Rpwcctzkaq4gv6aeugpj

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

サンドバッグを自宅に設置したい!おすすめ&サンドバッグ代用アイデアをご紹介!

2019.02.22

ダイエット目的や本格的なトレーニングがしたい人におすすめの自宅用サンドバッグを紹介します。サンドバッグの選び方や、サンドバッグを自宅に設置する際のポイントもまとめましたので、参考にしてみてください。また、サンドバッグの代用アイデアも紹介します。

  1. サンドバッグを自宅に設置したい
  2. サンドバッグの選び方
  3. 自宅にサンドバッグを置く際に気を付けること
  4. おすすめの自宅用サンドバッグ①ファイティングロード サンドバッグ ハードタイプ
  5. おすすめの自宅用サンドバッグ②ファイティングロード ファイティングバッグ
  6. おすすめの自宅用サンドバッグ③マーシャルワールド LFORCE
  7. おすすめの自宅用サンドバッグ④CAMPSOR サンドバッグ
  8. おすすめの自宅用サンドバッグ⑤WILD FIT Yベーススタンド サンドバッグセット
  9. 自宅に設置できるサンドバッグの代用アイデア
  10. まとめ
ダイエットや体力作りにおすすめのサンドバッグ。適度な運動ができて、思いっきり力を込めることでストレス発散にも役立つアイテムです。サンドバッグと言えば、みなさんが想像するのは天井から吊るされているタイプだと思いますが、最近では自立式のタイプなどもあり自宅でも手軽に本格的なトレーニングをすることができます。さまざまなメーカーから発売しているので、大きさや特徴をチェックして自分に合ったサンドバッグを見つけてみてください。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51mrJinhW7L._SL1001_.jpg
たくさんのサンドバッグが発売していますが、タイプや大きさなどに違いがありどれを選べばいいのか迷ってしまう人も多いと思います。自分に合ったサンドバッグが見つけられるように、まずは選ぶときのポイントについて紹介します。

タイプについて

サンドバッグは、吊り下げるタイプとスタンドタイプの2種類があります。吊り下げるタイプは、天井に吊るすことで設置場所を取らずにトレーニングをすることができ、本格的に使用したい人におすすめです。スタンドタイプは、自立するのでサンドバッグを吊り下げられる場所がなくても大丈夫です。女性でも移動が簡単なので、ちょっとしたスペースに設置したり使用しない時には片付けられるメリットもあります。

素材について

サンドバッグには、主に合成革と本革の2種類が使用されています。合成革は、水を弾くので汚れにくいというメリットがあり、リーズナブルな価格で買うことができます。本革は、耐久性に優れていて通気性も良いので寿命が長いです。打撃をした時に良い音が鳴りやすいのも本革の特徴です。

サイズ・重さについて

サンドバッグを本格的に使用したい場合は、重いほうがおすすめです。特に長くて重いサンドバッグは、安定感がありパンチもキックもすることができます。パンチを重点的にトレーニングしたい人は、短くて軽いサンドバッグがおすすめです。上半身だけではなく足にも力が入るので、ダイエット目的の人にも良いと思います。

関連記事

自宅にサンドバッグを置く際、いくつか注意しなければいけない点があります。サンドバッグを買う前に調べておく必要があることなので、購入を検討している人は購入してから後悔しないように参考にしてみてください。

壁から少し離して設置する

サンドバッグと壁との距離が近いと、壁に傷ができたりへこみの原因になってしまいます。また、壁にぶつからないか心配しながら使用するのも嫌ですよね。サンドバッグを買う前に、実際にどのくらいのスペースがあるかを測っておけばトラブルを防ぐことができますよ。

下にマットを敷く

引用: http://www.wildfit.com/mat/jm/jmt.jpg
スタンドタイプのサンドバッグが倒れたり、使用している間に床に傷ができてしまったりするのを防ぐために、マットを敷いておくことをおすすめします。サンドバッグをそのまま設置してしまうと、どうしても傷がついたりずれたりすることがあります。トレーニングマットやジョイントマットなどを敷いておけばこのようなトラブルにも対応でき、衝撃吸収や滑り止め効果もあるので便利ですよ。

騒音にならないか確認する

賃貸の家庭で気になるのが、騒音問題です。サンドバッグを叩く音は意外と響くので、気にする人は気にしてしまうかもしれません。早朝や夜中に使用しないようにすることはもちろんですが、簡単な対処法として毛布を巻く方法があります。普通に使用するよりは音を響かないようにできるので、特に賃貸の家庭では参考にしてみてください。防音シートを張るというのも効果がありますよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/318J-wo4BvL.jpg
高品質レザーを使用した吊り下げるタイプのサンドバッグです。底下部分には補強ベルトを使用していて、激しい衝撃も吸収してくれます。重量は45㎏と本格的な使用を考えている人におすすめですよ。サイズは100cmから150cmまであるので、自分に合ったサンドバッグを選んでみてください。高品質レザーを使用しているのに7,000円前後と価格がリーズナブルなのも魅力的です。
ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) サンドバッグ ハードタイプ (40×130)
価格 ¥ 7,560

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51uBfwj7-7L._SL1000_.jpg
ジムや道場で実際に使用されるほど本格的なサンドバッグです。スタンドタイプなのでサンドバッグを吊り下げられる場所がなくても使用できます。ダイエットやエクササイズ目的でも使用できますし、安定性や耐久性があるので激しいパンチやキックなどプロのトレーニングをしたい人にもおすすめですよ。価格は2万円ほどと手軽な価格ではありませんが、長く使用したい人に満足のいくサンドバッグだと思います。
ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) ファイティングバッグ
価格 ¥ 21,600
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31IjhqOoaIL.jpg
エクササイズやダイエットの初心者におすすめのサンドバッグです。重量は14.5kgと軽めの運動をする人にも適しているので、どのサンドバッグが良いか悩んでいる人はこちらのサンドバッグを試しに買ってみてはいかがですか。価格も5,000円ほどとリーズナブルで、デザインも黒と赤でシックなのでどんなお部屋にも合うと思います。子供も使用できるサンドバッグにもなっていますよ。
マーシャルワールド LFORCE エアースタンディングバッグ
価格 ¥ 5,508

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31n6UWoRgLL.jpg
全長160cmの格闘技用のサンドバッグです。有効範囲は98cmなので腕だけではなく下半身を鍛えたい人にもおすすめです。本体に詰め物が入っているので、土台には砂利や砂を入れることで使用ができます。組み立ても女性でも出来るくらい簡単です。ダイエット目的などではなく、トレーニングを本格的にしたい人はぜひ検討してみてください。
【完成品】ロゴ有り サンドバッグ 160cm スタンド型 サンドバック スタンディングサンドバッグ
価格 ¥ 13,800
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31dOoWP86TL.jpg
パンチングボール付きのサンドバッグです。150cmをつるすと、床から10cm程の所にサンドバッグがきます。パンチングボールでスピードとリズムを養いながら、サンドバッグで腕を鍛えられるので、軽い運動から本格的なトレーニングまで幅広く使用できます。子供でも使用できるので、親子でトレーニングしたい人にもおすすめです。
[WILD FIT ワイルドフィット]YベーススタンドサンドバッグセットΦ40X130cm 黒
価格 ¥ 34,500

関連記事

市販のおすすめのサンドバッグを紹介しましたが、身近にあるものでもサンドバッグの代用を作ることができます。市販のサンドバッグのようなパンチやキックができるので、ストレス発散や軽い運動がしたい人は参考にしてみてください。サンドバッグを代用を作る時は安全面に気をつけましょう。

ペットボトルで代用

ペットボトルはたくさん手に入りやすいので、サンドバッグの代用にもちょうどいいです。作り方もペットボトルをいくつかまとめて、それを何段も上に重ねていくだけなので簡単でお金もかからないです。下の段に水を入れて重りの代わりにすれば、サンドバッグのようにトレーニングができますよ。

タイヤで代用

もし自宅に廃タイヤがあれば、サンドバッグの代用になります。好きな高さまでタイヤを積み上げ、ボルトやナットなどで固定をします。タイヤは硬いので、サンドバッグよりも鍛えられるかもしれませんよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/517hnOZ4dZL._SL1001_.jpg
ダイエット目的の人から本格的なトレーニングをしたい人まで幅広く使用できるサンドバッグ。用途によって自分に合うサンドバッグは違うので、サンドバッグのタイプや大きさを見て自分に合うサンドバッグを見つけてみてください。自宅に設置する際にスペースが確保できるかどうかも調べておきましょう。

トレーニングについてもっと知りたい方はこちら