Tu0ifhdqty8jyfquxlsx

財布

CATEGORY | 財布

春財布はいつから使い始め?どのくらい寝かせる?2019おすすめの色もご紹介!

2019.02.18

金運を上げる効果があるとされている「春財布」。具体的には「いつ買えばよいのか」また「いつから使い始めると良いのか」「寝かせる効果と方法」「おすすめの色」などの幾つかの大切なポイントがあります。そこで2019年の春財布の効果的な使い方などについてまとめました。

  1. 春財布はいつから使い始め?【2019】◆春だから新調しましょう
  2. 春財布はいつから使い始め?【2019】❶買う‟時期”
  3. 春財布はいつから使い始め?【2019】❷買う‟日”
  4. 春財布はいつから使い始め?【2019】❸おすすめの形
  5. 春財布はいつから使い始め?【2019】❹おすすめの色
  6. 春財布はいつから使い始め?【2019】❺おすすめの素材
  7. 春財布はいつから使い始め?【2019】❻使い始める日
  8. 春財布はいつから使い始め?【2019】❼寝かせる期間
  9. 春財布はいつから使い始め?【2019】❽運気を良くする使い方
  10. 春財布はいつから使い始め?【2019】❾お財布の手入れ
  11. 春財布はいつから使い始め?【2019】❿お財布を買い替えるタイミング
  12. 春財布はいつから使い始め?【2019】◆お財布も大切に!
引用: https://www.instagram.com/p/Bt2maiGlckY/
「春財布」とは、新年の金運上昇を願って新しく購入する財布のことです。張る=春で、「お金でパンパンに張る(春)財布」に通じると言われ、縁起のいいものになります。
逆に秋に購入する財布は秋財布と呼ばれ、「秋」=「空き」を連想してしまうので、新しく財布を買うならば、春財布がおすすめとされています。
引用: https://www.instagram.com/p/BtiuN0OB0DH/
「春」に買うと良いとされている春財布ですが、それでは「春」はいつからいつまでを言うのでしょうか。「春」の解釈には主に次の3つがあります。
「冬至から雨水まで」説  ※冬至は2018年12月22日(土)、雨水は2019年2月19日(火)
引用: https://www.instagram.com/p/Btkx6sAlwIk/
「立春から啓蟄まで」説  ※立春は2019年2月4日(月)、啓蟄は2019年3月6日(水)
「立春から立夏の前日」説(二十四節季)  ※立春は2019年2月4日(月)、立夏は5月6日(火)
ただ、地域によって「春」に対する感覚の違いがあります。例えば北海道のように3月になってようやく雪解けが始まる地域では、春は3月~5月と捉える人もいるでしょう。沖縄では既に1月に桜が咲くため「春」と捉える人もいるでしょう。
間を取って、念のために2月中に購入しておくのが良いかもしれません。
引用: https://www.instagram.com/p/Bt41jBQnHzN/
引用: https://www.instagram.com/p/Bfw0HUdlI9M/
お財布を買うのに良い「春」の時期について分かったところで次は、買うと良い‟日”です。春の中で‟吉日”を選びましょう。

吉日

良く知られている「吉日」は、結婚式など吉事を行うのに良いとされている「大安」があります。しかし大安以外に「金運に良いとされている日」があり、この日にお財布を買うことをおすすめされています。それは次の4つです。
・天赦日………日本の暦の上で、最上で最高とされている吉日 ・一粒万倍日…一粒のモミから万(多くの)のお米が実ることになぞら        えて、一日も実りが多くなるとされている吉日 ・寅の日………寅は千里を往復することができる動物であると言った意        味から、お金も「往復する」、つまり「戻ってくる」吉日 ・巳の日………ヘビは、金運や福運をつかさどる弁財天とされており、そのヘビ        の日が吉日
しかし注意点として、寅の日は仏滅と重なっているときもあるので、よく調べてから行動に移しましょう。2019年で言えば良くない日は、5月5日(日)、17日(金)、29日(水)となっています。

2019年の吉日

以上4つの吉日のなかで、2019年の春で一番効果が期待できそうな最強日は、次の日です。
・一粒万倍日………………2月21日、26日 ・一粒万倍日と寅の日……3月6日、18日、30日
3月6日、18日、30日は、‟ダブル吉日”ですので、お財布のご購入日はぜひ、この3日がおすすめです。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BoHmXoxlvJd/
引用: https://www.instagram.com/p/BtN7eo5AQs4/
お財布の形も重要です。擬人的な考え方ですが、お金に「お財布のなかで気持ちよく休んでもらう」ために、‟窮屈”な二つ折りのお財布ではなく、‟伸び伸び”と休んでもらえる【長財布】が良いとされています。
お金は大事にされると「また同じ財布に戻ってきたい」と思ってくれて、お札仲間を呼んできてくれるそうです。お金にとって居心地の良い環境を作ることで、金運を呼び込みましょう。
形だけではなくお財布の中身、ポケットの数にも注意をしましょう。数字的に良いのは、6または8、12、最上は8個のものとされています。
引用: https://www.instagram.com/p/BoyZExKg7d3/
引用: https://www.instagram.com/p/BtBOA3RHcDv/
引用: https://www.instagram.com/p/Bt3klDsgFhp/
引用: https://www.instagram.com/p/BqW8ld_B3Gm/
お財布の「色」も、金運を上げるためには大切なポイントです。よく言われている縁起の良い色とその理由が次の通りです。
・金………………………………金運を上げる ・黄(クリーム色)……………金運を上げる ・白………………………………悪い金運を浄化する ・ピンク(パステルカラー)…幸運が舞い込む
これらの色の特徴から言えることは、「暖色の薄い色」ということです。しかし金色は普段使う色としては目立つこともあり、少しためらってしまいます。代わりに黄色やクリーム色も金運が上がりやすい色なので、おすすめです。
反対に、「赤」や「青」などの濃い色はお金が出ていきやすくなるとされていますので、決して選ばないようにご注意ください。第一印象となる色は、大切なポイントです。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/Bt4gZcQHWm9/
引用: https://www.instagram.com/p/Btwzw0SjU2z/
お財布の「素材」も大切なポイントです。良くない素材とされているのは、「ビニール」や「ナイロン」です。金運を上げる力が弱いとされています。
反対に金運を上げると言われている素材は、次の5つあります。
・牛革……「豊かさ」を象徴しており、貯蓄が成功します。 ・豚革……金運と人気運が上がります。自営業の人におすすめ。 ・羊革……羊は群れで生活していることから、人脈の象徴とされてい      ます。人間関係の改善も期待できます。 ・ヘビ革…金運を上げる象徴そのもの。ビジネス運の向上が期待でき      ます。 ・ワニ革…龍の化身とされているワニは、最強の生物です。金運や人      脈運を上げる効果が期待できます。
引用: https://www.instagram.com/p/Bt4DCk7A0Gt/
冒頭のほうで、お財布を買うのに良い日をご紹介しましたが、使い始める日も同じように吉日となります。ですから2019年の春で言えば、次の日になります。
・一粒万倍日………………2月21日、26日 ・一粒万倍日と寅の日……3月6日、18日、30日
しかし「あれ?」と思う人もいるかもしれません。「お財布を買ったらすぐに使えばよいのでは?」と。もちろん吉日に買えばすぐに使い始めることができますが、重要なポイントがもう一つあるのです。それは「寝かせる」ということです。次に詳しくご紹介します。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BgIB8acFHUl/
買ってきたお財布は「寝かせる」ことで、さらなる効果を発揮すると言われています。それはお財布が寝ている間に「良い事を覚えておいてもらうため」です。具体的な方法として次の3つがあります。

お財布に「札束」を入れておく

引用: https://www.instagram.com/p/BTptKIdAk6R/
まずお財布に「お金がたくさん入っている」ことを覚えておいてもらうために、新しい春財布に「札束」を入れておきます。本物の一万円札が良いのですが、用意できない場合は一番上に載せる一万円だけ必ず本物にし、残りは‟コピー紙や新聞紙で札束”を作ります。
仮に100万円を入れて置いたら、お財布は「いつも100万円が入っているもの」と考えて、100万円が入るようにしてくれて運を呼び込んでくれます。しかし、100万円が入るお財布もあまりないと思いますので、可能な限りのお金で問題ありません。

お種銭をお財布に入れておく

次の方法は、「種銭」をいつも入れておく方法です。種銭はお財布にお金を呼び込んでくれると考えられています。金額は、「自分にとってのラッキーナンバーが入っている新札」でも「新年に配布される5円玉」でも構いません。自分で決めた金額で問題ありません。
「種銭」の入れ方の注意点は使ってしまわないように、5円玉でしたら赤いヒモで結びます。新札でしたら和紙で包んだり、ポチ袋に入れたりしましょう。

お財布を寝かせる方位と期間

記憶させる札束と種銭の用意ができたら、お財布に入れましょう。そして、寝室の西(金運向上)か北(運気向上)の方位にある人目のつかない、静かで暗いタンスなどの引き出しにお財布を寝かせるようにしまっておきます。その際は、綺麗な箱に入れておくのがおすすめです。最近は、お財布専用のお布団も販売されています。
寝かせる期間は、お財布を使い始めるのに良い日(2019年春ダブル吉日は、3月6日、18日、30日)まで、短くても7日間は寝かせておきましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BsSEE8tBlq4/
お財布は、毎日正しく使うことでも金運を向上させることが期待できます。よく言われているのが次のことです。
・お札の向きを揃える ・レシートや、あまり使わないカード類は入れない ・小銭を多く入れない
お札の向きを揃えることは、お金を大切に扱っていることの表れです。レシートや不要なカードを入れないようにするのは、お金が入る余地を確保するためです。小銭は、小銭ばかりを呼んでしまいますし、何よりもお財布の型崩れが心配です。
お財布をいつもきれいに整えておくことで、金運を上げてくれる効果が期待できます。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BN3mDPBBM0R/
金運を上げてくれるお財布の素材は「本革」のため、本革製品のカバンなどと同じように、1か月に一度はお手入れが必要です。その方法を簡単にご紹介します。
①お財布の中身を全て取り出す ②ブラッシングする ③お財布の縫い目の間のホコリを落とす ④本革用クリームで、表面などについた汚れを取って磨く ⑤念のために防水スプレーをかける
お手入れの詳しい方法については、お財布を買うときにお店のスタッフさんに聞いてみましょう。
自宅に帰ってきたらお財布をカバンから取り出して、買ってきて使うまで「寝かせる」ことをしたのと同じように、西か北の静かな暗い場所で寝かせてください。その際もやはり、綺麗な箱に入れましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bi-pJgwHZmd/

4つのタイミング

お財布は、これまでご紹介してきたように金運を上げるために毎年買い替える人もいますが、「もったいない」と思って買い替えない人も結構います。しかし、次のような状態になっていたら買い替えをおすすめします。
①退色している ②傷がついている ③ファスナーやホックなどの部品が壊れている ④買って3年以上経っている
①~③は、お財布がこのような状態だとお金は居心地が悪くなり、出て行ってしまうと言われていますのでご注意ください。
④の場合は、やはり金運を上げるために必要だからです。3年以上経っている方はぜひ、春財布を購入しましょう。

古いお財布の処分の仕方

新しくお財布を買い替えることになった場合、古いお財布の処分の仕方も大事なポイントです。ほかのモノもそうですが、これまで使わせてくれたことに感謝します。そして白い布か紙などでしっかり包んでから処分します。

処分しなくてよい場合もある

何となく「相性がいい」「気持ちが良い」と感じるお財布もあります。その場合は、お財布に素晴らしい気が宿っていると言われています。綺麗に手入れしてから、綺麗な箱に入れて大切に保管しておきましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bt5JM0eFDoE/
金運を上げるお財布の「買う日」「使う日」「色や素材」「寝かせる方法」などについてまとめました。春の場合は、「買う日」と「使う日」の最強の吉日は、3月6日(水)、18日(月)、30日(土)の3日です。
しかし、買ってきたらすぐに使うのではなく「寝かせる」ようにしましょう。短くても7日間は必要です。そのため、3月6日に購入して西か北の吉方位に寝かせて置き、18日、または30日に使うのがおすすめです。寝かせる際には必ず、万札の束を入れておきましょう。種銭も必要です。
うきうきした気分になれる春、何となく気分が晴れない人は、ぜひお財布を変えて気分一新しましょう。

財布についてもっと知りたい方へ