Yq23ggdkiqmr07ggrwfh

CATEGORY | 桜

桜の挿し木方法や時期を徹底解説!植え替えや鉢上げは?ちゃんと成長させるコツ!

2018.12.17

【桜の挿し木方法や時期まとめ!】桜は、挿し木を使って自宅で育てることができるんです。成長するコツを学び、水と肥料を与えれば挿し木の成功率もアップしますよ。今回は、桜の挿し木方法や時期、植え替え、鉢上げについてまとめました。桜の盆栽についても併せてご紹介します!

  1. 【桜の挿し木方法や時期!植え替えや鉢上げは?】桜は挿し木で増やせる!
  2. 【桜の挿し木方法や時期!植え替えや鉢上げは?】挿し木とは?
  3. 【桜の挿し木方法や時期!植え替えや鉢上げは?】どの桜の種類を使う?
  4. 【桜の挿し木方法や時期!植え替えや鉢上げは?】挿し木を行う時期は?
  5. 【桜の挿し木方法や時期!植え替えや鉢上げは?】桜の挿し木方法
  6. 【桜の挿し木方法や時期!植え替えや鉢上げは?】植え替え、鉢上げとは?
  7. 【桜の挿し木方法や時期!植え替えや鉢上げは?】挿し木のコツや注意点
  8. 【桜の挿し木方法や時期!植え替えや鉢上げは?】桜の挿し木に必要なアイテム
  9. 【桜の挿し木方法や時期!植え替えや鉢上げは?】桜の盆栽もおすすめ!
  10. 【桜の挿し木方法や時期!植え替えや鉢上げは?】まとめ
引用: https://www.instagram.com/p/BoaSMOanyjw/
桜はご自宅でも育てることができると知っていましたか?桜の挿し木を使い、水や肥料を与えることで自宅でも綺麗な桜の花を咲かせてくれます。挿し木を成長させるコツが分かれば、難しいテクニックがなくてもしっかり育てることができるんですよ。今回は、桜の挿し木方法や時期、植え替え、鉢上げなどについてまとめてみました。春に先駆け、桜の木を育てていきましょう!
引用: https://www.instagram.com/p/BhX-fYegt_1/

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/Bg7IzQTj1dU/
挿し木とは、木の枝を切って土に挿し成長させる方法です。挿し木には、緑色の若い枝を選ぶと良いでしょう。茶色くなった枝を切ってしまうと、元の桜の木が枯れてしまう可能性があります。枝を切り取っても桜の木にダメージがないものを選びましょう。また、太めの緑色の枝をチョイスすると良いでしょう。太めの枝は生命力が強く、挿し木の成功率も上がりますよ!
引用: https://www.instagram.com/p/BhWYxxeBF6A/
引用: https://www.instagram.com/p/BrTxnCcA-ot/
日本でも良く見かけるソメイヨシノやヤマザクラといった桜の種類は、挿し木の成功率が高いと言われています。挿し木は、野生種に近い桜を使うと成功率がアップするそうです。挿し木の成功率は約70%とも言われています。ソメイヨシノやヤマザクラを肥料などを使い正しく育てることができれば、成長率がさらに高めることができるでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BrJWyJNnPKm/

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BS7rvvShk1O/
挿し木は、桜が咲く前の2月下旬~3月中旬か、桜の季節が終わった6~7月に枝を切り取って行うのがおすすめです。2月下旬~3月中旬に切り取る枝は、新芽の付いている新しい緑の枝を使うと良いでしょう。 6~7月に行うときにも、その年に伸びた新しい枝を使ってください。茶色い古い枝を切ってしまうと、桜の木が枯れる原因になってしまうことがあります。挿し木用の枝を取るときは、必ず新しい枝を使うようにしましょう。挿し木に使う枝は、10~15cmほどの長さのものを用意してくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BhQDEQnBSrl/
引用: https://www.instagram.com/p/BhaXLzhhd0c/
まず、10〜15cm程の桜の木の枝を準備し、枝の先をハサミなどを使用して斜めにカットします。枝についている葉っぱは、下半分を残してカットします。理由は、葉っぱが付きすぎていると、水分が蒸発してしまうからです。挿し木の成長で重要なのは水分です。水分が蒸発してしまいすぎないように、葉っぱの量を調節する必要があります。切り取った枝は、2〜3時間程度水につけておき、枝の切断面に植物成長促進剤を塗ります。
鉢に土と肥料を入れ水を染み込ませたら、桜の枝を斜めに挿して完了です。枝を挿した後も、水をしっかりあげましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bhf-rLFH0YU/

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BiNwJtsAeFe/
鉢上げとは、苗を一回り大きい鉢に植え替えを行うことです。苗を大きく健康的に成長させるためには、根を上手く成長させるこが重要です。いきなり大きい鉢に植えてしまうと、根は長く成長しますが、中心部分がスカスカの状態になってしまいます。そのため、鉢を少しずつ大きくしていき、太くしっかりした根に成長させることが上手く育てるコツの一つです。植え替え直後は根が弱っているため、肥料を与えすぎないように注意してくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BqMVBlJlQPX/
鉢上げを行うタイミングは、苗が鉢に対して大きいと感じたり、水やりしてもすぐに乾いてしまう、葉が変色してしまうなどといったサインを目安にすると良いでしょう。しかし、肥料不足などが原因となっている場合もあるので、必ず鉢上げに適したタイミングではありません。慎重に苗の状態を確認して植え替えを行いましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bh8_Y74AhCX/
ここからは、挿し木を上手く育てるコツをご紹介します。挿し木を育てるときは、水やりをこまめに行うのがコツです。乾燥させないように注意してくださいね。また、発根するまでは直射日光を避ける方が良いでしょう。上手く日光を与えるコツは、朝日を浴びせたら、午後には家の中に入れ西日が当たらないようにするなど、日光に当てる長さを調整してあげることです。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BrReY3XnqVM/
挿し木を行うときは、まず鉢が必要になります。苗より少し大きめの鉢を使い、成長に合わせて鉢の大きさを変更していくと、桜の根を上手く育てることができるでしょう。

肥料

引用: https://www.instagram.com/p/BrPFd5Ilm2S/
挿し木を成長させるには、栄養満点の肥料を与えるのもコツの一つです。挿し木をするときはもちろんのこと、鉢上げで植え替えを行うときも肥料は準備しましょう。

発根促進剤

引用: https://www.instagram.com/p/BmmPs5DHBkl/
発根促進剤を使わなくても挿し木を育てることはできますが、使用することで成功率をあげることができます。少しでも成功率をアップさせたい人は、挿し木用の発根促進剤を準備すると良いでしょう

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BgNw9U9FGun/
桜の枝を使った挿し木を育てるのが難しいと感じる人は、桜の盆栽を買って育てるのも良いと思います。桜の盆栽は既に鉢植えがされているので、簡単な手入れを行うだけで育てることができるんです。肥料と水をあげるだけで、春には花を咲かせてくれるでしょう。盆栽はそれぞれの育ち方があり、まったく同じ形のものはありません。自分好みの桜の盆栽を探してみてくださいね!
桜の盆栽を育てるときも、水と肥料はしっかり与えてあげてくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/Bj3uj0_gOAk/
引用: https://www.instagram.com/p/BiOtWWNgTJK/
桜の挿し木方法や時期などについてまとめてみましたが、いかがでしたか?挿し木を成長させるコツが分かれば、春には綺麗な桜を見ることができます。挿し木から成長させるのが難しいなと感じる人は、桜の盆栽を買って育ててみましょう。桜の盆栽を上手く育てられようになってから、桜の挿し木にチャレンジしてみても良いですよね。肥料や発根促進剤を使って、上手く桜を成長させてくださいね!
引用: https://www.instagram.com/p/BiAzcbkgqFt/

桜についてもっと知りたい方へ