Jfnxipmdgypsfvxqgkwq

費用

CATEGORY | 費用

上京に必要な費用の相場は?おすすめの場所や上京の流れを解説!

2019.02.17

夢や目標、仕事のために上京したいと思っている人は多いと思います。でも上京にかかる費用はどれくらいなのか、上京の流れはどんなものなのか知らないと困りますよね。そこで今回は上京に必要な費用の相場、上京の流れ、引っ越しにおすすめの場所など解説いたします。

  1. 上京の費用ってどれくらいかかるの?
  2. 上京に必要な費用の相場は?
  3. 上京に必要な費用の相場①家賃・初期費用
  4. 上京に必要な費用の相場②部屋の契約費用
  5. 上京に必要な費用の相場③家具・日用品費用
  6. 上京に必要な費用の相場④引っ越し費用
  7. 上京費用をできるだけ抑えるには?
  8. 上京までの流れについて
  9. 上京するならおすすめの場所はココ!
  10. まとめ
Dz4wvsw9avpr6fjevjs0
引用: https://www.instagram.com/p/BtkCGqDFxzo/
将来の夢や仕事のためにとりあえず東京に出て何とかしたい、そう思っている人は多いのではないでしょうか。実際にこれから上京しようと思っている人も沢山いると思いますが、上京するためにはどれくらいの費用がかかるのかが気になりますよね。近い将来に上京したいと思っているなら上京費用を用意しなければいけませんし、どれくらいの費用が必要になるのか知っておく必要があります。
Yuglqhyq3rb4xi8bedeq
引用: https://www.instagram.com/p/Btvz_JYHXjy/
Uplxpn1iplry0jynrdnb
引用: https://www.instagram.com/p/Bs_Cma6lNqQ/
上京するにあたってどれくらいの費用がかかるのか、その相場について解説していきたいと思います。上京にかかる費用は住む部屋の契約費用や家具・日用品の購入費用、引っ越し費用などの項目に分かれますので、項目ごとの費用相場を確認していきましょう。

上京に必要な費用相場は家賃や引っ越し時期でも異なる

Wbnpoxcwgyovi00njzmb
引用: https://www.instagram.com/p/Bt6NZqAlBIC/
まず上京に必要な費用相場は住む物件の家賃、引っ越しの時期でも異なってくるので念頭に置いておきましょう。できるだけ費用を抑えたい場合にも家賃や引っ越しの時期が関係してきます。

関連記事

Cabudcmkjeti4jvtyyum
引用: https://www.instagram.com/p/Bt5lYPgnPNg/
上京に必要な費用について、まずは家賃によってかかる初期費用が変わってきます。 住む部屋の家賃が5万円の場合は初期費用の相場は約57万円~58万円、 住む部屋の家賃が6万円の場合は初期費用の相場は約61万円~62万円、 住む部屋の家賃が7万円の場合は初期費用の相場は約66万円~67万円、 とされています。 住む部屋の家賃が15万円なら初期費用の相場は約102万円~103万円と100万円を超えますので、いくらの家賃の部屋に住むかによって上京にかかる費用が変わってきます。5万円ほどの安い物件でも上京費用は50万円ほどが必要になります。
Nxdzadoupmakouby0xsk
引用: https://www.instagram.com/p/Bt23Wf2l8HO/
家賃5万円の部屋に住むとしても50万円ほどの初期費用が必要になりますが、その内訳はどのようになっているのでしょうか。まず部屋の契約費用というものがかかり、費用の相場は家賃の4.5か月分とされています。契約費用には「敷金」「礼金」「仲介手数料」「前家賃」「日割り家賃」「日割り家賃」「保証会社利用料」「火災保険料」が含まれ、大体家賃の4.5か月分かかると計算しておきましょう。 ただし物件によっては「敷金・礼金なし」といった物件もあり、敷金礼金ゼロならば初期費用を抑えることもできます。敷金礼金ゼロ物件の場合は退去時にハウスクリーニング代や修理費を請求されたり、家賃が割高になっていることもあるので部屋選びの際は注意が必要です。
C4vd2wpn3rxwcawroz6r
引用: https://www.instagram.com/p/BtdYWCRlyDD/
住む部屋が決まったら家具や日用品を揃えなければいけません。洗濯機・冷蔵庫・テレビ・照明器具・エアコン・掃除機・炊飯器・電子レンジなど…自分が必要とする家具をリストアップしてみましょう。テーブルやソファー、ベッド、タンスなども必要になりますので、部屋が決まったらどのようなインテリア・レイアウトにするかしっかり計画をしてから家具や日用品を揃えるようにするのがおすすめです。 家具・日用品にかかる費用相場は大体20~30万円前後が目安となりますが、必ずしも新品にこだわらなければ費用を抑えることも可能です。

関連記事

Agqv2cqxxxjwyydvolnf
引用: https://www.instagram.com/p/Bt64ERKBHGO/
そして引っ越しの費用ですが、これは引っ越しをする時期と東京までの距離によって変わってきます。引っ越しをする人の少ない閑散期であれば、移動距離500km以内で6万円~7万円ほどが相場となり、移動距離500km以上で約8万円ほどが相場となっています。 また引っ越しをする人の多い繁忙期では、移動距離500km以内で約7万円、移動距離500km以上で約9万円の費用が相場となっています。このように引っ越しをする時期と東京までの距離でかかる費用も変わってくるので、できるだけ費用を安く抑えたい場合は閑散期を狙って引っ越しをするのもおすすめです。
Umzo7yfsami3icmn9y2z
引用: https://www.instagram.com/p/BrjKPb2hR37/
引っ越しの費用に関しては業者によっても差がありますので、事前に複数の引っ越し業者を比較してみるのもおすすめです。
Cmhd4ahq8rehxvlmy2ek
引用: https://www.instagram.com/p/Btuzb_xHYYa/
上京にかかる費用相場について解説してまいりましたが、できるだけ費用を抑えたいと思っている人が多いと思います。家賃によって初期費用が変わること、また引っ越し時期によって費用が変わることは既に触れた通りですが、上京費用をできるだけ節約したいと思ったらそのようなリサーチも必要になります。 部屋探しでも「敷金礼金ゼロ物件」は費用の節約に繋がりますが、前述の通りデメリットもありますので良く検討するようにしましょう。「敷金ゼロ」ではなく「礼金ゼロ」にこだわって部屋探しをするのはアリだと思います。

関連記事

Mtlehqdqdfq9jyc5ldse
引用: https://www.instagram.com/p/BmvOZJ9n4_V/
それでは上京までの流れは一体どのようになるのか解説していきたいと思います。

上京までの流れ①費用を貯める

Ks6pt8u9hvvgmqxfdgba
引用: https://www.instagram.com/p/BqU2TCun5Br/
まずは上京にかかる費用を貯めることから。部屋の契約費用や引っ越し費用、家具・日用品費用など最低限かかる費用に加えて、上京後の1~2か月分の家賃・生活費も貯めておくと安心です。先に上京後の仕事が決まっている場合は良いですが、上京してから仕事探しをするとなるとある程度の余裕がないと苦しくなるので上京後1~2か月分の家賃・生活費まで貯めておくと良いでしょう。

上京までの流れ②部屋を探す

Cr5ih0pponslaxadckjd
引用: https://www.instagram.com/p/Bt5j1wNBuNt/
実際に住む部屋はしっかり調べて探すようにしましょう。まずはネットで物件を調べ、不動産会社に問い合わせをして内見の予約や契約に必要なものを確認します。

上京までの流れ③内見

Ebdt8jnt5neweeqtkxw6
引用: https://www.instagram.com/p/BtyMWW5nAbM/
内見のために一度上京します。物件は契約しても実際に住めるようになるためにはある程度の時間がかかるので、一度上京をして内見、物件を決めるようにしましょう。部屋探しと同時に仕事探しをするのもおすすめで、面接の日程に合わせて内見の日を決めるのも時間を有効に使えて良いでしょう。

上京までの流れ④引っ越しの準備

Mmzjelyukzyupu38c9mt
引用: https://www.instagram.com/p/BtxZLBon0i4/
物件が決まったら引っ越しの準備に取り掛かります。引っ越しの日を決めたら引っ越し業者に連絡をして希望通りの日に引っ越せるかどうか確認しましょう。引っ越しの準備は荷物をまとめるのはもちろん、ガス・電気・水道の使用手続きや住民票の移動手続きなども必要になるので必ず済ませておきましょう。

上京までの流れ⑤仕事探し

仕事探しは部屋探しと同時進行に行うとスムーズですが、上京後に本格的に取り掛かるのでも遅くはありません。上京する前に上京後1~2か月分の家賃・生活費も貯めておき、安心して仕事探しできるような環境を整えましょう。

関連記事

Biasiocjzfxqyvakz7hk
引用: https://www.instagram.com/p/BtgJeaxFvn6/
とりあえず上京したい!といってもどの場所に住むのかで環境は大きく変わりますし、東京都内でも場所によって家賃など大きく変わります。東京は家賃が高い、そんなイメージもあると思いますが場所によっては安い家賃で済むことも可能。ここでは、できるだけ費用を抑えたいという人におすすめの場所をご紹介したいと思います。

葛飾区

Prgfd4uob6yetioj9oe7
引用: https://www.instagram.com/p/BtvEGkLF3ix/
まずおすすめの場所が「こち亀」で有名な葛飾区です。葛飾区の新小岩という場所は家賃が安いことで知られており、総武快速線で東京駅まで1本で出ることもできます。家賃は1Rで5~6万円ほどの物件もあり、飲食店やスーパー等もあるため生活のしやすさでもおすすめです。

練馬区

Zndolxpspgjckxue2vcl
引用: https://www.instagram.com/p/Bt459cxH_TA/
また家賃や物価の安さでは練馬区もおすすめの場所です。1Rの部屋では7万円前後、安い物件では3~4万円ほどで見つけることもできます。学生に人気の場所で、池袋に出やすいのも人気の理由です。また練馬区は都内で1番自然が多い区としても知られています。

文京区

Eyppunhsyirnx8kbvhvo
引用: https://www.instagram.com/p/BGxoLB2LBeB/
都内で1番治安が良い場所としておすすめなのが文京区です。大学や高校などの教育機関が多く、護国寺周辺に皇族の墓苑があるため24時間体制で警官がパトロールをしている場所でもあります。歓楽街が少なく自然が多いため女性の一人暮らしにも人気の場所です。家賃相場は1Rで9万円前後と高めになりますが、駅チカにこだわらなければもう少し安い家賃の物件を見つけることも可能です。
Hjiqzes9rqklzvmbbkvm
引用: https://www.instagram.com/p/Bs-ts4VjuyC/
上京に必要な費用の相場について解説いたしました。上京するにあたっては計画的に費用を貯め、自分の納得できる部屋探し、仕事探しをするようにしましょう。夢や目標に向かってしっかりと上京の計画を立ててみてくださいね。

東京についてもっと知りたい方へ

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BtLrh6iluYB/