2018年11月04日 UPDATE

早起きのコツ紹介!3日坊主でも簡単にできるおすすめの方法!快適な朝を持続!

学生・社会人必見!誰でもすぐ簡単にできるおすすめ早起きのコツ特集!早起きが苦手、持続しないという方も多いと思います。今回は、簡単にすぐにできるおすすめ早起きのコツをご紹介。便利なアプリもご紹介します!効果を実感して快適な朝を迎えましょう♪

目次

  1. 【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】早起きは三文の徳
  2. 【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】メリット1.朝食時間の確保
  3. 【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】メリット2.通勤ラッシュを避けられる
  4. 【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】メリット3.自分の時間を増やせる
  5. 【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】コツ1.就寝までの行動を変える
  6. 【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】コツ2.就寝時の習慣を変える
  7. 【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】コツ3.起床時の習慣を変える
  8. 【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】コツ4.意識を変える
  9. 【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】おすすめの早起きアプリ
  10. まとめ

【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】早起きは三文の徳

160127morning w960
引用: https://assets.media-platform.com/glitty/dist/images/2016/01/160127morning-w960.jpg

まずは早起きのメリットから知りましょう。早起きは三文の徳ということわざがあるほど、早起きがもたらす効果というのは本当にすごい効果を持っています。

Woman waking up motivated
引用: https://www.alsat-m.tv/wp-content/uploads/2017/06/woman-waking-up-motivated.jpg

一日の行動が活発になったり、体調がよくなったりと、身体的な効果だけではなく精神的な部分への効果もあります。また、最近の睡眠研究では、早起きすると幸福度にも繋がってくる要素もあると言われています。

朝早い学生さんも社会人の方にも非常におすすめの効果です。早速早起きのメリットをチェックしていきましょう。

【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】メリット1.朝食時間の確保

Img mainimg
引用: https://www.hotelkeihan.co.jp/yodoyabashi/breakfast/images/img_mainimg.jpg

早起きすることで、朝の朝食時間を確保することができます。朝食をとらないという方もいると思いますが、朝にゆっくりと朝食時間を確保すると、朝からエネルギーをチャージ出来て、パフォーマンスの最大化に繋がります。

6890e35573746bd94ffa2ff4270af39b t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/68/6890e35573746bd94ffa2ff4270af39b_t.jpeg

学生の勉強も社会人の仕事も、朝から最高のパフォーマンスでこなせたら最高ですよね?朝食には脳を活性化させる効果があるので、朝から最大パフォーマンスで過ごすことができるようになります。

【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】メリット2.通勤ラッシュを避けられる

Adpdsc 6988 750x500
引用: https://free-materials.com/adm/wp-content/uploads/2018/03/adpDSC_6988-750x500.jpg

学生の通学にとっても、社会人の通勤にとっても最も厄介なのがやはり朝の通勤ラッシュではないでしょうか?朝から無駄に疲れてしまいますよね・・・。

1c12abb24d96d5964bca9608639d0afc t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/1c/1c12abb24d96d5964bca9608639d0afc_t.jpeg

しかし、朝早く起きていつもより早い出発をすることで、通勤ラッシュを避けることができるのです。朝のあの嫌な時間が、ちょっと早く起きるだけで避けられる・・・とk何が得ると、どうでしょうか。少し早起きしてみたくなりませんか?

【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】メリット3.自分の時間を増やせる

1601064top
引用: http://googirl.jp/img/16/01/1601064top.jpg

朝早く起きると、自分の自由な時間を確保することに繋がります。自由な時間が増えれば、趣味に費やしたりやりたかったことができたりと、充実感を得る行動をたっぷり取ることができます。

Kenta832kyujitu tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KENTA832kyujitu_TP_V.jpg

学生の方なら勉強や趣味など、社会人の方ならの残っている仕事にも着手できますし。新しい資格の勉強などにも時間をあてることができます。

【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】コツ1.就寝までの行動を変える

03 thinkstockphotos 472932856 1024x683
引用: https://www.d-healthcare.co.jp/content/uploads/2016/08/03_ThinkstockPhotos-472932856-1024x683.jpg

それでは早速早起きのコツをご紹介します!早起きした時の快適な目覚めを迎えるには、就寝前の夜の行動がカギとなっています。簡単にできる行動ばかりですので、ぜひ試してみてください。

カーテンを開けておく

Sy130701 0105
引用: http://www.inxhosoi.co.jp/wp-content/uploads/sy130701-0105.jpg

人間の身体は太陽を浴びることで目覚めモードになります。あらかじめカーテンを開けたままにしておくと、簡単に太陽を浴びることができるのでおすすめです。

晩酌を控える

40309267
引用: https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/40309/40309267.jpg

お酒を飲むことで寝つきが良くなると思い、晩酌をする方も多いかと思います。ですが、この考え方はあまりおすすめしません。お酒の量にもよりますが、アルコールは睡眠の質を下げるので、なるべく控えるようにしましょう。特に社会人の方は仕事終わりの一杯が幸せだと思いますが、週末以外は控えたほうが良いです。

【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】コツ2.就寝時の習慣を変える

533
引用: https://setsuzoku.nifty.com/cms_image/setsuzoku/koneta/161104000158/533.jpg

次に就寝時の習慣に関するコツをご紹介します。ちょっと変えるだけで、劇的に朝の早起きが変化します。

温度や湿度を調整する

9d82d78a faec 4af5 aeae d16f6b6bcc64
引用: http://denryoku-jiyuka.net/system/item_images/images/000/025/269/medium/9d82d78a-faec-4af5-aeae-d16f6b6bcc64.jpg?1452474241

寒い冬に特に言えることですが、寒さは早起きの敵です。そのため、予め部屋を暖めておくと、起きるときもスムーズに起き上がることができます。暖房などのつけっぱなしは経済的に良くないので、タイマー設定を活用して、目覚める時間の1時間まえを目安に設定しましょう。

経済的にも良く、お金のない学生さんや節約中の社会人の方にもすぐに試すことができる方法です。

ブルーライトなどの光を浴びない

Tips sp title
引用: https://suiminkaigi.jp/wp-content/uploads/2017/04/tips-sp-title.jpg

学生の方も社会人の方も、勉強や仕事・プライベートで寝る前にスマホやPCを触る方もいるのではないでしょうか?

スマホやPCからは、ブルーライトという睡眠に悪い光を放っています。目が冴えてしまい、睡眠の質が下がってしまう原因となり、しっかり寝たつもりでも脳が眠れていなく、次の日の朝から眠い・・・なんてことにも。就寝前はスマホやPCの使用を控えましょう。

睡眠アプリを使用する

Pixta 29245809 m
引用: https://www.sumaho-cover.com/blog/wp/wp-content/uploads/2018/07/pixta_29245809_M.jpg

近年の睡眠化学を基に作られた睡眠サポートアプリがたくさんリリースされています。無料で使えるアプリも多く、アラームサポート式のものや、睡眠導入音楽を流せるアプリなど、睡眠アプリの種類は様々。後述でおすすめアプリをご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】コツ3.起床時の習慣を変える

150507 refresh morning w960
引用: https://assets.media-platform.com/lifehacker/dist/images/2015/04/150507_refresh_morning-w960.jpg

夜、寝る前の行動を変えたら、次は朝の行動も変えてみましょう。起床時の行動や習慣を変えるだけで、早起きが非常に快適になることもあります。

起きたらすぐに朝日を浴びる

02 thinkstockphotos 480862533 1024x683
引用: https://www.d-healthcare.co.jp/content/uploads/2016/08/02_ThinkstockPhotos-480862533-1024x683.jpg

先述のコツで、カーテンを開けて眠るとご紹介しましたが、そこに繋がってくる早起きのコツです。起きてすぐに太陽を浴びることで身体が目覚めモードになり、脳が活性化します。

水を飲む

Clip image001
引用: http://media.phununews.vn/staticFile/Subject/2018/03/19/69747/clip_image001.jpg

起床時に水を飲むことで、身体を覚醒する効果を得られます。睡眠中、無意識のうちに汗をかき、起床時には身体の水分量が著しく低下しています。

身体の水分量が減ると、血液がドロドロになります。この状態で目覚めると、全身に血が回らず目覚めの悪さに繋がります。水を飲むことで、血液がさらさらになり全身を巡るため、身体が活性化します。

【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】コツ4.意識を変える

04 thinkstockphotos 471817400 1024x683
引用: https://www.d-healthcare.co.jp/content/uploads/2016/08/04_ThinkstockPhotos-471817400-1024x683.jpg

精神的な部分になりますが、気持ちを変えるだけで人間の身体はそれに応えようと脳と共に活性化します。継続が大切ですが、すぐにできることなのでぜひ実践してみてください。

動機や楽しみを持つ

例えば朝起きたときに食べられる朝食に幸せを感じたり、趣味に着手できる幸福度を感じたり、などの、朝起きることでこういう楽しみが待っているんだという気持ちを持つことで、早起きも自然と楽しみになってきます。

無理をしずぎない

やらなきゃと強く思うばかりに、それが作業として認識してしまっては心のゆとりがなくなりストレスへと変わってしまいます。早起きは頑張るけど、眠たいときは眠る、くらいのスタンスで続けましょう。

特に学生の方も社会人の方もアルバイトや仕事で夜遅くに返ってくることもあるでしょう。疲れているときは、自分を甘やかしてあげてください。

【簡単持続・快適に効果実感!おすすめ早起きのコツ】おすすめの早起きアプリ

20120330jail03 cs1e1 x480
引用: https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/082/82044/20120330jail03_cs1e1_x480.jpg

最後に、おすすめの早起きアプリをご紹介します。無料で手に入るので、簡単に試すことができますよ♪

熟睡アラーム

6d9919668f1fbfc9e532fa115900148d7425f485.jpg?ixlib=rails 2.1
引用: https://d3imh5q5dnm5ub.cloudfront.net/press_component/item_part_images/000/028/852/6d9919668f1fbfc9e532fa115900148d7425f485.jpg?ixlib=rails-2.1.4&auto=compress&q=75&lossless=0&w=500&h=500&fit=clip&s=bfb8b3edb63f8ec1b27bd5af25217fbc

日本睡眠学会の教授が監修している、睡眠のためのアプリです。研究データに基づいた睡眠論から、眠りへの導入を促す音楽機能や、アラームを止める際のミニゲームなど、快適な睡眠と起床に必要な要素が、科学的根拠から採用されています。

東京西川の睡眠アプリ

9db1c293fbe8ff508e1c2f42ceccdbb023652891.jpg?ixlib=rails 2.1
引用: https://d3imh5q5dnm5ub.cloudfront.net/press_component/item_part_images/000/028/851/9db1c293fbe8ff508e1c2f42ceccdbb023652891.jpg?ixlib=rails-2.1.4&auto=compress&q=75&lossless=0&w=500&h=500&fit=clip&s=a42c7e247d6a8469ae8d2efdad2dac85

人気寝具メーカーの西川が開発した睡眠アプリ。アラーム機能は、端末の加速度センサーを利用したシステムで、最も眠りが浅い時間を選んで起こしてくれる機能となっています。

まとめ

Imasia 2824606 m e1428661379987
引用: http://column.cocooru.com/wp-content/uploads/2015/03/imasia_2824606_M-e1428661379987.jpg

いかがでしたか?今すぐにでもできる簡単な早起きのコツをご紹介しました!費用をかけずにすぐにでもできるものばかり、合う合わないも簡単に試せるので、だまされたと思って一度試してみてください♪

早起きや睡眠についてもっと知りたい方はこちら

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://conlabo.jp/wp-content/uploads/2017/04/123801601.jpg