Oaejbuc3yd52hjoyolyq

筋トレ

CATEGORY | 筋トレ

筋トレの回数の情報まとめ!時間やセット数・負荷はどうすればいいの?

2019.01.21

筋トレの回数に関する情報をまとめていきます! 効果的に筋トレを行うことができる回数や、1日のセット数、週に何日行うかなど筋トレの気になる情報をまとめていきます。 時間効率も考えながら、筋トレを行って体を鍛えていきましょう!

  1. 筋トレの回数の情報まとめって?
  2. 筋トレの回数の情報まとめ①正しいフォームで継続して行える回数がベスト
  3. 筋トレの回数の情報まとめ②回数だけでは最適なトレーニングは決められない
  4. 筋トレの回数の情報まとめ③筋肉の鍛え方によって回数を変える
  5. 筋トレの回数の情報まとめ④筋持久力:12回で余力があるくらいで行う
  6. 筋トレの回数の情報まとめ⑤筋肥大:6~12回をギリギリの負荷で行う
  7. 筋トレの回数の情報まとめ⑥筋力:6回を目安に正しいフォームを意識して行う
  8. 筋トレの回数の情報まとめ⑦筋肥大:週に2~3日行う
  9. 筋トレの回数の情報まとめ⑧筋肥大:1日3セットを目安に行う
  10. 筋トレの回数の情報まとめ!時間やセット数・負荷はどうすればいいの?のまとめ
引用: https://www.manetama.jp/wp/wp-content/uploads/2017/05/Testosterone1-1.jpg
筋トレを行っていると、どれくらいの回数ずつ行えばいいのか迷うことがありますよね。 どの回数を行うのが最も効率が良いのかも、気になるところです。 というわけで今回は、筋トレを効率良く行うためにおすすめの回数をご紹介します! 他にも筋トレを行う上で気をつけておきたいポイントもいくつかご紹介するので、筋トレ初心者の方も是非参考にしてみてください!

筋トレを効率良く行うのは初心者にはハードルが高い?

まずは効率の良い筋トレについて、少し掘り下げていきます。 例えば筋トレ初心者の場合、仕事や他の趣味などで時間をあまり割けないことが多いですよね。 筋トレは手軽に、なおかつできることならお金もかけずに行いたいはずです。 しかし、一般的におすすめされている効率の良い筋トレを行うためには時間も、お金もかかってしまいます。
筋トレで早く効果を出したければ、ダンベルやバーベル・マシンを活用して自身のカラダに適した負荷をかけた状態で実施するのが良いでしょう。しかし、それを実現するためには、フィットネスクラブをはじめとする機材が充実した施設でのトレーニングや自宅に数種類のダンベルを用意する必要があり、トレーニング初心者にはハードルが高いデメリットもあります。

ジムなどに通って専用の器具で筋トレを行えば、最も効率良くトレーニングを行えるでしょう。 しかし、できるだけ手軽に低資金で筋トレを行いたい場合にはこの方法はハードルが高いですよね。 自宅で効率良く、なおかつ時間もお金もかけずにトレーニングできる方法はないのでしょうか?
引用: https://toremo.jp/wp-content/uploads/2018/11/shutterstock_716379316.jpg

自重で効率よく筋トレを行う方法って?

自宅で気軽に効率よくトレーニングする方法、あるんです。 それが、自重(自分の体重)を使ってトレーニングを行う方法です。 自重トレーニングであれば器具も必要なく、体一つで手軽に行うことができます。 さらには自重トレーニングのコツをしっかりと抑えれば、初心者でもさらに効率よくトレーニングを行えます!
器具がなければ効果的なトレーニングができないように感じてしまうかもしれませんが、初心者でもトレーニング効果を得ることはできます。なぜなら、自体重を負荷にしておこなうトレーニングでも、正しい姿勢で限界回数を実施することで、十分な効果を得ることができるからです。

自重トレーニングのコツとは、正しい姿勢で限界回数を行うことにあります。 初心者にありがちなミスとしては、回数を重ねることを目標にして雑な姿勢でトレーニングを行ってしまうことが挙げられます。 しかしこれでは効果も半減!かならず正しいフォーム、姿勢を意識しながらゆっくりとトレーニングを行いましょう。 こうすることで、ジムに通わずともかなり効果的なトレーニングを行うことができます!
引用: http://muscle.holdings/wp-content/uploads/2017/12/5-Top-Shoulder-Exercises-Keep-Fit-Kingdom-770x472.jpg
さて、ここまでは自宅で時間をかけずに行うためのトレーニングについて掘り下げていきました。 ここからは、筋トレを行う際に気になる回数についての情報をまとめていきます! 効率的に筋トレを行うにはどれくらいの回数を目安にすればいいのか、情報をもとに考えてみてくださいね!
引用: https://workout-science.com/wp-content/uploads/2018/07/allout-min.jpg
効果的な筋トレを行うための回数の情報まとめ、1つ目は正しいフォームで継続して行える回数がベストということです。 先ほどもご紹介したとおり、筋トレは正しいフォームで限界回数まで行うことが大切です。 どんな筋トレに関しても、必ず正しい体勢をキープしながら、自分が限界だと感じる回数まで行うことで効率よくトレーニングを行うことができます。
引用: http://muscle.holdings/wp-content/uploads/2018/01/shutterstock_639707809-1024x683.jpg

関連記事

引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/5/e5754_1349_669a01ea61e8e648d1d9f3ec438b5103.jpg
効果的な筋トレを行うための回数の情報まとめ、2つ目は回数だけでは最適なトレーニングは決められないということです。 筋トレを行っていると、明確な目標となる回数を決めたくなりますよね。 例えば1日○回がんばる!なんて目標はわかりやすくて良いですが、始めのころはその回数が限界回数だったとしても、段々とトレーニングに慣れるうちに最適の回数は変わってしまいます。 そのため、定期的に目標の回数を変えるなどして、常に自分の最適な回数を考えることが大切です!
引用: https://goripedia.com/wp-content/uploads/2018/07/main-qimg-88debaafc0045d600a708c0b26de979c-c.jpg
引用: https://i2.wp.com/reman-lab.com/wp-content/uploads/2017/12/abs-2746478_640.jpg?fit=640%2C426&ssl=1
効果的な筋トレを行うための回数の情報まとめ、3つ目は筋肉の鍛え方によって回数を変えることが大切ということです。 ここまで回数を決めて行うトレーニングをおすすめしないとお伝えしてきましたが、どうしても回数を決めて取り組みたいという方は、筋肉の鍛え方によって回数を変えてみましょう。 鍛え方の具体例としては、筋肥大、筋力向上、筋持久力の向上の3種類になります。 これらの目的ごとに回数を決めると、効率よくトレーニングを行うことができます。
引用: https://prtimes.jp/i/7006/4327/resize/d7006-4327-285507-19.jpg

関連記事

引用: https://i.ytimg.com/vi/7NiIlibbFqk/maxresdefault.jpg
効果的な筋トレを行うための回数の情報まとめ、4つ目は筋持久力を鍛えるためには12回で余力があるくらいで行うということです。 均持久力とは、筋力を継続させるための力です。この力を鍛えるには、弱い負荷を長い時間かける必要があります。 そのため、回数は1セット12回と比較的多めに、そして軽い負担で余力が残るくらいのペースで行うのが最適です。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20180216/17/yud2140/62/72/j/o0689052914132829586.jpg?caw=800
効果的な筋トレを行うための回数の情報まとめ、5つ目は筋肥大を目標とする際には6~12回をギリギリの負荷で行うということです。 筋肥大は、筋肉の見た目を良くするためにも筋肉自体を大きくすることです。 そのためには筋持久力を高めるときよりも強い負荷をかける必要があります。 そのため1セット6~12回を、自分の限界の負荷で行うのがベストです。
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/static.cdn.xtreeem.com/production/posts/eyecatches/000/012/390/original.jpg?1518420896

関連記事

引用: https://otokomaeken.com/wp-content/uploads/2015/01/7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e-3.jpg
効果的な筋トレを行うための回数の情報まとめ、6つ目は筋力を鍛えるときは6回を目安に正しいフォームを意識して行うということです。 筋力は、シンプルに筋肉の力です。筋力を鍛えることで、重いものが持てるようになったり、疲れづらくなったりします。 筋力を鍛えるためには、より強い負荷を短い時間でかけることが大切です。 そのため回数は1セット6回、正しいフォームでぎりぎりの負荷で行ってみてください。
引用: https://mendy.s3.amazonaws.com/files/article/948274/middle_948274_0.jpg
引用: https://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2017/07/hisanosi-550x366.jpg
効果的な筋トレを行うための回数の情報まとめ、7つ目は筋肥大を目標にする際は週に2~3日トレーニングを行うことです。 筋肥大を目標とする際には、焦って毎日でも筋トレをしたい!と考えてしまいますがそれはNG。 多くても週に3日、少なくても週に2日のトレーニング回数に抑えておきましょう。 週の中でトレーニング→休み→トレーニング→休み…の繰り返しを行うことで、週を通して効率よく鍛えることができます。
引用: http://muscle.holdings/wp-content/uploads/2017/12/5-Top-Shoulder-Exercises-Keep-Fit-Kingdom-770x472.jpg

関連記事

効果的な筋トレを行うための回数の情報まとめ、8つ目は筋肥大を目標とする際は1日3セットを目安に行うことです。 週の回数以外にも、筋肥大のポイントとなるのがセット数です。 先ほどもご紹介したとおり、筋肥大は1セット6~12回が最適です。そのセットを、1日に3セットほど行うと筋肥大につながりやすいのでおすすめです。
引用: https://toremo.jp/wp-content/uploads/2018/03/shutterstock_423478012.jpg
引用: https://kintorecamp-ivitsqn.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2016/09/dreamstime_s_35506707-e1474932343328.jpg
今回は筋トレの回数についての情報をまとめていきました! 筋トレの回数はご自身に最適な回数を考えることが大切なので、そこを意識してトレーニングに取り組んでみてください!

筋トレについてもっと知りたい方はこちら