C1wwq4xsrts65vqxkdzo

メリット

CATEGORY | メリット

結婚式を平日に?!【主催者マナー】おすすめの理由は?メリット・デメリットは?

2018.12.27

結婚式を平日に行うカップルが、現在増えています。今回は、結婚式を平日に行う主催者の理由と、おすすめのメリットやデメリットについて詳しくお伝えして行きます。これから、平日結婚式の様々なメリットとデメリットの理由や、マナーについて厳選してご紹介します。

  1. カップルの約半数が平日結婚式を検討しているって本当?
  2. 平日結婚式が増加している理由について
  3. 平日結婚式の第一のメリットは、プランがお得で費用が安いこと!
  4. 平日結婚式のメリットは、大安吉日やイベントディを確実に選べるからうれしい!
  5. 平日結婚式のメリットは、スケジュールに押しがなくゆっくりと式を行える
  6. 平日結婚式のメリットは、招待客とコミュニケーションが取りやすい
  7. 平日結婚式のメリットは、招待客の週末の予定をつぶさないので喜ばれる!
  8. 平日結婚式のデメリットは、招待客の出席が悪くなる場合がある
  9. 平日結婚式のデメリットは、招待客のマナーがないと顰蹙をかうことも
  10. まとめ
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c8/c8c18c340ae63a68102deef52f9892fa_t.jpeg
平日に結婚式を挙げるカップルが、近年増加していることはご存知でしょうか?昔から常識的に、結婚式は土日に挙げるものと、相場は決まっていました。招待客の仕事の休日を考慮して、出席しやすいように土日の週末に結婚式を挙げることが一般的になっていました。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/bc/bce2616bd303b3626bc8cf5108a2a98f_t.jpeg
しかし、近年では、土日以外の平日に結婚式を挙げるカップルが、7組に1組の割合で存在します。招待客は、主催者側のカップルの職業と同じ業種の友人知人の場合が多く、土日に休めないサービス業の美容師や車販売業、飲食店などの職種の場合は平日結婚式が多くなるケースもあります。しかし、土日休日の職業に就いているカップルも、今は平日結婚式を執り行う場合が増えつつあります。これから、その理由について、ご紹介してまいります。

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e1/e1da51d15ea669cb01d901fcb8ccf480_t.jpeg
平日結婚式が増加しているのは、いくつかの理由が存在しています。その一番大きな理由は、挙式・披露宴費用が大幅に安いということがあります。挙式・披露宴費用はとても高額で、平均200万円ほど掛かります。それがかなり安くなる場合が多く、カップルに人気になっていることがあります。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/cc/cc920b022f043d3d38959db4dece2910_t.jpeg
その他にも、平日は大安吉日などの、お日柄が良い日を主催者が選べるメリットもあります。週末結婚式には挙式を挙げるカップルが多く結婚式場が混雑し、分刻みの押したスケジュールになり、招待客とゆっくり歓談をしている暇がないこともデメリットとしてあります。これから、平日結婚式のメリットについて、詳しくそのおすすめな理由をご紹介しましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/10/106e974fd60f1b6d7503a281d27d9e95_t.jpeg
平日に結婚式を挙げると第一のメリットとして、費用が約30%オフになる大きなメリットがあります。結婚式場やホテルのブライダルフェアなどの目玉プランは、ほとんどか平日に挙式・披露宴を行うカップルへのプランニングになっています。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/4e/4e5730367319758fee991cdca1695f53_t.jpeg
ブライダルフェアの平日プランで、80名の招待客の場合に、通常挙式・披露宴費用が約190万円のプランから、約60万円の割引になることが結婚式場やホテルでは常識になっています。これは、主催者の若いカップルには魅力のプランと言えます。このような割引特典を得られることが、平日結婚式にカップルを走らせる第一の要因になっています。とかく主催者に費用がかさむブライダル関係は、うまく平日ブライダルフェアを選び、リーズナブルな結婚式を挙げることがおすすめです。
引用: https://img.bu.mynv.jp/thumb/b9/d9/790360502_sd_l.jpg

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/80/80a0fb819e054cfa26a81b7ae58933c5_t.jpeg
平日結婚式のメリットとして、土日に集中する結婚式から逃れ、予定が組みやすいことも要因のひとつになっています。土日には結婚式を挙げるカップルが多く、大安吉日が土日に来る日などは、予約集中でとてもではないけれど予約すらできないデメリットがあります。その点、平日の場合は、空いている大安吉日を楽に選べるメリットがあり人気となっています。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/bf/bf1ad0e41c89d55648cf27440fcfb71c_t.jpeg
その他にも平日の、主催者カップルのバースデーや知り合った日などの思い出の記念日や、バレンタインデーやホワイトデー、ひな祭りや七夕、クリスマスなどの、イベントディを選んで結婚式を挙げられるメリットもあります。ロマンチックな結婚式を、カップルの好きなイベントディに合わせて、その雰囲気の会場のセッティングで行えることもおすすめのメリットになっています。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/da/da9152dbf8f76efbb2e083244c6fb301_t.jpeg
平日に結婚式を挙げるメリットとして、混み合いませんからスケジュールに押されることなく、ゆっくりと結婚式を執り行えるメリットも大きいおすすめポイントです。結婚式が混み合う週末は、ゆっくりと余裕を持って式を挙げる雰囲気ではありません。次のカップルの結婚式がすぐ控えており、時間が押していますので、めまぐるしいスケジュールになることも我慢しなければなりません。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c6/c6a03b2b1d39bf1b8d1d268ef58a3289_t.jpeg
その点、平日結婚式の場合は空いていますので、次に控えるカップルの結婚式に気遣うことなく、ゆっくりと余裕を持って結婚式を挙げられます。多少、時間が延びても平気です。結婚式をあわただしく挙げるのではなく、ゆっくりと余裕を持って挙げたいカップルにおすすめなのが、平日の結婚式といえます。

関連記事

引用: https://img.bu.mynv.jp/thumb/ce/84/98485114_sd_l.jpg
平日の結婚式は、他の結婚式が入ってなく、時間に押される心配がないので、主催者側の新郎新婦と招待客たちとのコミュニケーションも多く取る事が可能です。おしゃべりをしたり、祝辞や余興の時間を長めに取ることもできます。これは、招待客には喜ばしいことです。また、招待客と様々な写真撮影の時間も、余裕を持ちながら撮影することも可能です。結婚式で、招待客とコミュニケーションを多く求めるなら、平日結婚式はおすすめです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/61/618f5b9753e9a326024e7f50f4084511_t.jpeg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/9f/9f796166b0848f4cb52a408e3372e475_t.jpeg
週末の休みには、招待客も別の用件に使いたい場合もほとんどです。例えば、デートなどの予定を潰すことなく、結婚式に招待することができます。土日の休みは、様々に予定をなされるので、平日に結婚式を挙げることで邪魔にはなりません。平日結婚式なら、招待客は予定を変えることなく、結婚式に出席ができ喜ばれます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6b/6b27ec96c60b29bb116510b77bc1f62b_t.jpeg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/5d/5d44bfed27a1a47caf060146053fd3bd_t.jpeg
ここからは、平日結婚式のデメリットも見てまいりましょう。平日の結婚式に出席することで、仕事の有給休暇を、どうしても取って休む状況ではない忙しい招待客などは、結婚式に欠席をするしかなくなります。平日は、皆さん何かと仕事が忙しいことが現実です。
引用: https://img.bu.mynv.jp/thumb/cc/a3/24718093_sd_l.jpg
そのような場合のアイデアとして、平日結婚式を始める時間を、招待客たちの仕事終わりに時間を合わせることがおすすめです。夕方の5時以降から始まるナイトウェディングフェアなら、招待客の有給を使う必要もありません。また、平日の祝日を利用して、結婚式を挙げることもできます。ゴールデンウイークなどの始まりや終わりの時期なども、招待客の連休中の予定が組みやすく、旅行やイベントに行く楽しみを奪うことなく結婚式を挙げられます。
引用: http://wordpress.escrit.jp/tokyo-lumiveil/wp-content/uploads/sites/2/2015/05/pic_chapel106.jpg

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/56/56fd098a8d6b2e2ddf88f414d85acba1_t.jpeg
平日に結婚式を挙げる習慣がない年配の招待客などからは、土日の休日に結婚式を挙げないのは、マナーが悪く常識に欠けると受け取られる場合もあります。昔から、結婚式は土日に挙げることが定番で常識とされています。そのような固定観念にとらわれる年配者からは、今の若い者は常識がなくマナーがなっていないとバッシングに繋がることもあります。ブライダルフェアとして、立派に正真正銘のプランがあるからと説明をしても、マナーを問われ聞く耳を持たない場合もありがちです。何かと年配者はマナーを重んじ、新しいプランやトレンドは苦手ですので、考慮しなければなりません。
引用: https://img.bu.mynv.jp/thumb/d8/07/100182967_sd_l.jpg
この場合も平日の祝日や、夕方5時以降に結婚式を挙げるようにすることがおすすめです。平日にナイトウェディングフェアを実施している結婚式場も多いので費用も安く、時間も招待客全員が出席しやすいこちらのフェアを申し込むことはおすすめです。これなら、会社の有給を使う必要もなく、マナー違反だとは年配者からも思われないで済みます。
引用: https://www.ikk-wed.jp/hakatanomori/assets/images/single-banquet/3/image_2.jpg
また、ナイトウェディングフェアは、夜ならではのイルミネーションをふんだんに活かした、キラキラと輝く美しい会場のセッティングもでき大人気です。窓から外の庭園には、豪華なイルミネーションが輝く中で、挙式・披露宴を行えます。南国のリゾート風の松明の明かり風にもセッティング可能です。結論とすれば、平日結婚式は、平日の祝日か、安くて招待客の有給も使わず行える、美しくロマンチックなナイトウェディングフェアがおすすめです。実際に、ナイトウェディングフェアは、現在カップル人気№1となっています。
引用: https://img.bu.mynv.jp/thumb/8d/c1/211720818_sd_l.jpg
平日結婚式のメリットとデメリットについて、今回は厳選してご紹介してまいりました。何かと費用が掛かる結婚式は、平日のナイトウェディングフェアで、リーズナブルでロマンチックに、招待客の負担を抑えて執り行なうことをおすすめします。

結婚式についてもっと知りたい方へ

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://st3.depositphotos.com/6635210/12833/i/950/depositphotos_128331992-stock-photo-the-happy-couple-groom-and.jpg