Wbqsji2oer1psb7snmys

飲み会

CATEGORY | 飲み会

体育会系が嫌いな人へ!会社・部活でうまくやっていく方法やノリって?

2018.12.24

会社や部活で体育会系の人がいて嫌い!苦手!という方も多いのではないでしょうか。飲み会で上司や先輩のノリについていけないという人もいらっしゃるかもしれません。今回はそんな体育会系嫌いな人がうまく付き合っていく方法を伝授したいと思います。

  1. 体育会系が嫌い!会社や部活でノリについていく方法は?①はじめに
  2. 体育会系が嫌い!会社や部活でノリについていく方法は?②体育会系が嫌いな理由
  3. 体育会系が嫌い!会社や部活でノリについていく方法は?③ノリ対処法
  4. 体育会系が嫌い!会社や部活でノリについていく方法は?④集団行動対処法
  5. 体育会系が嫌い!会社や部活でノリについていく方法は?⑤声が大きい対処法
  6. 体育会系が嫌い!会社や部活でノリについていく方法は?⑥勢いについていく対処法
  7. 体育会系が嫌い!会社や部活でノリについていく方法は?⑦上下関係に厳しい対処法
  8. 体育会系が嫌い!会社や部活でノリについていく方法は?⑧精神論対処法
  9. 体育会系が嫌い!会社や部活でノリについていく方法は?⑨飲み会対処法
  10. 体育会系が嫌い!会社や部活でノリについていく方法は?⑩まとめ
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcR4_wkkrlYYQ7FbAi9K6Y13vYblQpfZRoy_rIB6rjvX8O7JoRz9
会社や部活で体育会系の上司や先輩のノリについていけず悩まれている方も多いのではないでしょうか。楽しいはずの飲み会も体育会系のノリが苦手で行くのが苦痛なんていう声も。そんな方必見!今回は体育会系のノリについていく方法や体育会系の人との上手な付き合い方についてたっぷりご紹介致します。
引用: https://tenshoku10.net/wp-content/uploads/2017/01/OOK85_otousanchikaramochi_TP_V4.jpg
①ノリについていけない
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcQTDPAbCmYhL-YA_NdQERDA8Wc4JEOkbgv8EigRGq6vyN8CIYhF
②集団行動が苦手
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcQH86NYAvw0A-b-Ya-ljdk8ufM7UrWy78haY0L5lEi6NTVeQdEQ
③声が大きい
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcTdReM4s2SmKgXgooyJoRPKp5tsPLLY-UUlDrUOyJEDJJac4gBD
④勢いについていけない
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/daisuke6106-0909/20180804/20180804005401.jpg
⑤必要以上に上下関係に厳しい
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcRzoVHyVb2q1DKILhnxkuPTvsmVEzlC0Ehn4R2c2W1AbMPSN4ME
⑥精神論がある
引用: https://kaihoudebut.jp/wp-content/uploads/2017/12/OZP68_kanbeermotteyottaossan_TP_V.jpg
⑦飲み会が多い
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcSvBWUfe9joGE5PswT0aliRBzaYGkBdyCzWTFiQ8LBK_MbKmMwj
挨拶や仕事上のコミュニケーションはちゃんとするだけです。 挨拶や仕事上のコミュニケーションをしておけば、最低限のコミュニケーションはとれているとも言えます。 確かにノリが合わない人と話すのは疲れます。 でも、ノリが合わない人達だからこそ、最低限のコミュニケーションだけでもとることはとても重要ですよ。 また、適度に笑顔も使ってみてくださいね。 笑顔で接していると、相手も悪い印象をこちらに持ちにくいです。

特に仕事の場では任された仕事をこなすのが役目ですから無理してノリについていく必要はないんです。ただし相手のことを毛嫌いせずにきちんとコミュニケーションを取ることは大切です。たとえノリについていけなくとも笑顔でいることで相手を不快にさせることは無くなるはずです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcTSvIKFR9UtjON9LYClyzo3xJvjDyYt_eCsFEKbW2B8rZcvWSUf
人は集団になると、一人の時では到底できないような突拍子もない行動をしてしまうことがあります。 例えば、群れて行われる悪ふざけや悪ノリがいい例です。 一人で相手をいじったり、からかったりすることはできなくても集団になると気持ちが大きなって平気で人をからかってしまう、よってたかっていじめや暴力を平気でしてしまうことがあります。

集団になると精神的に強くなるのが人間だそうです。その心理から行くとどんな状況であれなかなか集団行動に逆らう人を受け入れる体制ではないということですね。本当に自分に合わないというなら最悪の状況を想定した上で集団行動から外れてみるのも1つの方法かもしれません。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcSU91rEQpesYa-xQ2z_X3Y2zpgJDzZ9sB7nYHGTVKNPViAHsEgH
大きい声を出させているだけでなく、こちらもそれを上回るほどの大きな声を出して話す。すると、大きな声の人も、「そんな大声だされて不愉快だ」と思い、いつもの自分の声の大きさに気づいてくれるはずです。先ほどの対処法とは真逆ですが、聞き取りにくいほどの小さい声で話すという対処法があります。あなたが小さい声で話すと相手は自分との違いにハッと気づく可能性があります。

なかなか上司や先輩に対して直接言いだすことは出来ないのでとりあえずこの対処法を取ってみるのも良いかもしれません。しかし敏感な方でないと気付いてくれないかもしれません。その場合は申し訳なさそうにあくまでお願いするスタンスで素直に話してみるのも1つの方法かもしれません。
引用: http://d2dcan0armyq93.cloudfront.net/photo/odai/600/3e7e37ddc26f2ff202617fbbdcdac50d_600.jpg
資料の完成度を30%まで落とすこと。100%の完成度を目指しても結局、修正が入るので同じ結末です。 それなら無駄に時間をかけずに30%の完成度で提出するべき。

引用: https://laif.jp/wp-content/uploads/free122-710x340.jpg
体育会系にはせっかちな方が多いそうです。そのため仕事のミスは許されませんが丁寧に完璧にというよりは早く端的にという方が気に入られる場合が多いそうです。そのためスピードでまずは勝負してみても良いのではないでしょうか。勢いについていく必要はないですが、求めるもの求められていることを合わせる必要はあると思います。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcQ-MgrN2s4p9rpDfSQIb3IJ1C1Z6uMEPe3xx9onM1fTDAoUs_K-
『厳しい』という程度によってかなり対処法が違ってきますが、過度の暴力や非道徳的な行動、強制などをされる場合は、さすがに組織の上の人に相談しましょう。まず、根本的に暴力を認める組織というのは、真っ当ではありませんから法的な処置も検討するべきです。 また、単純に指導が厳しい、という程度のこともあるでしょう。その場合でも、まずは相談することが大切です。相談をすることができる部署があればそこに相談しましょう。直属の上司や、その上司が厳しすぎる場合はさらにその上の上司へ相談すると良いでしょう。

引用: https://aretyrist.com/wp-content/uploads/2018/08/026-person-illustration.jpg
上下関係が厳しいのは日本では当然という風潮があるそうです。しかしあまりに理不尽な行動や言動をされた場合はすぐに相談できる人へ相談するのが良いそうです。上下関係に関わった話になりますが直属の上司を飛ばしての相談は避けたいところではありますが状況によってそのあたりも変わってきますよね。もしもできるようならなるべく関係が悪化しないよう考えた上で相談する人を決める方が後々の仕事環境は良いかもしれないですね。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcSUXal4ksUkpxFAPAOiFuyrl6LPotWueoDjx7j2i3MKriOw3GCB
「精神論」だけを強要するような上司である場合、部員みなで協力して更に上の役職の人間に直訴しましょう。稟議を上げることも考えましょう。 それでもだめなら、そういう職場は離れてしまいましょう。

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcRoE-fAnxl7HoSQvvMoBYxmOmh5QUnbr_blHq1a2JXwy0l0qhKn
この精神論を強要されて自殺する方も増えているそうです。精神論と仕事の出来は全く関係がないことなので追い詰められずまずは相談しましょう。相談できるような環境でなかったり相談できずに参ってしまっている方はきっぱりと退職するのも1つの方法です。精神論を唱えているような会社では心身ともに参ってしまいます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcTiFS7kOGn_jYb-b9xw5GR_sSEJ4CeyKzcU-zK6j_vXets0uf3i
「飲み会への出席の強要についても、業務時間後は労働者は自由に使えなければなりません。労働者が嫌がっているにもかかわらず、業務命令として出席を命じたり、出席しない場合に不利益を課すような場合にも同様にパワハラに該当しうると思います。 特に、飲みの会の代金が高い場合、飲み会参加者と参加しない者で上司が取り扱いを変えるような場合には、よりパワハラとなりやすくなります」

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcTu-Az4bCaY0oxI0sg0t4KcAx8ljA-WCYxynRBn7rHRcieM4X2C
相談窓口などに相談すれば飲み会の強要は立派なパワハラになるそうです。そうはいってもなかなか相談もできずイヤイヤ参加している方も多いのではないでしょうか。飲み会に行く頻度を減らすための有効な策としては、身体が悪くお酒が飲めない体質になってしまったと言い飲み会への参加頻度を減らしてもらうことや、家族が病気でという理由もすんなりと嫌味なく飲み会を当日断れる方法だそうです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcS-jiMX8B-53_UPRQfKV9u-SgfjCIvy_YdGUxExsoFhMw-744Jc
体育会系のノリは今の時代パワハラと言われることも多いですがそれでもその会社に根付いているものはなかなか無くなるものではないですよね。自分を追い込まない程度に合わせられる方は合わせることも良いかもしれないですが、心身ともにボロボロにしてまでそんな環境にすがりつく必要はありません。時には潔く転職するのも1つの立派な対処法です。人間なのでタイプの違いはあって当然です。環境が合わないなら自ら変えてみることが出来るのも素晴らしい決断だと思います。無理をするより良い環境で働けるのが1番です!

環境についてもっと知りたい方はこちら

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcR4_wkkrlYYQ7FbAi9K6Y13vYblQpfZRoy_rIB6rjvX8O7JoRz9