Dbpsg1zozsngayrrtev4

お酒

CATEGORY | お酒

ワインのカロリーや糖質について解説!太りにくいおすすめな飲み方も紹介!

2019.03.10

フレンチやイタリアンなどとよく合うワインですが、カロリーや糖質が気になるという方もいるのでは?そこで本記事ではワインのカロリーや糖質について解説します。他のお酒と比較し、ワインは低カロリーなのか高カロリーなのかを調べていきます。おすすめの飲み方も紹介しますよ!

  1. ワインとは
  2. ワインのカロリーや糖質はどのくらい?
  3. ワインは種類ごとにカロリーが変わるって本当?
  4. ワインと他のお酒を比較!どのくらいカロリーが違う?
  5. カロリー&糖質が低いワイン!太りにくくなるおすすめの飲み方①適量を守る
  6. カロリー&糖質が低いワイン!太りにくくなるおすすめの飲み方②おつまみや食事に注意
  7. カロリー&糖質が低いおすすめのワイン①ピノ・ノワール
  8. カロリー&糖質が低いおすすめのワイン②カロリー30%offのおいしいワイン。
  9. カロリー&糖質が低いおすすめのワイン③シャルドネ
  10. まとめ
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/04/048bd187d4819860d0d42b6d20b8324c_t.jpeg
ワインは「ブドウ」を原料としている醸造酒です。醸造酒というのは酵母の発酵力を利用して作るお酒のことで、比較的アルコール度数は低いです。日本でも生産は行われていますが、生産量でいうとフランスやイタリアが世界トップクラスです。ワイン大国と言われるだけあって、高品質なワインが揃います。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/3f/3ff4da1d15226a1144ec9cb17e656b62_t.jpeg
ワインのカロリーは種類によって変わりますが、基本的には100mlあたり72~77キロカロリーほどあると言われています。後ほど他のお酒とカロリーを比較しますが、ワインはお酒のなかでは低カロリーなものとして知られています。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/0c/0c2cbbd05514f876612e4f82a3c52826_t.jpeg
そして、ワインはカロリーが低いだけでなく、糖質も低いです。カロリー同様種類によって糖質の量は変わってきますが、一般的には100mlあたり1.5gの糖質が含まれています。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/91/91836e6eb71709d9d99f2be2f9ec8c49_t.jpeg
ワインには「赤ワイン」「白ワイン」「スパークリングワイン」「ロゼワイン」があります。これは使用するブドウの種類や製造方法によって名前が振り分けられているのです。それぞれカロリーや糖質が異なりますので、下記で詳しくご紹介します。

赤ワイン

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/17/17e4d79bccd2ce873c7c0feb8fd0c83a_t.jpeg
赤ワインは黒ブドウを原料とし、果汁の他、皮や種など全てを発酵して作られています。赤ワインには味わいを表す「ボディ」と呼ばれる表現があり、フルボディは濃厚なコクや渋みがあり、ミディアムボディは口当たりなめらか、ライトボディはフレッシュで飲みやすいです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/43/43128b0464fcf9a3978ce4fb23676b81_t.jpeg
肝心のカロリーですが、赤ワイン1本で約550キロカロリーあります。糖質は約11g。ただ、同じ赤ワインでも糖質の量は変わります。糖質が気になる方は、ヨーロッパ産がおすすめです。

白ワイン

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6b/6bc7497af8043e28c5f267e8f6991356_t.jpeg
白ワインはブドウの果汁のみを発酵させて作っているため、赤ワインのように渋みがありません。口当たりが軽く飲みやすいため、ワイン初心者におすすめです。そんな白ワインのカロリーは赤ワインと同じく1本で約550キロカロリーあります。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e3/e348d29eec3949cad02114fc07de1624_t.jpeg
糖質は白ワインの方が高く、1本あたり15g含まれています。他のワインに比べると糖質が多いため、ダイエット中の方は要注意です。

スパークリングワイン

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/4e/4e0a8d394fa72f3e34a520fe9c17a8ad_t.jpeg
スパークリングワインは、赤ワインや白ワインに糖質と酵母を加えて作られています。気になるカロリーですが、1本で約750キロカロリー。かなり高カロリーですので、ダイエット中の方は飲みすぎに注意です。また、糖質は白ワインと同じ15g。スパークリングワインはカロリーも糖質も高いため、大量に飲むのは控えた方が良いでしょう。

ロゼワイン

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/5f/5fcd15bd38221fc928d00d75056468f9_t.jpeg
ロゼワインは赤ワイン同様、ブドウの果汁や種などすべてを一緒に発酵します。そして、ある程度色を抽出できたら種や皮などを取り除くという製造方法です。カロリーは赤ワインよりも若干高い580キロカロリー。糖質はワインの中で断トツに多い30gも含まれています。カロリーが赤ワインや白ワインと変わらないからといって飲み過ぎないよう、注意しましょう。

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e3/e39526f62855288523c216a53e087aa0_t.jpeg
ワイン100mlあたりの平均カロリーは72~77キロカロリーです。では、他のお酒とカロリーを比較してみましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/86/8607992c32defd017405bb4b2455e902_t.jpeg
・ビール 100mlあたり40キロカロリー ・ウィスキー 100mlあたり240キロカロリー ・梅酒 100mlあたり160キロカロリー
比較してみると、ワインはお酒のなかで低カロリーなことが分かります。飲み方にさえ注意すれば、ダイエット中でも嗜むことができますよ!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f2/f27d01c422bb06a0a825474ea98d33ef_t.jpeg
白ワインやロゼワイン、スパークリングワインは比較的飲みやすく、気付いたときには大量に飲んでいたなんてことも珍しくありません。しかし、これらのワインは糖質が高いため、飲み過ぎると太ってしまいます。また、ワインだけでなく、アルコールを大量摂取するのは体によくありません。厚生労働省によるとアルコールは1日に約20gを推奨しているようです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/30/307c15e2fd80cad102403beb84e92681_t.jpeg
アルコール度数の高い赤ワインで考えると、グラス2杯までが適量だということです。飲み方に注意してワインを楽しむことで太りにくくなりますし、ストレス解消にも効果があるようです。

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a6/a6b60c885bbadd96ad0e6cdb25354f51_t.jpeg
ワインに合う食事といえば、ハムや肉料理、チーズ、パスタなど比較的高カロリーなものが多いですよね。いくら飲み方に気をつけていたとしても料理をたくさん食べてしまえば、プラスマイナスゼロです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/38/38c80c991b9ae168c19f9782b48a07b0_t.jpeg
さらに、ワインを含むお酒には食欲増進効果があるため、ついつい食べ過ぎてしまうことも。ですので、まずは野菜を食べてお腹をある程度満たしておくことをおすすめします。
引用: https://image.biccamera.com/img/00000003488412_A01.jpg?sr.dw=320&sr.jqh=60&sr.dh=320&sr.mat=1
ニュージーランドで高い評価を受けている赤ワイン「ピノ・ノワール」。ベリーやチェリーなど果実の風味が豊かで上品な味わいです。渋みが少なく、繊細な風味は食事にもよく合います。特に肉料理に合うようです。高品質ですが、リーズナブルな価格で購入できるのが嬉しいポイントです。
とても飲みやすく美味しいワインです。 ワインが主張しすぎないのでどんな食事にも合うと思います。

とても好きなワインで、いつも常備しています。他のお店よりも安く買えるので嬉しいです。果実味が強く飲みやすいので、赤が苦手な方でも大丈夫なのでは。

引用: https://shop.r10s.jp/izmic-ec02/cabinet/wine420201/536953-01.jpg
サントリーより発売されている「カロリー30%offのおいしいワイン。」。酸化防止剤をカットし、ブドウ本来の味を感じることができます。白ワインだけでなく、赤ワインもあります。
我家では食事のときに毎日飲んでます。カロリーも控えめで飲み易くお手頃なワインとしてお勧めです!!

酸化防止剤無添加なので、毎日飲みには安心です。 しかもカロリー30%OFFも嬉しいです。 元々軽いワインですが、炭酸やフレッシュオレンジで割ると、爽やかでゴクゴク飲めます。

関連記事

引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/tamaki-web/cabinet/dragee02/img61867349.jpg
シャルドネ種から作られており、柔らかで落ち着いた味わいが魅力です。30社以上の航空会社が機内ワインとして採用しているようです。洋食はもちろん、和食にも合い、幅広い料理のお供になります。
シラーという感じは薄いと思いますが、単純に飲み易く、食事の邪魔をしないワインということでは 価格からするとよく出来ていると思います。

開けたときには、香りがたち、飲むと渋みがありました。二日目も 美味しくいけましたが、一日目より美味しくなっているようでした。

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e9/e9c78d3a51da2e1d2cec5b6c3c580c15_t.jpeg
ワインは低カロリーで太りにくいお酒。しかし、飲み方に注意しなければいくら低カロリーとはいえ、太ってしまうこともあります。そのため、ワインの適量を守り、食事も高カロリーのものばかり選ばないようにしましょう!

ワインについてもっと知りたい方へ

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c3/c3729386f4ffb152cbe0f5e331180cd7_t.jpeg