Woxcd9i9j0gxoottzyjd

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

無添加石鹸の人気おすすめ6選!いい香りでしっとり、赤ちゃんにも!

2018.05.17

石鹸と聞いて何も思い浮かばない人はいないと思いますが、意外と無添加の石鹸を使っている人はあまりいません。 この記事では無添加石鹸をおすすめする理由や洗顔、シャンプーや赤ちゃんにも使えるしっとりとした香りのいいおすすめの商品を紹介していきます。

  1. 無添加石鹸ってなに?
  2. おすすめな保管方法
  3. [おすすめ無添加石鹸]①アレッポの石鹸
  4. [おすすめ無添加石鹸]②坊ちゃん石鹸
  5. [おすすめ無添加石鹸]③コスパ最高の石鹸
  6. [おすすめ無添加石鹸]④やさしさを意識した石鹸
  7. [おすすめ無添加石鹸]⑤無添加高級石鹸
  8. [おすすめ無添加石鹸]⑥赤ちゃんのために作られた石鹸
  9. 無添加石鹸を使って体を洗う方法
  10. まとめ
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/G/09/detail/review/shabon01.jpg
無添加石鹸と聞いて詳しくどういうものか説明できる方はあまりいないと思います。
無添加せっけんについて簡単に説明し、どんな選び方があるか、そして無添加石鹸の注意点を説明していきます。

関連記事

無添加石鹸とは

引用: http://www.primaria.jp/wp-content/uploads/info-150x150.jpg
無添加石鹸とは一般的な石鹸に含まれている肌に有害になる可能性がある「合成界面活性剤」や「合成着色料」、「防腐剤」などの合成化学物質が入っていない石鹸のことです。
これらの成分が入っていないことにより、「肌にかかる負担が軽減する」や「一般的な石鹸の強すぎる洗浄力より無添加せっけんのほうが弱く、体に必要な皮脂を残してくれやすい」といった効果が期待できます。
また、無添加石鹸は洗顔に使うことができるものがあったり、赤ちゃんにお勧めできるものもあったりします。

おすすめな無添加石鹸の選び方

Nmknxpq8cyq9o0df9fpx
石鹸と言っても固体石鹸と液体石鹸があります。 私は固体石鹸をおすすめします。
なぜなら、液体石鹸の中には弱酸性であるものがあるからです。弱酸性の石鹸は洗い流したときに洗浄成分が残ってしまい、肌にダメージを与えてしまいます。
それに対し、アルカリ性の石鹸であれば水で落としきることが可能です。 固体石鹸は性質上アルカリ性であることが多いので、固体石鹸を選ぶべきです。
また、購入する前に全成分表示をチェックしましょう。 「無添加」と謳われていてもメーカーによっては香料のみ無添加として扱っていたり、すべての添加物が無添加として扱っているものがあります。
買った後に見て、ガックリするのではなく、購入前にしっかりと見ておきましょうね!

無添加石鹸の注意点

Jw2ysuu8txt6pc38budn
無添加石鹸にはいくつか注意点が存在します。
無添加石鹸には防腐剤が入っていません。 主に防腐剤として「パラベン」というものがあるのですが、パラベンは蕁麻疹や皮膚炎などの皮膚障害を起こす可能性があります。
なので、防腐剤のパラベンが入っていない無添加の物を選ぶことになると思うのですが、そこで知っておかなくてはならないことがあります。
それは、パラベンは防腐作用に加えて殺菌抗菌作用もあるので、無添加石鹸は雑菌が繁殖しやすいです。
引用: https://photo.kenko.com/G311231H_L.jpg
また、無添加石鹸はしっとりしているものが多いです。それは、グリセリンを天然保湿成分として使っているからです。グリセリンは溶けやすい性質を持っています。
グリセリンが溶けやすい性質を持っていることにより、石鹸が水気が多くなり、しっとりとしてしまいます。
その結果、しっとりした石鹸によってより雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。
不衛生なところに置いておいて雑菌を繁殖させたままにしておくと、せっかくきれいにしようと思うって洗顔や手を洗ったとしても、雑菌を擦り付けているだけになってしまうかもしれませんね。
また、雑菌が繁殖すると香りがなくなってしまったり、悪臭がすることもあります。
ですので、無添加石鹸の注意すべき点は保管方法です。
Gvdjrlphpcyi3w4jk5zm
保管するポイントは3つあります。
1つ目は洗顔や手を洗った後はすぐに石鹸をすすいで洗いましょう。
2つ目は洗い終わったらよく水気を切りましょう。
3つ目は風通しのいい場所に置き、しっかり水分を飛ばしましょう。
無添加石鹸だからこそ衛生面をしっかり管理していきましょうね!
引用: http://image1.shopserve.jp/e-tamashii.com/pic-labo/llimg/bi2002.jpg?t=20171208151330
こちらの石鹸は「オリーブオイル」と「ローレル」が原料となっており、この2つはとても高品質なオイルです。
そして、こちらの石鹸は枠練り製法です。 枠練り製法とは1つ1つ自然乾燥させて自然に石鹸にしていく製法です。 グリセリンが豊富に入ってとてもしっとりしており、美容に効果的なので、洗顔やシャンプーとしても利用できますよ!
ただし、グリセリンは水分を吸収しやすいので、できるだけ風通しのいいところで保存することをおすすめします。
坊っちゃん石鹸 釜出し一番 175g
価格 ¥ 390
こちらの石鹸は着色料・香料・蛍光剤・酸化防止剤などの添加物を使用していない無添加の石鹸です。
原材料として石鹸素地のみです。
素肌へのやさしさにこだわって、天然の牛脂、天然のヤシ油を混ぜて作られたものです。
香りもほとんどなく、シャンプーとしても洗顔としても使えるものだと思います。
無添加石鹸白いせっけん3P
価格 ¥ 349
こちらの石鹸の成分も石鹸素地のみです。
この商品の売りはなんといってもコストパフォーマンスがとてもいい点です。 3個で349円ということは1個で約115円ということになります。
これはほかの無添加石鹸よりもとても安い結果になります。
Amazonの評価も高いです。
香りもほとんどなく、シャンプーや洗顔としても使え、赤ちゃんが使っても安心できるものです。
カウブランド無添加せっけん3個パック(100g×3個)
価格 ¥ 509
こちらの無添加石鹸はとにかくお肌に優しさを求める人に向けて作られたものです。
皮膚アレルギーテスト済みであり、アトピーや赤ちゃんや乾燥肌の方でも安心して使うことができます。(すべての方にアレルギーが起こらないということではないそうです。)
香りもほとんどなく、シャンプーや洗顔としても使えるものとなっています。
暮らしっく村 トロピコモリンガ石けん くちゃ 80g
価格 ¥ 1,360
こちらの商品はほかの商品より高いですが、効果は段違いのものとなってます。
配合成分としては「ワサビノキ種子油」、「バーム油」、「バーム核油」、「ココナツ油」、「海洋深層水」、「精製水」、「水酸化Na」、「ホホバ油」、「月桃油」、「海シルト」となっております。
添加物は餅ランありませんが、それに加えて、すべての製造工程でアルコール不使用ということも安心して使うことができます。
とてもしっとりしており、赤ちゃんからお年寄りまで、シャンプーや洗顔からボディーソープとして使うことができます!
シャボン玉 ベビーソープ 固形タイプ 100g
価格 ¥ 548
こちらの商品は赤ちゃん用に開発された石鹸となってます。もちろん添加物はありません。
安心して使うことができるように、「皮ふアレルギーテスト済/皮ふ刺激テスト済み」になってます。(すべての方にアレルギーや刺激が起こらないということではないそうです。)
香りもきつくなく、しっとりしており、赤ちゃんにはもちろん敏感肌や乾燥肌の人にもおすすめできる商品です。 もちろんシャンプーとして使うこともできますよ。
Dkvxlculolqggftn3jus
無添加石鹸を使って、体を洗いたいと思う人がいると思います。なので、肌にできるだけ負担のかけない洗い方を紹介します! もちろん体を洗うだけでなく洗顔やシャンプーとして頭を洗うことでも同じ方法で肌に負担をかけずに洗うことができますよ。

①泡立てる

引用: http://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2014/01/shutterstock_153713966.jpg
まずは、無添加石鹸を泡立てネットなどを使って泡を立てましょう。

②泡を手を使って洗う

Senubblinrq1clcp8d1i
次に泡立てネットを使わずに、直接手で優しくこすって洗いましょう。

③38℃程度のお湯でしっかり泡を洗い流す

引用: http://onyourmark-asset.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2011/10/9120-1_hands_top.png
泡(しっとり感)が残らないように隅々まで洗い流しましょう。 また、熱いお湯で洗い流してしまうと必要以上に皮脂を洗い流してしまうので注意が必要です。

関連記事

Rr6vi1wsi3xo1uoo1xyw
いかがだったでしょうか。
無添加石鹸は確かに危険な添加物が入ってなく、安心して使うことができますが、保管方法を間違えるとかえって危険になってしまうことがあります。
また、無添加石鹸は香りがあまりなく、体を洗うだけでなく、シャンプーや洗顔などにも使えるものが多かったですね。
今回紹介した商品を参考にしながら、無添加石鹸を選んでいけるといいですね!