F3zxddwngex2xbwthgqg

映画

CATEGORY | 映画

感動できるサーフィン映画まとめ!実話を元にしたおすすめの名作も!

2019.02.18

いつの時代も人気のあるサーフィン!サーフィンの映画はストーリー性のあるものもあれば、ドキュメンタリー性のあるものもあります。そんな中からおすすめの名作、洋画、邦画のサーフィン映画をご紹介します。これを読んだら思わずサーフインがしたくなるかも?

  1. おすすめの人気サーフィン映画!名作や洋画も!
  2. 【おすすめの人気サーフィン映画】1.ソウルサーファー
  3. 【おすすめの人気サーフィン映画】2.マーヴェリックス/波に魅せられた男たち
  4. 【おすすめの人気サーフィン映画】3.ビッグウェンズディ
  5. 【おすすめの人気サーフィン映画】4.エンドレスサマー
  6. 【おすすめの人気サーフィン映画】5.ブルークラッシュ
  7. 【おすすめの人気サーフィン映画】6.ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー
  8. 【おすすめの人気サーフィン映画】7.ハートブルー
  9. 【おすすめの人気サーフィン映画】8.あの夏、いちばん静かな海。
  10. 【おすすめの人気サーフィン映画】まとめ
Ucuujtb8srshpgdmluta
引用: https://www.instagram.com/p/BuAqhocBaUi/
サーフィンと言えば、海を舞台にしたスポーツで、自然を相手にしているので、過酷でもありおしゃれでもあります。そんなサーフィンを題材にした映画は、今までにもたくさんのヒット作を出しています。ずいぶん昔の名作や洋画、邦画など。スポーツをメインにしたストーリーや恋愛ストーリー、家族との愛など。サーフィン映画は、さまざまなシーンでも絵になるので人気です。おすすめの人気サーフィン映画をご紹介します。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51c-wdz3U6L.jpg
これはハワイで実際にサーフィンの途中でサメに襲われ腕を無くした少女、べサニー・ハミルトンの自伝を元に作った映画で、彼女がサメに襲われた時にはニュースなどでもかなり話題になりました。その後、彼女の凄まじい努力で再びサーファーとして再び海に入ると言う感動のストーリーです。大人にも子供にもぜひ観てもらいたい洋画です。
主演は、「チャーリーとチョコレート工場」に出ていたアナソフィア・ロブ、ほかにもヘレン・ハントやキャリー・アンダーウッド、デニス・クエイドなど実力は俳優たちが勢揃いです。
ソウル・サーファー [DVD]
価格
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91hk+qEoELL._RI_SX300_.jpg
世界最大級の大波に挑んだサーファーを描いた実話洋画です。冬のカルフォルニア州サンタクルーズ沖に現れる10mにもなる大波「マーヴェリックス」。その大波に挑んだ天才サーファー・ジェイ・モリアリティの感動の実話です。
ジェイは、マーヴェリックスに挑むためにベテランサーファー、フロスティ・ヘッソンにトレーニングをお願いし、大波に臨むと言うストーリーなのですが、そのフロスティ・ヘッソンを演じたのがジェラルド・バトラー。映画の撮影中にジェラルド・バトラーは、サーフィン中に事故で危篤状態になり、病院に運ばれたと言う話もあったそうですよ。
マーヴェリックス/波に魅せられた男たち [Blu-ray]
価格 ¥ 1,486
ジェラルド・バトラーが良い演技をしています。また、波の凄さを感じられる洋画です。自然の中で大きな波を求めて行くサーファーにぜひ観てもらいたいです。いかに自然の中が恐ろしいものか、真剣に自然と向き合わないと大変なことになると言うことを心に刻みながら観て欲しいですね。

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A1oYQECub8L._SL1500_.jpg
サーフィン映画洋画の中の名作・レジャンダリーと言えばこのビッグウェンズデイではないでしょうか?サーファーのバイブル的な作品でもあます。カリフォルニア州に住むベトナム戦争の真っ只中、戦争への招集によりいろんな葛藤がある若者サーファーが十数年に一度だけやってくる伝説の波、ビッグウェンズディに臨むと言うストーリーですが、その中には青春や友情、夢など若者のいろんな思いが込められています。
ビッグ ウェンズデー [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]
価格 ¥ 1,000
1960年代の背景とは思えなほど、サーファーたちがクールでおしゃれ。男らしい雰囲気とかっこいい彼らは、今でもサーファーの見本として語られています。若者の10年以上に渡って描かれたラストシーンは感動すること間違いなしです。
この洋画は、ドキュメンタリー映画で、1964年に制作されました。監督はサーフィン映画の巨匠ブルース・ブラウン。最高の波を求めてブルース・ブラウン、マイク・ハンソン、ロバート・オーガストの3人が、ハワイをはじめ、オーストラリア、ニュージーランド、タヒチ、南アフリカやナイジェリア、ガーナなどを旅するストーリーです。まさに終わることのない夏を求めて。ドキュメンタリーなので、リアル感が最高です。
エンドレス・サマー [DVD]
価格 ¥ 1,945
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61uBoWZ3nzL.jpg
アン・マリーは、サーフィンの才能はあるけれど、3年前の大会で溺れてからというもの、大きな波に恐怖を覚えるようになってしまいました。しかしながら、再度10m級の大波も出るパイプ・ライン・マスターズに出場することにします。しかし、バケーションでやってきたフットボール選手に恋してしまい、サーフインどころでは・・・。若いサーファーガールの恋と夢を描いた青春映画とも言える作品です。
舞台はハワイ、オアフ島のノースショア。ハワイ独特の美しい山々と大きな波が迫力いっぱいで、サーフィンをしない人でも楽しめる映画です。この映画は、CGを使わない完全ロケを実現しました。有名プロ・サーファーも出演している名作です。
ブルークラッシュ [Blu-ray]
価格 ¥ 1,375

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51JAnWapMdL.jpg
サーフィンのワールドチャンピオンになり、賞金稼ぎでサーフィンをしているデビッド・モンローが、ノースショアの大会で波にのまれ、気がつくと1911年ワイキキビーチにタイムトリップしたと言うストーリーです。1911年と言えば、ワイキキではデューク・カハナモクがいる時代。デビッドを救ったのはそのデュークでした。若くしてチャンピオンになり、傲慢になっていたデビッドに本当のアロハスピリッツとサーフィンの心を教えてくれる回るの人により、彼の心に変化が表れていきます。
ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー [DVD]
価格
こちらの映画はサーフィン映画と言うわけではないですが、ハワイ出身のキアヌ・リーブスのサーフィン映画としても話題になった洋画です。連続する覆面銀行強盗の一味がサーファーだと言うことで、捜査官がサーファーグループに潜入操作をすると言うアクション映画でもあります。サーフィンに興味がない人でも楽しめる映画でもありますね。カーアクションあり、サーフィンシーンあり、スカイダイビングありと、興奮続きのシーンに見入ってしまいます。
ハート・ブルー [DVD]
価格

関連記事

サーフィン映画の名作と言えば洋画がたくさんありますが、邦画の中にもサーフィンを題材にした映画がたくさんあります。そんな中、北野武さんが監督、企画、脚本、編集した映「あの夏、いちばん静かな海。」も洋画のサーフイン映画とは違う視点でおもしろいものがあります。主演は、自身もサーファーである真木蔵人さん。この映画は、北野武さんの3番目の作品で、映画評論家の故淀川貞治氏がいちばんの傑作だ!と言わしめた作品でもあります。映画監督としての北野武さんの評価を決定づけた作品でもあります。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/y/yukutaku/20141125/20141125102912.jpg
聾唖の彼と彼女のラブストーリーとも言える映画ですが、その中には若者のせつない気持ちも盛り込まれています。ゴミ清掃員として働いている聾唖の茂は、ある日ゴミの中にサーフボートを発見したことをきっかけにサーフインをするようになります。同じく聾唖の彼女と行ったサーフィンの大会では、呼び出しが聞こえなかったと言うことで失格になってしまうと言う、なんともせつないことも。こういう感じは北野武さんの邦画らしい感じでもありますね。洋画のような迫力のあるシーンではなく、なんとも心に響くストーリーです。
あの夏、いちばん静かな海。 [Blu-ray]
価格 ¥ 3,068
いかがでしたか?いろんな時代の名作とも言えるサーフィン映画を含めてご紹介しました。こうやって一挙にサーフィン映画を観てみると、時代によってサーフボードの長さが違っているのがよくわかりますね。感動の実話ストーリーや恋愛や家族の愛を描いたものなど、ストーリー性のあるものから、海に入りたくなってしまうような素敵なものまで。サーフィンをしない人でも感動できる名作もたくさんあるので、機会があれば、ぜひ手に取ってみてください。

映画についてもっと知りたい方へ

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BuAqRdHFGlq/