X9j9s1cqjjkhjyckedgy

バッグ

CATEGORY | バッグ

鞄を洗濯したい!素材別!あなたのバッグをキレイに洗濯する方法!

2018.11.20

鞄を洗濯する方法を紹介します。鞄は布や革など素材によって洗濯の仕方が違うので、ナイロン、合皮、エナメルなど素材ごとに合った洗濯の仕方をしましょう。洗濯機や手洗いの方法、簡単な汚れの落とし方なども紹介しますので参考にしてみてください。

  1. 鞄が汚れた!
  2. 鞄は洗濯できるの?
  3. 鞄の洗濯方法①布(ナイロン)
  4. 鞄の洗濯方法②布(綿)
  5. 鞄の洗濯方法③革(合皮)
  6. 鞄の洗濯方法④革(エナメル)
  7. 鞄の洗濯方法⑤洗濯機を使う
  8. 鞄の洗濯方法⑥手洗いの注意点
  9. 洗濯しなくても消しゴムで汚れがとれる?
  10. カビには消毒用アルコール!
  11. 布の素材のシミ抜きには酵素系漂白剤!
  12. まとめ
Ijvcv6jvxggzknn4dbro
引用: https://www.instagram.com/p/BkctcaMA1DG/
毎日仕事やお出かけに持ち歩く鞄。鞄を使っていると汚れが気になってきますよね。綺麗に使っていても、どうしても長く使っていると汚れが目立ってきてしまいます。そんな時、「鞄は洗濯してもいいのか?」という疑問を一度は感じたことがあるのではないでしょうか。もし鞄が汚れたら、みなさんはどうしますか?汚れても諦めて買い替えたりせず、鞄を再び綺麗に戻す方法を教えます。
W1nc8bfdc2izjn6jp8su
引用: https://www.instagram.com/p/BqTwQa7Flea/
鞄は毎日持ち歩くものなので見えない汚れもたくさんついています。鞄が汚れたり嫌な臭いがしたら、まず思い浮かぶのが「洗濯できるのか」どうかです。鞄は頑丈な素材でできているので、基本的に洗濯はできます。ただし、ブランド品などはデリケートな素材が使われていることもあるので、鞄が洗濯できるかどうかはタグを見たり鞄の素材を確認してください。鞄の素材によって洗い方が変わってきます。鞄はナイロン、合皮などさまざまな素材があります。
Bjlrfszrdexb9njdipje
引用: https://www.instagram.com/p/BpvCiG6B7xH/
布のナイロンの素材でできた鞄は非常に丈夫なので、中性洗剤で洗うことができます。中性洗剤は生地に優しく色あせしないオシャレ着用洗剤がおすすめです。ナイロンの鞄のまず部分的な汚れを落としたい場合は、タオルに水で薄めた中性洗剤を含ませ固く絞ります。次に、汚れのあるところをタオルで叩くように拭いていきます。最後にしっかり乾かしたら完了です。
E3ossau0jw5j9osnu79g
引用: https://www.instagram.com/p/BdTnPeAn8My/
汚れがひどく丸洗いしたい場合は、洗面器に水と中性洗剤を入れナイロンの鞄をつけおきします。30分ほど放置したら優しくもみ洗いをして汚れを落とします。しっかりすすいだら最後によく乾かしてください。ナイロンの鞄は機能性がバッチリなので、使う機会が多いと思います。長く使っていると汚れも気になってくると思うので、正しい洗濯の仕方を知って綺麗な状態を取り戻してほしいと思います。
Mcaznyflbau2hwnarlkt
引用: https://www.instagram.com/p/BiEbtPpAUeq/
キャンパス地や帆布製の鞄は綿素材からできてます。綿は丈夫ですがシワになりやすいので、洗濯するときは素早く洗うようにしましょう。また、干し方にも気をつけましょう。まず洗面器に中性洗剤を入れ鞄も入れます。この時目立つ汚れがあれば、先に汚れに直接中性洗剤をつけ、ブラシなどで優しく洗います。鞄を洗面器に入れたらゴシゴシこすらずに汚れを落としていきます。浸け置きはせず洗ったらよくすすぎ、タオルで挟みこんで水分を取ります。最後に鞄の底面を上にして逆さまに干し乾かして完了です。
Bomxz7wimj6fc0dstsyg
引用: https://www.instagram.com/p/BkPTIYfDtRD/
綿の場合、洗濯機は使わないほうがいいです。シワを防いだり生地を傷めないためにも手洗いで素早く洗うのがおすすめです。どうしても洗濯機を使う場合は、洗濯用ネットに入れ、手洗いコースで洗います。脱水の時間も早めに終わらせます。型崩れが心配な人は、脱水をせずタオルで挟み水分を取りましょう。
Ahyvr0us6vl3lvey2pdj
引用: https://www.instagram.com/p/BhY_87tnkTi/
革の合皮素材はポリウレタンでできていて、劣化しやすいという特徴があります。革の素材は保管しているだけでも劣化は進み、合皮はヒビ割れやはがれたりすることがあるので、洗濯をすると余計に悪化してしまいます。最近では革製品専用クリーナーが売っているので、合皮の素材の鞄には汚れのあるところにつけて優しく汚れをとる方法がおすすめです。合皮は手入れをこまめにすることで長く使うことができますよ。
Gtnmvlk4jwfn8w2qre77
引用: https://www.instagram.com/p/Bl9Fq8aBjH_/
Mgo15byodzwwpjn2hqxm
引用: https://www.instagram.com/p/Bhn9byYnjUa/
エナメル加工がされている鞄は普段から手入れをきちんとすることが大事です。光沢や艶が美しいエナメル加工の鞄は、保管方法が悪いと変色やべたつきなどトラブルが多いからです。少しの汚れであれば拭いて綺麗になりますが、洗濯には向いていないので、エナメル専用のクリーナーなど使うのがおすすめです。
Ll6xaddhp0x1ug5pbyso
引用: https://www.instagram.com/p/Bdphnd5l_wo/
注意するのは、エナメル専用以外のクリーナーを使わないことです。エナメル専用以外のクリーナーだと表面の樹脂コーティングがはがれたり、光沢感が失われてしまいます。また、エナメルは水に濡れたままも劣化の原因になるので、鞄を拭いた後はしっかりと乾かしましょう。乾いた布で拭き残しを拭き取るのも効果的です。
Nnlfhggnsmenoybd3gqk
引用: https://www.instagram.com/p/BqSFJsPlBxV/
全体的に鞄が汚れたり、鞄の中の臭いが気になる時は、洗濯機を使って楽に汚れを落としたくなりますよね。鞄は洗濯機で洗っても大丈夫です。ただし鞄についているタグを確認したり、シワや色落ちが気になる綿素材の鞄は洗濯機で洗えないので気をつけましょう。洗濯機で鞄を洗う場合は、裏返して洗濯ネットに入れ、中性洗剤で洗います。手洗いコースで洗えば傷や型崩れなどのトラブルが少なくなります。
Pfqnjmtqejal2kgq1ixw
引用: https://www.instagram.com/p/BpQY-kyAQuV/
洗い終わったら風通しのよい日陰で干しましょう。鞄によっては直射日光が当たると繊維を傷つけることがあるので、日陰のほうがおすすめです。鞄のタグも確認してみましょう。また、生乾きは臭いの原因になるので早く乾かすことが大事です。鞄の中に水が溜まりやすいので、逆さにして干すのも効果的です。
Drrn9sid2p2eiswfqadw
引用: https://www.instagram.com/p/BqVqkWUgzgK/
手洗いで鞄の汚れを落としたい時は、強くゴシゴシこするのはNGです。鞄の素材を傷つけたり色落ちすることがあるので、汚れを落としたい時は優しく洗ってください。頑固な汚れは歯ブラシなどで軽くこすって落としましょう。洗い終わったら水気を切りしっかりと拭いてください。干すときは形を整えて干しましょう。
Hbpnslezrqzznlu73jbs
引用: https://www.instagram.com/p/BqCy9fCHqGF/
部分的な簡単な汚れは、消しゴムを使って落とすこともできます。白い消しゴムで軽くこすると汚れが落ちるのでぜひ試してみてください。ただし、強くこすりすぎると色落ちの原因になるので注意しましょう。
Mlcky80gqarfvdcvkqxr
引用: https://www.instagram.com/p/BltmWWRlwQZ/
いつの間にか発生してしまうカビですが、消毒用アルコールを使えばカビをとることができます。消毒用アルコールを布に含ませ丁寧にカビをとっていきます。カビは、押し入れなどに保管していると発生しやすいことは知っていると思いますが、手の油が持ち手などについていてもカビが発生する原因になります。鞄は見えないだけで意外と汚れているので、こまめに汚れを落とすとカビが発生しにくくなりますよ。鞄の内側も見落としがちですが、汚れが多くついていたりします。
Pb71ir27wugz74lnciyc
引用: https://www.instagram.com/p/BpCNmmmhTgc/
布の素材の鞄に汚れがつきシミになってしまった場合、キッチン用の洗剤と衣類用の酵素系漂白剤があればシミ抜きをすることができます。しかしシミ抜きは失敗すると色落ちすることがあるので、不安な場合はプロのクリーニング屋さんにお願いしましょう。その場合はシミを見つけたら早い段階でお願いすればシミがとれる可能性があります。家庭でシミ抜きをする場合は、キッチン用の洗剤で優しくこすり、それでもシミがとれない場合は衣類用の酵素系漂白剤で優しくこすります。シミが落ちない場合はクリーニング屋さんにお願いし、無理にこするのはやめましょう。
Kl46zp3tsfjkayhesab9
引用: https://www.instagram.com/p/BqWhYrtl0Yt/
鞄は外出する時に持ち歩くので、ちょっと使うだけでも汚れがつきます。鞄の素材を確認して、素材に合った洗い方で洗うようにしましょう。布のナイロンと綿は、中性洗剤を使って優しく洗えば綺麗に汚れを落とすことができます。ナイロンは浸け置きができますが、綿はシワになりやすいので早く洗うのがおすすめです。革の合皮とエナメルは専用のクリーナーを使うと鞄を傷つけず汚れを落とすことができます。ただし、エナメルは革専用ではなくエナメル専用のクリーナーを使いましょう。

洗濯についてもっと知りたい方はこちら