Cicbkhbabefwythkytgk

アクセサリー

CATEGORY | アクセサリー

プラ板でアクセサリーを作ろう!簡単にできる可愛いアレンジをご紹介!!

2018.12.20

好きなデザインを描いて熱を加えると縮んで行くのが楽しいプラ板のアクセサリー作り。凝り始めると簡単にいろんなデザインで作れるのでハマっている人も多いです。プラ板でのアクセサリーの作り方から可愛いハンドメイドのアレンジなどまとめてみました。

  1. プラ板で簡単可愛いハンドメイドアクセサリーとアレンジ
  2. 【プラ板で簡単ハンドメイドアクセサリー】1.プラ板とは?
  3. 【プラ板で簡単ハンドメイドアクセサリー】1.基本の材料
  4. 【プラ板で簡単ハンドメイドアクセサリー】2.基本の作り方
  5. 【プラ板で簡単ハンドメイドアクセサリー】3.プラ板の代用は?
  6. 【プラ板で簡単ハンドメイドアクセサリー例】1.簡単なハートピアス
  7. 【プラ板で簡単ハンドメイドアクセサリー例】2.透明感のあるピアス
  8. 【プラ板で簡単ハンドメイドアクセサリー例】3.好きなキャラクターも!
  9. 【プラ板で簡単ハンドメイドアクセサリー例】4.レーザーカット風でアレンジ
  10. 【プラ板で簡単ハンドメイドアクセサリー例】5.一枚づつ花びらを重ねたピアス
  11. 【プラ板で簡単ハンドメイドアクセサリー例】6.ポラロイド写真ネックレス
  12. 【プラ板で簡単ハンドメイドアクセサリー例】7.シンプルおしゃれに!
  13. 【プラ板で簡単ハンドメイドアクセサリー例】8.お茶目で可愛いデザイン
  14. まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/c2/1d/b9/c21db965991fea13b5d79c5ee6c4308b.jpg
子供のおもちゃとしてあるプラ板ですが、大人ならばプラ板でアクセサリーなどをおしゃれにアレンジして作ることもできます。好きなデザインを好きなように作れるので、オリジナルのものや名前を入れたりして可愛いアクセサリーやプレートなどを作ることができますね。今回は、プラ板とは?そして、プラ板の基本の作り方とハンドメイドアクセサリーのアレンジなどをご紹介します。
引用: https://www.instagram.com/p/BmchIG4FYhz/
プラ板とは、プラスティックの板のことで、素材はポリスチレンです。ポリスチレンは、もともとは分厚いものを薄くしたものなので、熱を加えることによって、元の形に戻ろうとします。その特性を生かしてプラ板をオーブントースターなどに入れることによって、分厚くなりプレートのようなしっかりとしたプラスティックになるんですね。だいたい1/3から1/4の大きさに縮みます。アクセサリーなどを作る時には縮むサイズを考慮してデザインするとよいです。
ナカトシ プラバン クラフト B5_0.3mm厚 半透明(フロストタイプ)10入 430-B5F
価格 ¥ 1,080

関連記事

まず、プラ板作りに必要な材料は、プラ板。100均などでも売っています。透明なのや半透明、白いのがあります。油性ペンやクレヨンなど、色付けをするペン。ハサミ、カッター、穴あけパンチ、アルミホイル、クッキングシート、作ったプラ板を平にする分厚い本などが必要です。プラ板を焼くにはお家にあるオーブントースターでできます。
プラ板をアクセサリーにアレンジする時には、丸カンやTピン、9ピン、ボールチェーンなどが必要になってきます。また、同じデザインのものでもアクセサリーにアレンジする以外にマグネットやキーチェーンなどにもアレンジできます。だいたい100均に揃っているので、まとめて購入してくると便利ですよ。
引用: https://www.instagram.com/p/BrhVnulARS9/
プラ板の基本の作り方をご紹介します。 まず、透明や白いプラ板に好きな絵を描きます。自分で好きな絵をデザインしてオリジナルを作ってもいいですし、絵があまり得意でない人は、透明のプラ板を使って、下に作りたい絵を置いて、上から描いていっても大丈夫ですよ。絵を描いたら好きな形に切って、オーブントースターで熱を加えます。丸まって縮んでいきますが、また元の平な形に戻るのでちょっと我慢。平に戻ったらオーブンから取り出して、厚みのある本などに挟んで形を整えます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81uhUT0lRHL._SL1500_.jpg
簡単に動画での説明があるので、参考にしてみてくださいね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71FjQv7wQHL._SL1000_.jpg
ぷっくりとした形にするには、表面にレジンを乗せるとツヤと膨らみがでます。レジンは、油性マーカーで書いていない面に乗せるようにしてください。油性マーカーの面に乗せるとにじんでしまうこともあります。また、プラ板によっては、裏面がザラザラになっているものがあります。ザラザラになっているものは、クレヨンや色鉛筆で色付けもできます。ザラザラになっていないものは、紙やすりで凸凹を付けるとクレヨンなどの色が乗るようになります。

関連記事

引用: https://www.charbase.com/images/glyph/9848
プラ板の特徴は、0.2mmから0.5mmくらいの薄いプラスティックの板に熱を加えることで大きさは縮みますが、その分厚みがでて、プレートになるということです。プラ板の素材は、ポリスチレンと言うプラスティックです。このポリスチレンと言うプラスティックは、身近なところではコンビニなどに売られているお弁当のふたにあたります。リサイクルマークが三角に6と書いてあれば、プラ板の代用になります。でも、オーブンで熱を加えた時に均等に縮まない場合があるので、あくまでもお遊びの代用という程度に考えておいた方がよさそうですよ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/73/07/a4/7307a447374bb3366f49bb79d385de0a.jpg
真っ赤なハートのピアスですが、普通のハートでは面白くない!そこで、小さなハートの穴を開けて、そこにシルバーのチェーンを付けて小さなハートが飛び出すようなデザインにアレンジしているのが斬新でおしゃれですね。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/4d/d0/d2/4dd0d29658c7ac7cd717e0f13ab50fe6.jpg
透明なプラ板を使って、黒の油性マーカーでデザインした簡単なピアスです。油性マーカーの線の太さを帰ることによって、デザイン性が出ておしゃれな雰囲気になっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/31/2a/70/312a70d92aadc0337d6fe00846f8764d.jpg
透明のプラ板にレモン色のマーカーで描いた透明感を生かしたデザインが可愛いです。同じ黄色のビーズなどを合わせてデザイン性を高めているとこもよいですね。同じように赤でいちご、グリーンでキウィなど、いろんなアレンジもできます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e8/2c/74/e82c74a51598c0dc6c946dce9b09d8af.jpg
プラ板の良さは、好きなデザインで好きなように作れるオリジナリティのあるところです。たとえば、好きなキャラクターを好きな格好にしてしまうのも面白いですよね。スパイダーマンの個性を上手に使ったアクセサリーが可愛いです。あえて左端のネックレスのチェーンを長めにしているところがお茶目ですね。
引用: https://www.instagram.com/p/Bq9zv9GF8Ak/
スタバとスヌーピーのコラボなんてのも、好きなように作れてしまいます。

関連記事

本来ならば、レーザーカットできれいに切り込みなどを入れるのですが、ハサミやカッターでハンドメイドしてみるのも楽しいです。なるべく熱を加える前の原画デザインを大胆で大きなデザインにすると内側の切り込みなども切りやすいです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/1d/c8/45/1dc84562502d27ccbaec4ae300440760.jpg
大きなネコのしっぽを思わせるようなデザインがおしゃれなピアスです。外側をハサミでカットするのは問題ないですが、内側をカットするのがちょっと難しいです。慎重にカッターで切り込みを入れていくとよいです。この大きさのピアスならば、原画はかなり大きいので(1/3から1/4に縮むので)、真ん中にカッターで切り込みを入れればハサミで内側も切っていけます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/14/c7/47/14c747d8aeb763f1d0ae5ddadad05dee.jpg
こちらのデザインは、複雑なように見えますが、内側に切り込みを入れる必要がないので、こういうデザインの方が簡単に作れます。細かいところは、ハサミで滑らかな線になるように気をつけましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/64/7a/8b/647a8b766ea61c8ffa9f356f4a635314.jpg
平面的なデザインなのに立体感があるおしゃれなピアスです。光沢の部分は切り込みを入れなくても、その部分だけ色を付けないように塗れば簡単に作れますね。
引用: https://i.pinimg.com/564x/0f/41/e5/0f41e5656fafa52937d8d0f6dee877f3.jpg
プラ板では、ぶら下がるタイプのピアスが多いですが、出来上がったプラ板の後ろにピアスのピンをつければぶら下がらないタイプも作れます。可愛いリボンが耳に密着している感じがおしゃれですね。
引用: https://i.pinimg.com/564x/0c/d4/cb/0cd4cb482943a3051630748bd401aa88.jpg
こちらはちょっと高度なアレンジになりますが、花びらを一枚づつプラ板で作ります。花びらの端に穴を開けておくことを忘れずに!熱を加えてまだ熱が残っているうちに(手袋などをして)花びらのような歪みを作ります。花びらのような形に仕上げたら4-5枚を重ねて花の形に作ります。葉っぱも同じように少し丸みを付けると可愛いデザインになります。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/f8/d3/7e/f8d37eef446b7c820c6c491942c9a27f.jpg
ネックレスの中に写真を入れてある、ロケットネックレスと言うのがありましたね。こちらは写真を中に隠すのではなく、あえて見せるネックレスです。まるで、ポラロイドカメラで撮った写真のように!こちらはプラ板で作ったものではないですが、プラ板で作るアイデアとして参考にしてみるとよいですね。白いプラ板をポラロイドのように切って、表側には窓を付け、裏側は窓無し。その間に好きな写真や絵などを入れれば完成です。飼っている可愛いネコちゃんの写真なども素敵ですね。
引用: https://i.pinimg.com/564x/31/4a/59/314a59fbaf8de955bbdabb17a946d52d.jpg
四角く切ったプラ板にシンプルなデザインを施したブレスレットです。デザインの雰囲気に合わせてシルバーやゴールド、ブラックなどの金具を付けると雰囲気が変わってきますね。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/ce/8d/55/ce8d55c0de904bf1945c3f3f2f1568ce.jpg
ノートの切れ端のようなデザインが可愛いです。四角くノート型でもお茶目に作れますが、ハート形にするとおしゃれな雰囲気になりますね。
いかがでしたか?プラ板は子供のおもちゃだと思われていましたが、今では大人のクラフトでもあります。素敵なアクセサリーを自分らしくアレンジして作ってみてくださいね。

プラ板アクセサリーについてもっと知りたい方はこちらから