Pml079fa3ki7bqwa7os3

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

ピラティスとヨガの違いを徹底解説!ダイエットにおすすめなのは?

2019.01.23

女性の間で人気を博しているエクササイズ「ヨガ」と「ピラティス」ですが、違いがイマイチ分からないという方もいるのではないでしょうか?呼吸の仕方など、ヨガとピラティスの違いについてご紹介します。またダイエットにおすすめな種類も合わせて解説します。

  1. おすすめエクササイズの種類!ピラティスとヨガの違い【概要】
  2. おすすめエクササイズの種類!ピラティスとヨガの違い【成り立ち】
  3. おすすめエクササイズの種類!ピラティスとヨガの違い【エクササイズの特徴】
  4. おすすめエクササイズの種類!ピラティスとヨガの違い【呼吸法】
  5. おすすめエクササイズの種類!ピラティスとヨガの違い【効果】
  6. おすすめエクササイズの種類!ピラティスとヨガの違い【選ぶポイント】
  7. おすすめエクササイズの種類!ピラティスとヨガの違い【共通点】
  8. ピラティスとヨガではダイエット効果に違いがある?
  9. ダイエット目的でピラティスやヨガを行うなら「継続」が大切
  10. まとめ
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/45/452d1c9272c7833598149d10f09505f5_t.jpeg
ピラティスもヨガも、エクササイズの種類として有名なものですよね。しかし、そもそもヨガやピラティスがどのようなものか知らない人もいるのでは?そこで、まずはヨガとピラティスそれぞれの概要についてご紹介します。

ヨガ

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/92/925adcd45aa79ea218561c2d0e68b386_t.jpeg
ヨガはエクササイズとしてレッスンしている教室も多いため、スポーツと同じ分類で考えている方もいるかもしれませんね。しかし、ヨガは“修行”のひとつとして始まったため、呼吸法や瞑想にて心と体を安定した状態にすることを一番の目的としています。心の安定は精神面が充実しているということ、つまり「幸せ」を感じることをゴールとしているのです。

ピラティス

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c7/c72f6cbb320f0054c5e195e29e73235c_t.jpeg
ヨガは修行のひとつでしたが、ピラティスは元々リハビリを目的としていました。体に負担をかけずに、強くしなやかな筋肉をつけるエクササイズと捉えていいでしょう。特にお腹周りのインナーマッスルを意識して鍛え、骨盤や背骨などの骨格の歪みを整えることができます。正しい姿勢になることで、怪我をしない健康的な体へと変化していくのです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/4e/4e0aeabcccb9ad8cb8f095177a857ee5_t.jpeg
ここでは、ピラティスとヨガの成り立ちについてご紹介します。

ヨガ

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e5/e5b59696f1c441e3a20529ac1ae240e3_t.jpeg
ヨガは約4500年前のインドにて発祥したといわれています。もともとは修行法のひとつとして使用されており、このときに「瞑想」が生まれました。瞑想は悟りに至るまでの手段として使われており、飢えや病気などの苦しみから救われる方法だったともいわれています。また、ヨガのポーズである「アーサナ」とは瞑想するための座り方を指します。そのほか、ヨガで使用されているポーズは、瞑想の坐法をサポートするために確立されたものだそうです。

ピラティス

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a9/a91e1cd94638c4790e2c0ea4fa47e3d7_t.jpeg
ピラティスは、ドイツ人の「ジョセフ・ピラティス」という人が考案したのが始まりです。彼は第一次大戦で従軍看護師として看護にあたっていました。このとき、負傷兵が寝たままでもリハビリできるようにとエクササイズを作り出しました。これがのちに「ピラティス」になるのです。ピラティスとして確立されたのは、1926年のこと。ピラティス氏がアメリカに渡ったときにニューヨークダンサーにエクササイズを教え、そこから現在のピラティスが出来上がりました。

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f8/f88942184212d3ceda46ffcabc26765a_t.jpeg
ピラティスとヨガのエクササイズには、どのような特徴や違いがあるのか見ていきましょう!

ヨガ

ヨガでは呼吸に合わせて様々なポーズを行っていきます。このとき、ポーズを長くキープするのがヨガの特徴だといえます。基本的にヨガは「筋肉の感覚」を意識して行います。ここがピラティスとの大きな違いでしょう。また、ヨガでは独自の呼吸法を行いながら、心と体を集中させて瞑想の状態へと入っていきます。

ピラティス

ピラティスでは解剖学を元にした正しい動きを意識し、体のストレッチやバランス強化に重きを置いています。ようは、体幹トレーニングとほとんど同じだといえるでしょう。とはいうものの、ピラティスは体幹を鍛えるためだけのエクササイズではありません。「動き自体を鍛える」ということを意識しているのが、大きな特徴です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/0c/0c792280ae7f7abe43145c0526ab79bd_t.jpeg
ピラティスとヨガでは呼吸法にも違いがあります。それぞれどのような呼吸法を用いているのか、見ていきましょう。

ヨガ

ヨガでは様々な呼吸法を使用しますが、基本的には腹式呼吸を用います。お腹をしっかり凹ませながら鼻から息を吐き、また鼻から息を吸ってお腹を膨らませます。横隔膜を大きく動かしながら、意識的に呼吸を繰り返します。この呼吸法を「プラーナーヤーマ」と呼び、全身の気の流れをコントロールします。

ピラティス

ピラティスでは胸式ラテラル呼吸を用いています。これは鼻から息を吸い、横隔膜や肋骨を様々な方向へ広げることを意識します。胸の中に小さなボールが入っているようなイメージをし、体内の隅々まで酸素で満たしていきます。口から息を吐くときは腹筋の力を使い、すべてを吐き切ります。このとき胸の中で膨らんでいるボールが、しぼんでいくイメージをすると分かりやすいと思います。

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/43/43ea87ee1a7b3acbd088d5012a3310b4_t.jpeg
ピラティスとヨガでは効果に違いがあるのか、見ていきましょう。

ヨガ

ヨガで使用される呼吸法は副交感神経を活性化させる効果があり、乱れている自律神経を整えてくれます。精神的なリラックス効果が最も大きく感じられ、自分の体を自分でいたわっているような感覚になります。また、体の5感が研ぎ澄まされるようになり、人間が持つ本来の状態に戻っていきます。すると、体が欲しているものを食べるようになる・心地よい音楽を好むようになるなどの変化があるといわれています。

ピラティス

ピラティスにもヨガ同様自律神経を整える効果があり、体をリラックスした状態に持っていくことができます。それよりもピラティスの大きな効果として挙げられるのは、以下のような外見の変化です。
・姿勢が良くなる ・体の動きがスムーズになる ・体のコントロールがしやすくなる ・体が引き締まり、ダイエット効果が得られる ・肩腰のトラブル改善が見込める
精神的な効果が大きいヨガとは違い、体自体の変化が見込めるピラティス。ダイエット目的で行うならば、ピラティスの方が効率的だといえるでしょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/8a/8ad8f2cc010b9d02cccc9559fdcdb8f9_t.jpeg
ヨガやピラティスの違いは分かったけど、どっちを選べばいいのか分からない…という方も多いはず。そこで、ヨガとピラティスを選ぶポイントについてご紹介していきます。

ストレス解消を目的としている人は…

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c5/c5862dfd10eae7d4eb376700e68fc3a6_t.jpeg
人間関係や仕事などでストレスを抱えている人は、ヨガがおすすめです!ヨガは生活環境や周りの状況に左右されない、安定した心身を作り上げることができますので、ストレス解消にぴったりだといえます。また、ゆったりとした呼吸法でリラックス効果も得られますので、心のモヤモヤも晴れることでしょう。

体の歪みや姿勢を正したいという人は…

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c7/c7bb5bf006001b3e615854a678118ad3_t.jpeg
体の歪みや姿勢を正したいとい場合は、ピラティスがおすすめです。また、ピラティスではお腹周りの筋肉も鍛えることができますので、ボディラインを引き締めたいという方にもぴったりです。目に見える変化がないと続けられない人は、ヨガよりもピラティス向きだといえるでしょう。

どちらも体験してみることがおすすめ!

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ed/ed67c8b1cca3f9428b90ac3e960a4e39_t.jpeg
ヨガもピラティスも、まずは自分で体験してみることがおすすめです!やはり文章で説明されるよりも、実際に体験してみて分かることの方が多いです。それを踏まえた上で、自分に合っているのはどちらなのか決めると良いでしょう。ヨガもピラティスも体験コースはリーズナブルな価格で行っている教室が多いため、まずは足を運んでみてください!

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/95/95dca14a41b88d155fe5f6c71acaf74a_t.jpeg
これまではピラティスとヨガの違いをご紹介しましたが、これら2つには共通点もあります。その共通点とは、「体と心を同時に整えることができる」という点です。「健全なる精神は健全なる身体に宿る」という言葉があるように、病気にかかったときは精神的に大きなダメージを受けますが、それが治ったときはホッと安堵しますよね。つまり、私たち人間の体と心は繋がっています。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e5/e56670f5169c6b5d431342d8679fcac9_t.jpeg
そのため、心がダメージを受ければ体にも異常が起こるのです。もちろん、その逆も然り。そんなときにピラティスやヨガを行えば、心と体を健康な状態へと導いてくれます。この状態をキープすることで、人生がより豊かになっていくでしょう。ストレスの多い現代社会だからこそ、ピラティスやヨガなどのエクササイズで心身を整えることが大切です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/7f/7f74ee151ae8d56a2a3356aa9de9181c_t.jpeg
ピラティスとヨガでダイエットを行おうと考えている人も多いと思います。しかし、ヨガとピラティスはエクササイズの方法も違えば、目的も違います。当然、ダイエット効果にも違いが出てきます。そこで、ピラティスとヨガはどのような体質の方のダイエットに合っているのかをご紹介していきます。

筋肉太りならピラティスでダイエット

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/68/68ebd61368b0a0228136c9cdeb109611_t.jpeg
学生時代、部活で鍛えた筋肉が気になる…という方もいますよね。そんな筋肉太りで悩んでいる方はピラティスがおすすめです。ピラティスは外側の筋肉をリラックスさせ、逆にインナーマッスルを鍛える効果がありますので、体を引き締めつつ不要な筋肉は萎縮させてくれるのです。また、ピラティスは体の歪みを整える効果もありますので、筋肉太りしやすい体の使い方を改善することができます。

むくみ太りならヨガでダイエット

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/4f/4f46011fb7e1f7d1c2b7f7a081ee3df7_t.jpeg
むくみ太りにお悩みの方はヨガがおすすめです。そもそもむくみは体の仲の水分の循環が悪くなっている状態で、内蔵の働きが低下しているのが原因です。つまり、内蔵の働きや体内の状態を良くすれば改善すると考えられます。ヨガなら自律神経やホルモンバランスを整えることができ、体の中から健康な状態にしてくれます。その結果、むくみ太りも徐々に改善すると考えられます。

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/b1/b11902a9d314b11ab37b31177f2790ed_t.jpeg
ピラティスもヨガも、ダイエット目的で行うならば「継続」が大切です。そもそも、これら2つはダイエットを目的としていないため、すぐに体重が落ちたり、ウエストが細くなったりすることはありません。つまり、即効性を求める人には不向きなのです。しかし、ピラティスもヨガも継続することによって代謝が上がり、太りにくい体質を作ることができます。
体質自体を改善することにより、自然と美しいボディラインになりますし、なによりリバウンドの心配もありません。健康的に痩せたいと考えている人は、ピラティスやヨガでのダイエットがおすすめです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ea/eab9fb5dba3c602d188ae76b71022f93_t.jpeg
ピラティスとヨガの違いについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?様々な違いはあるものの、心と体を健康な状態に導いてくれることに変わりはありません。また、どちらも健康的に痩せたいという方のダイエットにピッタリです。自分に合った方法を選び、ストレスのない豊かな生活を送りましょう!

ダイエットについてもっと知りたい方へ

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/29/2984369c00aac789c7dec0347c9d574d_t.jpeg