Fybwgwwfow9xws6um7qh

旅行・お出かけ

CATEGORY | 旅行・お出かけ

スケートにおすすめの服装は?冬の定番デートも防寒×おしゃれに!

2019.02.24

冬の定番デート&お出かけスポットのひとつに「スケート」があります。しかし、スケートで困るのが服装です。「オシャレしたいけど寒いし、どうすればいいの?」と迷う人もいるでしょう。そこで今回は、防寒×オシャレが叶うスケートにおすすめの服装をご紹介します!

  1. 冬の定番デート&お出かけスポット「スケート」にはどんな服装がおすすめ?
  2. 冬の定番デート&お出かけスポット「スケート」の服装選びで注意するポイント
  3. 冬の定番デート&お出かけスポット「スケート」におすすめな服装①厚手カーディガン×ミモレスカート
  4. 冬の定番デート&お出かけスポット「スケート」におすすめな服装②ファーブルゾン×デニム
  5. 冬の定番デート&お出かけスポット「スケート」におすすめな服装③ダウン×スキニー
  6. 冬の定番デート&お出かけスポット「スケート」におすすめな服装④ボアコート×スキニー
  7. 冬の定番デート&お出かけスポット「スケート」におすすめな服装⑤ロングコート×ワンピース
  8. 冬の定番デート&お出かけスポット「スケート」におすすめな服装⑥ボアジャケット×ワイドパンツ
  9. 冬の定番デート&お出かけスポット「スケート」におすすめな服装⑦ボアMA-1×デニム
  10. 冬の定番デート&お出かけスポット「スケート」におすすめな服装⑧ボリュームカーディガン×チェックワイドパンツ
  11. 冬の定番デート&お出かけスポット「スケート」におすすめな服装⑨ボルドーアウター×スキニー
  12. 冬の定番デート&お出かけスポット「スケート」におすすめな服装⑩ダウン×プリーツスカート
  13. 冬の定番デート&お出かけスポット「スケート」におすすめなアイテム紹介
  14. まとめ
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2013/12/30/00/20/ice-skating-235547__340.jpg
冬の定番デート&お出かけスポットといえば、スケートですよね!しかし、どんな服装でいけばいいのか分からないという方もいるはず。防寒が必要なことは分かっているけれど、デートでスケートに行くならオシャレをしていきたいですもんね。ではまず、服装の前に室内と室外にあるスケートリンクの違いについて知っておきましょう。

室内と室外の違い

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ec/ec86378d1827f926b0492aac996cdfb1_t.jpeg
まず室内のスケートリンク場は、室内温度を10~15度前後に設定しているところが多いです。室外のように風がない分暖かさは感じられるかもしれませんが、汗をかいたり、休憩していたりすると急に寒さを感じることがあります。そのため、アウターは必須。ただ、厚手ではなくていいため、動きやすいコンパクトなダウンやフリースのジャケットで十分でしょう。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/01/23/08/52/skates-2001797__340.jpg
一方、室外のリンクは完全に外になるため、その日によって気温が大きく変化します。ただ、アイススケートリンクがあるということは氷が解けないほどの寒さが保たれている場所ということですので、防寒対策は万全にしていた方がいいでしょう。アウターは防寒性の高いものをチョイスし、転んだ際に濡れても大丈夫なように防水性があると尚良いです。また、マフラーやニット帽などの小物も忘れずに。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/03/27/19/57/cold-1284028__340.jpg
「デートやお出かけの際は、うんとオシャレしていきたい!」そう思うのが女心です。しかし、スケートの場合はオシャレだけを重視してしまうと後で痛い目にあってしまいます。例えば、寒すぎてスケートどころではなくったり、転んで怪我をしてしまったり…。そのため、以下のポイントを意識しながらオシャレなコーデを組んでみましょう!

服装選びで注意するポイント①アウター

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/05/22/10/07/balloon-1408173__340.jpg
スケートをやる時期は冬に限定されてくると思いますので、アウターは皆さん必ず着ているでしょう。ただ、アウターはできるだけ動きやすさを重視して選んでください。あまりにも長い丈のコートや動きが制限されるような固い素材だと、転んだり、転んだ際に思うように手をつけなかったりします。
また、滑っていると暑くなってきますので、温度調節がしやすいようなアウターが好ましいです。脱ぎ着のしやすさはもちろん、前を開け閉めできるタイプがおすすめですよ。

服装選びで注意するポイント②トップス

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/03/27/19/31/fashion-1283863__340.jpg
トップスも暖かさを重視して、厚手のニットやパーカーがおすすめです。裏起毛であれば尚良いです。そして、動きやすい伸縮素材のものを選びましょう。また、転んでしまうと水に濡れますので、初めてスケートをする方はトップスの替えを持っていくのがおすすめですよ!

服装選びで注意するポイント③ボトムス

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/01/20/14/28/fashion-605508__340.jpg
ボトムスは、スカートよりもズボンがおすすめです。やはりスカートですと、足が出ていますので怪我をしやすかったり、寒さを感じやすくなったりします。そのため、スキニーやワイドパンツなどがおすすめです。どうしてもスカートがいいという方はミニ丈を避け、必ずタイツを下に履きましょう。また、動きにくいタイトスカートは怪我の恐れがあるため、控えてください。

服装選びで注意するポイント④靴下

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/12/14/11/34/socks-1906060__340.jpg
スケート場は非常に寒く、足元から寒さが上がってきます。そのため、靴下は厚手の物をチョイスしましょう。ややファッション性に欠けるかもしれませんが、タイツ+靴下にするとより高い防寒性があります。また、市販の靴下に付けるカイロもおすすめですよ!ただ、動いていると暑くなってきますので、そのときはカイロを剥がして温度調節を行ってください。

関連記事

引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/8ayqxz/20190122071318823/20190122071318823_500.jpg
ゆったりめの厚手カーディガンに、ミモレ丈のスカートを合わせたコーデ。女性らしいフェミニンなスタイルに仕上がっています。ただ、スケートの際はタイツを履いて防寒対策を取ってください。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/6xx5ot/20171213203847148/20171213203847148_500.jpg
ボリュームのあるファーブルゾンにストレートのデニムを合わせたコーデ。ハイウエストボトムスにショート丈のアウターを合わせていますので、スタイルアップ効果が得られます。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/hzrdf6/20190103062545240/20190103062545240_500.jpg
ダウンジャケットに厚めのマフラーで防寒対策はバッチリ◎上にボリュームがありますので、足元は黒のスキニーで引き締めます。白・黒・グレーの3色でまとめ、統一感のあるコーデに。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/upf2v2/20190109200152063/20190109200152063_500.jpg
長めのボアコートに黒のスキニーを合わせたコーデです。中にはパーカーを着用し、とことん動きやすく◎足元には靴下を履いて防寒対策を取りましょう。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/bd1zf2/20190209173506617/20190209173506617_500.jpg
ロング丈のコートにニットワンピースを合わせたコーデです。ニットワンピースは1枚でサラっと着ることができ、動きやすさも抜群◎また、タイツや手袋で防寒対策しながらも女性らしいスタイルになっています。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/sgdos4/20190125074732627/20190125074732627_500.jpg
ショート丈のボアジャケットに黒のワイドパンツを合わせたコーデ。上半身はベージュ系の淡い色合いで合わせ、下半身は黒でスッキリと引き締めています。

関連記事

引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/cbdvxb/20170111210359629/20170111210359629_500.jpg
ボア付きのMA-1にスキニーデニムを合わせたコーデです。カジュアルで動きやすさ重視。首元が寒い場合はマフラーを合わせてあげると良いでしょう。服装自体がシンプルですので、どんなマフラーでも似合いますよ♪
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/ibm0g4/20180204225816775/20180204225816775_500.jpg
ボリューミーなカーディガンにチェックのワイドパンツを合わせたコーデ。カーディガンは程よく体を温めながら、ダウンほど厚みがなく、動きやすいのが特徴です。また、ワイドパンツはゆとりがありますので、タイツを仕込むことができます。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/hfflfo/20190124194744373/20190124194744373_500.jpg
ゆったりめのボルドーアウターに、黒のパンツを合わせたコーデです。中にはスウェットを合わせてシンプルかつ動きやすいコーデに。ここにアクセントとして、チェック柄のマフラーを合わせてあげるのもおすすめです。

関連記事

引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/wz6qcu/20190109004159404/20190109004159404_500.jpg
ベージュのショート丈ダウンに、プリーツスカートを合わせたコーデです。全体的に落ち着いた色合いをチョイスし、女性らしい柔らかな雰囲気が出ています。寒さが厳しい日の場合は、靴下ではなくタイツがおすすめです。
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/08/01/23/37/people-2568689__340.jpg
ここではスケートの際におすすめなアイテムをご紹介します!防寒対策として使えるのはもちろん、ファッション性にも富んでいるアイテムをピックアップしています♪

スケートにおすすめなアイテム①手袋

引用: https://item.rakuten.co.jp/hongkongmadam/k0228/
シンプルながら上品なデザインが特徴の手袋です。手袋といえば野暮ったいイメージがありますが、こちらはスタイリッシュな見た目をしています。また、裏地にボアがついていますので、熱を逃がすことなく温めてくれます。さらに、手袋をしたままでもスマートフォンを操作することができます。

スケートにおすすめなアイテム紹介②マフラー

引用: https://item.rakuten.co.jp/diana/loc-10-2/
英国王室も愛用している「Lochcarron」のマフラーです。とても品質が高く、使えば使うほど肌に馴染んでくれます。また、上品なタータンチェック柄も魅力。大人可愛いデザインをお探しの方におすすめのマフラーです。

スケートにおすすめなアイテム紹介③ニット帽

引用: https://item.rakuten.co.jp/onspotz/m01-cblk/
パーカーやニットなどのカジュアルスタイルと相性の良いニット帽。頭を暖かくしてくれますし、ファッションにもアクセントをプラスできます。カラーバリエーションも豊富ですし、リブ編み・ケーブル編みの2つから好きなタイプを選べます。色違いで持っていると、コーデに合わせてチョイスできますよ♪

関連記事

引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/02/06/02/52/indoors-3133818__340.jpg
アイススケートへ行く際はオシャレも大事ですが、一番に防寒対策をしましょう!寒くて滑れないなんてことになったら、せっかくのデートやお出かけが台無しになってしまいますからね…。今回ご紹介したポイントを参考にコーデを組んで、スケートを存分に楽しんじゃいましょう!

スケートについてもっと知りたい方へ