Soxlw2z1pq0hda6mfcyn

ボディケア

CATEGORY | ボディケア

ヨガベーシックのポーズや流れ、順番は?その効果まで徹底チェック

2019.03.23

ヨガベーシックとは何か知っていますか?単純にポーズを決めるだけだと思っていませんか?ここではヨガベーシックで得られる効果や詳しいポーズ解説、そしてポーズを決めるだけではない、奥深いヨガベーシックの魅力をご紹介させていただきます。

目次

  1. ヨガベーシックとは
  2. ヨガベーシックの流れ
  3. ヨガベーシックの代表的なポーズと順番
  4. ヨガベーシックのポーズ解説
  5. ヨガベーシックのポーズで得られる効果
  6. ヨガベーシック全体を通した効果
  7. ヨガベーシック【瞑想】
  8. ヨガベーシック【おすすめヨガマット】
  9. ヨガベーシック【おすすめヨガウェア】
  10. ヨガベーシックまとめ
Fetigd2ngrfquauexmje
引用: https://www.instagram.com/p/BvNY5-Mn02u/

ヨガとは、3つの要素から成り立っています。アーサナ(ポーズ)、プラーナヤマ(呼吸)、メディテーション(瞑想)です。ヨガベーシックでは呼吸法を正しく整えることに重点を置き、そこにヨガの基本的なポーズを添えていき、それにより精神的な安定や健康的な体を目指していくものです。

ホットヨガなどと比べ、感じる疲労感が少なく、無理のない基本のポーズで進めていくので誰でも安心して始めることができます。

ヨガベーシックの基本的なポーズや流れ、順番、効果などをまとめてみました!

関連記事

①呼吸観察

②体をほぐすポーズ

③四つん這い・座りポーズ

④立ちポーズ

⑤寝ポーズ

⑥安らぎのポーズ

①呼吸観察・安楽座

ヨガのポーズは呼吸とセットです。正しい呼吸法を身に着けてからポーズに進みましょう。

②首回しの運動

ウォーミングアップを行いましょう。

③マツヤアサナ(魚のポーズ)

④ワーユ・ムクティ・アーサナ(赤ちゃんのポーズ)

身体をほぐすポーズです。

⑤座位のガルーダアサナ(鷲のポーズ)

⑥ゴームカアサナ(牛面のポーズ)

座位のポーズです。

⑦マルジャリアサナ(猫のポーズ)

⑧アド・ムカ・シュヴァーナアサナ(下向きの犬のポーズ)

四つん這いのポーズです。

⑨ウッティタ・トリコナアサナ(三角のポーズ)

⑩ヴィラヴァドラアサナⅡ(英雄のポーズⅡ)

立ちポーズです。

⑪セツバンダアサナ(橋のポーズ)

⑫ブジャンガアーサナ(コブラのポーズ)

Yvplnjr2jdlws7o75sq5
引用: https://www.instagram.com/p/BvBt0bzF_yv/

寝ポーズです。

⑬シャバアサナ(屍のポーズ)

安らぎのポーズです。

全体の流れやポーズの順番をご紹介します。

①呼吸観察・安楽座

座骨を床に着けてあぐらで座る(安楽座)。この姿勢で『片鼻呼吸法』を行っていきます。①片方の鼻の穴を薬指で押さえ、『左で息を吸って、左で吐く』『右で息を吸って、右で吐く』②薬指と親指で片鼻を抑えながら『左で吸って、右で吐く』『右で吸って、左で吐く』と交互に順番に息を吸い分けます。

これをヨガ独特の呼吸法『ナディショーダナ』といいます。この呼吸法で現在の息のしやすさなどを確かめることができます。

1 / 4