Iwww09wbhsa6bxb10uad

アレンジ

CATEGORY | アレンジ

豆乳は生理が早まる?遅れる?効果とおすすめの飲み方とは!

2019.08.20

豆乳が生理を早めたり、生理を遅らせたりするって本当なの?豆乳の栄養成分にその原因が隠されています。生理や女性の身体に何かしらの良い影響を与えている豆乳の効果やおすすめの飲み方を詳しく調べてみましたのでご紹介していきます。

この記事に登場する専門家

Zyeidugthwnbgcj6xk3f

vivre編集部

編集者M

美容・コスメ・100均が好きな現在子育て中のワーママ。
趣味は娘とカフェ巡り。現在、DIY記事が気になりすぎてDIYに挑戦しようかと迷い中の日々。

  1. 豆乳と生理の関係は女性ホルモン
  2. 豆乳の摂取で生理が早まる原因
  3. 豆乳の摂取で生理が遅れる原因
  4. 豆乳の摂取は生理以外にも効果的
  5. 豆乳摂取の生理以外の効果はダイエット
  6. 豆乳摂取の生理以外の効果はバストアップ
  7. 豆乳摂取の生理以外の効果は水分代謝の活性化
  8. 豆乳のおすすめの効果的な飲み方:ダイエット
  9. 豆乳のおすすめの効果的な飲み方:バストアップ
  10. 豆乳は生理中は控えよう!
  11. 豆乳と生理の関係を理解して上手に豆乳を摂取しよう!
Jnrrguay7gcorbvh9aq9
引用: https://www.instagram.com/p/Bu5AV3SAeH-/

豆乳を飲むと生理が早まるや生理が遅れるという声を良く聞きますが、豆乳がそのように言われる原因は豆乳に含まれている栄養成分の大豆イソフラボンが女性ホルモンと同じような働きをするからです。豆乳に含まれる大豆イソフラボンと女性ホルモンと生理の関係について詳しく説明していきます。

女性ホルモンは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つからなっています。卵胞ホルモンは、排卵しやすくする働き、卵巣を良い状態にキープする働きなどの妊娠するための身体作りを担ってくれている他、女性らしい丸みのある体を作るのにも不可欠です。

また、自律神経のバランスを整えてくれるため肌の状態など全ての身体の機能を良い状態に保ってくれます。黄体ホルモンは、体にエネルギーや栄養を蓄える働きや妊娠するために子宮の着床を厚くする働きをします。

卵胞ホルモンは、生理から排卵までの期間に多く分泌され、黄体ホルモンは、排卵から次の生理までの期間が多く分泌されるので、女性に欠かせないホルモンですが、乱れやすいホルモンでもあります。この女性ホルモンが乱れると生理が不順になってしまいます。

Rcth8bmf6vp9hmvhearz

関連記事

Tjpzoz9mlyltg0sht0vf
引用: https://www.instagram.com/p/BuFgg-MAvLb/

豆乳に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンの卵胞ホルモンと同じような働きをしてくれます。卵胞ホルモンの分泌が多い状態で豆乳を摂取し続けると、卵胞ホルモンの働きが増えるので、生理が早まる、生理痛が重くなる、肌荒れの原因になるなど体の不調がでてきますので気をつけたいですね。

生理が早まる人の原因のひとつとして、卵胞ホルモンの分泌が多いことが考えられます。卵胞ホルモンの分泌が多いうえに同じ働きをする豆乳を摂取すると女性ホルモンのバランスが崩れて生理のサイクルが不安定になります。自分の生理周期を見ながら豆乳は摂取するようにしましょう。

Spndyksblo9hvycencc3
引用: https://www.instagram.com/p/BukaI1jgOPW/

ストレスや栄養のバランスが崩れると女性ホルモンが乱れやすくなります。女性ホルモンの乱れにより卵胞ホルモンの分泌が少なくなると、生理が来るのが遅れることがあります。日頃、栄養が偏っていると感じる方やストレスが溜まっている方は、周期通りに生理が来ていない人が多いです。

そういう人は、卵胞ホルモンの分泌が減少していることが考えられますので、豆乳を毎日摂取することで本来の卵胞ホルモンの分泌が少なくても卵胞ホルモンの働きをカバーすることができるので、生理が遅れるのを防ぐことができます。

Dnvfslnhhsczioyfoalj

豆乳に含まれるイソフラボンが女性ホルモンと同じ働きをすることから、女性ホルモンの分泌量と豆乳の摂取量によって生理が早まることも遅れることもあることが分かりました。それ以外にも豆乳を摂取することで様々な効果をもたらすことが分かっていますのでご紹介していきましょう。

豆乳がダイエットに効果的な理由は豆乳に含まれている大豆ペプチドにあります。大豆ペプチドは、いくつかのアミノ酸がひとつに集まったものです。アミノ酸は人間の身体を維持していくために欠かせないもので筋肉の修復、血液を細胞のすみずみまで届ける、臓器の働きを助けてくれたりします。

アミノ酸は体内で作ることができないので、食事から摂取するようになりますが、体内にアミノ酸が多ければ多いほど体の細胞が活発に働くので運動しなくても消費するカロリーの基礎代謝が上がりダイエット効果に繋がります。

ダイエット効果を出したい人は、豆乳を定期的に摂取して体内のアミノ酸を増やし基礎代謝を上げましょう。運動や食事制限など、特に気をつけなくても1か月ほど豆乳を飲み続けるとダイエット効果が期待できるという声が多いので、ダイエットしたい方はぜひ豆乳ダイエットに挑戦してみましょう。

豆乳がバストアップに効果的な理由は、豆乳に含まれているイソフラボンが、乳腺の発達を促す卵胞ホルモンと似たような働きをするからです。乳腺の発達が良ければ、胸に脂肪が蓄積されやすくなり結果、バストアップに繋がります。

バストアップを目指している方は、豆乳を摂取して乳腺の発達を促してあげましょう。体内で作られる卵胞ホルモンの分泌が少ないとバストアップ効果が下がります。バストアップは豆乳の効果も高いですが、卵胞ホルモンの分泌減少に気を付けることが最も重要ですので覚えておきましょう。

Nz59tlwukrjsgjg5hj9e
引用: https://www.instagram.com/p/BuutOa3gFbq/

むくみがある人や水分を摂取しているわりに排出が少ない人は、水代謝が悪い人が多いです。水代謝が悪いと余分な老廃物を排出できずに体内に溜め込んでしまうため、細胞の働きを低下し排出できない老廃物が固まってセルライトを作る原因などを引き起こします。

また、水分が排出できず体が常に冷えている状態が続くため、体温を上げようと食べた物を全て脂肪として蓄えようとしますので肥満の原因にもなります。このような水代謝が悪い人は豆乳の摂取をおすすめします。

理由は、豆乳に含まれるカリウムが余分な水分を排出してくれて血行促進や細胞の活性化の働きを助けてくれるからです。むくみや気になる人や水代謝の働きが悪いと感じる方は、ぜひ毎日、豆乳を摂取するように心掛けましょう。

Q0rags8hb7gezij5vrqx

ダイエットに効果がある豆乳の飲み方として空腹時がおすすめです。豆乳の大豆サポニンが満腹感を感じさせる働きがあるので、ダイエット中の方やダイエットを成功させたい方はお腹が空いて何か食べたくなる空腹時間に摂取すると良いでしょう。

Ysbfwx39wnqytbitmzr2
引用: https://www.instagram.com/p/Bu83iVPnMUT/

夜の10時から夜12時までの時間に豆乳を飲むとバストアップ効果が期待できます。この時間は成長ホルモンが活発に分泌されている時間なので、この時間に豆乳を摂取することで豆乳の栄養素も成長ホルモンと一緒に働いてくれます。バストアップしたい方はおすすめの飲み方です。

Kcdidzjiovptdjenmsgs

生理中は豆乳を摂取するのを控えましょう。生理中は卵胞ホルモンの分必が活発になっているので、卵胞ホルモンと同じような働きをする豆乳に含まれる栄養成分のイソフラボンを摂取することで卵胞ホルモンが体内で多くなりすぎます。

それにより、過剰に増えた卵胞ホルモンを体内で上手く使うことができずに正常に働いている細胞のサイクルが乱れてくる可能性があります。細胞のサイクルが乱れると生理の周期も乱れてくるので、生理中の豆乳を摂取するのは控えておきましょう。

Kxbfoswvyqqikciygkmp

豆乳に含まれる栄養成分によって生理が早まることや生理が遅れることがあることがわかりました。生理が早まるのは、時には助かるときもありますが生理が遅れると心配になってしまいますよね。豆乳摂取は、生理の周期をコントロールできるので生理が不順な人は積極的に豆乳を摂取することをおすすめします。

豆乳は生理だけではなく、ダイエット効果、バストアップ効果、水分代謝の活性化も期待できる飲み物ですので、ダイエットやバストアップを目指している方、むくみなどが気になる方はぜひ摂取していきたいですね。

豆乳の飲み方も生理、ダイエット、バストアップ、水分代謝の活性化に影響するので、生活の中で上手に豆乳を摂取して健康な体を手に入れましょう。