Ihua9nd53j79bsvmgx6y

韓国

CATEGORY | 韓国

韓国行くなら必須!韓国の電圧・プラグ・コンセント変換器!100均でも買える!

2018.12.05

女性に大人気の韓国、旅行しようと計画している人も多いでしょう。しかし、韓国旅行で最も注意しなければならないポイントが一つ、それは電圧・コンセントの形・プラグタイプ。今回は韓国の電圧・プラグ・コンセント変換器についてご紹介します。実は100均で揃えられますよ!

  1. 日本・韓国の電圧の違い
  2. 韓国のコンセントの形はCタイプ
  3. 韓国でコンセントを使う際の注意点
  4. 韓国旅行に行くなら電圧変換プラグが必要
  5. 日本の電化製品を韓国で使う時は電圧をチェックしておこう
  6. 韓国と同じ形のプラグを持っておけばこんな国も行けちゃう!
  7. 韓国旅行で必須の電圧変換プラグが実は100均で購入できる!
  8. 変換プラグを使わずに韓国で充電する方法は?
  9. 韓国旅行に持って行くと便利!電圧変換対応のタコ足コンセント
  10. 電圧対応のコンセント・プラグを使って快適な韓国旅行を

日本の電圧は100V・韓国の電圧は220V

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51f8j-mfiwL._SL1346_.jpg
韓国に旅行に行くならまずは電圧の違いを覚えることは絶対条件!!日本の電圧は100V、対する韓国は220Vです。なぜ覚えておかないといけないかといいますと、いざホテルで携帯や電子機器を充電しようと思っても電気が通らなかったり機器が壊れてしまう危険性があります。なので、もし韓国旅行をお考えの方はぜひ頭の片隅に入れておいてくださいね。

韓国の周波数は60Hz

電圧に続いて周波数もチェックしておかなければならないポイントです。世界の周波数は50Hzか60Hz、日本の電子機器はこの両方に対応するよう作られています。ただし、中には50Hzか60Hzに対応していないものが…その最たるものがドライヤーなどのモーターがついている電子機器です。
もし日本のドライヤーを何も知らずに韓国で使うと壊れてしまう可能性があります。なので、日本から電子機器を持って行く場合は裏のラベルで周波数をチェックしておいてください。

ヨーロッパ各国と同じコンセントの形

韓国のコンセントの形はCタイプ。これは、ヨーロッパ各国のコンセントと同じ形です。特徴としては先端が丸くなっており、日本のコンセントのように角ばった形をしていません。つまり、日本の電化製品を持っていくと使えないので韓国旅行をお考えの方はこの形を覚えておいてくださいね。

Cタイプの他にSEタイプというコンセントも存在する

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61hH8LXq3ML._SL1000_.jpg
韓国にはCタイプのコンセントの他、SEタイプというモデルも存在します。韓国のホテル内はCタイプ・SEタイプどちらのコンセントも設置。コンセントが2種類ある国は、世界中見ても珍しいでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51APF6FnqaL._SL1000_.jpg
では実際CタイプとSEタイプのコンセントはどう違うのか。取り立てて違うポイントはありませんが、SEタイプの方が少し太くコンセントの差込口も斜めです。しかし、CタイプのプラグもSEタイプのコンセントで問題なく使えますので心配する必要はありません。

関連記事

持っていく電化製品の電圧をチェックする

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81bJyRuK1gL._SL1500_.jpg
もし使い慣れた電化製品を持っていく場合は電圧をチェックすることが重要!電圧が違ったまま使用していると、最初は使えてもゆくゆく使えなくなってしまう可能性があります。事前に自分の電化製品ので夏が220Vに対応しているかどうか確認しておいてください。

コンセントに埃がついていないか確認

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51BdIajfH7L._SL1200_.jpg
二つ目はコンセントに埃がついていないかどうか。これは日本も同様ですが、もしショートして家事になったりでもしたら大惨事です。あらかじめ埃がついていないかチェックし、ついていたら簡単でいいのでサッと取っておきましょう。

変圧器が必要な場合は変圧器を使用

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61DU9aNC5JL._SL1500_.jpg
最後は変圧器の有無です。もし充電できない時は変圧器を使用する必要があります。変圧器はホテルのフロントに問い合わせれば気軽に貸してくれることが多いです。焦らずすぐに連絡しましょう。

プラグを変えるだけで日本の電化製品が使える

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61YJf8KDuYL._SL1001_.jpg
日本と電圧が違う韓国ですが、電圧変換プラグを使えば日本の電化製品が使えます1使い方は簡単。コンセント部分の先にプラグを差し込むだけです。韓国旅行に行く方はぜひ変換プラグを用意してください。

電圧が対応していないとプラグを持って行っても意味がない!

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81ZmLyiGYSL._SL1500_.jpg
前述した通り、韓国の電圧220Vに対応している電化製品でないとプラグを持って行っても使用できない可能性が高いです。電圧変換プラグを用意した時と同時に、その電化製品の電圧もチェックしておきましょう!

Cタイプ・SEタイプ両方の変換プラグを持って行けば安心

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51%2B0ZAxuUxL._SL1200_.jpg
基本的にCタイプのプラグを持って行けば問題ありませんが、ホテルによってはSEタイプしかダメという場合もたまにあり。そんな時のために、SEタイプの変換プラグも持っていくといいでしょう

関連記事

コンセントがマッチしても電圧が違えば使えない

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41jKUadezrL.jpg
自分が使い慣れているドライヤーやヘアアイロンなどを持っていこうとした時、皆さんは電圧をチェックしていますか?何度も言っていますが、韓国と日本の電圧は違うためプラグを揃えても電圧対応していなければ使えません。

無理やり使うと機器が破損・引火する可能性あり

Q2lf7vfhzp7dpgnvaabc
引用: https://www.instagram.com/p/BmYYzFng9H3/?utm_source=ig_web_copy_link
もし無理やり自分が持ってきた電化製品を使うと、最初は大丈夫でも次第に破損していくでしょう。また、そのまま使い続けているとコンセントやケーブルから火花が発生して引火する可能性があります。火事になっては大惨事なので絶対に注意しましょう。

ヨーロッパ〜アフリカまで幅広い国で対応

Tz0jpxoncehwy96qk0ue
引用: https://www.instagram.com/p/BqSVXeAl1Ym/?utm_source=ig_web_copy_link
韓国で使えるCタイプのプラグですが、実は他の国でも使えます!Cタイプのプラグが使える国は、スイス・フィリピン・ペルー・ボリビア・ガボンなど。ヨーロッパ・東南アジア・アフリカと幅広い国で対応しているため、韓国旅行が終わってもプラグを残しておくのがおすすめです。

関連記事

準備が簡単!100均の旅行小物コーナーへ行こう

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31J62VGUnUL.jpg
ここまで何度も変換プラグが必要と記述してきましたが、実は100均で購入できます。ご存知の方も多いでしょうが、100均の旅行小物コーナーに行けば手に入れられます。100均でプラグを購入できるなんて準備が簡単に済みますね!

セリア・キャンドュー・ダイソー どこの100均に行けばゲットできる?

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41reP-Xk16L.jpg
100均と言ってもさまざまで、セリア・キャンドュー・ダイソーなどたくさんのお店があります。では実際どのお店に行けば変換プラグを購入できるのか。それはダイソーです。セリアやキャンドューでは取り扱っておらず、今のところはダイソーのみなので皆さんダイソーでゲットしてください!

USBコードで充電する

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51cWWeylwNL._SL1000_.jpg
韓国旅行中変換プラグを忘れて充電できなくなってしまった場合、絶望することはありません。韓国のみならず世界中にはUSBで充電できるポートがあります。それを使えば、変換プラグがなくても充電可能。携帯やモバイルバッテリーなどの充電はできますので、安心して韓国旅行を楽しめますよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81rGiKXLPmL._SL1500_.jpg
USBポートはホテルはもちろん、人気のカフェやレストラン・ファーストフード店にあります。移動中もし充電がなくなりそうな場合、休憩がてらカフェに入って充電してしまえばいいでしょう。

関連記事

一気にたくさんのものが充電できる!一つ持っていると便利な優れもの

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ED8N8u8TL._SL1435_.jpg
電圧変換プラグを持っていくのは当然大事ですが、もう一つ持っていくとおすすめのものがあります。それは、タコ足コンセント。皆さんもご存知いくつも差込口があるアイテムで一つ持っていくと便利です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/6180dgRp9EL._SL1500_.jpg
ホテルてコンセントの数が限られていますよね。しかし、タコ足コンセントがあれば充電できる機器が一気に増えます。大手の家電量販店やネットで購入できるので韓国に旅行する方はぜひ検討してみてください。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/21mWpkZLBXL.jpg
韓国旅行をするために充電問題は解決して欲しいポイントですね。韓国の電圧に対応したプラグ・コンセントを持っていって、快適で素晴らしい旅行を楽しみましょう!

韓国についてもっと知りたい方へ