Ehnv2bmzj3ycqwxw9maa

音楽

CATEGORY | 音楽

子供時代の習いごとで「可能性」が広がる。きっと続けることのできるおすすめ習いごと!

2018.12.13

子供の習いごとは、続けることで子供の将来にプラスになったり、可能性が広がることが多いですよね?今回は、そんな可能性を広げる習いごとをまとめてみました。幼児期からはじめるおすすめ子供の習いごと、続けることができる習いごとなどを詳しくご紹介します。

  1. 続けると可能性が広がる子供時代の習いごとは?
  2. 続けると可能性が広がる子供時代の習いごと:男の子編
  3. 続けると可能性が広がる子供時代の習いごと①そろばん
  4. 続けると可能性が広がる子供時代の習いごと②習字
  5. 続けると可能性が広がる子供時代の習いごと③体操
  6. 続けると可能性が広がる子供時代の習いごと④スイミング
  7. 続けると可能性が広がる子供時代の習いごと⑤英会話
  8. 続けると可能性が広がる子供時代の習いごと:女の子編
  9. 続けると可能性が広がる子供時代の習いごと①ピアノ
  10. 続けると可能性が広がる子供時代の習いごと②バレエ
  11. 続けると可能性が広がる子供時代の習いごと③演劇
  12. 続けると可能性が広がる子供時代の習いごと④バイオリン
  13. 続けると可能性が広がる子供時代の習いごと⑤美術
  14. 続けると可能性が広がる子供時代の習いごとまとめ
Cnu0h3almvkrvhafihwz
引用: https://www.instagram.com/p/Bq03MMan7vK/
子供の習いごとや幼児期からはじめる習いごとは、続けることによって、子供の可能性を広げてくれたり、将来にプラスになることが多いですよね。しかし、幼児期や子供時代は、習いごとをしていたけど、いつの間にかやめてしまったという人も多いですよね。
今回は、可能性が広がる習いごとや子供が続けやすい習いごとを男の子、女の子別に注目してみました。幼児期のお子さんや子供に習いごとをさせたい親御さんは、ぜひ、参考にしてくださいね。
Rbzlswc3wk39r2uhqsum
引用: https://www.instagram.com/p/BrB23NAAOmS/
Mgjexbd5zftutge9hwfr
引用: https://www.instagram.com/p/BrBk2urjaxP/
幼児期の男の子におすすめの可能性が広がる子供時代の習いごと、続けやすい習いごとをまとめてみました。自分の子供の性格や興味をひくようなピッタリの習いごとを探す参考にしてくださいね。親が良いと考えている習いごとが子供にとって良いとは、限りませんので、子供の気持ちを優先させましょう。
Ozoilbcvzffdrm5xssew
引用: https://www.instagram.com/p/Bq_8zwWAA8q/
Hxfemf1fhu25co1uzdgm
引用: https://www.instagram.com/p/Bq3oooZnWC2/
幼児期から続ける可能性が広がる習いごと1つ目は「そろばん」です。そろばんは、計算に強くなるだけではなく、手先をたくさん動かすので、脳の神経細胞シナプスをたくさん作ってくれるのに役に立ちます。脳のシナプスが複雑に構成されることで頭のレベルが高くなりますので、3歳ぐらいからそろばんに興味をもたせて習わせるといいですね。
Vdialsnyy2cqtnufq8c7
引用: https://www.instagram.com/p/BrAjwqPneYy/
幼児期から続ける可能性が広がる習いごと2つ目は「習字」です。幼児期は、たくさん手先を使ってあげることと集中力をつけさせることが、大きくなるにつれて差がでてきます。集中力を高めるなら習字がおすすめです。
メールやネットの時代で字を書く事が少なくなっていますが、字が綺麗になることは、特技のひとつにもなりますよね。そして、集中力をつけさせたい習いごとをお探しの親御さんは、ぜひ、習字の習いごとを選択してみましょう。
Icmz6l0dzi8fpdxktfnf
引用: https://www.instagram.com/p/BrCJkRrBW1q/
幼児期から続ける可能性が広がる習いごと3つ目は「体操」です。幼児期から、でんぐり返りや片足立ちををして遊んでいる子供っていますよね。
そんな子供には、体操がおすすめです。体操でバランス感覚を上達させることにより、肉体的な向上はもちろんですが、高い意識設定、ストレスに強い、深い集中力を身につけることができます。子供をよく観察して体操に向いていそうな場合は、ぜひ、チャレンジさせてあげるといいでしょう。
Qcovtxxpfkuivmsvzanf
引用: https://www.instagram.com/p/BqmSatYHoyx/
幼児期から続ける可能性が広がる習いごと4つ目は「スイミング」です。男の子の習い事で一番人気のスイミングは、エネルギーが有り余っている男の子におすすめです。エネルギーが余っていると、興味の対象が多くなり、落ち着きがなくなる場合もあります。
スイミングは、全身運動なので、男の子のネルギーを発散することができます。発散することにより、男の子が落ち着いて集中できるように促してくれる効果も期待できます。
Vjngvbwhqwc2xd58vses
引用: https://www.instagram.com/p/Bq_5vaygFUY/
幼児期から続ける可能性が広がる習いごと5つ目は「英会話」です。早い時からネイティブな英語を聞かせておくと英語の発音が良くなると言いますよね。それだけではなく、脳を使って鍛えて、地頭を良くする効果が期待できます。
言葉を使う時の脳は、前頭葉を使いますが、日本語と英語では、前頭葉を使う部分が違ってきます。英語だけではなく、使ってない脳をフル回転させることは、子供の将来にプラスになるのではないでしょか?
F80fhriz8tck2dqfs4wu
引用: https://www.instagram.com/p/Bq9bEbKBwZG/
女の子の可能性が広がる習いごとや続けやすい習いごとは、何があるのでしょうか?続けることにより、特技になる習いごとや女の子は、感情で左右されやすいにで、情を満足させる習いごとをまとめてみましたので、参考にしてくださいね。
Sgishbtjmvuo1yizdyzp
引用: https://www.instagram.com/p/Bqw-U3MHxmc/
幼児期から続ける可能性が広がる習いごと1つ目は「ピアノ」です。女の子は、感情の生き物だと言われますよね。女の子の習いごとを探す時は、情操教育に繋がる習いごとがおすすめです。そんな情操教育で1番人気なのが、ピアノです。ピアノは、楽譜を読みながら手先を動かすので、脳の処理が複雑なんです。
女の子にピアノを習わせたい時は、教える先生にも注意しましょう。せっかくの情操教育のチャンスを先生と相性が合わないでやめてしまう子供も少なくありません。親御さんは、先生と子供の相性をよく観察して相性バッチリの先生をみつけてあげてくださいね。
D6iki4zdzjknhamhmp1z
引用: https://www.instagram.com/p/BrCGohlHDfi/
Enc1rpaaiy3azpljiaw4
引用: https://www.instagram.com/p/BrB8WwRhewo/
幼児期から続ける可能性が広がる習いごと2つ目は「バレエ」です。普通の習い事より、少し親の金銭的負担が多くなりますが、運動神経が良くなり、正しい姿勢や素晴らしいプロポーション作りに効果があります。
そして、バレエを習っている子供は、基本的に良識があるお嬢様が多いので、そういう環境に子供を入れることで、一般家庭で教育できない内容を子供同士の中から吸収してくるというメリットもあります。
Jpn2osokarcpnjboejuw
引用: https://www.instagram.com/p/Bq1t7rcgc3q/
Kxllnqqvrkldz78wdefj
引用: https://www.instagram.com/p/BoVwIOHhWKA/
幼児期から続ける可能性が広がる習いごと3つ目は「演劇」です。演劇は、自分ではない誰かになって、人前で表現しますよね。多くの人の前で表現することで、将来に必要なプレゼンテーション能力を高めることができます。
日本人は、どうしても西洋人に比べてプレゼンテーションが低いので、幼児期から表現する方法や習いごとを取り入れることで将来世界で大活躍することができるででしょう。
Rjnjppaq4jz73gqf0fgt
引用: https://www.instagram.com/p/BprGI0CAW2b/
幼児期から続ける可能性が広がる習いごと4つ目は「バイオリン」です。ピアノの習いごとがいいですが、バイオリンもおすすめの習いごとです。バイオリンは、楽器ひとつでどこででも弾くことができるので、披露する機会がピアノより多いですね。
褒めて伸びるタイプの子は、ピアノより、バイオリンを選んで、家族や親戚などの前で弾かせて賛美をたくさんもらうようにするとバイオリンが大好きになり長く続けることができるでしょう。
Iqacsyzeaxbcyztbhmji
引用: https://www.instagram.com/p/BoqT0_SA5Tt/
Xblpkx2xm9t9lqp3jqfd
引用: https://www.instagram.com/p/Bq08fyig04y/
幼児期から続ける可能性が広がる習いごと5つ目「美術」です。年齢が大きくなるにつれて、絵を描く機会は、少なくなりますが、絵を上手にかける子供は、多くないので、周りからの評価が高いですよね。
絵が好きな子供は、もちろんですが、絵が苦手な子供は、絵の描き方の基本を教えてくれるので、とても絵が上達して、子ども自身が上達する楽しさを実感します。それにより、習うこと、続けることで上達することを経験するので、勉強やスポーツに対しても努力するようになります。
Ng9rcnxqyofgrv2hi3iy
引用: https://www.instagram.com/p/Bq06r6mACtn/
Ofak7ui3bz1b6yvfbxos
引用: https://www.instagram.com/p/Bqy7wf8gHAI/
続けると可能性が広がる子供時代の習いごとを男の子女の子別に分けてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?習いごとは、習った内容が上達するだけではなく、内面の成長や脳の成長にも大きく影響することがわかりましたよね。
たくさんの習いごとがある中で、自分の子供にピッタリの習いごとを見つけてあげることが、子供の可能性を広げることに繋がりますし、先生との相性も気をつけたいですよね。親子で励ましあって楽しく長く続けることができる習いごとを見つける参考にしてくださいね。

習い事についてもっと知りたい方はこちら