// FourM
Sgi7fc1uhszg6gx7ywgf

ファミリー

CATEGORY | ファミリー

コールマン寝袋おすすめ厳選!冬でも暖かいのはどれ?【2019】

2019.02.03

コールマンの寝袋のおすすめを紹介します。秋や冬にも使える暖かいコールマンの寝袋は、友達やファミリーでこれからアウトドア用品を揃えたいという方々におすすめです。マミー型と封筒型の特徴や、選び方についても参考にしてみてください。

  1. コールマンとは?
  2. コールマンの寝袋の種類
  3. コールマンの寝袋の選び方
  4. コールマン寝袋おすすめ①コルネットストレッチⅡ/L-5
  5. コールマン寝袋おすすめ②タスマンキャンピングマミー/L-15
  6. コールマン寝袋おすすめ③タスマンコンパクトX/-18
  7. コールマン寝袋おすすめ④トレックマミー/L-10
  8. コールマン寝袋おすすめ⑤2ウェイダウンコンフォート/0
  9. コールマン寝袋おすすめ⑥フリースイージーキャリースリーピングバッグ/C0
  10. コールマン寝袋おすすめ⑦コージーII/C5
  11. コールマン寝袋おすすめ⑧コールマン ファミリー2IN1/C10
  12. まとめ
Izkpmtk45yye3j8ucd4k
引用: https://www.instagram.com/p/BpsjNW-hQys/
アメリカのアウトドア用品でお馴染みの「コールマン」は、幅広いラインナップと良心的な価格で人気のあるメーカーです。各製品のカラーバリエーションや機能性も充実していて、友達やファミリーでこれからアウトドア用品を揃えようと考えている方々にぜひおすすめしたいです。そんなコールマンの製品の中でも、特に今話題の寝袋について紹介したいと思います。
Hh2hkkr56caxytl8rujx
引用: https://www.instagram.com/p/BqSO9BYhlxv/
秋から冬にかけてキャンプを楽しみたい、という人も多いと思います。そんな時に活躍するのがコールマンの寝袋です。コールマンの寝袋は秋や冬でも暖かい作りになっていて、小さくたためるものもありかさばる心配もありません。デザインを気にする女性にも人気がありますよ。コールマンの寝袋は2種類あるので、どんな特徴があるのか知っておきましょう。

マミー型

引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/sportsauthority/cabinet/img/1034/51794998.jpg
マミー型は、体とフィットするので保温性が高く、寒い場所でも快適に眠ることができます。秋冬の時期や標高の高い登山シーンなどにおすすめです。また、軽量でコンパクトに折りたためるので、持ち運びに便利です。デメリットとしては、体とフィットする分身動きがとりづらいのと、価格が高いものが多いです。

封筒型

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/8122WDqVHFL._SL1500_.jpg
封筒型は、長方形で封筒のような形をしていて、布団のようにゆったりと寝ることができます。ファスナーをあけて温度調整もできますし、持っていればファミリーでちょっとしたひざ掛けにもなり便利です。使う時期としては、春から夏がおすすめですが、秋や冬でも掛布団などさまざまな利用に優れています。デメリットは、通気性が良いので寒い時期には不向きなのと、コンパクトに収納できないものが多いです。

関連記事

Keym2ojzbremq4vcnsmv
引用: https://www.instagram.com/p/BtQyOJchfey/
コールマンの寝袋にはマミー型と封筒型があるのは分かったと思いますが、2つの違い以外に寝袋を選ぶときに注目するポイントがいくつかあります。そのポイントをおさえればある程度購入したい寝袋が決まってくると思うので、あなたに合った寝袋を選んでみてください。

連結できるかどうか

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51vgtBwEgzL.jpg
コールマンの寝袋の中には、同モデルの同サイズを連結してビックサイズにできるものもあります。キャンプでも広々と寝たい、という人や、子供と同じ布団で寝たい、というファミリー向けにおすすめです。特にファミリーだと、子供は慣れない環境で眠れないことも多いですから、同じ布団で寝られるのは子供も嬉しいかもしれませんね。

洗濯について

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61xLpSKmmcL._SL1333_.jpg
寝袋を購入する時に意外と見落としがちなのが、洗濯機で洗えるかどうかです。寝袋の洗濯表示を確認して、洗濯機で洗えるか手洗いのみかを確認しておきましょう。洗濯機で洗えた方が楽ですが、素材などによって手洗いのみの寝袋もありますので好みの方を選びましょう。

収納について

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/518E08IU18L._SL1000_.jpg
キャンプや登山などに行く時、少しでも荷物がかさばらないように気をつける人がほとんどだと思います。寝袋はどうしても少し大きめになってしまうで、なるべく少しでもかさばらないタイプを購入した方がいいと思います。コンプレッションベルトがついているかや、寝袋の重量なども参考にしてみてください。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61bZZYKDBBL._SL1500_.jpg
マミー型のコルネットストレッチは、伸縮素材を側面に使用し、窮屈感がなくゆったりと着れる寝袋です。寝袋から手足も出せるので、着たまま動けるのも魅力です。センタージッパーとフットジッパーで簡単に開け閉めが可能で、温度調節もできます。使用下限温度は-5度以上で、秋冬の寒い時期でも使用できます。洗濯機で丸洗いが可能なのもポイントですよ。
引用: https://ec.coleman.co.jp/shop/S00060/prdct/00/58/05/2000031103_3.jpg
コールマン(Coleman) 寝袋 コルネットストレッチ2 L-5 使用可能温度-5度 マミー型 ネイビー 2000031103
価格 ¥ 11,857

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81eb2Gls3HL._SL1500_.jpg
保温性が高い寝袋といえば、タスマンキャンピングマミーです。フード部分を閉めれば冷気をシャットダウンでき、体にフィットした作りで長時間暖かさを保持できます。足元はゆったりとしているので、寝返りがしやすいです。重量は少し重いですが、使用可能温度が-15度と寒い場所でも快適に眠れる寝袋です。コンパクト収納できる付属の収納ケースも便利です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81Wa0v4b6hL._SL1500_.jpg
コールマン(Coleman) 寝袋 タスマンキャンピングマミー L-15 使用可能温度-15度 マミー型 2000022267
価格 ¥ 12,180
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71mpCAEu3XL._SL1500_.jpg
保湿性だけではなく快適性にもこだわった寝袋です。広々としているので、マミー型ですが窮屈に感じないのが魅力です。表地と裏地がそれぞれ斜めに縫製されている2層構造によって冷気をシャットダウンし、秋冬の時期にぴったりの寝袋ですよ。収納もかさばらなので、キャンプの必需品になりますね。最低使用温度は0度です。
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/guushop_20181129145005-01306_1

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Z0HxdWQML._SL1500_.jpg
トレックマミーは、天候や環境を気にせず使用することができます。表地と裏地にナイロンの素材を使用し、水や湿気に強いシンセティックダウンなので、雨に濡れても平気です。使用可能温度は-10度で、天気や寒さが変わりやすい秋冬におすすめの寝袋です。軽量でコンパクトなので、ファミリーでキャンプの時にも持ち運びが便利ですよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81ib56YOo6L._SL1500_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81zkvkvnHHL._SL1500_.jpg
コールマンの寝袋は、封筒型もおすすめです。2ウェイダウンコンフォートは、ライナーを装着したり取り外すことによってオールシーズン使用できる寝袋になっています。ライナー装着時は0度以上で、ライナー取り外し時は10度以上の温度に対応することができます。秋冬にしっかり温まりたいけど、夏にも使いたいという人にぜひおすすめの寝袋です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91kxP--da0L._SL1500_.jpg

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81%2BYKdoO9sL._SL1500_.jpg
封筒型で、デザインにもこだわりたい人におすすめの寝袋です。暖かみのあるチェック柄が女性に人気があり、秋冬にぴったりのデザインですね。インナーにフリース素材を使用しているので、保温性にも優れています。使用可能温度は0度以上で、コンパクトにたためるので車中泊などに使用してもいいですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/612P2pSb8PL._SL1000_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61hyK3lJu5L._SL1000_.jpg
封筒型のコージーIIは、抗菌加工を施していて衛生的に使用できる寝袋です。幅が84cmあるのでゆったりと寝られますし、ファスナーを全て開ければ掛布団としても活用できます。また、同モデルの同じサイズの寝袋と連結することができるので、ファミリーで使用したい人におすすめです。スマホを入れられるポケットもついていて、使い勝手も良いですよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/617wOycAvFL._SL1000_.jpg
Coleman(コールマン) コージーII/C5 (オレンジ) 2000032340
価格 ¥ 5,918

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71hKcfBf2RL._SL1088_.jpg
ファミリーで暖かく寝たい人におすすめの寝袋です。封筒型で、使用可能温度は5度以上です。起毛仕上げで暖かさもしっかりあり、暖かさを保つサーマルスプリットカラーを採用しています。ファミリー向けの寝袋はサイズが気になる人が多いと思いますが、大人2人と子供1人でもゆったりとしているので、キャンプの定番アイテムになりそうですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81iX1zE%2Bd9L._SL1500_.jpg
コールマン(コールマン) ファミリー2 in1/C10 2000027256 キャンプ用品 シュラフ 寝袋
価格 ¥ 6,036

アウトドアグッズが気になる方はこちら!

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71nvLWwIdtL._SL1500_.jpg
これからアウトドア用品を揃えようと考えている人にぜひおすすめしたいコールマンの寝袋。機能性はもちろん、デザインもおしゃれで、秋冬の寒い時期でも暖かく快適に寝ることができます。コールマンの寝袋にはマミー型と封筒型がありますが、それぞれ特徴があるので保温性やファミリー向けなど使うシーンに合わせて選んでみてください。お気に入りの寝袋で楽しいアウトドアを過ごしましょう。