Cgfs4j9vpixh7jlwnx1b

コーディネート

CATEGORY | コーディネート

水色に合う色まとめ!おすすめコーデ厳選!上品かつおしゃれに!

2018.12.05

水色に合う色をコーデ例でご紹介!おすすめのコーデは?上品さ、おしゃれさを兼ね揃えた水色と合う色の着こなしは?などなど、実際のコーディネートを参考にしながら解説します♪水色はオールシーズン着られる万能カラー。組み合わせを学んで、おしゃれに取り入れてみませんか?

  1. 【水色に合う色!おすすめコーデ】水色のアイテムは季節を選ばない
  2. 【水色に合う色!おすすめコーデ】春夏のブラック×水色
  3. 【水色に合う色!おすすめコーデ】春夏のホワイト×水色
  4. 【水色に合う色!おすすめコーデ】秋のネイビー×水色
  5. 【水色に合う色!おすすめコーデ】秋の水色×水色
  6. 【水色に合う色!おすすめコーデ】冬のホワイト×水色
  7. 【水色に合う色!おすすめコーデ】冬の水色×ダークトーン
  8. 【水色に合う色!おすすめコーデ】冬の水色×グレー
  9. 【水色に合う色!おすすめコーデ】番外編!水色×パープル
  10. まとめ
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20170127%2F17%2F1422357%2F65%2F320x226x9c2a5d9b893bcc3bded9b5a0.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
水色の洋服、あなたのクローゼットにはありますか? 水色はパステルカラーや、ややくすんだレトロカラーなど幅広い種類があり、様々な着こなしに対応している色です。 特に淡い色のため夏の色という印象がありますが、その上品な色合いから春夏だけではなく、秋冬のコートなどにも取り入れられており毎年人気となっています。
引用: https://bijinhyakka.com/wp-content/uploads/2017/11/9796_i-20171124205924-640x480.jpg
今回はそんな水色のアイテムに合う色は何色なのかを、実際のコーディネートと共にご紹介! おしゃれさんの着こなしから学んで、一年中楽しめる水色の扱い方を極めちゃいましょう♪ 上品にもカジュアルにも、甘くも辛くもできる万能カラーの水色に合う色は何色なのか、早速ご紹介していきます♪
Reeropdxeuwtgbt71dwa
引用: https://www.instagram.com/p/BUMKHF8l17N/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=embed_loading_state_control
鮮やかな水色は春夏シーズンにベストな爽やかカラー。 ですが、淡い色って意外と合わせるのが難しかったり・・・。 そんなときに簡単に合わせられるのが、ブラックカラーのアイテムです。 パンツに水色を取り入れたこのコーデは、トップスと靴をブラックでまとめてコーデ全体の濃淡バランスを整えています。 黒を合わせることで、抜けすぎず浮きすぎない軽さのコーディネートに仕上がります。 白を合わせるのが飽きた…という方にもおすすめですよ♪

小物は明るい白系を

引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/c/7c218_1512_130275abb7cd70d271d41d527ada941c.jpg
トップスの色と小物の色を合わせるとコーデ全体が引き締まり統一感がでることは有名なテクニックの一つですが、水色のパンツをメインにしたこのコーデの時にはあえて明るい色のバッグを合わせるとおしゃれにまとまります。 逆に黒だと重たい印象が強すぎてしまうので注意が必要です。

関連記事

Nxxvoq5gxqlwcnqmjj1e
引用: https://www.instagram.com/p/BhNo7hGBMW5/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=embed_loading_state_control
春夏といえばこの色の組み合わせ!と感じる方も多いのではないでしょうか。 鮮やかな水色ジャケットにホワイトカラーの爽やかなワンピースを合わせたコーデです。 淡い色同士は相性が良く、女性らしさを出すことができるのに加えて上品さもプラスしてくれます。パーティー、デート、街歩きなど様々なシーンで活用できるのも魅力的です♪ オンオフ万能に使える王道の配色、白×水色を要チェックです♪

ポイントでグレーを取り入れるとさらに上品に

引用: https://image.t-fashion.jp/adametrope/images/goods/1708-GAA2705/z-1708-GAA2705_08.jpg
グレーは寒色で水色と同系色のため、とても相性抜群。 加えて白などの明るい色にポイントとして取り入れることで、上品さを更にプラスすることができます。 グレーにはこなれた感を演出する効果もあるので、水色アイテム初心者にもおすすめなんです♪ シルバー系でも大丈夫です。 シャイニー感があればワンランク上の上品さになりますよ。
Cvrsz8upcmdsyatg2pls
引用: https://www.instagram.com/p/BfVhjXRFz6Q/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=embed_loading_state_control
秋の肌寒い気温でも違和感なく着ることができる水色。 肌寒い季節はニットでしっかり防寒対策、気温が変わりやすい時期でも温度調節しやすい優れものです♪ そんなニットにネイビーを取り入れ、同系色の水色を引き立たせたコーデがこちら。 はじめに紹介したブラックカラーとの配色に似ていますが、トップスをネイビーにすることで重くなく、おしゃれ上級者な雰囲気を出すことができます。

水色を目立たせたいなら柄物アイテムを

引用: https://img.fril.jp/img/49822308/l/129700287.jpg?1480073284
シンプルな無地のアイテムは上品さがあり、オンオフ両方で使用できるため非常に万能ですが、目立たせたい水色アイテムに柄を取り入れるとより一層水色が引き立つコーデに仕上がります。 このコーデでいうと、水色のボーダー柄スカートにすることでほどよいアクセントがおしゃれなコーデに。 例えば花柄などの柄物もおすすめです。

関連記事

Bsrvtzew3wcjztbogcba
引用: https://www.instagram.com/p/BbuJp5KnyYG/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=embed_loading_state_control
秋のニットコーデ例をもう一つ。 こちらは上下水色のワントーンで仕上げたおしゃれコーデで、小物で色のバランスを取り全体をまとめあげています。 淡い水色に、実はぴったり合う色がベージュやブラウン系のアースカラー。 アースカラーは秋色として定番の色なので、配色的にもシーズンカラ―的にもベストマッチします。 トップスをタックインして、メリハリのあるシルエットにしているのもポイントです。 ワントーンコーデは野暮ったいイメージになりがちなので、メリハリのあるラインを意識すれば女性らしい素敵な上品コーデに仕上がりますよ♪

水色×ブラウン系の最強配色

引用: https://www.instagram.com/p/BXcyM_KghpH/media/?size=l
この最強配色は、水色・ブラウンのどの色をどこに取り入れてもまとまる組み合わせです。 ご紹介したコーデでは、帽子とバッグにブラウンを取り入れていますが、例えば上の写真のように水色スカートにブラウントップスを取り入れてもしっかりまとまります。 配色比率のバランスが双方大小どんな状態でも、きちんとハマってくれる、全てが黄金比率の配色なんて最高ですね♪
Ptuecvm79p9ylkdgeot5
引用: https://www.instagram.com/p/Bb-51P6FMML/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=embed_loading_state_control
冬の水色には、冬らしい素材感のアイテムをチョイスしましょう! ボア素材の水色コートなら見た目もおしゃれで、温かさも抜群。 さらにインナーとパンツをホワイトのワントーンコーデで仕上げることで、バランスの良いシルエット作りに成功しています。 ボア素材のもこもこ感と、膨張色の白色で全体的にずっしり感を与えてしまうので、トップスはタックイン、足元はスニーカーをチョイスして軽めに仕上げているのもポイントです。

白のワントーン

引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/53dgi2/20161118145255529/20161118145255529_276.jpg
白のワントーンは体型を隠すことができるので、スタイルアップ効果が狙えます。 正し膨張色なので、着ぶくれして見える場合もあります。 着膨れ感を解消したい場合は、パンツにトップスをインするタックインスタイルにしましょう。 上から下にすとんと落ちるようなシルエットになり、着膨れ感がなくなります。

関連記事

引用: https://c.imgz.jp/881/35652881/35652881B_b_04_500.jpg
冬にも馴染むくすんだ色の水色は、ダークトーンアイテムと相性抜群。 ハイネックやタートルネックと合わせるだけで、とても上品な仕上がりになるのも魅力です。 暗めのコーディネートになりがちな冬のスタイルに、ぜひ水色を取り入れてみてください。 簡単に上品にまとまりますよ♪ シルエットラインを細くすることでさらに上品さがアップします。

くすんだ水色のアイテム

引用: https://instagram.com/p/BdHxtBmnFWU/media/?size=l
水色のアイテムにあこがれるけど、なかなか着る勇気が・・・という方におすすめなのがくすんだ水色のアイテムです。 トーンの暗めな水色は、日本人の肌の色や顔にも合いやすく、相性の良い色も多いです。 何より、冬に購入したダークトーンのアイテムを着まわせるのでコスパも抜群!
引用: https://static2.toplog.jp/article/402484/402484_14463.jpg?1542852107
先述でもご紹介した水色と相性の良いグレーをコートに取り入れた冬の綺麗目コーデです。 女性らしいシルエットとカラートーンがとても素敵でおしゃれです。

上は明るく、下は暗く

引用: https://oggi.jp/wp-content/uploads/2018/02/miu-1.jpg
下は暗く上は明るくのバランスでコーデを作ると、全体のバランスがまとまります。 軽い色同士では抜けすぎてしまう、暗い色同士では重たくなってしまう、その両方をバランスよく取り入れることで抜けすぎず重すぎずの絶妙な仕上がりになります。

関連記事

引用: https://static2.toplog.jp/article/402484/402484_14475.jpg?1542852107
番外編として、水色の対となる存在感ある色「パープル」をご紹介します! 水色のデニムシャツにグレーのスカートを取り入れたこのコーデ。 このコーデを見たときに、何かに気が付きませんか? 無意識のうちに目を奪われてしまうような・・・そう、足元の紫色です。 パープルカラーは水色と同様に、目を引くアクセントカラーとなっており、コーデの上下に配置することで視点を上下片方に偏らせないのでコーディネート全体をバランスよく整えてくれます。 紫は比較的に他カラーよりも強いので、はじめのうちは靴などポイントで入れるといいでしょう。
引用: https://img.fril.jp/img/106296905/l/300132794.jpg?1508833053
引用: https://cdn-stylehaus-jp.akamaized.net/article_parts/178227/178227_normal.jpg?1479813065
スニーカー系もおすすめですが、パンプスなど上品さのあるアイテムであれば、コーディネートの上品さも損ないません。 ハイヒールもおすすめです♪
引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/c/d/cd595_1550_bb6e9465_187c6801-m.jpg
いかがでしたか? 水色と相性の良い色を、コーディネート例を交えてご紹介しました! 水色はオールシーズン使ええる万能カラー。 人とは違うおしゃれにもなり、初心者でも簡単に取り入れられる色なので、ぜひ水色アイテムをあなたのファッションに合わせてみてください♪

おすすめコーデについてもっと知りたい方へ

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://lovegirls.click/wp-content/uploads/2016/11/WS000041.jpg