Ttloeo1bsjkvmshvlhql

食材

CATEGORY | 食材

ドレッシングの賞味期限って一体いつ?保存方法や捨て方も合わせご紹介!

2019.03.07

「ドレッシングの賞味期限や保存方法、知っているようで案外知らないかも」。そんなあなたのために、今回はドレッシングの賞味期限や保存方法などについて、「未開封」「開封後」別にご紹介します。合わせて、手作りドレッシングの取り扱いやドレッシングの捨て方もご紹介します。

  1. 【ドレッシングの賞味期限】保存方法や捨て方も!
  2. 【ドレッシングの賞味期限】賞味期限と消費期限の違いとは?
  3. 【ドレッシングの賞味期限】保存方法や捨て方も!:常温保存編
  4. 【ドレッシングの賞味期限】保存方法や捨て方も!:冷蔵保存編
  5. 【ドレッシングの賞味期限】保存方法や捨て方も!:冷凍保存編
  6. 【ドレッシングの賞味期限】手作りドレッシングの保存方法
  7. 【ドレッシングの賞味期限】手作りドレッシングの賞味期限
  8. 【ドレッシングの賞味期限】手作りドレッシングの捨て頃の目安
  9. 【ドレッシングの賞味期限】賞味期限切れドレッシングの上手な捨て方
  10. 【ドレッシングの賞味期限】保存方法や捨て方も!:まとめ
Dl9xvxvfg2jjird62c4s
引用: https://www.instagram.com/p/Buf-fVZgRFn/
スーパーなどで買ってきたドレッシング。あなたは、どのように保存していますか。また、ドレッシングの賞味期限がどれくらいあるのか知っていますか。今回は、ドレッシングの保存方法や賞味期限を「未開封」「開封後」に分けてご紹介します。また、自宅で作る自慢の手作りドレッシングの保存方法についてもご紹介します。
Czl3bmn0irs5kj9ywa7k
引用: https://www.instagram.com/p/Buq62cklx_v/
また、余ってしまったドレッシングの取り扱い方や、食べられなくなったドレッシングの上手な捨て方もご紹介します。あなたのサラダライフを充実させる、ドレッシングのかしこい扱い方を実践する上での参考にしてみてください。
Xzhl6qmm78cymqf1iiev
引用: https://www.instagram.com/p/BulheYXHGUC/
あなたは、賞味期限と消費期限の違いを説明できるでしょうか。各食品に表示される期限表示には、「賞味期限」と「消費期限」の2つがあります。これらは、未開封の商品を、商品に表示された正しい方法(冷蔵保存・冷凍保存・冷暗所で保存など)で保存した場合に適応され、その場合に安全に食べられる期限年月日が示されています。
Yfoyfqdt7joz81dniz6j
引用: https://www.instagram.com/p/BuiXU1_Dfgu/
「賞味期限」は、未開封の商品を正しい方法で保存した場合に、品質や味などが変化することなく、美味しいまま食べられる期限を表す年月日です。「賞味期限」が表示される主な商品には、缶詰、サラダ油などの油類、スナックやチョコレートなどのお菓子類、カップラーメンや袋ラーメンの乾麺類など、比較的に持ちのしやすい商品に用いられます。
Wrks0vpcmoecpdcklcqj
引用: https://www.instagram.com/p/BulUU6QhqJO/
一方、「消費期限」は、未開封の商品を正しい方法で保存した場合に、健康に害を及ぼさないなど、安全に食べられる期限を表す年月日です。「消費期限」が表示される主な商品には、お弁当、おかず、サンドイッチの惣菜類など、すぐに食べなければ傷んでしまいやすい商品に用いられます。
Mvmec0b59byxbxjt38ll
引用: https://www.instagram.com/p/BuUsZb6gZik/
また、「賞味期限」が過ぎた食品が、すぐに食べられなくなることはありませんが、商品の持っている本来の味を実感できなくなる意味において、できる限り賞味期限内に消費することが、その商品を美味しく食べられる方法といえるでしょう。
「賞味期限」と「消費期限」の違いを踏まえた上で、ドレッシングの正しい保存方法から見ていきましょう。

関連記事

Nwtfaaoxdtw4zgb8l9d4
引用: https://www.instagram.com/p/BuppS09FZUB/
上記したように、ドレッシングは比較的日持ちのしやすい商品に該当するので、商品には「賞味期限」が表示されています。

未開封の常温保存

G5rnwkidz7gtb1ls0aoj
引用: https://www.instagram.com/p/BuqefQRgsSD/
未開封のドレッシングは、店舗で常温棚で陳列されているような常温保存が可能です。商品には、「直射日光が当たらず、なるべく涼しいところで保管して下さい」などと書かれているでしょう。
賞味期限は、商品によって徐々に異なります。オイルが含まれたタイプのドレッシングは、3ヶ月〜半年ほどです。また、ノンオイルタイプのドレッシングなら1ヶ月〜5ヶ月ほどと、消費期限がオイルタイプよりも若干短くなっているのもが多く見当たります。
未開封であれば賞味期限を過ぎても食べられる場合がありますが、先ほどご紹介したような理由で、なるべく賞味期限内に使い切ることをおすすめします。

開封後の常温保存

Gdjyjcgzfn5tm160reuh
引用: https://www.instagram.com/p/Bun8J7cgTVr/
いちど開封をすれば劣化がどんどん進むので、常温保存には向いていません。開封後はすぐに使い切るか冷蔵保存を心掛けましょう。
K0ga6xrzal0lky1e7l58
引用: https://www.instagram.com/p/BunTccuAJtm/
次に、ドレッシングの冷蔵保存について見てみましょう。

未開封の冷蔵保存

Zgo05zq2res48kcjynpr
引用: https://www.instagram.com/p/Bmx1BFQh6n8/
未開封のドレッシングなら冷蔵保存しても問題ありませんが、常温で問題なく保存が可能です。

開封後の冷蔵保存

R1iu2b5vwuvooi4t4wqb
引用: https://www.instagram.com/p/Bum2DclDLNL/
開封後であれば、常温保全では劣化が進んでしまいます。「開封後はなるべく早めにお召し上がりください」などの注意書きがされているように、冷蔵庫で冷蔵保存して約1ヶ月を目安に使い切ることを心掛けましょう。

関連記事

Bdtddsgtf2g9vbkob4kx
引用: https://www.instagram.com/p/BulIahVHd-3/
ドレッシングって冷凍保存ができるのでしょうか。

未開封の冷凍保存

Segzrpviis2ahkghlefb
引用: https://www.instagram.com/p/Buk40VbANkC/
未開封のドレッシングであれば常温保存で問題ありません。しかし、解凍する手間などを考えて常温で保存することをおすすめします。

開封後の冷凍保存

Rc8bdhp0eyshv1vgznd5
引用: https://www.instagram.com/p/BukWeehlCqS/
基本的には、開封後のドレッシングは冷凍保存が可能です。ただし、とろみがある乳化したドレッシング(オイルベースではないドレッシング)は、冷凍保存により分離することがあるので、冷凍保存には向いていません。冷凍期間については、ドレッシングに使われている素材により異なりますが、6ヶ月を目安に冷凍保存ができます。
Pbu90wqv43qlawq6fnlc
引用: https://www.instagram.com/p/BuF4bWsgu1-/
スーパーに行けば、数多くの種類のドレッシングが所狭しと棚に並べられています。どれも一度は試してみたい美味しそうなドレッシングばかりです。でも、一方では、好みの素材を使って自分で手作りドレッシングを楽しむ人も多くいます。
せっかく作った手作りドレッシング。その日のうちに使い切れば、品質的には何の問題もありません。でも。もし余ってしまった時にはどのように保存したら良いのでしょうか。

冷蔵庫での冷蔵保存を心掛ける

Xtyzavav83h9xjygdmna
引用: https://www.instagram.com/p/Bq8On7uFmxg/
できる限り、その日のうちに使い切れる量を手作りすることが、衛生上では安全に消費することができます。もし、余ってしまった場合には、密閉ができる煮沸消毒したガラス容器に入れて、冷蔵庫で冷蔵保存することをおすすめします。手作りドレッシングの場合には、特に衛生面に注意を配る保存方法が求められます。

関連記事

Pn8agkhyypeuebav8jmu
引用: https://www.instagram.com/p/BuqAoCDHKiF/
上記したように、手作りドレッシングはその日のうちに使い切ることが最も好まれます。そうすることで衛生面はもちろんのこと、手作りならではの新鮮な味わいを楽しむことができます。もしも余っしまった時には、冷蔵保存しましょう。

保存期間は素材により異なる

Ibzptoszz6cc17sbimy9
引用: https://www.instagram.com/p/BooalIUj9Rn/
手作りドレッシングの保存期間は、ドレッシングに使う素材によって大きく異なります。あくまでも目安となる保存期間ですが、 ◎卵や乳製品を素材に使ったもの…1日〜2日ほど ◎野菜やフルーツを素材に使ったもの…1日〜10日ほど ◎和風ドレッシング…3日〜7日ほど ◎オイル系ドレッシング…30日ほど
これらは、あくまでも衛生面に心を配った上手な保存方法ができた場合に限保存期間です。基本は「その日のうちに食べきる」です。特に、ノンオイル系のドレッシングは、そうでないものよりも保存期間が短くなります。その日か次の日まで消費することを心掛けましょう。
Hdkicpwxufbfsqff62f7
引用: https://www.instagram.com/p/BrahvkuBZm5/
オイル系のドレッシングは、油や酢が主原料になるので比較的長い期間保存が可能です。ただし、冷蔵庫などで保存した時に他のものが混入した場合には、それが痛みや腐りの原因となることがあります。見た目でドレッシングの変色が確認できた時には、速やかに捨ててしまうことをおすすめします。
また、最初には見られなかった不純物のようなものが浮かんできたら、カビが発生し始めている可能性があります。その場合にも食べることなく捨ててしまうことが肝心です。
Wchohkvv4bhvsrzctb6d
引用: https://www.instagram.com/p/BrSXRCIhIX6/
ドレッシングの主な原料には油や酢などが使われています。多くの家庭でそのまま流しに捨てれば、海水汚染の原因にもなりかねません。天ぷら油などを処分する要領で、専用の油捨てを利用して処分することが上手なドレッシングの捨て方といえるでしょう。自治体によって捨て方が指定されている場合には、その捨て方に従うように処分しましょう。

関連記事

Qxnnmxnvj1ljdck0f1y2
引用: https://www.instagram.com/p/Br0BhMpAf-A/
いかがでしたか。ドレッシングの保存方法や賞味期限などについてご紹介しました。ドレッシングの保存方法は、未開封であれば常温保存が可能です。でも、開封後は商品劣化が進む恐れがあるので、なるべく早く使い切るか、保存する場合には冷蔵保存がおすすめです。冷蔵保存の際にも、開封後のドレッシングを品質を損ねることなく味わうためには、1ヶ月を目安に使い切ることが大切です。
手作りドレッシングの場合も、その都度消費し切れる量を作ることが大切です。もし、余ってしまった際には冷蔵保存してなるべく早く消費しましょう。万が一、食べられないほど商品劣化が進んだ際のドレッシングの捨て方にも心を配りましょう。

ドレッシングについてもっと知りたい方へ

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmeZ1X5Bji-/