E2g7heaob9rvgddo2zoq

日用品

CATEGORY | 日用品

オキシクリーンでお風呂の床掃除!失敗しない方法・コツをご紹介!

2018.11.22

お風呂の床掃除に大活躍のオキシクリーン。今回は、オキシクリーンを活用したお風呂の床掃除についてご紹介します!失敗しない使い方や使用する量、日本製と海外製でのオキシクリーンの違いなども交えてわかりやすくご説明します!ピカピカお風呂で快適な入浴タイムを♪

  1. 【失敗しない!オキシクリーンでお風呂の床掃除】オキシクリーンとは
  2. 【失敗しない!オキシクリーンでお風呂の床掃除】日本製と海外製の違い
  3. 【失敗しない!オキシクリーンでお風呂の床掃除】洗浄効果について
  4. 【失敗しない!オキシクリーンでお風呂の床掃除】洗浄法①まず排水溝をふさぐ
  5. 【失敗しない!オキシクリーンでお風呂の床掃除】洗浄法②オキシクリーンを撒く
  6. 【失敗しない!オキシクリーンでお風呂の床掃除】洗浄法③40~60度のお湯で溶かす
  7. 【失敗しない!オキシクリーンでお風呂の床掃除】洗浄法④1時間漬け置き
  8. 【失敗しない!オキシクリーンでお風呂の床掃除】洗浄法⑤軽くブラシでこする
  9. 【失敗しない!オキシクリーンでお風呂の床掃除】洗浄法⑥洗い流す
  10. 【失敗しない!オキシクリーンでお風呂の床掃除】水垢やカビを防ぐケア
  11. まとめ
引用: https://d17uhz2kob7es4.cloudfront.net/images/pictures/images/000/004/899/_DSC3631-thumb_480.jpg?1508718086
コストコでも人気のオキシクリーン。 オキシクリーンは従来の塩素系の漂白剤ではなく、衣類のシミや汚れを落とす強力な洗浄力と招集力を持った酸素系漂白剤です。 アメリカをはじめ、世界各国で愛されている洗剤ブランドで、洗濯だけではなくキッチン洗浄や浴室のお掃除にも使用できる便利なアイテムとなっています。
引用: http://www.graphico.jp/oxiclean/_images/oxi.jpg
塩素系ではないため、あのツンと鼻を突きさすような刺激臭がなく、色柄物にも安心して使用できる洗浄力で家庭用の洗浄グッズとしても人気です。 今回はこのオキシクリーンを使用したお風呂の床の掃除方法をご紹介! 失敗しないコツや、使用する分量、日本製と海外製の違いなども併せてご紹介します。 驚異的な洗浄力のオキシクリーンを使って、お風呂を綺麗にして快適なバスタイムを堪能しませんか?
引用: https://www.spoonhome.com/wp-content/uploads/2016/11/oxiclean01.jpg
国内で購入できるオキシクリーンには2種類あります。 一つは日本製、もう一つはアメリカ製です。 それぞれ用途などは一緒なのですが、成分など細かいところで違いがありますので、ご紹介します。

成分の違い

引用: https://d17uhz2kob7es4.cloudfront.net/images/pictures/images/000/005/745/_DSC2796%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%92%E3%82%9A%E3%83%BC-thumb_480.jpg?1513901272
わかりやすい違いとして、成分の違いが挙げられます。 日本製は白い粉末状の洗剤ですが、アメリカ製には青いツブツブが入っています。 この青い粒は界面活性剤で、石鹸などに含まれる成分のこと。 効果としては汚れを水に溶けやすくしてくれ、簡単に洗い流せるようにしてくれます。 洗浄力が少し高くなるイメージです。 コストコではアメリカ製を購入することができます。 最近のドラッグストアでは、オキシクリーンEXなるものが販売されていますが、こちらは日本製でありながら界面活性剤が含まれています。

容量が違う

引用: https://healthy-ecohouse.com/wp-content/uploads/2017/06/170602a-middle2.jpg
日本製とアメリカ製ではケースの大きさが大きく異なります。 それに伴って容量も変わってくるのですが、日本製が約1.5㎏なのに対して、アメリカ製は約5㎏! 日本製と海外製は様々なものでスケールの違いが比較されますが、オキシクリーンもアメリカ製がかなり大きいものとなっています。

値段が違う

引用: https://pbs.twimg.com/media/DRjAl1ZVQAApFV9.jpg
容量が違えばやはり値段も変わってきます。 日本製は約1300円前後、アメリカ製は約2800円前後で購入できます。 コストコがお近くにない方は、通販電の簡単に購入できます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Iz9pYS61L.jpg
日本製はこちらから購入できます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/6154WrHLjnL.jpg
海外製はこちらから購入できます。
オキシクリーンEX2270g (原産国アメリカ) 酸素系漂白剤 粉末タイプ 詰替え不要の専用プラ容器 お手頃サイズ
価格 ¥ 2,678
洗濯はもちろん、家中のお掃除にもお使いいただけるマルチ漂白剤:オキシクリーンEXは本国アメリカで採用されている成分をそのまま粉末タイプにした酸素系漂白剤です。時間がかかっていたしみ抜きやキッチンの油汚れ、洗面所や浴室の水アカ等のお掃除も、短い時間で簡単キレイに。
引用: http://3kids-mama.com/wp-content/uploads/2016/11/320-1024x765.jpg
洗浄効果が高いオキシクリーンですが、どれほどの効果を実現できるのかイメージがしづらいと思います。 お風呂の床掃除のやり方の前に、どれくらい綺麗になるのかを先にお見せします!

洗浄前

引用: http://3kids-mama.com/wp-content/uploads/2016/11/327-1024x768.jpg
洗浄前の水垢や黄ばみが目立つ床です。 お風呂は数日程度ならさほど汚れませんが、数週間数か月と掃除しなければ目に見えた汚い汚れが…、特に数年掃除しないなんてことになったらもう大変です。 ちなみにこの写真は2年分の汚れだそうです。

洗浄後

引用: http://3kids-mama.com/wp-content/uploads/2016/11/352-1024x768.jpg
そしてこちらが洗浄後の床です! どうですか?とても綺麗になったと思いませんか? オキシクリーンを使用すれば、数年分の汚れもこれだけ綺麗にすることができます。 誰でも簡単に掃除することができますので、早速掃除方法についてご紹介していきます! ちなみに、この掃除結果については下記サイトで体験談がまとめられています♪
引用: https://aiai3312.com/wp-content/uploads/2018/06/d99874469394c23ac9bc13a3484fd4b4-300x300.jpg
はじめに、お風呂の床に水を溜めるために排水溝をふさぐ必要があります。 ふさぐ理由としては、水を溜めて床をオキシクリーンに漬けるためです。 漬けることで汚れを浮かせることができるので、多少面倒な作業ではありますが、排水溝をふさいで水を溜められる環境にしましょう。
引用: https://i1.wp.com/aiai3312.com/wp-content/uploads/2018/06/e9c70bf61c2ce23cfe6e0ce32a200d12.jpg?resize=500%2C500&ssl=1
ビニール袋でふさぐと簡単に水を溜めることができます。 薄手のビニール袋で不安な場合は二重にして使用しましょう。 排水溝のゴミ受けを取って、水を入れたビニール袋でふさぐとやりやすいです。
引用: https://i0.wp.com/aiai3312.com/wp-content/uploads/2018/06/649f3cf6ad4f1f5bbb69a22d87189b1d.jpg?zoom=2&resize=300%2C300&ssl=1
次に床にオキシクリーンを撒きます。 分量としては、アメリカ製のものでスプーン2杯分、日本製では3~4杯くらいの気持ち多めに入れるようにしましょう。 床全体に満遍なく撒いてムラがないように注意してください。
引用: https://d17uhz2kob7es4.cloudfront.net/images/pictures/images/000/004/658/_DSC2781-thumb_480.jpg?1506913969
お風呂の床の面積などで使用する分量は変化しますが、先ほどの分量をベースに付属の計量スプーン半分または1杯を目安に追加して調整していきましょう。
引用: https://i1.wp.com/aiai3312.com/wp-content/uploads/2018/06/7597b8035fb9c93e1ca1242c73719c68.jpg?resize=500%2C500&ssl=1
シャワーを使用し、40~60度のお湯で先ほど撒いたオキシクリーンを溶かしていきます。 直接オキシクリーンにシャワーをあてることで、その水圧によって泡立ち洗浄効果が高まります。
引用: https://kosouji.com/wp-content/uploads/sink0.jpg
少なすぎないように、床全体がしっかりとお湯に浸かるイメージでお湯を足していきます。 ただし、泡立ってくるとかさが増してくるので、浴室から泡やお湯が漏れないように注意しながらシャワーで泡立ててください。
引用: https://i0.wp.com/aiai3312.com/wp-content/uploads/2018/06/65080c2b021165c756232d8f8366ab94.jpg?zoom=2&resize=300%2C300&ssl=1
しっかり泡立って床全体がお湯に浸かったら、1時間ほど漬け置きします。 これによって、汚れを浮かせて取りやすくすることができ、洗浄効果がアップします。 オキシクリーンの効果は20分から6時間程度ですので、大掃除の時などはあまり長く放置しすぎないように注意してください。 目安は長くても2時間程度です。
引用: https://i2.wp.com/aiai3312.com/wp-content/uploads/2018/06/f82a051272bb1d92fe8401f3e440b47c.jpg?resize=500%2C500&ssl=1
1時間漬け置きしたら、次にブラシで床を軽くこすります。 汚れを落とそうとしてあまり強くこすりすぎると、床が傷つく恐れがありますので要注意です。 漬け置きして汚れが浮いているので、軽めのブラシでもしっかりと汚れを取ることができますよ。
引用: https://i2.wp.com/aiai3312.com/wp-content/uploads/2018/06/85adce28dbd2ddd7757404ac10ff6dfb.jpg?resize=500%2C500&ssl=1
全体をブラッシングしたら、排水溝のふさぎを取ってお湯で全体を洗い流します。 お湯で洗い流したあとは、冷たい水で再度全体的に洗い流してください。 水で洗い流すことでカビの発生を抑えることができます。 以上がオキシクリーンでのお風呂床掃除の方法です。
引用: https://storage.tenki.jp/storage/static-images/suppl/article/image/1/19/191/19181/1/large.jpg
以上、オキシクリーンでのお不利床掃除についてご紹介しました! しかし、いくら洗浄力が高いオキシクリーンでの掃除も、なるべく掃除する頻度を減らしつつ、綺麗な浴室で快適なバスタイムを過ごしたいですよね? 日々のちょっとした作業で少しでもカビや水垢の発生を防ぐことができますので、こちらも併せてご紹介します!

入浴後に60度のお湯で洗い流す

カビや水垢の原因は、浴槽などに残った石鹸カス・入浴剤・人の垢などです。 最後に入浴した人が、60度ほどの熱いお湯で浴室全体をしっかりと洗い流すことで、これらの残りかすを綺麗にすることができ。少しでも水垢やカビの発生を防ぐことが可能になります。
引用: https://aki-to-hiro.tokyo/wp-content/uploads/2018/05/oxi.png
いかがでしたか? オキシクリーンを使ったお風呂の床掃除についてご紹介しました! オキシクリーンは通販でも手に入る塩素系ではない洗剤です。 嫌な臭いもせずに強力な洗浄力を体験できますので、ぜひいつもの掃除に取り入れてみてはいかがでしょうか?
お掃除についてもっと知りたい方はこちら
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://lontopi.com/wp-content/uploads/2018/07/136168bcf73f90fa5abe20b28799c0c5.jpg