Vzqmzw1wfne1lbpacrcp

料理

CATEGORY | 料理

ラム肉とマトン肉の違い知ってますか?味と栄養、おすすめの料理をご紹介します!

2019.03.12

羊肉であるラム肉とマトン肉の違いについて紹介します。ラム肉とマトン肉は味や臭いのほかに栄養などにも違いがあり、食べ方も異なります。美味しい食べ方もまとめましたので、ぜひ家庭でラム肉とマトン肉を使った料理を作ってみてください。

  1. ラム肉とマトン肉について
  2. ラム肉とマトン肉の違い①羊の年齢
  3. ラム肉とマトン肉の違い②味
  4. ラム肉とマトン肉の違い③臭い
  5. ラム肉とマトン肉の違い④栄養
  6. ラム肉とマトン肉のそれぞれの美味しい食べ方
  7. ラム肉とマトン肉のおすすめの料理①ラム肉ステーキ
  8. ラム肉とマトン肉のおすすめの料理②ラムチョップ
  9. ラム肉とマトン肉のおすすめの料理③ラム肉カレー
  10. ラム肉とマトン肉のおすすめの料理④肉じゃが
  11. ラム肉とマトン肉のおすすめの料理⑤マトンスープ
  12. ラム肉とマトン肉のおすすめの料理⑥チャプチェ
  13. まとめ
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dand-a20170201/20170915/20170915103829.jpg
ラム肉とマトン肉といえば、どちらも羊肉ということは知っていると思います。羊肉といえばジンギスカンが代表的な料理ですね。しかしこの2つのお肉は同じ羊肉なのに名前が違います。
引用: https://img.dmenumedia.jp/bibeaute/wp-content/uploads/2018/06/pixta_29828227_S.jpg
ラム肉とマトン肉の違いが分からず困った経験はありませんか?例えば、ジンギスカンで余ったラム肉とマトン肉の調理方法や、どちらの方が味が美味しいかなど2つのお肉は似ているようで違うので、特徴や違いを知って家庭で羊肉を使った料理を作ってみましょう。
引用: https://calori.jp/cms/wp-content/uploads/2017/03/th_l2-e1524562266558.jpg
ラムとマトンの羊肉の違いは、羊の年齢です。ラムは生後1年未満の子羊のことを指し、マトンは生後2年以上から7年程度までの羊のことを指します。また、ラムは子羊なので肉質が柔らかい特徴があり、マトンは肉が引き締まっていて脂肪が多い特徴があります。ラム肉とマトン肉は同じ羊肉でも全然違うんです。

「ホゲット」とは

引用: https://sheepsunrise.jp/update/wp-content/uploads/2017/07/IMG_9304.jpg
気づいた人もいると思いますが、生後1年以上2年未満の羊にも名前があります。「ホゲット」といいラム肉より味が濃く、マトン肉より臭みがないという特徴があります。ラム肉とマトン肉の2つの良い所を兼ね備えているので、ジンギスカンを食べに行った時にはぜひホゲット表記があるメニューに注目して頼んでみてください。

関連記事

引用: https://houndcom-news.com/cms/wp-content/uploads/ramu_02.jpg
ラム肉とマトン肉は味にも違いがあります。羊肉といえば独特な味がするイメージがありますが、ラム肉はクセがあまりないので食べやすいです。一方、マトン肉は羊肉独特の味が口に残るので苦手な人も多いようです。
引用: https://biyori.shizensyokuhin.jp/uploads/content/image/2423/001.jpg
しかし、慣れてくればその味が病みつきになる人もいますし、新鮮なマトン肉であればクセが少ないそうです。あまり羊肉を食べたことがない人は最初はラム肉を食べてみると食べやすいかもしれませんね。
引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/d/d/ddde2_88_c3b79bfb4680be02606245de631fe677.jpg
羊肉といえば、臭いが気になりますよね。実際ジンギスカンが苦手な人は臭いが原因の人が多いと思います。ラム肉もマトン肉も独特の臭いがしますが、ラム肉のほうが臭いが少なく、臭いは調理方法などで抑えることができます。臭いが気になる人はラム肉を選び、それでも臭いが気になる人は工夫して調理して臭いを抑えてみてください。

関連記事

引用: https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2018/02/img_8751.jpg?w=640&h=480
実はラム肉もマトン肉も栄養がとてもあることを知っていますか?西欧諸国では高級肉としても評価が高いんです。ラム肉には必須アミノ酸、不飽和脂肪酸、ビタミンなどが多く含まれていて低カロリーでもあるので、健康志向の人やダイエットの人にもおすすめです。
引用: http://d3kltrram76q8c.cloudfront.net/images/ckeditor/picture/21304/content__D7A8932.jpg
マトン肉にもビタミンなどの栄養素が多く含まれていますが、中でも豊富に含まれているLカルニチンは、人間の細胞内の余分な脂肪を燃焼したり、コレステロールの低減などの効果が期待できます。また、アンチエイジングに効果のあるオメガ3脂肪酸も多く含まれています。ラム肉もマトン肉もこんなに栄養素が多く含まれているのは意外でしたね。
引用: https://www.otoriyosemaster.com/wp-content/uploads/2018/08/%E3%83%A9%E3%83%A0%E8%82%89.jpg
ラム肉とマトン肉の名前の違いや栄養などについて紹介してきましたが、次はそれぞれの美味しい食べ方について紹介したいと思います。同じ羊肉でも味や臭いが違うラム肉とマトン肉は食べ方にも向き不向きがあります。美味しい食べ方を知って家庭でも積極的に食べてみてください。

ラム肉の美味しい食べ方

引用: http://recipe.suntory.co.jp/data/rimg/pickup_20170424_1_580.jpg
クセや臭いの少ないラム肉は、幅広い羊肉料理に向いています。しかし、家庭で美味しく作るにはちょっとした工夫や調理の仕方があります。まず、羊肉独特の臭いを抑えるため臭いの原因である脂身を包丁で取り除きます。それでも臭いが気になる人はにんにくと漬けたり、香草と一緒に焼くのがおすすめです。焼く時は脂を落とすためにコンロのグリルで焼くのがポイントです。

マトン肉の美味しい食べ方

引用: https://image.rakuten.co.jp/aarti/cabinet/00554167/img61779146.jpg
ラム肉よりもクセがあり臭いも気になりやすいマトン肉は、香辛料を使って臭いを抑えることが大事です。にんにくを使ったタレに漬けておくのも効果的です。また、煮込み料理の場合はしっかりと煮込むことで臭いが抑えられ旨みに変わりますよ。

関連記事

引用: https://img.cpcdn.com/recipes/5054483/280x487s/72da1bd99637376ae62bb85030cda2e6.jpg?u=3491855&p=1525085051
スーパーで安かったラム肉や、ジンギスカンで余ったラム肉を晩御飯のごちそうにしてしまいましょう。ラム肉ステーキはにんにくチューブやバターで香りをつけ、焼肉のたれで味付けをすれば臭いが気にならず豪華なステーキが作れますよ。お肉を柔らかく仕上げるため、フライパンにラム肉を入れたら蓋をするのがポイントです。焼肉のたれは最後にしっかりと絡めてください。
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4878044/280x487s/d5f894c0ed6508bd3f043cce852972c7.jpg?u=15959889&p=1515475763
お店のメニューにもよくあるラムチョップですが、家庭で簡単に作ることができます。ローズマリーとにんにくで臭いを抑えて塩コショウで味付けするだけなので、ラム肉の料理が思い浮かばないときにも手軽に作れます。ヘルシーで子供も食べやすい味になっているので晩御飯にぜひ作ってみてください。

関連記事

引用: https://img.cpcdn.com/recipes/3616881/280x487s/42c8ef6092ff7271040f2493e8329931.jpg?u=3867779&p=1452559090
ヘルシーなラム肉を使ったカレーです。ラム肉と野菜の旨みが出て美味しいですよ。ラム肉は塩麹に漬けて冷蔵庫で一晩寝かせるのがポイントです。ラム肉が苦手な人も煮込み料理に入れることで食べやすくなるのでぜひ作ってみてください。ちなみにマトン肉でも合うそうです。
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/407841/280x487s/3a2d4d05c3cb93373ed330541e9af328.jpg?u=508384&p=1214216780
マトン肉で作る肉じゃがです。マトン肉のしっかりしたお肉の食感が楽しめて、煮込むことで独特の臭いもなくなり食べやすくなります。マトン肉は焼く前に塩コショウし、野菜と別に焼いておきます。最後にしっかりと弱火で煮込み味を染み込ませてください。

関連記事

引用: https://img.cpcdn.com/recipes/3435897/280x487s/f3d4c4f73b3b5f820e23e5f3179b9be6.jpg?u=4537352&p=1444687348
スパイスを効かせたスープなので、臭いの気になる羊肉やその他のお肉にもおすすめです。ランチや晩御飯にぜひ作ってみてください。ローリエやターメリックパウダーなどさまざまなスパイスを入れることで味に深みが出てマトン肉もクセを感じず食べやすくなりますよ。好みでスパイスを減らしたり増やしたりしてみてもいいかもしれませんね。
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/405487/280x487s/5489cf395b8b482c5cd1e1d100df857e.jpg?u=508384&p=1214216736
チャプチェといえば牛肉を使いますが、マトン肉を使ったチャプチェも美味しいですよ。マトンは細切りにして、はるさめ、きくらげ、たけのこと一緒に炒めます。味付けには砂糖、醤油、ナムプラー、五香粉を使っています。マトンの臭いを抑えるため醤油、酒、粗びきコショウで下味をつけるのがポイントです。

関連記事

引用: https://img.dmenumedia.jp/bibeaute/wp-content/uploads/2018/06/pixta_6975729_S.jpg
ラム肉とマトン肉の違いは、羊の年齢、味、臭い、栄養の4つです。ほかにも細かく紹介すれば違いはあると思いますが、4つの違いを知ってスーパーで羊肉を買う時や家庭で羊肉を調理する時に参考にしてみてください。また、それぞれ臭いを抑えて美味しい食べ方で調理をすれば、もっとラム肉やマトン肉を積極的に食べたくなると思いますよ。
今回紹介したおすすめの料理はラム肉とマトン肉の独特な臭いを抑えたり、味のクセを少なくして食べやすくしているので、ぜひスーパーでラム肉とマトン肉が安い時やジンギスカンで余った時に料理を作ってみてください。

お肉についてもっと知りたい方はこちら