Ntiozyivovwbsyooxyk8

レシピ

CATEGORY | レシピ

美味しい焼き芋を長く味わいたい!焼き芋の保存・解凍方法と美味しい食べ方!

2018.10.29

さまざまな食べ方ができるさつまいも。寒い時期には焼き芋が人気の食べ方ですよね。今回はそんな焼き芋の保存方法を常温、冷蔵庫、冷凍庫に分け、解凍方法や美味しい食べ方をご紹介。正しい保存・解凍方法で長く日持ちさせて焼き芋やアイスとして秋の味覚を楽しみましょう。

目次

  1. 焼き芋を冷凍保存!?解凍も簡単!
  2. 食べ方色々 美味しい焼き芋や焼き芋アイスなど・・・
  3. 【焼き芋を冷凍保存・解凍 美味しい食べ方】焼き芋・さつまいもの保存方法
  4. 【焼き芋を冷凍保存・解凍 美味しい食べ方】焼き芋・さつまいもを常温で保存&日持ちは?
  5. 【焼き芋を冷凍保存・解凍 美味しい食べ方】焼き芋・さつまいもを冷蔵庫で保存&日持ちは?
  6. 【焼き芋を冷凍保存・解凍 美味しい食べ方】焼き芋・さつまいもを冷凍で保存&日持ちは?
  7. 【焼き芋を冷凍保存・解凍 美味しい食べ方】焼き芋におすすめのさつまいもの種類は?
  8. 【焼き芋を冷凍保存・解凍 美味しい食べ方】冷凍保存したさつまいもの解凍方法
  9. 【焼き芋を冷凍保存・解凍 美味しい食べ方】冷凍保存したさつまいもをお湯で解凍
  10. 【焼き芋を冷凍保存・解凍 美味しい食べ方】冷凍保存したさつまいもを電子レンジで解凍
  11. 【焼き芋を冷凍保存・解凍 美味しい食べ方】冷凍保存したさつまいもをオーブンレンジで解凍
  12. 【焼き芋を冷凍保存・解凍 美味しい食べ方】冷凍保存したさつまいもをトースターで解凍
  13. 【焼き芋を冷凍保存・解凍 美味しい食べ方】冷凍保存したさつまいもを炊飯器で解凍
  14. 【焼き芋を冷凍保存・解凍 美味しい食べ方】冷凍さつまいもの美味しい食べ方
  15. 【焼き芋を冷凍保存・解凍 美味しい食べ方】冷凍保存した焼き芋を半解凍して焼き芋アイスに!
  16. まとめ

暑い夏が終わり、過ごしやすい気候の秋は食欲の秋と言われるほど色々な物が美味しく感じられますよね?人それぞれで秋に食べたくなる物は異なりますが、スーパーやコンビニなどで気軽に購入できる焼き芋は秋の味覚の代表格とも言えるでしょう。今回は、そんな焼き芋の保存方法や解凍方法、美味しい食べ方を紹介していきます。

焼き芋の原料となるさつまいもは、炒め物やサラダなどさまざまな料理に変化する優れた食材です。その中でもホクホクしっとりとした食感や香りがクセになる温かい焼き芋は肌寒い時期に重宝します。また、その焼き芋を冷凍すれば焼き芋アイスなどのスイーツまで楽しめちゃう。さつまいもの種類によって味や触感が異なるので、色々な種類で試してみてくださいね。

さつまいもの保存方法をご存知ですか?野菜類ってとりあえず冷蔵庫に入れておけば大丈夫と思っている方もいるかもしれませんが、日持ちの面を考えると一概にそうとも言い切れないものもあるんです。ここからは焼き芋と加工する前のさつまいもの保存について紹介していきます。

さつまいもは寒さに弱い食べ物なので、常温(冷暗所)での保存が理想です。しかし、水洗いされたものはこの限りではありません。自宅で収穫された物や近所の方から分けていただいた物などは、水洗いをせず1つずつ新聞紙などでくるんで、保存するのがおすすめです。大量にある場合は段ボールに入れ、空気の通り穴を開けて保存すれば、1か月から3か月ほど日持ちします。

さつまいもを焼き芋にして常温保存することも可能です。夏のような暑い時期には常温保存は避けた方がいいですが、比較的涼しい時期なら常温保存も選択肢に入れることができます。常温保存される場合は新聞紙などでくるんで保存しましょう。日持ちの目安は1~2日ほどで、食べかけやカットしたものは常温保存に向かないので、冷蔵庫や冷凍庫で保存するのがおすすめです。

さつまいもは基本的に常温保存が望ましい食べ物ですが、冷蔵庫で保存することもできます。その際はさつまいもを新聞紙などでくるみ野菜室に入れて、直接冷気が当たらないようにしてください。切ってしまった場合はタッパーなどに入れ、さつまいもが被るくらいの水を入れれば保存することができます。冷蔵庫で保存する場合の日持ちの目安は、新聞紙でくるみ野菜室に入れた場合は約1週間、水に浸した場合は2~3日ほどです。(水に浸す場合は毎日水を交換する必要があります。)

1 / 4