D8xod6sw7xciabj48uwq

日用品

CATEGORY | 日用品

ティーカップのブランドおすすめ10選!おしゃれでかわいい!プレゼントにも!

2018.04.24

ティータイムを華やかにしてくれるティーカップ。おしゃれでかわいいブランドのティーカップを選んで優雅な気分を味わってみませんか?今回は特に人気の高い、北欧などのティーカップブランドを厳選して10社ご紹介します。自分用としてはもちろん、プレゼントにもおすすめです。

  1. 【おしゃれでかわいい!プレゼントにもおすすめのティーカップブランド①】ウェッジウッド(Wedgwood)
  2. 【おしゃれでかわいい!プレゼントにもおすすめのティーカップブランド②】マイセン(Meissen)
  3. 【おしゃれでかわいい!プレゼントにもおすすめのティーカップブランド③】リチャードジノリ(Richard Ginori)
  4. 【おしゃれでかわいい!プレゼントにもおすすめのティーカップブランド④】エインズレイ(Aynsley)
  5. 【おしゃれでかわいい!プレゼントにもおすすめのティーカップブランド⑤】ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)
  6. 【おしゃれでかわいい!プレゼントにもおすすめのティーカップブランド⑥】ロイヤルアルバート(RoyalAlbert)
  7. 【おしゃれでかわいい!プレゼントにもおすすめのティーカップブランド⑦】ローゼンタール(Rosenthal)
  8. 【おしゃれでかわいい!プレゼントにもおすすめのティーカップブランド⑧】ヘレンド(HEREND)
  9. 【おしゃれでかわいい!プレゼントにもおすすめのティーカップブランド⑨】アラビア(ARABIA)
  10. 【おしゃれでかわいい!プレゼントにもおすすめのティーカップブランド⑩】ノリタケ(Noritake)
  11. まとめ
引用: https://image.rakuten.co.jp/belleseve/cabinet/wild-strawberry/ws_image1.jpg
イギリス王室のご用達ブランドとして有名な「ウェッジウッド」。陶磁器に詳しくない人でもその名前くらいは耳にしたことがあると思われる高級陶磁器メーカーです。イギリス王室ご用達なだけあって品質が高いのはもちろんのこと、芸術品としても価値の高いさまざまなティーカップを提供しています。
引用: https://tshop.r10s.jp/nihonnotsurugi/cabinet/wedgewood2/036239.jpg?downsize=370:*
そんな「ウェッジウッド」のおすすめティーカップは、定番ともいえる「ワイルドストロベリーシリーズ」です。可愛らしい野イチゴをモチーフとしたティーカップで、ボーンチャイナに映える色彩と繊細な描写はティータイムを爽やかに雰囲気にしてくれますよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/418arYWrmNL.jpg
「マイセン」はヨーロッパ初の硬質磁器ブランドとして誕生したドイツの名窯で、西洋白磁の頂点に君臨する優れたデザイン性と長い歴史を誇ります。クロスした青い双剣がトレードマークになっていて、名作揃いのティーカップは高級レストランやカフェなどでも愛用されています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41wnUKMWA-L._SX425_.jpg
「マイセン」といえば「ブルーオニオンシリーズ」が有名ですが、おすすめしたいのは「波の戯れシリーズ」。その名の通りさざなみをイメージさせるレリーフと、緩い曲線を描いたカップの縁が印象的なティーカップです。独自性の高いフォルムと優雅なハンドル部分がとてもおしゃれに見えます。
引用: https://image.rakuten.co.jp/outred/cabinet/03299309/03686935/img68195299.jpg
「リチャードジノリ」は200年以上の歴史を誇るイタリアの陶磁器ブランドです。イタリアらしい鮮やかな色合いと自然をモチーフとしたデザインが特徴で、どのシーンにも合わせやすい陶器は使う程にその良さを実感することができます。食器好きの人に贈れば、喜ばれること間違いなしですよ。
引用: http://eins-shop.com/upload/save_image/04121227_5529e633c834b.jpg
「リチャード ジノリ」でおすすめしたいのは、「ロゼリーニシリーズ」のティーカップです。このブランドの永遠の定番とされる「ベッキオホワイト」をベースに、絵筆のタッチを活かしたピンクのバラとラインが控えめに描かれています。上品さの中にかわいさもあり、プレゼントとして贈るにも最適です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41I%2BGeWnreL.jpg
「エインズレイ」は1775年の創業以来イギリス王室や貴族に愛され続けている、西洋白磁の王道ブランドです。ティータイムを華やかに彩る豪華なデザインと質の高いボーンチャイナが魅力で、カップの内側まで描かれた花や植物が高級感を演出してくれます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/412AOHJbk0L._SX425_.jpg
「エインズレイ」でおすすめしたいティーカップは「イングリッシュバイオレット」。スミレの美しさに感動したデザイナーによって制作されたシリーズで、優しい色合いが上品で優雅な印象を与えます。カップの内側にあしらわれているスミレ色の蝶がワンポイントになっているのがまたおしゃれです。
引用: http://www.galax-import.co.jp/brand/images/royal_copenhagen.jpg
「ロイヤルコペンハーゲン」は北欧、デンマーク王室ご用達の陶磁器ブランドで、絵付けはすべて手作業という高い技術力を誇る北欧の名窯です。品質はもちろん芸術性も高く、その繊細なレース技術と「コペンハーゲンブルー」と呼ばれる青色は北欧だけでなく、世界各国で絶大な支持を集めています。
引用: https://image.rakuten.co.jp/glassclassic/cabinet/cs171003/n9310a.jpg
北欧の世界的ブランド、「ロイヤルコペンハーゲン」でおすすめしたいティーカップはやはり、永遠のベストセラーを誇る「ブルーフルーテッド シリーズ」。縁の処理が異なる3つのデザインの中でも豪華さを極めた「フルレース」のティーカップは、縦じまの中に描かれた繊細なレースの装飾が実に見事な1品です。
引用: http://www.wedgwood.jp/images/contents/category_main_100years.jpg
「ロイヤルアルバート」はヴィクトリア女王即位60周年の記念品を依頼されたことにより「ロイヤル」の称号を得た、イギリス王室ご用達の陶磁器ブランドです。創業当時からイギリスの代表的な花々をモチーフとしたデザインを採用していて、伝統ある花柄はエレガントかつロマンティックな雰囲気を醸し出しています。
引用: https://shop.r10s.jp/florence-ashiya/cabinet/03163467/img59937731.jpg
「ロイヤルアルバート」を代表するティーカップといえば「オールド カントリー ローズ」でしょう。イギリスの国花となっているバラが咲き誇る庭園を思わせるクラシカルで上品なデザインで、金色の縁取りが高級感をプラスしています。王室ご用達にも関わらずほかのブランドに比べて比較的安価な点も魅力です。
引用: https://image.rakuten.co.jp/auc-ocyanofujii/cabinet/03741776/img63768069.jpg
「ローゼンタール」は1879年に設立したドイツのテーブルウェアブランドです。多数のデザインアワードを受賞してきた実績を誇り、コンセプトの異なるいくつものブランドを展開しています。芸術性と実用性を兼ね備えた商品はいずれも品質が高く革新的で、多くのファンに愛されています。
引用: https://shop.livingmotif.com/product_image/large/0101304800_2.jpg
「ローゼンタール」のおすすめは「ランドスケープシリーズ」のティーカップ。カップ自体はシンプルなフォルムですが、立体感のあるデコラティブなハンドル部分がとにかくおしゃれです。ティーカップを乗せるソーサーにも立体感のあるデザインが用いられ、併せて使うことでよりスタイリッシュさが増しますよ。
引用: http://www.galax-import.co.jp/brand/images/herend.jpg
「ヘレンド」は磁器製のテーブルウェアをはじめ、幅広い商品を手掛けているハンガリーの名窯です。これまでに3人の皇妃たちに愛されてきた歴史あるブランドで、精密で写実的なペイントはすべて手作業によるもの。伝統に裏付けられた美しさと職人技が光るティーカップは、大切な人への贈り物にピッタリです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41l5n2viYyL.jpg
「ヘレンド」でおすすめしたいティーカップは、代表作にしてベストセラーの「アポニーシリーズ」です。1867年のパリ万博に出品した名品「インドの華」をシンプルに仕上げたティーカップで、清楚な緑色「ヘレンドグリーン」で描かれたモチーフが白地に映えてとてもおしゃれですよ。
引用: https://shop.r10s.jp/select-penguin/cabinet/kitchen/kt02-149.jpg
「アラビア」は北欧フィンランドを代表する陶磁器ブランドで、北欧らしいデザイン性と実用性の高さから世界中に多くのファンを持っています。近年は北欧ブームでもあるため日本での人気も高く、特にムーミンシリーズは年代を問わず愛用されている商品です。
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/kurashicom-images/colorme/PA01034/348/product/40854125.jpg
「アラビア」でおすすめしたいのは「24hトゥオキオシリーズ」のティーカップ。映画『かもめ食堂』で使用された24hの新シリーズで、和食器を思わせるようなヴィンテージ感が魅力です。筆であしらったかのような手書き風な藍色の粒模様がおしゃれであり、温かみを感じさせてくれます。
引用: http://tableware.noritake.co.jp/style/images/1803daisy_nstn.jpg
「ノリタケ」は100年の歴史を持つ日本の陶器ブランドで、日本ならではの高い技術力とエレガントなデザインで国内外問わず愛され続けています。理想の白にこだわった陶器は、洋食器でありながら和の食卓にも自然と馴染むのが魅力。ボーンチャイナの白さにもこだわることで、より格調高いデザインに仕上げています。
引用: http://www.noritakeshop.jp/noritake/cupsaucer-pair/p50717a-4910.jpg
「ノリタケ」のティーカップでおすすめの商品は「ジャルダン フルーリ」。フランス語で「花園」という意味を持つシリーズで、ティーカップの内側には淡くやわらかな色彩で表現された花々が美しく咲いています。ソーサーの中央にフラワーモチーフがあしらわれている点もおしゃれで上品です。
いかがでしたか?どのブランドのティーカップもおしゃれでかわいいのはもちろんのこと、優雅なティータイムを楽しむのにピッタリな上品さを兼ね備えている商品ばかりでしたね。いずれもそれなりのお値段がしますが、だからこそ自分へのご褒美用や大切な人へのプレゼント用に購入したくなるブランドだと言えるでしょう。