Wlinarlzkdvgowv6hqfq

マスク

CATEGORY | マスク

濡れマスクの作り方!乾燥する季節に!ガーゼなしでも塗れマスクは作れる!

2018.11.14

乾燥が厳しくなる冬場には、喉の保湿効果もある濡れマスクがおすすめです。ガーゼなどを使った濡れマスクの作り方なども人気で、ガーゼない場合は布やキッチンペーパーなどで対応する事も出来ます。子どもの風邪予防にも最適な、濡れマスクの作り方をご紹介致します。

  1. 濡れマスクの作り方は意外と簡単!
  2. 濡れマスクにはどんな効果があるの?
  3. 濡れマスクの作り方!【不織布マスク編】
  4. 濡れマスクの作り方!【ガーゼマスク編】
  5. 濡れマスクの作り方!【アレンジ編】
  6. 濡れマスクの作り方!①:精油マスク
  7. 濡れマスクの作り方!②:加湿器とセットで手作り!
  8. 濡れマスクの作り方!③:風邪予防対策セット!
  9. 濡れマスクの作り方!④:ティッシュも使える!
  10. 濡れマスクの作り方が面倒な方におすすめの商品!①:おやすみ濡れマスク
  11. 濡れマスクの作り方が面倒な方におすすめの商品!②:アイリスオーヤマ
  12. 濡れマスクの作り方が面倒な方におすすめの商品!③:のどぬ〜るぬれマスク
  13. 濡れマスクの作り方が面倒な方におすすめの商品!④:のどぬ〜るこどもマスク
  14. 濡れマスクの作り方!乾燥する季節に!:まとめ
Nybhb5dwbk6vszh6xe7k
乾燥が気になる季節が近づくと、外出でもマスクなどを着用する人も増えてきますが、喉の乾燥や風邪予防には濡れマスクの方がより効果的であるといわれています。 ガーゼなどを使って簡単に作る事が出来る濡れマスクですが、布ガーゼない場合でもキッチンペーパーやコットンなどで代用する事もできます。
Q5fpghpaghmmwolqhtsw
引用: https://www.pinterest.jp/pin/711709547336916353/
最近では、布ガーゼマスク意外にも市販されている不織布マスクなども上手に活用する事がおすすめです。 そこで今回は、子ども~大人まで喉の感想対策や風邪予防に最適な、濡れマスクの作り方をご紹介していきたいと思います。
Ba9p2ucxqfac7wqxmiz1

①:乾燥予防

X1ossbfefeyf1rfqduc4
喉や鼻が乾燥する事で、最近が付着しやすく炎症を起こしやすくなるリスクがあります。 濡れマスクには、乾燥から喉や鼻を守る効果があり、インフルエンザや風邪が流行してくる冬場には、風邪対策としても非常に有効的だとされています。

②:唇の乾燥予防

Tkwycrfkhsomzifv5k3k
冬場は非常に唇も乾燥しやすく、子どもから大人までリップクリームが手放せない方も多いと思います。 濡れマスクをする事で、唇の乾燥も合わせて予防する事が出来ます。

③:ほうれい線対策

Oqbissuu2msvscxee4xy
乾燥は肌に取っても老化などを悪化させる大敵でもあります。特にほうれい線は乾燥する事で深くなってしまう為、濡れマスクで加湿する事でほうれい線をケアする事もできます。

④:いびき予防

T3fjzbktbxwqfz2nbwfg
引用: https://www.pinterest.jp/pin/817262663600040552/
寝ている時に濡れマスクをする事で、いびきや睡眠時無呼吸症候群を予防にもつながります。寝ている間に口呼吸をしてしまう事で、起こりやすくなるいびき対策としてもおすすめです。

⑤:声帯の保護

Etshq24pcrrv9wzhbcpx
声を使うお仕事をしている方に取っては、喉の乾燥は大敵です。濡れマスクは、声帯を保護する目的としても非常に有効的とされています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71DxaV9h2KL._SL1500_.jpg
基本的な濡れマスクは、布ガーゼを1~2枚、不織布マスク2枚(子ども用の場合は小さめのマスク)を用意し、布ガーゼを濡らしていきます。 濡らした布ガーゼを不織布マスク2枚で挟み込み、完成です。 非常に簡単な為、子どもから大人まで手軽に手作りする事ができます。
Bksee1gzsrtrc7pl7rkc
引用: https://www.pinterest.jp/pin/744079169658261040/
ガーゼマスクを使った濡れマスクの作り方は、ガーゼマスクの上部分を3分の1程度を外側に折り曲げ、折り曲げた部分の真ん中のみを水で濡らしていきます。 耳にかける紐や折り曲げた所が濡れないように注意し、鼻は出した状態で口だけを覆うようにしてマスクを装着しましょう。
Gwbp00ud8gy18gadrryf
引用: https://www.pinterest.jp/pin/42995371422662190/
家に布ガーゼない場合などは、キッチンペーパーやコットンなどでも代用する事ができます。 基本の濡れマスクの作り方を知っておく事で、自分で使いやすい濡れマスクにアレンジする事ができおすすめです。 また、肌に直接触れても良いラベンダーやティーツリーなどの精油を濡れマスクに使用することも◎ですし、水でなくフローラルウォーターなども使うことも香りが良くおすすめです。
こちらの動画では、乾燥予防の他にもほうれい線対策にも効果的なアロマオイルを使用した、市販のマスクと布カーゼ(布ガーゼない場合は、キッチンペーパーで代用可)で作るおすすめの濡れマスクの作り方をご紹介しています。精油は、肌に直接触れても大丈夫なラベンダーやティーツリーなどがおすすめです。 子どもから大人まで、冬の喉の乾燥対策や風邪予防に効果的なおすすめの濡れマスクの作り方です。
こちらの動画では、就寝時の喉の乾燥を予防する為に手作りの加湿器と濡れマスクの作り方をご紹介しています。子どもから大人まで、冬の喉の乾燥対策や風邪予防に効果的なおすすめの濡れマスクの作り方です。 用意する物は、市販のマスク2枚とコップ、キッチンペーパー5枚、コットンまたは布ガーゼ、布ガーゼない場合はティッシュなどで代用しましょう。手作りの加湿器は、枕元に置いておく事で非常に効果的です。
こちらの動画では、手作りの濡れマスクの作り方から、風邪に効果的なうがい薬、ルームスプレーの作り方などをご紹介しています。子どもから大人まで、冬の喉の乾燥対策や風邪予防に効果的なおすすめの濡れマスクの作り方です。 濡れマスク作りに必要な材料は、100均などでも買える霧吹きや水、使い捨てマスク×2、ティシュー2枚(布ガーゼやガーゼない場合はキッチンペーパーやコットンで代用も可です。)
こちらの動画では、不織布マスクとローズウォーターを使った、濡れマスクの作り方をご紹介しています。ローズウォーターを濡らす為にティッシュを活用していますが、布ガーゼや布ガーゼない場合は、キッチンペーパーなどでも代用は可能です。
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/hl1_alphax424604
潤いシルクのおやすみ濡れマスクは、天然のシルクをマスクに使用した、非常に保湿力の高いおすすめ商品です。喉の乾燥だけでなく、唇の潤いケアや寒さ対策、ほうれい線対策としても効果的です。
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/pinkdiamondsouhonten_enh-012
アイリスオーヤマのアロマ保湿ぬれフィルタマスク付きは、リラックス効果のあるラベンダーの香りが心地よい、ワンタッチ取り付けが可能のぬれフィルターが採用されたおすすめ商品です。
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/soukai_4987072032398
のどぬ〜るぬれマスク 立体タイプは、たっぷりの水分をフィルターに蓄えることが出来る、おすすめ商品です。約10時間も潤い効果が続き、無香料タイプなので香りが苦手な方にも使う事ができます。
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/soukai_4987072032428
こちらは、ぶどうの香りがする子ども向けに作られた、のどぬ〜るぬれマスクです。ウイルス飛沫を99%もカットしてくれるので、風邪が流行る保育園や幼稚園、小学校などでも使う事が出来ます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61fwNWUIR6L._SL1000_.jpg
乾燥する季節に、子どもから大人までおすすめの濡れマスクの簡単作り方やアレンジ方法などをご紹介させて頂きましたが、如何でしたでしょうか。濡れマスクは、喉の乾燥予防だけでなく、ほうれい線対策やいきび予防、唇の乾燥予防などの効果もあります。
作り方も簡単で、家にあるガーゼマスクや不織布マスクを利用して作る事ができ、布ガーゼや布ガーゼない場合は、キッチンペーパーやコットンなどで代用する事が出来ます。これからインフルエンザや風邪が流行しやすくなるため、しっかりと喉を保護し、風邪予防を徹底して行いましょう。最後まで読んで頂き、有難うございました。

マスクの記事なら、以下もおすすめです!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61YaG-UH9SL._SL1000_.jpg