Gznpkjrwfiknyhibvpef

健康

CATEGORY | 健康

足湯の効果まとめ!美容効果アリは本当?自宅で足湯する方法も!

2019.02.24

皆さんは足湯の効果を知っていますか?実は足湯には体の血流を良くしてくれたり、女性特有の冷え性やむくみを解消したりと体に良い効果がたくさんあります。しかも美容に良いとされています。そこで今回は、足湯の効果をご紹介。一緒に自宅での足湯のやり方も紹介しています。

  1. そもそも足湯とは?
  2. 効果は本当にある?足湯が良いと言われている理由とは
  3. 女性に嬉しい美容効果アリ!?自宅でも出来る足湯の効果①むくみの解消
  4. 女性に嬉しい美容効果アリ!?自宅でも出来る足湯の効果②美肌サポート
  5. 女性に嬉しい美容効果アリ!?自宅でも出来る足湯の効果③冷え性改善
  6. 女性に嬉しい美容効果アリ!?自宅でも出来る足湯の効果④デトックス&免疫力UP
  7. 女性に嬉しい美容効果アリ!?自宅でも出来る足湯の効果⑤リラクゼーション効果
  8. 効果を最大限に引き出す!自宅で出来る足湯のやり方
  9. 自宅で足湯をした後に注意すべきポイント
  10. 足湯効果で体も心もイキイキ!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f5/f5470166b742ddc93d7591891f44ea76_t.jpeg
観光地や温泉街などに行くと、よく見かける「足湯」。その名前の通り、足だけお湯に浸かることを指しています。足といっても全部をつけるのではなく、ふくらはぎまで浸かることを「足湯」と呼ぶようです。子どもからおばあちゃんまで幅広い年代の方々に愛され、日本各地に設置されています。この足湯は元々日本で生まれた文化ですが、最近ではその効果が認められてアジアやヨーロッパなどの海外でも人気を博しています。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/8a/8ab80b0ef24774e028c4990ed66ce143_t.jpeg
よく足湯は体に良いとの話を聞きますが、どうしてそう言われているのでしょうか?実は、足には体の老廃物が集まり、さらには臓器に影響するツボが集約されています。そのため、足湯で「足」を重点的にほぐしてあげれば体全体の調子が良くなるというわけなんです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/22/224f9c493233c63e6edba2b93a1eecec_t.jpeg
なんと足には心臓のツボから目や鼻のツボなどが存在しており、体中の至る場所を網羅しています。ですので、足を見ればその人の体の調子が分かってしまうそうです。しかも、足は日々私たち人間の全体重を支えています。その分、血流も溜まりやすくなっており、体中の老廃物が続々と足の裏に集まってくるのです。だからこそ、足湯で温めて血流を良くしてあげることが大切となります。

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/1f/1f08ab4c130abafcea5061d146b7e94c_t.jpeg
多くの女性が悩んでいる「むくみ」ですが、足湯で解消することができます。元々足は心臓から遠いため、血流が悪くなりやすいです。そのため、老廃物もどんどん溜まってしまい、むくみやすくなってしまうのです。このままの状態を放置していると、体の調子が悪化したり、血が固まって病気の原因になったりする恐れもあります。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f5/f57b6acd2e5e2de64475972d3feb88aa_t.jpeg
そのため、足湯で足をしっかりと温め、血管を広げてあげましょう。血管が広がると当然血の流れも良くなり、全身に十分な血液が行き渡ります。その結果、体内にある余分な水分も排出され、むくみが解消するというわけです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/92/92ad239267d2afaddd6803ea9bb93e4d_t.jpeg
そもそも血液というのは、体に必要な栄養や酸素を届ける働きをしています。美しい肌を作り出すのには欠かせませんし、なくてはならない存在です。この血液は心臓から出発し、その後全身を巡ってまた心臓へと戻ってきます。しかし、地球には重力がかかっているため、下半身の血液は心臓へと戻りにくく、その結果血流が悪くなりやすいのです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/42/424e5e32fdbb6451c7ab05b3604a8b3d_t.jpeg
血流が悪くなると美肌を作り出すために必要な物資が届かず、細胞も育ちにくい環境となってしまいます。そうすると、肌のターンオーバーが乱れたり、吹き出物や肌荒れが起こったりしてしまうのです。ですが、足湯で血流を良くすることで体に必要な栄養・酸素が行き届き、自然と内側から輝く美肌が作られていきます。

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a4/a48c58199fb17eec9b61399bced6c891_t.jpeg
冷え性は体の外側が冷えているだけだと思っている方が多いかもしれませんが、ときには内蔵が冷え切っていることもあります。そのため、足湯で血流を良くして体の内側も外側も温めてあげることが大切です。特に足は温まりにくい箇所ですので、足湯でピンポイントに温めてあげることで冷え性を改善することができます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/41/41e2cc0ca23b7a559f925c1ac7d75bc5_t.jpeg
そもそも冷え性の方は上半身よりも、下半身を重点的に温めることが大事だと言われています。ですので、足湯は冷え性に効率的かつ効果的な方法だと言えるでしょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e5/e5c008f26c8e83e5f86f95332ed457aa_t.jpeg
血流が悪くなると、足にどんどん体内の老廃物が溜まり始めます。老廃物がどれくらい溜まっているのかは、足を触ったときの痛さで分かります。触ったときに「痛い!」と思わず声を上げてしまうほどの激痛が走る場合は、かなり老廃物が溜まってる証拠です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/0d/0d98fddf3a05c56f1ca6b12305158195_t.jpeg
では、この老廃物をどうやってなくすのかというと、足湯で血流を良くすることが大切です。そもそも足は第二の心臓とも言われるほど大切な場所で、ここを温めると免疫力もUPしていきます。糖尿病を含む生活習慣病や高血圧の予防、腎臓機能の低下など、様々な病気に効果があると言われています。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e6/e60b865f04c5dbf410b24d5f1cdb2a32_t.jpeg
足湯を行うと全身がポカポカと温まり、自然と体も心もほぐれていきます。じんわりと汗もかきますので、爽快感を味わうこともできるでしょう。このように足湯にはリラックス&リフレッシュ効果があり、ストレス解消にピッタリです。お風呂に浸かるのと同等の効果が得られる上に、手軽に行えるのも嬉しいですよね。不眠症にも効果があるとされていますので、なかなか寝付けないという方は就寝前に足湯をしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/de/deba23cc60da2c28cfb21864d4d4ac22_t.jpeg
実際に自宅で足湯をやろうにも「どのくらいの温度がいいの?」「浸かる時間は?」「水はどのくらい入れるの?」など疑問がたくさんあることでしょう。そこで、基本的な足湯のやり方についてご紹介します。

足湯に必要なもの

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/05/05e591df4c6ad3ecc2fed280b948bd3c_t.jpeg
足湯をする前に、以下のものを用意しましょう。
◎洗面器やバケツなど、足を浸ける容器(市販で足湯専用の容器も存在しています) ◎足湯をしている間に腰掛けられるイス ◎タオル ◎温度計 ◎お湯を入れるヤカンやポット ◎床を濡らさないためのビニールシート
これらの物を用意できたら、後は簡単です。お湯を張った容器に足を入れるだけ!とても手軽に足湯ができちゃいますよ♪

足湯の温度や水の量は?

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f4/f4d34ad38055acb3913cf8ec1adf6bfa_t.jpeg
足湯の温度は38~40℃くらいが目安だと言われています。ややぬるいなと感じるかもしれませんが、これくらいの温度にすることで副交感神経を刺激でき、リラックス効果を高めることができます。温度が明らかに下がってきたと感じたら、ポットでお湯を継ぎ足していきましょう。じんわりと温めていくのが効果的ですよ!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/98/98078d3012e288f2a6e1d1c074399350_t.jpeg
そして、水の量ですが、足首~ふくらはぎ辺りがおすすめです。「足全体を温めた方が効果ありそうなのに」と考える方もいるかもしれませんが、基本的にはふくらはぎまで隠れれば十分な効果が得られます。あまりにも水の量が多いと、床にこぼれやすくなりますので、注意しましょう。

足湯に浸かる時間は?

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6c/6c4d608efc3508ee0db720d3575a18ce_t.jpeg
足湯に浸かる時間ですが、10~20分ほどが目安だと言われています。また、この時間くらいが美容や健康面でも高い効果が得られやすいようです。もちろん長い時間浸かってもいいのですが、30分くらいにとどめておきましょう。あまりにも長い時間浸かってしまうと、水分不足になったり、寝つきが悪くなってしまったりするようです。足湯でしっかり体を温めたいという方は、時間を区切って複数回に分けて足湯したり、水分補給をこまめに行ったりして対応しましょう!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a1/a1d32c892e621d61f945129507bca280_t.jpeg
自宅で足湯をした後は、ぬるま湯もしくは常温の水を飲んでください。足湯をした後は想像以上に発汗していますし、なにより体力も消費しています。そのため、水分補給は欠かせません。また、足湯によって得られたデトックス効果を高めるためにも水分を摂って、老廃物を体外に出しやすくしてあげましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a4/a4d84175f3a4237a15c5edc7af44b291_t.jpeg
ただ、水ならば何でもいいわけではありません。キンキンに冷えた水を飲んでしまうとお腹や腸が驚いてしまいますので、必ずぬるま湯もしくは常温を飲んでください。また、足湯で温まった足を保護するために靴下を履くことも大切です。せっかく得た熱を逃がさないためにも、靴下を履いて血流を良くしましょう。

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/04/049c9c0d4811436339d3183a3ad71f5f_t.jpeg
足湯の効果についてご紹介しました。案外知られていませんが、足湯には非常に様々な効果があります。女性には嬉しい冷え性やむくみ改善、リラックス効果など、体に良いことばかり。お風呂に浸かるよりも手軽に行えますので、ぜひ足湯してみてくださいね!自宅で行う際は、今回ご紹介した時間や温度を参考にしてみてください。

美容効果についてもっと知りたい方へ

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/70/70b48c78f5ad869509e5ac48f013f4e8_t.jpeg