Vexfgrj4day2trk9tob2

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

女性のための痩せる筋トレメソッド!会って3秒でモテる美ボディをつくる!

2019.01.19

女性がモテるためには何が必要だと思いますか?メイクに時間をかける女性が多いと思いますが、それよりも美ボディを作る方が良いといわれています!そこで本記事では、ダイエット効果がある痩せる筋トレメニューをご紹介。痩せる筋トレメニューで綺麗な体型を目指しましょう!

  1. モテる女性は筋トレで美しい体を維持している!
  2. モテる美ボディを作りたいなら過度な食事制限はNG!
  3. モテる美ボディを作るために鍛えるべき場所とは?
  4. 綺麗な体型を目指す!モテたい女性必見の痩せる筋トレメニュー①スクワット
  5. 綺麗な体型を目指す!モテたい女性必見の痩せる筋トレメニュー②足上げ腹筋
  6. 綺麗な体型を目指す!モテたい女性必見の痩せる筋トレメニュー③フロントブリッジ
  7. 綺麗な体型を目指す!モテたい女性必見の痩せる筋トレメニュー④レッグランジ
  8. 綺麗な体型を目指す!モテたい女性必見の痩せる筋トレメニュー⑤ヒップリフト
  9. 綺麗な体型を目指す!モテたい女性必見の痩せる筋トレメニュー⑥ダンベルショルダープレス
  10. 綺麗な体型を目指す!モテたい女性必見の痩せる筋トレメニュー⑦クランチ
  11. 綺麗な体型を目指す!モテたい女性必見の痩せる筋トレメニュー⑧くびれに効くツイスト
  12. 綺麗な体型を目指す!モテたい女性必見の痩せる筋トレメニュー⑨腕立て伏せ
  13. 綺麗な体型を目指す!モテたい女性必見の痩せる筋トレメニュー⑩ドローイン
  14. 綺麗な体型を目指す!モテたい女性必見の痩せる筋トレメニュー動画を紹介
  15. まとめ
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/aa/aa018bd595bcb948557407bfd918afd1_t.jpeg
メイクや髪型など、モテるために様々な努力をしている女性も多いと思います。しかし、メイクや髪型よりも“体型”を綺麗に整えることで、より一層モテ女子に近づくことができるのです!そこで本記事では、ダイエット効果がある痩せる筋トレメニューをご紹介します。良ければ、ご参考ください!
※本記事では「ダイエット効果」や「痩せる」といった言葉を使用していますが、体重が軽くなるといった意味ではなく、見た目に変化をもたらすことを目的としたメニューを紹介しています。ご了承ください。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ba/ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_t.jpeg
そもそもダイエットといえば、食事制限のイメージが強いですよね。もちろん、ダイエットに食事制限は欠かせないですが、過度な制限をすると逆に太ってしまうことがあります。というのも、食事制限をすると脂肪ではなく“筋肉”が減ってしまいます。筋肉が減ると基礎代謝量(普段の生活で消費するカロリー)も減ってしまい、徐々に痩せにくい体に変化してしまうのです。辛い思いをしてまで食事制限をしたのに、痩せにくくなるなんて悔しいですよね。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/28/28fd50ba85b4bb60bfad015e6a2b0760_t.jpeg
そうならないよう、食事制限で痩せるのではなく、筋トレで健康的に痩せましょう!筋トレをして筋肉量を増やすと体重自体は重くなりますが、見た目はほっそりとしてきます。締まるところはしっかりと引き締まりますので、非常に魅力的なモテ美ボディになるわけです!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/7c/7c62984f5b0b700e7602055a672d0b14_t.jpeg
ダイエット効果のある筋トレメニューをご紹介する前に、鍛えるべき場所についてご紹介します。モテる美ボディを作るには、以下の場所を重点的に鍛えていきましょう!
☆お尻 ☆太もも ☆ふくらはぎ ☆肩 ☆二の腕 ☆胸
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/06/0627e11d339f99cdb904e56573e54d8d_t.jpeg
これらの場所は人間の体の中でもトップクラスの大きさを誇ります。面積が大きい筋肉をしっかり鍛えてあげることで、確実に見た目に変化をもたらしてくれるのです!

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6b/6b114b52538a202e8e1fdd5564aeb41b_t.jpeg
①まずは足を肩幅分ほど広げる(このとき足先はやや外側に向ける) ②背中を丸めずに両手は肩からまっすぐ伸ばす ③息を吸いながら、ゆっくりと体を下げていく ④太ももが地面と平行になるまで下げる ⑤その後、膝が伸びきらない高さまで上げていく ⑥この動作を10回繰り返し、30秒ほどのインターバルを開けてもう1セット行う
スクワットの目安としては、10回を5セット行いましょう。1セットの間には必ずインターバルを入れてくださいね!また、スクワットを行う上で大切なのは「膝がつま先よりも前に出ない」こと。この正しいフォームを意識しながら怪我のないようにスクワットしましょう!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a2/a2746aec3799c30a1647de965ad046e3_t.jpeg
①両手を広げて寝そべる ②足は揃えて伸ばし、上からみると漢字の「十」のような形をとる ③その体制から両足だけを上げ90度に上げる ④その後足を下ろしていく(このとき足は地面につかないようにする)
ダイエット効果を高めるためにも、上げる時も下ろす時もゆっくり行いましょう!また、下腹に意識を集中させて筋肉が使われていることを実感することで、より高い効果が得られます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/04/0469c79ba599619b54e81a717bbcf4db_t.jpeg
①腕を肩幅分ほど広げ、足のつま先を立てて体を浮かせる(このとき肩の真下にヒジが来るようにする) ②足から首筋まで一直線をキープし、この状態を30秒維持する ③その後30秒のインターバル ④もう一度体を浮かせた状態にし、45秒キープ ⑤最後にインターバル30秒とって1分間キープ
フロントブリッジを行う際は、腰が上下しないようにフォームをキープすることが大切です。自然と腰が落ちてきてしまう場合は、しっかりとお腹に力を入れることに集中しましょう!

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/73/73dcecd1caa8b2da9c62f622d66795a9_t.jpeg
①足を肩幅または少し狭めに足を開き、一歩前に右足を踏み出す ②膝を曲げ、太ももが地面と平行になるまで腰を下ろす ③息を吐きながら直立の状態に戻る ④この動作を15回繰り返し、インターバル30秒を取る ⑤一歩前に出している足を入れ替えて①から④の動作を行う
レッグランジを行う際は、背中が90度になっているかを意識しましょう。背中を丸めてしまうと効果が半減してしまいますので、しっかりと背筋を伸ばしてください!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/2a/2a36fc12e12fbe0275e59782c2a3cfc7_t.jpeg
①仰向けで寝転がり、膝を90度曲げる ②膝から頭まで一直線になるまでお尻を上げ、2秒間キープ ③ゆっくりと元に戻していく ④この動作を20回行う
こちらはヒップアップ目的のメニューです。負荷もそれほど高くありませんので、初心者さんも取り組みやすい筋トレです。ヒップリフトのコツとしては、腰ではなくお尻から上げることが大切です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/23/23ea4a55304b2187e0e1588b017d0ce0_t.jpeg
①ダンベルを持ち、肩に置いたようなフォームを作る ②手のひらを体の向きと同じ方向にする ③ダンベルを真上に上げるイメージで上に持ち上げる ④限界まで持ち上げたら止まって、ゆっくり戻す ⑤この動作を10回行う
ダンベルやバーベルを使ったトレーニングは負荷が大きいため、インターバルは少し長めに設定してください。また、あくまでも体重を落とすことが目的のため、ダンベルの重量は高くても3kgほどにしましょう。

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/70/705924d3d0e19c5a8ee06e3289d6aa7f_t.jpeg
①仰向けの状態になり、ひざと腰が90度になるようにする ②両手はお腹の上もしくは耳の横に置き、息を吐きながらゆっくりと体を丸める ③息を吐ききったらそのまま1秒停止 ④息を吸いながらゆっくりと戻す ⑤この動作を10~15回ほど続ける
クランチとは一般的に「腹筋」のことを指します。腹直筋と呼ばれる筋肉をピンポイントで鍛えることができ、ぽっこりお腹にも効果的です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/bb/bb034d10d770a6d546f712e58c8536f9_t.jpeg
①腹筋のときと同様、仰向けになって膝を立てる ②そのまま息を吐きながら、お腹に力を入れて上半身をひねりながら上げる(左にひねるときは右手を左側へ持っていく) ③その後、息を吸いながら上半身をおろす ④反対側も同様に行う ツイストの目安は10回×2セットです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/b5/b54b5342e40de2e52967c99a4e7b13fd_t.jpeg
①手を肩の下につき、頭からかかとまでを一直線になるようにキープ ②そのまま息を吐きながらひじを曲げ、ゆっくり床まで下がる ③息を吸いながら腕を伸ばして、最初のポジションへ 腕立て伏せの理想は1日10回です!きつい場合は、ひざをついても行いましょう。腕立て伏せは女性に嬉しいバストアップにも繋がりますよ♪

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/66/6627fd4388d4803dc7d0d79a9fc84584_t.jpeg
ドローインというのは呼吸方法のことです。このドローインを正しく行うと腹筋を鍛えることができます。つまり、コツをつかめばいつでも腹筋トレーニングできるようになるんです!また、ドローインをしながら腹筋を行うと、より高い効果を得られますよ!
①背筋を伸ばして胸を張った状態で立つ ②息をたくさん吸い、お腹を膨らませる(吸う時間は2~3秒ほど) ③おへそを意識しながら、お腹全体を凹ませた状態で30秒キープ ④口からゆっくりと息吐く ※これを5~6セット行う
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/de/deff23d151b1f18e18a0f4ca6140d77d_t.jpeg
ドローイングを行う際のポイントとしては、 ◎息を止めず、しっかりとお腹を凹ませる ◎キープ時間30秒はあくまで目安のため、無理をしない の2点を意識してみましょう!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/33/330fb91552c352edb8ea970dbf9a9cb1_t.jpeg
ここでは動画を交えて筋トレメニューをご紹介します!楽しみながら痩せられるダンスメニューもご紹介していますので、良ければ参考にしてくださいね。

痩せる筋トレメニュー動画①ダンスエクササイズ

こちらはダンスをしながら体脂肪を燃焼し、痩せるといった動画です。楽しみながら気になるぽっこりお腹を解消してくれます!腹筋や腕立て伏せなどの筋トレに疲れてしまった、気分転換をしたい、せっかくなら楽しみながら痩せたいという方におすすめです。

痩せる筋トレメニュー動画②10分で出来る筋トレ

こちらは初心者にも優しい筋トレを紹介しています。一畳分のスペースででき、なおかつ10分という短い時間で筋トレが行えます。ちょっとした空き時間に行えるのが嬉しいですね!

痩せる筋トレメニュー動画③太もも重視の筋トレ

太ももが太い…と悩む女性も多いのではないでしょうか。やはり足が太いと、ミニスカートやスキニーを履きたくてもためらってしまいますよね。そんな方はこちらの動画がおすすめです!太ももに焦点を当てた筋トレで、しっかりと足を引き締めることができます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a8/a8fed097a879b410d22ac9f0fadca08d_t.jpeg
女性のための痩せる筋トレメニューをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?ダイエット効果を得るために無理な食事制限をしていた方もいらっしゃるかもしれませんが、筋トレで痩せることをおすすめします!筋トレで引き締まったボディは男性からすれば非常に魅力的ですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

ダイエットについてもっと知りたい方へ

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/da/da657e1dfe7acc5b3da8a5f3e9779ff5_t.jpeg