Sh28cnvk7cayy1cz3h1h

収納

CATEGORY | 収納

ロードバイク収納DIY!縦置き・2台など!屋外・室内別にご紹介!

2019.01.23

置き場所に困るロードバイクの収納方法を紹介します。広いガレージがあればベストですが、屋外や室内にしか置く場所がない場合どうやって収納したら良いのでしょう。意外と場所をとって困るロードバイク収納のDIY方法や縦置き・2台置きなど、シチュエーション別に紹介します。

  1. ロードバイクの収納方法を場所別に見てみよう
  2. ロードバイクの収納方法:ガレージが狭い場合
  3. ロードバイクの収納方法:屋外に置く場合
  4. ロードバイクの収納方法:室内に置く場合
  5. ロードバイクを室内に収納するメリット
  6. ロードバイクをあえて室内に収納するメリットも
  7. ロードバイクの収納場所をDIYしてみよう!
  8. ロードバイク収納DIY①縦置きスタンド
  9. ロードバイク収納DIY②2台を縦置き収納
  10. ロードバイク収納DIY③天井から吊るすバイクハンガー
  11. ロードバイク収納DIY④2台掛けれるバイクスタンド
  12. ロードバイク収納DIY⑤屋外に車庫をDIY
  13. まとめ:大切なロードバイクは室内で見せる収納がおすすめ!
ロードバイクが趣味だと言う人が困る問題がその置き場所です。広いガレージなど、いくらでも置くスペースがあるのなら別ですが、そうでない場合、他の人はどのように収納しているのでしょう。収納場所別にロードバイクの収納方法を見てみましょう。
シャッター付きのガレージがあれば置き場所に困らないような感じはしますが、実際には車だったり他の趣味の道具や家族の物で溢れていると言う人も多いのではないでしょうか。
意外と大きくて場所をとるロードバイクはガレージがあったとしても収納に工夫をしている人も多いようです。
引用: https://cdn.roomclip.jp/v1/1536/roomclip-bucket/img_1536/c0f83af220a1741034d0f8628ef1869935d5e9c2.jpg
ガレージがあっても、ロードバイクが2台・3台と増えればその分スペースも必要です。天井から吊るせるようにしたり、縦置きできるようDIYするなど工夫して置かれています。
引用: https://cdn.roomclip.jp/v1/750/roomclip-bucket/img_750/5f69e20581087a066da5308e1cb288f9f88968a1.jpg
ロードバイクを屋外に保管するのは基本的には不向きです。理由は、ママチャリなどの普通の自転車と比べて高価で盗難にあった時のダメージが大きすぎると言うのが一つ。もう一つは、ただでさえメンテナンスが必要なロードバイクを雨風にさらされる場所に置いておくとあっという間に錆びてガタガタになってしまうからです。
どうしても屋外にしか置くスペースがない場合には、専用のカバーでしっかりとガードしておく必要があります。
引用: https://xbike.biz/wp-content/uploads/IMG_6637-610x458.jpg
とは言え、日中出かける前にちょっと置いておきたい時や、ロードバイク仲間の来客が多い人などはちょい置きできるスタンドをDIYしても便利が良いですね。
引用: https://cdn.roomclip.jp/v1/750/roomclip-bucket/img_750/6e64736ab1e5142b442cd5547e1739470023bfef.jpg
意外と大きくて場所をとるロードバイクですが、収納場所として最も多いのが室内での収納です。ワンルームなどの狭い賃貸マンションや2台所有している人などでも工夫して上手に収納されています。どのような置き方が人気なのか見てみましょう。
Tarj97woojmog06jxism
引用: https://www.instagram.com/p/BeHo4T3gu8f/?utm_source=ig_web_copy_link

・そのまま置く

まずは「そのまま置く」方法です。玄関にスペースが取れる場合は玄関に置いておくと出し入れも便利なのですが、玄関が狭かったりすると一緒に住む家族からのクレームも起こりかねません。 室内に置く場合には敷物や新聞紙などを広げ、汚れが床や壁につかない配慮も必要です。
引用: https://cdn.roomclip.jp/v1/1536/roomclip-bucket/img_1536/f9ed87041d3e4b1479dc5b891d6a12ddb8db2184.jpg

・スタンドを使って

そのまま置いておくと何かの拍子に倒れたりして不安だと言う人は専用のスタンドを使っているようです。出し入れが少し面倒にはなりますが、安定感は抜群です。床に直接触れさせない事で傷や汚れが付くのも防げます。
引用: https://cdn.roomclip.jp/v1/1242/roomclip-bucket/img_1242/57c89cf620973aceb2c1ccf8ecf2fdfce1036f8f.jpg

・縦置きする

部屋が狭い場合や2台所有している人などは、ロードバイクを縦置きにしてスペースを節約している姿も見られます。こちらも専用のスタンドを購入する事で簡単に設置できます。剥がせるクロスなどで壁をガードすると壁が汚れないだけでなく、インテリアとしてのアクセントにもなりますね。
引用: https://cdn.roomclip.jp/v1/1536/roomclip-bucket/img_1536/b1ad0a6f0a17e5bf1ae112994932194c4dbbac29.jpg

・壁に掛ける

ロードバイク自体をインテリアの一部にするかのように壁に掛ける収納方法も人気です。床に直接物を置かないので圧迫感もありません。壁に直接杭を打ち込めない賃貸マンションなどでも、DIYで上手に壁掛け収納を実現している人が多数です。
引用: https://cdn.roomclip.jp/v1/1536/roomclip-bucket/img_1536/cf45b4c8ec823b96715f45db57f26fe8436ebf25.jpg
ロードバイクの収納場所に関しては、室内に収納していると言う人が多いようです。ロードバイクを室内に収納するメリットにはどのようなものがあるのでしょう。

・メリット①盗まれない

ママチャリのような普通の自転車が1万円程で売っているのに対してロードバイクの相場は(ちょっと良いもので)20万円~となっています。しかも、普通の自転車よりも軽いので簡単に盗まれてしまう可能性が高いのです。シャッター付きのガレージでもない限り、安心して屋外に放置できませんよね。

・メリット②錆びない

ママチャリなどでも屋外に放置してあるとだんだん錆びてきますが、普通に使っているだけでもママチャリよりメンテナンスが必要なロードバイクを雨風にさらされる屋外に放置しておくとすぐにボロボロになってしまいます。室内で保管する事によって、良いコンディションを長く保つ事ができるのです。

・メリット③汚れない・傷つかない

屋外に放置されたロードバイクの敵は雨風だけではありません。わざとじゃないにしても何かの拍子に傷つけられたりする可能性がないとも言えませんが、室内で保管して置く限りは「自分が知らないところで勝手に傷がついていた」なんて事が少なくなります。
ロードバイクを室内に収納するメリットは「場所がないから仕方なく」以外にこんなものもあります。

・自転車がメンテンスしやすい

自転車を室内に保管しておく事で、夜間だろうが外が熱かろうが寒かろうが関係なく思い立った時にすぐメンテナンスができると言うメリットもあります。外に出るのが面倒で後回しにしてしまいがちな人にもおすすめです。

・インテリアとしても楽しめる

ロードバイクが好きな人は、メンテナンス作業や自転車を眺めているだけでも楽しいと言います。そんな好きな自転車をインテリアの一部にしてしまう事でいつでも好きな自転車に囲まれた生活ができます。より愛着もわいてきますね。
引用: https://cdn.roomclip.jp/v1/1536/roomclip-bucket/img_1536/d1d5d16311d0d2f71ea7e05941c61ad861190b3b.jpg
市販のスタンドを使ってもロードバイクを収納するには困りませんが、縦置きしたとしてもまあまあな面積を占めるロードバイクを部屋の中に入れるのなら、どうせならおしゃれに飾りたいですよね。
お気に入りのロードバイクを便利に収納するだけじゃなくおしゃれに飾るにはやっぱりDIYで好みの物を作るしかありません。ディアウォールなど、ホームセンターで安く手に入る材料を使ってオリジナルの収納をDIYしてみましょう。いくつかアイデアを紹介します。
こちらの動画では、ロードバイクを縦置きするためのスタンドの作り方が紹介されています。タイヤが溝にすっぽりと収まる作りになっていますので安定感もあり、床や壁を汚しません。
こちらはディアウォールを使って2台のロードバイクを縦置き収納する方法が紹介されています。ヘルメットなどの小物もまとめて収納できるので便利ですね。
こちらはディアウォールで床から天井まで柱を突っ張った後に、天井の出っ張りを利用して木材をもう一本プラスする事で天井から吊るす収納にしています。
こちらは2台のロードバイクを上下に収納できるバイクスタンドです。ロードバイクをインテリアの一部として飾りたい人にもおすすめですね。ロードバイクだけでなく、壁一面を使って自転車に関するものをすべて収納できるようにしておいても。次に乗る日の事を想像して毎日を楽しく過ごせそうです。
室内に置くスペースがとれない、もしくは家族からクレームがくるなどの場合は屋外にロードバイク専用の車庫をDIYすると言う方法も。
引用: http://www.frame-diy.com/wp-content/uploads/2017/03/IMG_2817-300x225.jpg
車庫を置ける庭などがある事が前提ですが、ガレージがいっぱいだと言う人も、手作りの車庫をDIYしてみてはいかがでしょう。
思い切って購入を決めた後も、メンテナンスやら保管場所の心配やらで何かと手がかかるロードバイク。相当好きじゃなければ扱うのが面倒で飽きてきそうです。だからこそ、好きな人にとっては購入してからがますます愛着もわいてくるんですよね。
そんな大切なロードバイクの収納はやっぱり室内がおすすめです。大切なロードバイクがより素敵に見えるオリジナルな収納場所をDIYしてみましょう。

バイクについてもっと知りたい方はこちら

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnLEnvUHzzO/?utm_source=ig_web_copy_link