Iwhprbydddkbzd8psmlm

筋トレ

CATEGORY | 筋トレ

男女別太る方法!太りたくても太れない!ストレッチや筋トレで健康的に太ろう!

2018.11.25

男性も女性も、人によっては太る方法を知りたいと言う方も多く、「太りたくても太れない!」と言った事で、深刻に悩んでいる方もいます。プロテインの取り入れ方やストレッチ、筋トレで健康的に太る方法を男女別にご紹介したいと思います。

  1. 太る為の方法ってどんなものがあるの?
  2. 太る方法!プロテインを活用!
  3. 太る方法!プロテインを活用!【女性編】①:食間に摂取
  4. 太る方法!プロテインを活用!【女性編】②:大豆摂取も忘れずに!
  5. 太る方法!プロテインを活用!【男性編】①:トレーニングとセットで!
  6. 太る方法!プロテインを活用!【男性編】②:ホエイプロテインがおすすめ!
  7. 太る為のストレッチ方法!【女性編】①:合唱のポーズ
  8. 太る為のストレッチ方法!【男性編】①:座ったままストレッチ
  9. 太る為の筋トレ方法!【女性編】①:二の腕を引き締める!
  10. 太る為の筋トレ方法!【女性編】②:寝る前ヒップアップ!
  11. 太る為の筋トレ方法!【女性編】③:ぽっこりお腹対策!
  12. 太る為の筋トレ方法!【女性編】④:天使の羽根筋トレ!
  13. 太る為の筋トレ方法!【男性編】①:自重トレーニング
  14. 太る為の筋トレ方法!【男性編】②:大腿四頭筋を鍛える!
  15. 太る為の筋トレ方法!【男性編】③:三角筋を鍛える!
  16. 太る為の筋トレ方法!【男性編】④:大胸筋を鍛える!
  17. 男女別太る方法!:まとめ
R5axlytljvzz6nyutw10
男性や女性の中には、食べても食べても太らない体質の肩もいて、自分の体型を太る事で変えたいと思っている方も多くいます。 太らない、もしくは太りにくい原因の1つに、通常の人よりも胃の位置が低い“胃下垂”と言う事もあげられます。
Bwaap0ywmmojrggrhlgb
引用: https://www.instagram.com/p/BqhSj4xhHpZ/
そこで今回は、プロテインの効果的な取り入れ方やストレッチ、筋トレで健康的に太る方法を男女別にご紹介していきたいと思います。
Wlwvkhxsrutdgclym1dn
引用: https://www.instagram.com/p/Bqg5FAEF0td/
食べても食べても太らない人は、通常の一日の摂取カロリーよりも上回らなければ太ることはまず難しいと言えます。 しかし、太れない体質の中には、食が細く多くの量の食事を出来ない人も多く、そういう方は間食にプロテインを上手に活用する事で、健康的に太る事ができおすすめです。
Puujycjbgj2eeff6oecl
引用: https://www.instagram.com/p/BaqQVA-nwlQ/

関連記事

Za5pwhtvzspaxpncslax
成人している女性の場合、一日に必要な摂取カロリーは、1,700~2,300kcalといわれていて、太りたいと思っている女性の場合は、このカロリーを上回る事で太る事が出来る様になっていきます。 おすすめは、食事と食事の間にプロテインと牛乳やバナナなどのフルーツをミキサーでジュースにし、そこにハチミツを入れて飲むのがおすすめです。
W020ahmpmoz414elmeha
引用: https://www.instagram.com/p/Bn-mAzYnXim/
プロテインはたんぱく質が豊富に含まれているので、満腹感を得る事が出来ます。太りたい方の場合には、食事の時にプロテインを飲むのではなく、あくまでも食事以外の間食として飲む事で、平均的な摂取カロリーを超える事が出来る様になり、ハチミツをプラスする事で、栄養バランスも良く、美味しく飲む事が出来ます。
Vzovvnje1f60wd6qibfo
女性の場合、男性が飲むプロテインよりも大豆成分が入った、ソイプロテインがおすすめです。
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/y-lohaco_9596780
ザバスのソイプロテイン100 ココアは、大豆プロテインを100%使用していて、女性らしいしなやかな体作りに最適な7種類のビタミンB群やビタミンCなどが豊富に含まれています。 間食に牛乳に溶かして飲む事で、健康的に太る事ができ、ココア味なので美味しく続ける事が出来る、太りたい女性におすすめのプロテインです。
Gzz02k1rshib1u9ovypv
引用: https://www.instagram.com/p/BNlpLSmgOfn/

関連記事

Hgyeqtar99ssgbriw3au
男性の場合は、太ると同時に筋肉を大きくしたいと思っている方も多く、その場合は女性と同様に食間に通常の一日の摂取カロリーを上回る量をプロテインで補う必要があります。 成人男性の場合、一日に必要な摂取カロリーは、2150~3550kcalといわれていて、食間の他にもトレーニング後などにもプロテインを飲む事で、筋肉を大きくする事ができ、理想的に筋肉を大きくしつつ、太る事が出来る様になります。
Titrkqntyuonrpjp4aqa
男性の場合、ミネラルや水溶性ビタミンが豊富に含まれるヨーグルトの上澄みの液体を使ったホエイプロテインがおすすめで、体内への吸収率も良く、効果的に太ったり、筋肉量を増やす事が出来ます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71a1vk8FoML._SL1200_.jpg
ザバスのアクアホエイプロテイン100は、クエン酸や7種類のビタミンB群、ビタミンCが配合され、グレープフルーツ風味で飲みやすい、太りたい男性におすすめのプロテインです。 水に溶かして飲む事が出来るので、間食やトレーニング後にも簡単にプロテインを摂取する事が出来るおすすめ商品です。
ザバス(SAVAS) アクアホエイプロテイン100+クエン酸 グレープフルーツ風味【40食分】 840g
価格 ¥ 4,698
「ザバスアクアホエイプロテイン100」は1日2回~3回(約42g)を目安にお召し上がりいただくことで、アスリートが1日に必要とする7種類のビタミンB群、Cの不足分が補えるよう設計されています。・1袋:840g(約40食分)●お召し上がり方(1食分):水300~500mlに付属のスプーン2~3杯(約14~21g)を溶かしてお飲みください。
女性で太りたいと思っている方の場合、バストアップで理想の胸に近づきたいと思っている人も多いと思います。 こちらの動画では、そんな女性にピッタリのバストアップ効果のある、合唱のポーズストレッチ方法をご紹介しています。

関連記事

男性の場合は、トレーニングで筋肉を酷使している人も多く、筋肉を柔らかくするストレッチを取り入れる事がおすすめです。 こちらの動画では、座ったまま自宅で簡単に行えるストレッチ方法をご紹介しています。
太りたいと思っている女性でも、二の腕はキュッと引き締まっている事が理想ではないでしょうか。 こちらの動画では、二の腕を引き締めてくれる簡単な筋トレ方法をご紹介しています。
理想的なヒップを作る為にも、筋トレは欠かすことが出来ません。 こちらの動画では、寝る前に行う事が出来るヒップアップ効果のあるおすすめの筋トレ方法をご紹介しています。

関連記事

太りたいと思っている女性でも、ぽっこりした下腹部にはなりたくない人が殆どだと思います。 そこで大事なのが、ぽっこりお腹を予防する為の、下腹部を引き締める筋トレではないでしょうか。 こちらの動画では、10~20分位の時間で出来る、ぽっこり下腹部対策におすすめの筋トレ方法をご紹介しています。
すっきりした背中は、女性の憧れでもあります。背中を鍛える筋トレを取り入れる事で、天使の羽根をすっきりと出す事が出来る様になります。 こちらの動画では、最速1週間で効果が出る背中の筋トレ方法をご紹介しています。
男性の場合、太りたいと思っていても腹筋はしっかりと鍛えたいと思っている方も多いと思います。 そこで、自分自身の体重で腹筋に負荷をかける自重トレーニングがおすすめです。 こちらの動画では、自重腹筋トレーニング方法をご紹介しています。

関連記事

太ももなどの大腿四頭筋を逞しくしたい男性は、大腿四頭筋を鍛える筋トレを行う事がおすすめです。 こちらの動画では、太もも周辺の筋肉を鍛える事が出来る筋トレ方法をご紹介しています。
メロンの様な肩が理想の男性は、三角筋を鍛える筋トレを取り入れることがおすすめです。 ダンベルを使う事で、より肩の筋肉に負荷をかけることが出来ます。 こちらの動画では、5kgのダンベルを使った自宅での三角筋を鍛える筋トレ方法をご紹介しています。

関連記事

太れない男性の中には、大きな大胸筋に憧れている方も多く、ダンベルなどを使ってしっかりと大胸筋に負荷をかける筋トレを取り入れることがおすすめです。 こちらの動画では、大胸筋にしっかり負荷をかけるダンベルフライ方法をご紹介しています。
Hsojnhhjquy4dcjfa2xv
太りたくたくても太れない男性や女性におすすめの、太る方法をまとめてご紹介させて頂きましたが、如何でしたでしょうか。太りにくい体質の方は胃下垂の可能性もあり、標準的な一日に摂取カロリーよりも多くカロリーを摂取する事で、太る事が出来る様になります。食が細い方は、間食やトレーニング後にプロテインを摂取する事がおすすめで、健康的に太る事が出来ます。また、ストレッチや筋トレを取り入れる事で、より一層理想的な体を作りやすくなりますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

プロテインについてもっと知りたい方へ