Xaunu48u6nrgiz9qqpjj

洋服

CATEGORY | 洋服

洋服の収納に役立つたたみ方特集!立てる・しわにならないたたみ方テク!

2019.02.03

洋服を上手に収納するには洋服のたたみ方が重要になってきます。今回はニットやTシャツ、下着まで洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方をご紹介します。合わせて立てる収納など洋服収納のポイントもご紹介します。是非参考にしてみてください。

  1. 洋服の収納に役立つたたみ方特集!
  2. 洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方①半袖Tシャツ
  3. 洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方②長袖Tシャツ
  4. 洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方③ワイシャツ
  5. 洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方④パーカー
  6. 洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方⑤ニット
  7. 洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方⑥ズボン
  8. 洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方⑦スカート
  9. 洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方⑧ブラトップ
  10. 洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方⑨ブラジャー
  11. 洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方⑩ショーツ
  12. 洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方⑪靴下
  13. 洋服を収納する際のポイント
  14. まとめ 洋服のたたみ方を知って収納上手になろう
引用: https://www.instagram.com/p/BTWdWPoB9kd/
季節の変わり目に行う衣替え。きちんとたたんでいるのに、かさばってしまったり、しわになってしまったりと衣替えの洋服のたたみ方にお悩みの人も多いのではないでしょうか。 今回は洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方をご紹介します。 Tシャツやズボンからかさばりやすいニットやパーカーなどの冬服、下着や靴下までいろいろなアイテムのたたみ方を解説します。いろいろなたたみ方を知っておくことで衣替えなど洋服の収納の際に役立ちますので、是非参考にしてみてください。
引用: https://www.instagram.com/p/BlsytPNnX0b/
洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方、まずは半袖Tシャツのたたみ方をご紹介します。
①Tシャツの幅の4分の3と丈の真ん中くらいのところのクロスした部分を左手でつまみます。 ②右手を肩のところに持ってきて、肩の部分を掴みます。 ③ばってんになった手を元に戻します。 ④たたんでいない片方をたたみ、袖を折り込みます。 ⑤2つ折りにします。

関連記事

洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方、続いて長袖Tシャツのたたみ方をご紹介します。
①平置きして、両袖を交差するように折り込みます。 ②端にゆとりを作って長方形に折りたたみます。 ③上部分の端に合わせて折り込んでから、裾の端に合わせるようにもう一度折り込みます。
洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方、続いてワイシャツのたたみ方をご紹介します。
①仰向けにしてボタンと留めます。 ②裏返して、袖をたたみます。アームホームから折り返して、肘の部分を折ります。 ③折った袖に合わせて身頃を重ねます。 ④裾を10~15cmほど折り返して、半分にたたみます。
洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方、続いてパーカーのたたみ方をご紹介します。 パーカーは冬服の中でもかさばりやすいアイテム。コンパクトに収納できるたたみ方を知っておくと便利です。
①平置きして、両方の袖が交差するように折り込みます。 ②フードを横に広げてから、折り込みます。 ③身頃3分の1程度のところで折り込み、裾の端に合わせてもう一度折り込みます。
洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方、続いてはニットのたたみ方をご紹介します。 ニットも冬服の中でも特にかさばるアイテムですよね。ニットを綺麗にたたんで、すっきり収納できるようにしましょう。
①ニットを裏返し、袖が重ならないようにたたみます。 ②収納の幅に合わせて肩の部分を折り込みます。 ③半分に折ります。

関連記事

洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方、続いてズボンのたたみ方をご紹介します。
①ズボンを2つ折りにします。 ②縦に2つ折りにします。 ③更に縦に2つ折りします。
洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方、続いてスカートのたたみ方をご紹介します。
①右に3分の1ぐらい折ります。 ②逆側も3分の1折ります。 ③縦に2つ折りにします。

関連記事

洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方、続いてブラトップのたたみ方をご紹介します。ブラトップのたたみ方は2種類あるので、自分の収納方法に適したたたみ方でたたみましょう。

ブラトップのたたみ方①

①裏返して平置きし、半分に折り込みます。 ②片側のカップを反対側に押します。 ③ひもを折り込み、身頃が長方形になるように裾を折りたたみます。 ④身頃3分の1程度のところで裾を折り込み、さらにもう一度折り込みます。

ブラトップのたたみ方②

①裏返して平置きし、裾部分の両端を折り込みます。 ②ひもをカップの中に入れます。 ③身頃4分の1程度のところで裾を折り込み、さらにもう一度折り込みます。 ④カップの下部分のところでもう一度折り込みます。
洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方、続いてブラジャーのたたみ方をご紹介します。ブラジャーのたたみ方はワイヤーなしとワイヤーありで異なりますので自分の持っているブラジャーに合わせてたたむようにしましょう。

ブラジャー(ワイヤーなし)のたたみ方

①ブラジャーのホックをはめて、ひもをカップの中に入れます。 ②カップを重ねるようにして折りたたみます。 ③片側のカップを反対側に押し込んで重ね合わせます。

ブラジャー(ワイヤー入り)のたたみ方

①ブラジャーのホックをはめて、ひもをカップの中に入れます。 ②カップを重ねるようにして折りたたみます。 ③片側のカップを反対側に押し込んで重ね合わせます。 ④脇部分を折り込みます。

関連記事

洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方、続いてショーツのたたみ方をご紹介します。
①表を上にして、左右から折り込みます。 ②中央に向けて両端を折り込みます。 ③ウエストゴムの中に入れます。
洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方、続いて靴下のたたみ方をご紹介します。
①靴下を十字に交差させます。 ②下の靴下を上の靴下にかぶせるようにしてたたみます。 ③もう一方の靴下も同じようにくつぃたが交差している中心に向かってたたみます。 ④ひっくり返して、少し余っている靴下のゴム口を断面に折り込みます。

関連記事

ここからは洋服を収納する際のポイントをご紹介します。

①折り山を上にして立てる

引用: https://www.instagram.com/p/BdFYr6jhjVs/
洋服を収納する際は基本的に折り山を上にして立てるのがポイントです。洋服を立てて収納することで取り出す際に取り出しやすくなります。また同じ種類ごとに並べるようにして立てると何が入っているのか分かりやすくなります。

②たたみ方・サイズを揃える

引用: https://www.instagram.com/p/BCIDFUijF3M/
洋服は種類ごとにたたみ方を揃えるようにしましょう。また収納の大きさに合わせてたたんだ後のサイズも揃えておきます。こうすることで収納しやすく、立てる収納の際に見栄えが良くなります。

③下着や靴下などは仕切りのあるケースを使う

引用: https://www.instagram.com/p/BgfL6MUhhlF/
下着や靴下などの小物は仕切りのあるケースを使うようにします。細かい仕切りのあるものを使うことで綺麗に収納することができます。

④長期間収納する前に陰干しして湿気を取り除く

引用: https://www.instagram.com/p/Bkbu8JRgInM/
衣替えなど長期間収納する時はたたむ前に一度風通しの良い場所で陰干しして湿気を取り除きます。こうすることでカビ対策になります。

⑤洋服の間はゆとりをもたせる

引用: https://www.instagram.com/p/BpuTyPEnV3i/
洋服収納で立てる時には洋服の間に少しゆとりをもたせるのがポイントです。洋服と洋服の間にゆとりをもたせたほうが防虫効果が高まります。

たたみ方が気になる方はこちら!

引用: https://www.instagram.com/p/Bl3ItQshtKS/
洋服の収納に役立つしわにならないたたみ方と洋服を収納する際のポイントをご紹介しました。Tシャツやズボン、かさばりやすいニットやパーカーなどの冬服、下着類まで、いろいろな洋服のたたみ方を知っておくと便利です。また、洋服収納は立てる収納にすることですっきり収納することができます。是非参考にしてみてください。