Qwlixvesgofkrjhdjwl3

お菓子

CATEGORY | カテゴリー

無添加お菓子のおすすめ7選!スーパー・コンビニでも買えて安心!

2018.05.17

小腹がすいたときについつい食べちゃうお菓子ですが、きちんとどんな成分が入っているか見たことはありますか?この記事では無添加お菓子の魅力を説明し、スーパーやコンビニなど身近で買え、赤ちゃんや子供も食べれる市販の無添加お菓子を紹介していきたいと思います!

目次

  1. 無添加お菓子がいいわけ
  2. 市販の無添加お菓子の選び方
  3. [スーパーやコンビニなどの市販で売っている無添加お菓子]①原材料が栗だけ!
  4. [スーパーやコンビニなどの市販で売っている無添加お菓子]②甘くておいしい芋かりんとう
  5. [スーパーやコンビニなどの市販で売っている無添加お菓子]③セブンで買えるようかん
  6. [スーパーやコンビニなどの市販で売っている無添加お菓子]④無添加にこだわったプリン
  7. [スーパーやコンビニなどの市販で売っている無添加お菓子]⑤ローソンのチーズタルト
  8. [スーパーやコンビニなどの市販で売っている無添加お菓子]⑥よく見るアイスあずきバー
  9. [スーパーやコンビニなどの市販で売っている無添加お菓子]⑦高級アイス ハーゲンダッツ
  10. まとめ
Rzxjjepjn42tdbqdrphe

お菓子にはたくさんの添加物が入っているものがあります。
おいしいと感じるお菓子にはたくさんの添加物が入っていたとなることも少なくないはずです。
しかし、お菓子の添加物は危険なものが多いのです。
見ていきましょう。

お菓子の添加物の危険性

Jhjb7mjbbq0ms9rqzlxf

まずどうしてお菓子には添加物がたくさんあるのでしょうか?

それは、お菓子製造の過程で、安く仕入れた質の悪い原材料をたくさんの添加物を使うことによって、おいしく、見栄え良く、そして長持ちできるようになるからです。

そして、そのお菓子にはたくさんの危険な添加物が含まれています。

例えば、人工甘味料。

人工甘味料には中毒性があり、肥満や糖尿病になりやすくなってしまいます。
また、人工甘味料の中には発がん性の可能性があると恐れられているものがあります。

Jfytrisc8vrm8hdh9te7

他には加工でんぷん。
こちらも発がん性の可能性があると恐れられているものです。
海外では使用を制限しているところもありますが、日本ではそんな制限がないというところも心配な点です。

そしてグミやあめなどのお菓子に使われている、タール系の合成着色料も発がん性の可能性があると疑われています。

このように添加物は発がん性の可能性があるものが多く、特に発達途中の赤ちゃんや子供には食べさせないほうがいい成分が多く入っています。

スーパーやコンビニなどの市販で売っているお菓子には気を付けて買うようにしましょう。

関連記事

Th1u23vtflxcsjykzorl

気を付けて無添加のお菓子を買おうと思ってもいちいち成分を確認して選ぶのはめんどくさいと思う人もいると思います。

そんな方はとりあえず和菓子を選ぶことをおすすめします。
和菓子には無添加のものがほかのお菓子に比べて多く感じられ、添加物があったとしても多くは入っていないものが多いからです。

添加物がなく、味が濃すぎないので赤ちゃんや子供にもお勧めできますよ!

1/5