのでしょうか。

外観(色・香り・沈澱の有無など)を確認する

古いウイスキーが飲めるかどうかは、まず色や香り、沈殿の有無などの外観を確認することが大切です。ウイスキーの色や香りがおかしかったり、沈殿物が多く見られる場合には、そのウイスキーは劣化している可能性があります。

飲む前に味見してみる

外観を確認して問題ない場合には、飲む前に一度味見をしてみましょう。味見してみて問題なければ、飲んでも良いでしょう。

ウイスキーが気になる方はこちら!

Gpaers3mspwfzkzx9cni
引用: https://www.instagram.com/p/Bsr59r_hscr/
ウイスキーの賞味期限やおすすめの保存方法をご紹介しました。ウイスキーを長く美味しく楽しむために、ウイスキーの賞味期限や保存方法を知っておくことが肝心です。是非参考にしてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91my0a1Tf7L._SL1500_.jpg