Fwimasr1d5frd3eyedwp

リビング

CATEGORY | リビング

布団カバーの作り方まとめ!簡単なファスナーなし紹介!子供用にもおすすめ!

2019.01.19

実は座布団カバーは簡単に作れるって知っていましたか?ファスナーなしタイプであれば、初心者や子供でも作れちゃうんです!そこで本記事では簡単なファスナーなし座布団カバーの作り方をご紹介。動画を交えて作り方を解説しますので、良ければ参考にしてくださいね!

  1. 座布団カバーを手作りしてみよう!
  2. 座布団カバー作りに必要なもの
  3. 子供や初心者OK!簡単ファスナーなし座布団カバーの作り方①ファスナーなし簡単カバー
  4. 子供や初心者OK!簡単ファスナーなし座布団カバーの作り方②ゴム紐付きカバー
  5. 子供や初心者OK!簡単ファスナーなし座布団カバーの作り方③4回縫うだけで作れるカバー
  6. 子供や初心者OK!簡単ファスナーなし座布団カバーの作り方④ミシンで縫うだけで完成するカバー
  7. 子供や初心者OK!簡単ファスナーなし座布団カバーの作り方⑤マジックテープ式カバー
  8. 子供や初心者OK!簡単ファスナーなし座布団カバーの作り方⑥デニム地カバー
  9. 子供や初心者OK!簡単ファスナーなし座布団カバーの作り方⑦シンプルなカバー
  10. 子供や初心者OK!簡単ファスナーなし座布団カバーの作り方⑧マフラーのリメイクカバー
  11. 子供や初心者OK!簡単ファスナーなし座布団カバーの作り方⑨タオルで作るカバー
  12. 子供や初心者OK!簡単ファスナーなし座布団カバーの作り方⑩古着リメイクカバー
  13. 上級者さんにおすすめ!ファスナーあり座布団カバーの作り方まとめ
  14. まとめ
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c4/c4a921e24c94bc3acaa8d124fe819fdf_t.jpeg
日本人に馴染み深い「座布団」のカバーは簡単に作れるって知っていましたか?難しそうと嫌煙していた方もいるかもしれませんが、ファスナーなしであれば裁縫初心者でも手軽に作れるんです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/28/28269f27f7f7e3be6770010e11d848bf_t.jpeg
また、タオルや洋服など様々なものをリメイクして作ることもでき、世界に1つだけのオリジナル座布団カバーを完成させられます!この機会に良ければ、座布団カバー作りに挑戦してみませんか?本記事では、初心者にも優しいファスナーなしの座布団カバーの作り方をご紹介しています!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/3c/3c9716000fb11f0c9b2d75e143943faa_t.jpeg
座布団カバーを作る前に、必要なものを揃えておきましょう!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/77/77a58ec2572a733e3666d4f77d656ef9_t.jpeg
●座布団カバーとなる生地(タオルや洋服でも可) ●ミシン ●マジックテープ(必ずしも必要ではない) ●メジャー(座布団のサイズを測るため) ●まち針 ●糸と針 ●スナップボタンやファスナー(必ずしも必要ではない)

関連記事

ファスナーなし簡単カバーの作り方は下記の通りとなっています。
①裏面の両端に4cm三つ折りステッチを作る ②ミシンを使って縫いすすめていく ③すべてが縫い終わったら、座布団を入れて完成!
材料はたった3つだけ!とても簡単に作れちゃいます! ●100円ショップの28cm×28cmの座布団 ●太めの紐など…32cm ●布…30cm×80cm 作り方は下記の通りです。
①布を座布団のサイズにカットする(動画内では30×80cm) ②ゴムをカットする(動画内では32cm) ③端を三つ折りにし、そこを縫う。このとき最初と最後は折り返しを忘れずに! ④反対側の端も同じように縫う ⑤座布団のサイズに合わせて両端同士を重ねる。そこをまち針で仮留めする ⑥重ね合わせていない部分もまち針で仮留めして、縫っていく ⑦マチを作っていく ⑧マチを作った反対側にゴムを通していく。このときゴムがねじれないように注意する! ⑨ゴムと布を塗ったら、完成!
こちらはたった4回縫うだけで完成する簡単なカバーです。作り方は下記の通りとなっています。
①まずは生地を座布団に合わせてカットする ②両端を2cmに折ってアイロンで型をつける ③2cmに折った上から4cmに折ってアイロンで型をつける ④折った部分を縫う ⑤両端を重ね合わせ、重ね合っていない部分を縫う ⑥生地を裏返して完成!

関連記事

裁縫に慣れている人なら15分、初心者でも30分ほどで完成できる簡単座布団カバーです。作り方は下記の通りとなっています。
①生地を座布団に合わせてカットする ②両端は1cmの三つ折りにする ③三つ折りにしたら縫う ④生地に座布団を乗せ、そのサイズで谷折りにする ⑤その逆端を折り返したラインのところで山折りにする ⑥縫うときにずれないようまち針で仮留めする ⑦まち針で留めた端の部分1cmのところを縫う ⑧両端を縫えたら、ギザギザ縫いで始末するのがおすすめ ⑨裏返して座布団を入れれば完成!
ファスナーではなくマジックテープタイプですので、座布団の着脱も簡単。作り方は下記の通りです。
①生地をカットし、表パーツと裏パーツに分ける ②端を1cmに折ってアイロンで型をつける ③次に3cmに折る ④折った箇所の端から1mmを縫う ⑤生地にマジックテープを縫い付ける ⑥マジックテープの端から1mmを縫う ⑦角まで来たら一度縫うのを留め、方向を転換して再度縫う ⑧表パーツと裏パーツを縫い合わせる ⑨周囲の端から1cmのところを縫う ⑩周囲0.5cm幅のステッチを入れたら完成!
モダンでおしゃれなデニム地のカバーです。作り方は下記の通りです。
①生地をカットし、いくつかのパーツに分ける ②生地の両端を二つ折りにしてまち針で留める ③折ったところの真ん中を縫う ④パーツをまち針で固定し、縫い付けていく ⑤生地がほつれないよう、ジグザグ縫いをする ⑥生地を裏返して座布団を入れれば完成!

関連記事

シンプルかつ使い勝手の良いカバーです。作り方は下記の通り。
①生地を座布団に合わせてカットし、いくつかのパーツに分ける ②パーツにはそれぞれ3cm位置に線を入れる ③それぞれの四辺を三つ折りして縫う ④このとき一気に縫うのではなく、返し縫いして補強する ⑤パーツを縫い合わせれば完成!
マフラーをリメイクして作っているカバーです。作り方は下記の通り。
①マフラーをまずは半分に折る ②輪になっている方を再度折り、その上から反対側を10cmほど重ねて折る ③両端を縫う ④端は返し縫いする ⑤裏返して形を整えたら、完成!

関連記事

こちらはタオルで作っているカバーです。タオルをカットすることがありませんので、縫い目をほどけば再度タオルとして使用できます。作り方は下記の通りです。
①(クッションの大きさ)×2+(約16cm)の長さになるようにタオルの両端を折り、まち針で留める ②折り曲げたところをまつり縫いする ③両端とも縫えたら、クッション幅で縫っていく ④クッション幅になるよう、中表に折る ⑤その後、端を縫っていく ⑥表に返す ⑦プラスチックのスナップボタンを座布団を出し入れする部分に取り付ける ⑧座布団を入れたら完成!
古着リメイクカバーの作り方は下記の通りです。
①大きさを決める(動画内では46×46で作成しています) ②ガイドに合わせてカットする ③裏面は表より少し大きめにカットする ④表同士を重ね、3面をまちばりで止めて縫い幅を決める(折り返し幅は2cm) ⑤ミシンでガイドに合わせて縫う(このとき1面は開けておく) ⑥まちばりを外して裏返す ⑦綿を入れる ⑧残りの1面を折り返しながら閉じる ⑨ミシンで縫って閉じきったら綿を全体に広げる ⑩完成
こちらには、裁縫や座布団カバー作りに慣れてきた方におすすめなファスナーありの作り方をご紹介しています。動画を5つほどピックアップしていますので、良ければ見てみてくださいね!ファスナーがあれば座布団が飛び出すこともありませんし、なにかと便利ですよ!
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e8/e8fa0e610d7e5367bfa3fb7727363b65_t.jpeg
初心者でも作れるファスナーなしの座布団カバーをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?座布団カバーを作るのは難しそう…とハードルが高く感じていた方もいたはず。しかし、作り方を見てみると意外と簡単に作ることができるのです。よければ本記事を参考に、オリジナルの座布団カバーを作ってみてくださいね!

手作りについてもっと知りたい方へ

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/af/afb620a2a03d1fd0f047ca3ecf2d71f5_t.jpeg