Xgay21dflq85fvsissgj

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

みりんのカロリーと糖質量は?原料、成分を知って上手な使い方

2018.05.03

煮物など和食を料理するとき利用する調味料"みりん"について、どのくらい理解していますか? カロリー・糖質など成分や原料など。聞かれても説明は難しい…ですよね。今回はそんな"みりん"のカロリー・糖質など成分、原料や使い方を調べてみたいと思います。

  1. みりんの歴史・由来について
  2. みりんには種類がある?!
  3. 「本みりん」の特徴 製法・原料・糖質など成分・カロリー
  4. 「みりん風調味料」の特徴 原料・糖質など成分・カロリー
  5. 「発酵調味料」の特徴 製法・原料・成分
  6. みりんと他の食品を比較、糖質・カロリーの違い
  7. みりんの糖質・カロリー
  8. カロリーオフ・糖質オフのみりんの特徴「原料・成分・糖質・カロリー」
  9. みりんの調理効果・使い方
  10. おすすめ"みりん"糖質など成分・原料も紹介① 味の一 味の母(みりん) 720ml
  11. おすすめ"みりん"糖質など成分・原料も紹介② 角谷文治郎商店 三州三河みりん 純もち米仕込 700ml
  12. おすすめ"みりん"糖質など成分・原料も紹介③ タカラ本みりん「醇良」1Lペット
  13. おすすめ"みりん"糖質など成分・原料も紹介④ 米麹こだわり仕込み 本みりん 450ml
  14. おすすめ"みりん"糖質など成分・原料も紹介⑤ ミツカン 本みりん 600ml
  15. まとめ
引用: https://2.bp.blogspot.com/-5E1EIfZjvXU/U-8FPuBVTkI/AAAAAAAAkoM/sF6Muz72GMU/s400/cooking_mirin.png
普段から何気なく使っている調味料「みりん」は、戦国時代・江戸時代に「甘いお酒」として飲用されていたと記述が残っています。発生起源の正確な情報はないのですが、由来として2つの説があります。

中国からの伝来

中国清明時代に「密淋(ミイリン)」と呼ばれるお酒がありました。「淋」には、「したたる」という意味があります。蜜がしたたるような甘い酒という解釈がされています。この酒が、戦国時代頃に九州や琉球地方に伝えられ日本中に広まっていったという説です。

日本発生

日本には、古くから練酒、白酒などの甘いお酒が存在しました。これらの酒の中に米や麹(こうじ)を加えるとアルコール度数が下がるため腐りやすくなります。そこで、腐敗を防ぐために焼酎を加えました。後に改善されて「本みりん」が出来上がったと言われています。
また、江戸時代に入ると女性や酒が苦手な人にも「みりん」は甘いお酒として好まれるようになりました。甘いお酒として浸透していた「みりん」は、料理のコクや旨みを出す調味料として広く使われていくようになりました。

関連記事

スーパーなどで「みりん」のラベルやパッケージをよく見ると、種類があることに気付かれると思います。「みりん」は3種類に分けられます。
「本みりん」「みりん風調味料」「発酵調味料」の3つに分けられ、成分や製法に大きな違いがあるのです。それぞれの特徴を知って使い方を考えてみるのもおすすめ。
引用: http://moritakk.com/wp-content/uploads/graph-3.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41iGl6YGmaL.jpg
蒸したもち米と米麹を合わせて焼酎を加えて仕込み、搾ります。そして半年から1年間程の期間、貯蔵熟成させます。まろやかで深い甘みがあるのが特徴。酒税法上では酒類として分類されます。

「本みりん」原料・成分・糖質・カロリー

「原料」もち米、米麹、焼酎。「成分」100gあたり 脂質0g ナトリウム3mg カリウム7mg 炭水化物43g タンパク質0.3g 「脂質」糖質:約54.9g(100gあたり)大さじ1:約9.9g 「カロリー」240kcal 
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Ap9HwV7pL._SL1500_.jpg
本みりんとは原料が異なり、ブドウ糖や水あめなどの糖類、グルタミン酸、香料を混ぜ合わせたものを指します。

「みりん風調味料」原料・成分・糖質・カロリー

「原料」糖類・米・米麹・酸味料・調味料など アルコール1%未満 塩分1%未満 糖分約65%「糖質」100gあたり54.9g 「カロリー」226kcal 大さじ1:43kcal
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51kTHl2rNtL._SL1000_.jpg
うるち米を麹で糖化し、酵母によって醸酵させて、糖類やアルコールと合わせたものを指します。みりんと合わせたものもあります。塩を加えて調整してあるため、酒税の課税対象である酒類に当てはまりません。
「原料」米・米麹・糖類・アルコールなど 「アルコール」約14% 「塩分」約2% 塩を加えたことにより飲用が出来なくなっています。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/FCFG100113202_TP_V.jpg
みりんと他の食品100gあたりの糖質とカロリーを比較すると以下のような違いがあります。
【みりん】糖質:43.2gカロリー:240kcal

その他食品の糖質・カロリー

【日本酒】糖質:3.6g カロリー:103kcal 【味噌】糖質:17gカロリー:192kcal 【甘酒】糖質:17.9g カロリー:81kcal 【酢】糖質:2.4g カロリー:25kcal
ヘルシー志向の人にもおすすめなのが、「カロリーオフ・糖質オフ」のみりんです。気になるカロリーが50%、糖質を40%程カットして製造されたものです。
引用: http://moritakk.com/wp-content/uploads/image-6.jpg
健康志向で、カロリーや糖質を気にされる人も増えています。使い方はもちろん選び方も大事ですよね。」
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/711ZH5i6VgL._SL1186_.jpg
盛田 カロリーオフ・糖質オフみりんタイプ 500ml
【商品特徴】カロリー50%オフ、糖質40%オフ(自社醸造みりんタイプ比)、醸造調味料ならではのテリ・ツヤ、甘味はそのままに保っています。アルコール分8.0%以上9.0%未満、塩分1.5%以上
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/FCFG100120841_TP_V.jpg
みりんを調理に使うことによって、6つの効果が期待できます。①甘味をつける ②料理にコクや旨みをつける ③料理の表面にツヤ・照りを出す ④味が染み込みやすくなる ⑤煮崩れ防止になる ⑥肉や魚の臭みを消す
荷崩れ防止と臭みを消す効果は、アルコール成分の作用によるものです。アルコールがほとんど含まれない「みりん風調味料」この効果が期待出来ません。
引用: http://www.takarashuzo.co.jp/cooking/pic/recipe/855.jpg
通販サイトamazonで人気ベストセラーNO.1 「味の一」 味の母(みりん) 720ml \775
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/610ok55%2BGkL._SL1500_.jpg
日本酒の基となる「もろみ(原酒)」からできた料理用醗酵調味料。酒の風味とみりんの旨みを併せ持ち、あらゆる料理に使うことが出来ます。酒の風味と、みりんのうまみを併せ持った料理専用の醗酵調味料です。
米と米麹を原料として日本酒の基となる「もろみ」(原酒)を造り、さらに二段式による糖化工程を経て作られた醸造製品。保存料・着色料・香料等は一切使用してません。【主な成分】アルコール分10%、エキス分45%、塩分2%
引用: http://www.ajinoichi.co.jp/img/3hon_bin13.jpg
「サイズ」1800ml,720ml,300mlの3種類あります。
味の一のみりん、品質の割には値段も安く気に入っている商品です。煮物やお蕎麦の汁を作るのに使っています。一味変わります。お気に入りですが、重いし瓶なので届けて頂き助かります。

「角谷文治郎商店」 三州三河みりん 純もち米仕込 700ml \1,089
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81ezVADbJjL._SL1500_.jpg
本場三河地方の伝統製法による本格みりん。もち米のおいしさを醸造という日本の伝統技術のみで引き出しています。醸造アルコール・糖類・保存料などは一切使っていません。そのまま美味しく飲んでいただけます。「米一升、みりん一升」の本格みりんは、上品な甘さを持つ旨み調味料で、抜群の照りとツヤ、ノビの良さが特長になっています。
引用: http://www.mikawamirin.com/img/productImage01.jpg
「原料」もち米…国産(佐賀県産)、うるち米(米こうじ用)…国産(愛知県産)、本格焼酎…国内産米使用、自家製造。配合比はもち米9:米こうじ1:本格焼酎6。アルコール度 13.5~14.5度
こんなに違うのかと知ってびっくりです。 少し高いですがもう3本目です。 みりんを入れても今まで照りがでない、料理が下手だから、と思っていましたが、みりんの質が悪いと照りがでないのですね。見た目も本当にきれいに仕上がります。煮物が大好きになりました。

「タカラ」本みりん「醇良」1Lペット \409
引用: http://www.takarashuzo.co.jp/tkr-shohin/images/11029al.jpg
原材料は広く世界から厳選して調達したうえで、本みりん造りの要である麹づくり、仕込み・熟成・充填に至るまでの全ての製造工程を国内の自社工場で行っています。米から生まれるアミノ酸を豊富に含み、料理にコクとうまみを与える効果に優れています。
「原料・成分」もち米、米こうじ、醸造アルコール、糖類 アルコール度数:12.5度以上 13.5度未満
引用: http://www.takarashuzo.co.jp/tkr-shohin/images/11032al.jpg
サイズ展開もあります。300ml、500ml、1L、1.5Lと各家庭の利用頻度で選べますね。
みりんが切れたので購入。1Lだとスーパーで買うのは重くて嫌になりますが、amazonであれば届けてもらえるので助かります。しかも価格も安い。しっかりした本みりんの味もあり、大満足です。また買います。 ◾︎良かった点 ・たっぷり入って重いけど、届けてもらえる ・とても風味がいい ・安い ◾︎悪かった点 ・特になし

「キッコーマン」米麹こだわり仕込み 本みりん 450ml \286
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/617k1V0SU3L._SL1337_.jpg
米麹用のお米を2倍使用することで、お米からの旨みをより引き出しました。本みりんの糖分のうちオリゴ糖の構成を上げることで、上品な柔らかみのある甘みに仕上げています。エキス分が51度と高く、濃厚な成分でコクのある味わいの本みりん。容器は片手で扱いやすい押し出し式の「やわらかボトル」で、少量から欲しい分まで量の調節が自在。
「原料・成分」米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール 「アルコール度数」12.5%
ピューっと出るタイプが魅力で購入しました。料理中片手で出せてしまえて、使いたい分だけ押して調整が出来るなんて最高。 味もまろやかになりお気に入りの調味料です。

「ミツカン」 本みりん 600ml \357
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71FEquDkOML._SL1500_.jpg
じっくりていねいに造られた、香り芳醇で上品な味わいの本みりん。照り出しが良く、臭みををとり、上品な甘味が付き、色々な料理の素材の持ち味を生かします。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61D8lOXlsML.jpg
「原料・成分」もち米(タイ産)、米(国産)、米こうじ(タイ産米、国産米)、醸造アルコール、糖類 「アルコール度数」13.5度~14.5度
煮物や生姜焼きにドバドバっと入れて使ってます。 使用頻度が高いので、「シンプル」「メジャーブランドなので安心品質」「お安い」の 3拍子が揃ってるこの本みりんがちょうどいいです。 味はほんとに普通のみりんです。 「みりん風」じゃなくて「本みりん」で、家に届けてもらえるので、 コストパフォーマンスは高いのではないでしょうか。 ビン入りと違って、ペットボトルなので、扱いに神経質にならなくていいし、 傾けて中身を出す時も、重くないので使いやすいです。 我が家では「しまう場所がない」という理由で、冷蔵庫に保管しています。

関連記事

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/FCFG100120514_TP_V4.jpg
いかがでしたでしょうか? キッチンに常備している調味料"みりん"についてご紹介してみました。歴史は古く、元々は「甘いお酒」がはじまりなんですね。
現在の"みりん"の使い方は、料理に照りを出す「照り焼き」やコクや旨みを出す「煮物系」などが一般的ですね。また、みりんが無いというときは、「酒」と「砂糖」などの使い方次第で代わりになるのも意外と知っていて利用している人もいますね。
みりんの原料や成分を知ることで、使い方も変わってくるのではないでしょうか。せっかくなら正しく理解して美味しい料理に生かしていけたら良いですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/FCFG100120736_TP_V4.jpg