Blu897xkuuurjbkgc59v

インテリア・生活雑貨

CATEGORY | インテリア・生活雑貨

チョークアート作品をまとめてみた!カフェ風のおしゃれ作品から凄いアートまで!

2018.12.31

街中でチョークアートで描かれた、おしゃれなカフェメニューに出会うと、つい入りたくなっていまいますね。素敵なチョークアート作品にはそんな人を引き寄せる力があります。手作り感あるおしゃれなものから芸術的な凄いチョークアート作品もご紹介します。

  1. チョークアートとは
  2. 2)チョークアート作品・おしゃれなウォールアート1
  3. チョークアート作品・おしゃれなウォールアート2
  4. チョークアート作品・おしゃれなカフェ風①
  5. チョークアート作品・おしゃれなカフェ風②
  6. チョークアート作品・凄い芸術作品①
  7. チョークアート作品・凄い芸術作品②
  8. チョークアート作品・凄い芸術作品③
  9. チョークアート作品・凄い芸術作品④
  10. チョークアート作品・凄い芸術作品⑤
  11. チョークアート作品・学校のチョークを使ったアート
  12. チョークアート作品・凄い芸術作品⑥
  13. チョークアート作品にトライしてみよう!
  14. まとめ
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1545311089/kwwpl0rrksvs5azl4m44.jpg
お店の看板やメニューとして良く見かけるようになったチョークアート。 とってもあたたかいイメージが湧いてきますね。 手書きの良さやカラフルなパステルカラーを使った素敵な作品が、街中でたくさん見ることができます。 チョークアートはお店のメニューや看板だけでなく、本格的な芸術作品などもあります。 そんなチョークアートの特徴についてお伝えしていきます。
看板やメニューとして使われるものが多く見かけるチョークアートの良さは、海外のカフェを思わせるおしゃれで親しみある雰囲気を醸し出すことができます。 また特殊な色使いで独創的な作品を作ることができ自由度の高いことから、芸術作品といえる凄いものもあります。

チョークアートの特徴

引用: https://vivre-media.jp/writers/posts/11914/edit
チョークアートの特徴は黒地をバックに描かれる温かみのある手書きの文字です。 お店の看板で良く見かける看板には、オリジナリティ溢れる素敵なデザインを見ることができますね。
チョークアートは学校などで使われる一般的なチョークは使わず、オイルパステルと言われる専用の画材を使います。 見た目は普通のクレヨンとあまり変わりありませんが、脂を含んでいるので、書きながら指でぼかしてグラデーションを作るなど、クレヨンの味わいと絵の具のような色使いを表現することができます。

チョークアートの本場はオーストラリア

ここ数年の間に良く見かけるようになったチョークアートはオーストラリアが発祥のアートで、そのユーモア溢れるデザインに魅せられた日本人の人たちが国内でもその美しさを広げたことにより、日本でもよく見かけるようになりました。 近年、チョークアートを手掛けるアーティストが増えつつあり、独創的で素晴らしい作品を見ることができるようになりました。
本場のオーストラリアでは、立体感ある3Dアートなど、本場ならではの進化した芸術作品を見ることができ、本格的なアートとして認められた芸術分野でもあります。

チョークアートの特徴、みどころ

引用: https://www.instagram.com/p/BreEzCflgse/
チョークアートのみどころは何といっても、オイルパステルならではの表現技巧です。 アーティストの作品には、くっきりとした色合いやグラデーションの他、ユーモア溢れる表現が多いですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BrcwucjHwvr/
もう一つのみどころは、絵の他にも文字が入っているところです。 元々はカフェなどのお店の看板として使われていたチョークアートなので、その特徴を活かして描かれた絵と文字のバランスの良さにも注目できる楽しいアートです。
引用: https://www.instagram.com/p/Bjw93emFoPX/
カフェなどで見ることのできる、おしゃれで温かいイメージの作品や、芸術作品として凄い作品までご紹介していきたいと思います。
引用: https://www.instagram.com/p/BraJgMnljH-/
棚と壁に描いたチョークアートが一体化した作品パーティなどで使えそうですね。 自宅にもこんなスペースがあったらカフェにいる気分を味わえますね。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BrhRYB1HqpS/
こちらはキッチンをチョークアート風にアレンジしたものです。 チョークアートの特徴の一つでもある文字のレタリングでおしゃれにアレンジされていますね。 お店のメニューを描いても素敵ですね。
引用: https://www.instagram.com/p/Brh30dOh3hN/
こちらは本物そっくりに描いたネコちゃんです。 とても芸術的な看板アートです。 油絵のように繊細さをもつ凄い作品です。 どんなせっけんアートが楽しめるのかな?と吸い込まれてしきそうな作品です。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/Brj2Y72HTKM/
こちらはシンプルなアートな文字が光るお店の看板です。 単色で文字だけのシンプルな作品ですが、思わすクギヅケになってしまします。
引用: https://www.instagram.com/p/BrkN3oeHuVK/
こちらはサロンの看板ですね。 壁のオレンジ色が差し色に入るバランスのとれた作品です。 見ているだけでいい香りがしてきそうなイメージですね。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BrkFsWiBbmn/
こちらは正に芸術的作品。 チョークアートはここまでできるんだ!と、スタバのマークに思わずうなってしまう凄い作品です。 和と洋を組み合わせが繊細でかつ斬新ですね。 日本の美☓カフェアート作品でした。
引用: https://www.instagram.com/p/Brl8p1Jh2OR/
こちらはアフリカのイメージが広がる素敵な看板です。 クリスマスに素敵なゴスペルを聞きながら、アフリカの大地に心を馳せることができそうですね。 月の光が、オイルチョークならではの素晴らしいタッチで印象的に表現されています。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BrmU-2mnzLa/
こちらは黒の濃淡だけで描かれた人物像です。 チョークアートの特徴を最大限に生かした素晴らしいアート作品です。
引用: https://www.instagram.com/p/BrYmkUBFSIi/
こちらは動きのある迫力満点の龍の作品です。 作家さんによりますと、日本画の要素をチョークアートに取り入れて表現したそうです。 本金箔、本銀箔、玉虫箔が使われており、その金箔が使われた箇所が見る角度によって、玉虫色に変わる変化を楽しむことができます。

関連記事

ここまで色々な作品をご紹介していきましたが、どうやって素敵な作品ができるのか、見てみたくありませんか? ここからは、素敵なアート作品が出来上がる動画をご紹介していきます。
こちらは学校でよく使われているチョークを使用したチョークアートの過程を見ることができる動画です。 普通のチョークでもここまでできる! とっても癒されるイルカさんを描いた作品です。
こちらは学校の黒板にミニオンを描いた作品です。 教室の黒板の隅から隅まで描かれたアート作品は、担任の先生が卒業する生徒に向けてプレゼントした作品です。 こんなに素晴らしい作品に生徒が感激です!
表情豊かなミニオンの笑顔に感動!! 絵画に登場するミニオンは、生徒さんの好きなものだったり、卒業後の進路などをイメージしたものになっています。 生徒さんがこれを見たら嬉しくって感動の涙涙涙になりそうな感動の作品です。
チョークアート作品は黒板とチョークがあれば簡単にトライすることができますよ! いろんな作品を見たところで実際におしゃれなチョークアートを描いてみたくはありませんか。 ここからは、チョークアート作品の作り方をご説明したいと思います。

グラデーションの作り方

チョーアートの特徴一つがグラデーションです。 いろんな色を重ねていくことでチョークでも絵の具のような自然なグラデーションを表現することができます。 この動画で色を重ねながらグラデーションを作っていく様子を見ることができます。 是非ご参考ください。

おしゃれな文字の描き方

チョークアートに無くてならないものが文字のレタリングです。 看板のデザインをより引き立てる役割をする文字やリボンを、おしゃれにアーティスティックに書く方法をご覧ください。

初心者おすすめセット

チョークアートセット
価格 ¥ 1,010
是非この機会にチョークアートをやってみたいと思った方に、手軽に始めることができるチョークアートのセットが販売されています。 手軽なお値段で材料が揃い、子供から大人までチョークアートを楽しめますよ。

アートが気になる方はこちら!

いかがでしたか。 チョークアートは、アイデア次第で幅広く楽しめるアートです。 あまり絵を描いたことがない人にも、意外と簡単に始められるアートです。 自分の部屋やリビングなどに手作りアートを飾って楽しんでみてはいかがでしょうか。