Lvf6ikdx52oyu6uombsp

ボディケア

CATEGORY | ボディケア

ヨガでも筋肉痛になる?!筋肉痛でもヨガを毎日していいのか徹底調査!

2019.01.17

ヨガで筋肉痛になる原因と、ヨガの筋肉痛の対処法をご紹介します! 毎日ヨガでだるい筋肉痛になってしまった場合、ヨガを続けていいのか気になりますよね。 そんなときはご紹介する筋肉痛の対処法で、太ももや肩甲骨などの痛みを解消しましょう!

  1. ヨガで筋肉痛になる理由って?
  2. ヨガで筋肉痛になる理由①普段使わない筋肉を使ったから
  3. ヨガで筋肉痛になる理由②無理なストレッチをしてしまった
  4. ヨガで筋肉痛になる理由③準備運動が足りなかった
  5. 筋肉痛でもヨガをしていいの?
  6. ヨガの筋肉痛の対処法って?
  7. ヨガの筋肉痛の対処法①痛い場所をアイシングする
  8. ヨガの筋肉痛の対処法②温めて血流を良くする
  9. 初心者にもおすすめなヨガのポーズって?
  10. ヨガでも筋肉痛になる?!筋肉痛でもヨガを毎日していいのか徹底調査!のまとめ
引用: https://publicdomainq.net/images/201707/16s/publicdomainq-0011186qay.jpg
今女性を中心に人気となっている、ヨガ。体を内側から暖め、血流の改善にもつながるとして注目されています。 そんなヨガを行っていて、筋肉痛を感じたことがある方は少なくないのではないでしょうか。 筋肉痛になってしまうと、ヨガの行い方が悪かったのか、このままヨガを続けてもいいのかなど、気になることがたくさん挙がりますよね。 というわけで今回は、ヨガで筋肉痛になる原因と、筋肉痛の対処法をご紹介していきます!

そもそも筋肉痛の原因って?

ヨガの筋肉痛について解説する前に、まずは筋肉痛の原理についてご紹介します。 激しい運動や普段は行わない運動を行った際になる筋肉痛。では、どのような原因で筋肉痛は引き起こされるのでしょうか?
細かい筋繊維がいくつか束になって筋膜で覆われ集まったものが筋肉です。 筋肉を使うことでその筋繊維に負荷がかかり、細かな傷ができます。 その傷を治そうと、白血球などが集まり炎症が起き、プロスタグランジン・ヒスタミン・セロトニン・ブラジキニンなどの刺激物が生産されます。 その刺激物により、筋肉を包む筋膜が刺激を感じ、痛みとして認識するのです。

筋肉とは、細かい筋繊維が束になってできています。 筋トレや体を動かす運動を行うことで筋繊維に傷がつき、その傷を修復するために刺激物質が生産されます。 その刺激物質が筋肉の周りにある筋膜を刺激し、痛みを感じます。これが、筋肉痛の正体なんです。
引用: https://publicdomainq.net/images/201707/16s/publicdomainq-0011185ryg.jpg

筋肉痛が遅れてくるのはなぜ?

続いて、筋肉痛が遅れてくることについて解説していきます。 運動を行ってから筋肉痛を感じるまで、時間差で遅れて感じることがありますよね。 筋肉痛が運動してから少し遅れてやってくるのは、どうしてなのでしょうか?
痛みは、炎症が広がって、刺激物質が筋膜に届いてから感じるものなので、時差があると考えられます。 普段から動かしている筋肉には、筋肉に血液を送る毛細血管がよく発達しています。 しかし、あまり使われていない筋肉は、毛細血管が十分に巡らされていません。 そのため、血液成分が集まるところから始まるので、痛みの発生まで時間がかかるのです。

筋肉痛が遅れてくる理由は、先ほどご紹介した、筋肉痛の仕組みにあります。 筋肉痛が起こるには筋繊維が傷つき、刺激物質が生成され、それが筋膜を傷つける、といういくつかの工程があります。 運動してからそれらがすべて起こるまでには少しの時間を要するため、筋肉痛に時差を感じると考えられます。 さらには筋肉痛が起こりやすい普段使っていない筋肉には、毛細血管が少ないことが多いです。 そのため、筋肉に血液を集めはじめてから痛みを感じることになるのです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/23/23b6619495e996022f570da15b157d09_t.jpeg
さて、ここまでは筋肉痛について少し掘り下げていきました。 ここからは、ヨガで筋肉痛になる理由と対処法をご紹介していきます! ヨガで筋肉痛になる理由をしっかりと理解して、おすすめの対処法で冷静に対処していきましょう!
引用: https://d2u2p93rbjj5dq.cloudfront.net/assets/uploads/2017/07/shutterstock_515926423-1000x666.png
ヨガで肩甲骨や太ももが筋肉痛になる理由、1つ目は普段使わない筋肉を使ったからという理由です。 毎日ヨガを続けることで普段の生活では使わない筋肉を使い、筋肉痛が起こることがあります。 筋肉痛は普段使っている筋肉には起こりづらいので、ヨガのような全身の筋肉を使う運動では筋肉痛が起こることがあります。
引用: https://www.instagram.com/p/BsuxYo5gEaz/

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/Bsuv_YCA6jX/
ヨガで肩甲骨や太ももが筋肉痛になる理由、2つ目は無理なストレッチをしてしまったことが挙げられます。 ヨガにおいて、無理なストレッチは厳禁!体を痛める原因となってしまいます。 体の限界を越えた無理なストレッチをヨガの中で取り入れてしまうと、結果として筋繊維を傷つけ、筋肉痛の原因となることがあります。
引用: https://publicdomainq.net/images/201707/16s/publicdomainq-0011192zsx.jpg
引用: https://www.life-rhythm.net/wp-content/uploads/2016/06/590034978.jpg
ヨガで肩甲骨や太ももが筋肉痛になる理由、3つ目は準備運動が足りなかったことが挙げられます。 ヨガに限らず、運動前の準備運動は体を痛めないためにも大切です。 ヨガを行う前の準備運動を怠ってしまうと、筋肉痛の原因となることがあります。 体をあらかじめ動かして暖めておくことで、筋繊維を傷つけることの予防につながります。
引用: http://hearts-bridge-jp.com/wp-content/uploads/2018/08/20170604_01.jpg

関連記事

引用: https://www.spot.town/wordpress/wp-content/uploads/2016/01/%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%EF%BC%88%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%EF%BC%89.jpg
さて、ここまでヨガで筋肉痛になる原因をご紹介しました。 続いて、筋肉痛でもヨガを行っていいのかについてご紹介していきます! 体に痛みを感じている状態だと、毎日ヨガを行っていいのか心配になりますよね。 では、筋肉痛の状態でもヨガは行ってOKなのでしょうか?
筋肉痛のときでも、ヨガを行っても全く問題はありません! ただ、ひどい筋肉痛で足が上がらないけど、日課のヨガは続けないと・・と「義務感」にとらわれながらのヨガはお勧めしません。

結果としては、筋肉痛でもヨガを行うことに問題はありません。 ただし、筋肉痛でも継続してヨガを行わなければ、と無理に継続させることは体にも精神的にも良くありません。 筋肉痛がひどく痛みが強い時はヨガをお休みするか、痛みの少ないポーズを選んで行うようにしましょう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_1303-2429.jpg
引用: http://wakai-undo.work/wp-content/uploads/2017/10/yoga.jpg
筋肉痛の際にもヨガを行っていいことがわかったところで、ここからは筋肉痛の対処法についてご紹介します! 筋肉痛の状態だと、体を動かすのもだるかったり痛かったり、なかなか不便ですよね。 そんな筋肉痛を治す方法、対処法とはいったいどんなものがあるのでしょうか? 太ももや肩甲骨、首などがだるいときの対処法をみていきましょう!
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSFE2gtGRWkjrHRVpR5WeaqSRkaZcRhIsJaVux9YHgeoD8vOeBr

関連記事

引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/5/854cd_1569_044dec920264c079801250472e39dc7a.jpg
ヨガの筋肉痛で体がだるいときの対処法、1つ目は痛い場所をアイシングする方法です。 筋肉痛を解消する方法として最も有名なのが、アイシングです。 首や肩甲骨、太ももなど筋肉痛がひどい場所に氷や保冷剤を当て、疲労回復させていきます。 体が重い、だるいと感じた時に試してみてください。
引用: https://mix-fitness.com/wp-content/uploads/2018/10/d9a24f74f989999ff88b1c75952e71b7_s-e1540476965544.jpg
引用: http://www.relaxation-kokage.com/wp-content/uploads/pasted-image-0.png
ヨガの筋肉痛で体がだるいときの対処法、2つ目は温めて血流を良くする方法です。 アイシングとは正反対で、太ももや肩甲骨などの患部を温めて筋肉痛を治す方法があります。 温めることで血流がよくなり、筋肉痛が治るのを早めることができます。 疲労回復効果もあるので、体全体がだるい時にも効果的です!
引用: https://amd.c.yimg.jp/im_sigguCcOPBHeDEFw1RRkp.c9ng---x400-y246-q90-exp3h-pril/amd/20181229-00010000-womensh-000-1-view.jpg

関連記事

最後に、ヨガ初心者にもおすすめのヨガポーズをご紹介します! 筋肉痛で体がだるいときもできる手軽なポーズもご紹介するので、ぜひ試してみてください!

おすすめヨガポーズ①猫の伸びのポーズ

初心者にもおすすめのヨガポーズ、1つ目は猫の伸びのポーズです。 肩甲骨から背中、腰にかけて全体を伸ばすことができます。 毎日続けると腸の動きも良くなり、便秘解消にも効果的なヨガポーズです。 負担が軽いので、体がだるいときにも行いやすいです。

おすすめヨガポーズ②木のポーズ

引用: https://www.instagram.com/p/Bsav2gdAcAo/
初心者にもおすすめのヨガポーズ、2つ目は木のポーズです。 片足立ちすることでバランス感覚と体幹を鍛えることができます。 両腕をしっかりと同じ位置でキープすることで、腕や肩の筋肉も鍛えることができます。 こちらも毎日続けたい、おすすめのポーズです。
引用: https://publicdomainq.net/images/201707/16s/publicdomainq-0011189fja.jpg
今回はヨガの筋肉痛の原因と筋肉痛の対処法、おすすめのヨガポーズをご紹介しました! 太ももなどが痛いときって、ヨガを行っていいのか心配になりますよね。 でも、筋肉痛でもヨガは行ってOKです!無理のない範囲で、毎日継続してみてくださいね!

ヨガについてもっと知りたい方へ