Nufbrsxitwukde5nmxj6

メイク

CATEGORY | メイク

可愛い眉毛のおすすめメイク法紹介!簡単にモテ顔を作るコツ!

2018.11.29

綺麗な眉毛というのは、モテ顏には必ず必要なものです。可愛い人は、眉毛のメイクのコツをしっかりと掴んでいます。可愛くなりたい、モテたいという女子にはおすすめ!可愛い眉毛のおすすめメイク法、今時の旬顔になれる眉の作り方をご紹介します。

  1. モテ顔には可愛い眉毛が必須!
  2. モテ顔になる!可愛い眉毛の人気おすすめメイク法&コツをご紹介!
  3. モテ顔になる!可愛い眉毛の人気おすすめメイク法&コツ①眉尻を下げ過ぎない
  4. モテ顔になる!可愛い眉毛の人気おすすめメイク法&コツ②眉山の位置
  5. モテ顔になる!可愛い眉毛の人気おすすめメイク法&コツ③眉毛の処理
  6. モテ顔になる!可愛い眉毛の人気おすすめメイク法&コツ④髪の色に合わせる
  7. モテ顔になる!可愛い眉毛の人気おすすめメイク法&コツ⑤眉間の広さ
  8. モテ顔になる!可愛い眉毛を作る人気のメイクアイテムご紹介♡
  9. モテ顔になる!可愛い眉毛を作る人気のメイクアイテム①デザイニングアイブロウ3D
  10. モテ顔になる!可愛い眉毛を作る人気のメイクアイテム②パウダー&ペンシル
  11. モテ顔になる!可愛い眉毛を作る人気のメイクアイテム③カラーリングアイブローN a
  12. モテ顔は眉毛が命!ポイントをおさえて可愛い眉毛に♪
引用: https://content.cawaii.media/articles/images/35063/original/ae366415d3bbdece2e0f77c92a56eb163bc35685.png?1500743029
モテ顔にするために、アイメイクやリップなどを試行錯誤した経験がある女子は多いかと思います。しかし、顔の印象に大きく左右してくるのは眉毛!眉毛の形や長さ、濃さでも人の印象というのはかなり左右します。そのため、モテ顔にしたいという女子はまず、眉毛を見直すことが大事。人はそれぞれ顔はもちろん、骨格も顔型もそのため似合う眉毛というのも異なってきます。ポイントを抑えて、自分に似合う眉毛にするというのも大事なこと。自分に似合う可愛い眉毛を作れば、旬顔にもモテ顔にも近づけますよ♪
引用: https://www.tescom-kireilab.jp/wp/wp-content/uploads/2016/08/001-1-645x430.png
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQIZaCI-WAI6XzUoBt-q5rXjhQ1NSQgtNRthI40duJc6TLyA_D9Zw
引用: https://iwiz-cmspf.c.yimg.jp/im_siggA.6EzfqLNuGu6Cvuo2ezhA---x450/c/cmspf/64/68/46/83/604cbb2414f61ee125311f3cc3ced89b.jpg
ひとそれぞれ似合う眉毛も変わってはきますが、基本的な可愛い眉毛を作るポイントは同じです。眉毛の書き方を少し間違えてしまえば、ちょっと前の時代を感じる眉毛になってしまったり、顔の印象が下がってしまったりととてももったいないのです。自分の眉毛を最大限生かして可愛い眉毛を作れるようの、おすすめの眉気のメイク方法、ポイントをおさえましょう!
引用: https://images.4yuuu.com/files/article/29187/large_29187_1.jpg?04071000
眉毛を書いていると、どうしても長くしてしまったり、可愛い印象にしようと思って眉尻を下げてしまいがち。しかし。眉尻はかならず眉頭よりも下にならないように気をつけましょう。眉尻も自分で書いているとコツが必要ですが、基本的に目尻の位置というのは、小鼻と目尻の延長線状と言われています。アイブロウペンシルなどで小鼻と目尻を結んだら、その先にある眉毛の位置に眉尻を設定するとバランスが良くなるでしょう。
引用: https://www.shiseido.co.jp/sw/beautyinfo/news/img/180415_henshubu_goldenbalance_001.jpg
眉山は眉毛を作る中でも難し胃ポイントでもあり、綺麗に眉山を作れていない女子というのは多いのです。眉山の位置というのは基本的に黒目の外側から目尻までの間くらいとされています。自分に合っていない眉山を作っていると、眉毛の印象というのはとても不自然になります。形のよってカーブ型にするのかキリッとした眉毛にするのかということもありますが、眉毛を上下に動かしたときに動く場所が眉山になります。自然で顔に馴染む眉毛にするために、眉毛を動かしてどこに眉山を作るのか決めましょう。
引用: https://menuet.jp/wp-content/uploads/2017/09/mayu_800.jpg
引用: https://iwiz-cmspf.c.yimg.jp/im_siggCfF4jv30gWC5i8PL3l7Jrw---x450/c/cmspf/10/84/76/38/d1628c65af144e84fd583cda2d210dd0.jpg
一時は眉毛を短めにして細い眉毛なども流行っていましたが、今はそれをしてしまうとかなり時代遅れな印象になってしまいます。眉毛は自分の自眉毛を育てて、なるべくその自眉毛を生かすのがポイントです。とくに、眉頭が自眉毛の処理をしすぎないように気をつけましょう。ふわっとした目頭で自眉毛がしっかりと生えて全体的に眉毛を見たときに、グラデーションになっているのが理想です。自眉毛が短くなってしまうとふわっとした感じがなくなってしまい、眉頭に書いてる感が強くなってしまうので、目頭の眉毛は特に長く伸ばしておき、処理をしすぎないように気をつけましょう。
自眉毛の足りないところをプラスする感覚でアイブロウを足していきますが、そのときに毛先が眉毛の形からはみ出てしまうという部分のみカットするようにしましょう。あくまではみ出た部分だけというのがポイントです。
引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2017/09/991.jpg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSd6UN8FY_ypoObls0PwC6aq4iCCVCeK61PTqjxoO0Vg7I6yNOU
眉毛のカラーは髪の色になるべく合わせるようにしましょう。髪の毛がブラウンなら眉メイクもブラウンで行います。明るいブラウンもくらいブラウンも見た目に結構差が出てくるので、自分の髪に合ったアイブロウペンシルやアイシャドウを選ぶようにしましょう。おすすめは脱色です。眉毛の脱色やからだ用の脱色剤がありますが、デリケート肌用などもドラクストアなどで販売しています。デリケート肌用ならそこまで刺激は強いものではありませんので、様子を見ながら眉毛を脱色し、自然に顔なじみの良い眉毛にしておくと良いでしょう。また、眉マスカラなども色を乗せてくれるので、脱色しなくても眉毛のカラーをメイクすることはできます。
引用: https://spicomi.net/media/uploads/content/image/7196/_____4.jpg
眉頭と眉頭の間を調節することで、顔全体の印象をコントロールすることが可能です。眉間が狭く、眉頭と眉頭の感覚が狭いと強い印象や大人っぽい印象をプラスすることができます。そして、その反対に眉間が広めで眉頭と眉頭の間が広いと優しく柔らかい印象をプラスすることができます。そのため、モテ顔を作るにはあまり近すぎない眉間がおすすめです。しかし、明らかに眉間を話すという意味ではなく、おすすめのメイク方法は目頭のアイブロウはあまり濃いめにしないということ。アイブロウパウダーなどで薄めのカラーを少し足すくらいで、自眉毛があれば自眉毛に薄めに色を足す程度で良いでしょう。
引用: https://www.koji-honpo.co.jp/column/wp-content/uploads/2016/07/0701_main.jpg
ということで眉毛のメイク方法はなんとなくポイントを抑えていただけたかと思います。次は、その可愛い眉を作る場合におすすめのメイクアイテムをご紹介していきます。アイブロウはたくさんの種類があり、あまり差がないようにも思えてしまいますが、実は使ってみるとものによって全然使い心地が違います。使いやすく、自分に合うカラーを選ぶことがポイントです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81ItHh9ES5L._SY450_.jpg
ケイトのデザイニングアイブロウ3Dはふんわりとしたナチュラルな眉毛を作ることができるパウダーアイブロウです。3色のパレットになっていて、調節しながら筆で眉を書くことができるので、髪色なども選ばずどんな方でもマッチするカラーを作ることができます。また、目頭を薄めに、目尻にかけて濃いめにという眉毛の難しいグラデーションも簡単に作ることができます。ブラシが付いているので、アイブロウはもちろん、ノーズシャドウも一緒にメイクできちゃいます。発売当初から人気が高く、今でも人気の衰えないかなり人気アイテムです。
引用: https://news.merumo.ne.jp/articleimg/7583903/7
引用: https://noevirgroup.jp/img/goods/L/48711.jpg
エクセルのパウダー&ペンシルもアイブロウペンシルの中で特に人気が高いアイテムです。細かいラインも綺麗に描きやすいペンシルで、眉毛が足りないところに眉毛一本一本付け足していくように描くことができます。ペンシルの反対側にはナチュラルフィットパウダーが付いており、ふんわりとした印象で眉を演出することができます。さらにスクリューブラシも付いているので、これ一本でも眉メイクが綺麗に仕上げられるという優れもの!コスメショップやドラックスストアなどでも購入できるエクセルのアイテムで価格もプチプラでおすすめです!
引用: https://obs.line-scdn.net/0h9SIx606hZnx0AUpjCWUZKwBcYBMNYnx0HnlxRgFXbFIBbXF8HHt1SglbZiIcYX16FCNqSk1WUyUnWnlaNyNrZwNHZyw8UVVIIxsgZwtjMSc5MX0tM3spHlEHMUlaNCgoSG97ElIIPEgcMCd5TW8vGVM
引用: http://img.favor.life/articles/list_images/19951/blog/19951-time-750.jpg?1525252850
エテュセのカラーリングアイブローN aは髪色に合わせて眉カラーを簡単にチェンジすることがでいる眉マスカラです。ブラシがツリー型になっているので、ふんわ入りとした立体眉毛も綺麗にマスカラを乗せることができます。さらに、乾きが早いのでメイクもしやすく便利!髪のカラーを明るめにしている方はとくに必須のアイテムになります。
引用: https://static-clip.jp.wazap.com/images/db/screenshot/74945_800x450.jpg
引用: https://img.benesse-cms.jp/tamahiyo/item/image/normal/26fbddb6-5a68-4e10-9c5c-e2c90ce5478c.jpg
いかがでしたか?眉毛はメイクの中でもとても難しいパーツではありますが、とても重要な場所です。ポイントをしっかりとおさえてナチュラルな眉毛を作ることで、トレンドでもあり可愛い眉毛を作ることができますよ♪みなさんも実践してみてくださいね!
引用: https://garage-static.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/articles/images/000/000/559/medium/24cf83d0-f219-4090-a7f6-c55e195223dc.jpg?1498448126

メイクについてもっと知りたい方はこちら

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images.4yuuu.com/files/article/29187/large_29187_1.jpg?04071000