Iv8bemksurvfe2ojmaxq

旅行・お出かけ

CATEGORY | 旅行・お出かけ

ブルージュ観光スポットまとめ!【ベルギー】おすすめのお土産も紹介!

2019.02.17

ブルージュへ旅しませんか。今回は、『ブルージュ観光スポットまとめ!』と題して、ブリュージュで人気の観光スポットやおすすめのお土産、また、ブルージュから日帰りでも立ち寄れる人気スポットをご紹介します。あなたも「屋根のない美術館」ブルージュへ出かけましょう。

  1. 【ブルージュ観光】おすすめ人気スポット!
  2. 【ブルージュ観光】おすすめ人気スポット!①聖母教会
  3. 【ブルージュ観光】おすすめ人気スポット!②マルクト広場
  4. 【ブルージュ観光】おすすめ人気スポット!③聖血礼拝堂
  5. 【ブルージュ観光】おすすめ人気スポット!④メムリンク美術館
  6. 【ブルージュ観光】おすすめ人気スポット!⑤運河クルーズ
  7. 【ブルージュ観光】近郊スポット!①ギャルリー サンチュベール(ブリュッセル)
  8. 【ブルージュ観光】近郊スポット!②グランプラス(ブリュッセル)
  9. 【ブルージュ観光】近郊スポット!③ノートルダム大聖堂(アントワープ)
  10. 【ブルージュ観光】近郊スポット!④ルーベンスの家(アントワープ)
  11. 【ブルージュ観光】おすすめ人気スポット!お土産編
  12. 【ブルージュ観光】おすすめ人気スポット!:まとめ
Wx7okibl1zfru8nxwqvg
引用: https://www.instagram.com/p/BrCG1TrFrhq/
「ベルギーの有名な街といえば」と聞かれると、多くの人がブリュッセルを思い浮かべるでしょう。そのベルギーの首都であるブリュッセルから車で1時間ほどの距離に「ブルージュ」という街があります。ブルージュは、ベルギーの中でも最も人気のある観光地として知られ、中世の面影漂う歴史的な建物が数多くある町並みを例えて、「屋根のない美術館」とも呼ばれています。
Ecziheekibnlkda8m8ra
引用: https://www.instagram.com/p/BsTV4IPnb9Y/
それらがある旧市街地は世界遺産にも登録されていることから、毎年世界中から数多くの観光客がブルージュを訪れています。教会や美術館、広場、美しい運河に囲まれた美しい町並みなど、いたるところに見逃せない観光スポットがたくさんあります。
そこで今回は、ブルージュのおすすめ観光スポットをご紹介します。合わせて、ブルージュから日帰りでも立ち寄れる、首都ブリュッセルとアントワープのおすすめの見どころもご紹介します。また、ブルージュでぜひ買って帰りたいお土産もご案内しましので、ブルージュを訪れる際の参考にしてみてください。
Jgbtrnejgbqa5x7uidsj
引用: https://www.instagram.com/p/Bs6I6yOlyqP/
ブルージュの街の至る所から見ることができる、ひときわ高い塔を持つ建物が「聖母教会」です。その高さはなんと122mもあり、現在まで何度も改修作業がなされているので、様々座建築様式が混在しています。
Hkfbalpzuyfqnrxbewf1
引用: https://www.instagram.com/p/BmG7st-gcf3/
まず、この教会で見逃せないのが、ミケランジェロ作「聖母子像」です。大理石で造られた白い像は、とても優しい表情をしていて、見る者の気持ちを暖かくさせてくれます。ブルージュの地でミケランジェロの作品が見られるとは、なんとも有難い気持ちになります。
Lhfe5cdbxcjrecvde0ju
引用: https://www.instagram.com/p/BsR23JCAN0N/
また、ここ聖母教会に安置される「ブルゴーニュ公国のシャルル王と娘マリーの棺」も必見で、父娘が眠る立派な棺を目の当たりにできます。二人ともベルギー国民から心から親しまれたということです。
Wtyelluyijuvmgcrzhcb
引用: https://www.instagram.com/p/BrgQJq9FlbL/
周囲には、絵本から飛び出したような建物が立ち並ぶ「マルクト広場」。まるで童話の世界に迷い込んでしまったかのような錯覚をおぼえます。広場の中央には、都市を衛るためにフランス軍と戦ったヤン・ブライデルとピーター・デ・コーニックの銅像が建ち、その周りでは、多くの人々がくつろぎのひと時を思いおもいに過ごしています。
Qttvqyf6jqu3cljsccqs
引用: https://www.instagram.com/p/BtTfS0sFkMf/
このマルクト広場には、ブルージュのシンボル的建物である「鐘楼」があります。高さは83m。366段のらせん階段を登れば、美しい建物や運河が広がるブルージュの街並を一望できます。

関連記事

Hgemxwehupquq5h3htip
引用: https://www.instagram.com/p/Brq01ijFxqB/
「聖血礼拝堂」は、ティエリー・ダルザスが12世紀の第2回十字軍に参加した時に、聖なる血であるキリストの血を持ち帰ったことからその名が由来します。その聖血は聖血礼拝堂に奉られていて、ミサの最後に列に並ぶと、ガラスの容器に収められた聖血を目の当たりにすることができます。
Bndf3ptqbipymysx8hil
引用: https://www.instagram.com/p/BRTlnu0BGH8/
建物は12世紀に建てられたロマネスク様式で、私たちが立ち入ることができる礼拝堂は15世紀のゴシック様式であり、2つの歴史的な建築様式が混在しています。
Tvko2nllccmkfoc02lng
引用: https://www.instagram.com/p/Bnfoe5MlSWi/
「メムリンク美術館」は、12世紀中頃に建てられたヨーロッパで最も古い病院の1つである「聖ヨハネ施療院」を改修した美術館です。中に入るとかつて病院であった面影をそこかしこに残しています。
Yly1qowagc8wmyonxqo4
引用: https://www.instagram.com/p/BqOOTlRHxCG/
館内には、美術館の名前にもなる「ハンス・メムリンク」の代表作である、「聖カタリナの神秘の結婚」の三連祭壇画は必見です。また、ベルギー七大秘宝の一つである「聖ウルラスの聖遺物箱」も見逃すことができません。
Vap8wzmsirfymvgi8sbu
引用: https://www.instagram.com/p/BmHO2Kbg6KN/

関連記事

Ep7w4kufdwmex72jrhmb
引用: https://www.instagram.com/p/BtsKvk5F206/
ブルージュの街中いたるところに流れる運河を巡る「運河クルーズ」がおすすめです。乗り場は先ほどのメムリンク美術館のそばを含め、中心部に5箇所あります。これまでご紹介いたブルージュの観光スポットを巡ることができます。クルーズの所要時間は約15分。営業時間10時〜17時で、料金は8ユーロです(お出かけ時の情報を確認してください)。
M4aw6mwiejh137vj4dwj
引用: https://www.instagram.com/p/Brdh9NQBMf_/
引き続き、ブルージュから日帰りでも立ち寄ることができる都市のおすすめスポットをご紹介します。ちょっと足を伸ばして、さらなるベルギーの魅力に触れてみてはいかがでしょうか。
Mltxpomec8abdbjgs23c
引用: https://www.instagram.com/p/BrNmd7QngXW/
ブルージュから首都ベルギーへは、公共交通機関を利用して約1時間30分前後で到着することができます。1847年に完成した「ギャルリー サンチュベール」は、ヨーロッパでは最も古いショッピングアーケードの1つで、高いガラス張りの天井が印象的です。
Bnn6dtocqvvgeamohwfk
引用: https://www.instagram.com/p/Btdg5A0nxrr/
全長212m、通りの両側にはおしゃれなレストランや、高級ブランド店が立ち並んでいます。店に立ち寄って買い物を楽しんだり、ウインドウショッピングで歩いてみるだけでも、とても豪華な気分を味わうことができます。
L1nowhza19pgoowttrox
引用: https://www.instagram.com/p/BtA1rZjh0yh/
「グランプラス」もブリュッセルを訪れた際には、ぜひとも立ち寄りたい観光スポットです。1998年に世界遺産に登録されたグランブラスは、「世界一美しい広場」と言われるほど人々の心を魅了してやみません。大きさは縦70m、横110mと決して大きくはありませんが、広場の周りを取り囲む建物の美しさに、時の立つのを忘れるほど見とれてしまいます。
Utzujmftxvfzeajyc667
引用: https://www.instagram.com/p/Bq8jRSgHmHy/
2年に1度行われる「フラワーカーペット」では、広場中が花で覆い尽くされ、その美しい光景を市庁舎の建物から眺めることができます。場所は先ほどのギャルリー サンチュベールのすぐそばにあるので、合わせて訪れることができます。

関連記事

Ddxupth6anfvrly4yizj
引用: https://www.instagram.com/p/BqvnIrhAKTU/
アントワープは、ブルージュから公共交通機関を利用して2時間〜2時間30分ほどの距離にあります。ここアントワープでおすすめの観光スポットといえば、フランダースの犬でおなじみの「ノートルダム大聖堂」です。
ここの祭壇に嗅がされるルーベンスの「三連祭壇画」は、ぜひともこの目に焼き付けておきたいルーベンスの傑作です。主人公ネロが、この作品の前で息を引き取った場面を思い浮かべながら、思わず深い感慨に浸ってしまいそうです。
Afh3aqvdy4yfu5p7no44
引用: https://www.instagram.com/p/BtD4DowgF6M/
アントワープには、先ほどの「三連祭壇画」を描いたルーベンスの自宅兼アトリエだった家を見学することができます。家の中には、ルーベンスの作品や、ルーベンスが実際に使った調度品の数々を目の当たりにすることができます。
Fonbujorm3bzfotftfbo
引用: https://www.instagram.com/p/BldCZMkBe5E/
ノートルダム大聖堂と一緒に訪れたいブリュッセルの観光スポットです。

関連記事

最後に、ブルージュ観光では欠かすことができないブルージュのお土産をご紹介します。

ベルギーチョコレート

Rf4psyzesmsf9zydipmq
引用: https://www.instagram.com/p/BexnUnGBu3z/
ベルギーのお土産といえば何を連想しますか。真っ先にベルギーチョコを思い浮かべた人は多くいるのではないでしょうか。ここブルージュには、約50店舗ほどのチョコレート屋さんが軒を並べています。
Hdpfjjvmenvhglseei8s
引用: https://www.instagram.com/p/Bswl2ihAxVc/
中でも、「Chocolaterie Sukerbuyc」や、「Depla Pol Chocolatier」は手作りチョコレートにこだわる名店として知られています。また、「Le Belgique Gourmande」はチョコレートのお土産物専門として、その品揃えの数は群を抜いています。

変わり種ベルギーワッフル

Lhpvvrxyysoolj8he0g6
引用: https://www.instagram.com/p/Btn9I_BAhYV/
ベルギーワッフルといえば、日本では丸い形をしたものがよく知られています。ここブルージュでは、串に刺さったワッフルを販売する「Go.fre」というお店があります。ソースとトッピングのくみあわせの数は90種類にも及び、連日多くの人がこれを買い求めにやってきます。
Lylmgh0ntfbd9w13xnbk
引用: https://www.instagram.com/p/BtiV20wARat/
価格は4ユーロ。通常のワッフルが1ユーロほどなので決して安くはありませんが、見た目のカラフルさやボリュームの大きさ、味の良さでとても人気のある変わり種ワッフルです。

ベルギーレース

Yeblhtdxlfqj8wr8sh48
引用: https://www.instagram.com/p/BffGJhlgrdw/
ブルージュは、ベルギーレースの産地としても有名です。もし、本場のベルギーレースを買い求めたいと考えるなら、マルクト広場の近くにある「ロココ・ミーケ・ブラック」という名のお店があります。店内にあるベルギーレースはまさに芸術品の域です。見ているだけでもその出来栄えに驚くばかりです。

関連記事

Myxoo4qm0tdryiifci1q
引用: https://www.instagram.com/p/BtayHafArnX/
いかがでしたか。おすすめのブルージュ観光の中から、あなたが出かけて見たい観光スポットが見つかりましたか。ブルージュは、「屋根のない美術館」と呼ばれるほどの美しい街並みで、ここを訪れる多くの観光客の心を捉えて話しません。あまりの多くの見どころばかりで、どこを訪れようかと迷ってしまうほどです。
Rz4ro10wboubdrmabm6f
引用: https://www.instagram.com/p/BtHjR90hlAy/
また、ブルージュ近郊の首都ブリュッセルやアントワープにも見逃せない観光スポットがあるので、合わせて時間が許す限り立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
さあ、思い立ったら早速出かける準備に取り掛かりましょう。計画を始めた時からあなたのブルージュへの旅が始まっています。ブルージュの旅は一生忘れることができない思い出の旅になるでしょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BrCG1TrFrhq/