Q85knivmzoit1dqchuis

ボディケア

CATEGORY | ボディケア

筋トレおすすめメニュー【自宅編】しなやかボディをつくるマル秘メソッド!

2019.01.20

最近では筋トレに励む女性も多くなり、ジムに行く時間がない!と言う方には自宅でも簡単にできる筋トレメニューがあります。毎日少しづつ自分なりのメニューで筋トレすることによってモテボディを手に入れましょう!自宅でできる筋トレメニューとそれぞれの効果をご紹介します。

目次

  1. 女性も自宅で毎日筋トレメニュー!モテ効果も期待!
  2. 自宅筋トレメニューにあると便利なもの-1.ダンベル
  3. 自宅筋トレメニューにあると便利なもの-2.トレーニングチューブ
  4. 自宅筋トレメニューにあると便利なもの-3.バランスボール
  5. 自宅筋トレメニューにあると便利なもの-4.プッシュアップバー
  6. 自宅筋トレメニューにあると便利なもの-5.ローラー
  7. 自宅筋トレメニューにあると便利なもの-6.マット
  8. 【モテ女性効果!自宅で毎日筋トレメニュー】1.プランク
  9. 【モテ女性効果!自宅で毎日筋トレメニュー】2.スクワット
  10. 【モテ女性効果!自宅で毎日筋トレメニュー】3.ランジ
  11. 【モテ女性効果!自宅で毎日筋トレメニュー】4.ヒップリフト
  12. 【モテ女性効果!自宅で毎日筋トレメニュー】5.ヒップアブダクション
  13. 【モテ女性効果!自宅で毎日筋トレメニュー】6.レッグレイズ
  14. 【モテ女性効果!自宅で毎日筋トレメニュー】まとめ

最近は細いだけではモテない!女性でも筋肉のあるしなやかなボディがモテボディですよね。男性はもちろん細マッチョやむきむきマッチョがモテ男として人気があります。でも、忙しくってなかなかジムにいく暇がない・・・と言う方が多いのではないでしょうか?でも大丈夫です!自宅ででも簡単にできるおすすめの筋トレメニューがあります。それぞれ育てたい筋肉にターゲットを当ててもいいし、全体的にきれいにしなやかなボディをめざしてもOK!毎日筋トレでモテボディを手に入れましょう!

J1qbn9nhm0cfv30zi1n6
引用: https://www.instagram.com/p/BssaT1QhjCM/

自宅でする筋トレでは、自分の体重だけでできる筋トレもたくさんありますが、慣れてくると自分の体重だけでは負荷が足りないと感じることもあります。そんな時にあるのと便利な道具などをご紹介します。

Utqpw0kmlchmfrllc7pd
引用: https://www.instagram.com/p/BsibXElHFJT/

自分の体重だけでやっていた筋トレに慣れてきたらまず欲しくなるのがダンベルです。ダンベルがあると、今までの筋トレの負荷が高くなり、バリエーションも増えていろんな筋トレができるようになります。重さの目安として、個人差はありますが、最初は、男性は5〜10gkくらいのものを選ぶと良いでしょう。女性では2〜5kgくらいを選ぶと良いでしょう。先々のことを考えると、ひとつで重さが決まっているものより、重さを変えられるダンベルの方が使いやすいです。特に女性の場合、軽いもののままの方もいれば、どんどん重いものにしていきたい人もいるので、増やせる方がよいですよ。

ダンベル 【最新進化版・3in1】Wolfyok 純鋼製アレー アレイ 20kgセット(10kgx2) 30kgセット(15kgx2) バーベル 錆びない 筋トレ ウェイトトレーニング器具 ダイエット 無臭素材 床傷防止
価格 ¥ 6,900
Bu4jcteco6hqtdrxnh3h
引用: https://www.instagram.com/p/BsPpdaZl_XJ/

トレーニングチューブは、いろんな風に使えるのであるととても便利です。いろんな筋トレに使え、他の器具と合わせて使うこともできるので、筋トレの応用範囲が広がっていきます。

TheFitLife フィットネスチューブ トレーニングチューブ 超強化版 天然ラテックス製 5レベル負荷 強度別5本セット ストレッチ ダイエット 柔道・野球・水泳トレーニング ゴムチューブ 筋トレ 美尻 ヨガ リハビリ シェイプアップ ピラティス 収納ポーチ・日本語説明書付
価格 ¥ 2,699
TheFitLife トレーニングチューブ トレーニングゴムバンド 天然ラテックス製 肩のストレッチ 太ももダイエット 野球・サッカー・バスケットボール・水泳トレーニング セラバンド ゴムバンドトレーニング 筋トレ お尻トレ 美尻トレ 脚トレ ヨガ ピラティス リハビリ ヒップアップ 強度別6セット 収納ポーチ・日本語説明書付
価格 ¥ 1,299

トレーニングゴムバンドのタイプだと、トレーニングチューブに比べてよりコンパクトになるので、持ち歩くこともできます。ジムにいく時に持っていったり、オフィスにいく時に持っていって、会社でデスクでちょっとエクササイズもできます。

Kky9gju1onkk1o3tlgxj
引用: https://www.instagram.com/p/Br6uRKMlqYv/
1 / 4