2018年11月02日 UPDATE

最新カーナビおすすめ厳選【2018】価格や性能を徹底比較!人気商品を紹介!

カーナビも今やいろんな機能や多数の性能があり、人気な商品も価格やメーカーによったりとさまざまですよね。今回はそんな2018年最新のおすすめカーナビを比較してご紹介します。最新のカーナビの選び方やおすすめのカーナビを比較しますので、ぜひチェックしてみてください

目次

  1. おすすめ最新カーナビ【2018】最新の人気カーナビは?
  2. おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能①:2DINタイプ
  3. おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能②:ポータブルタイプ
  4. おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能③:1DINタイプ
  5. おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能④:記録媒体を比較して選ぶ
  6. おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能⑤:SSDタイプ
  7. おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能⑥:メモリータイプ
  8. おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能⑦:メーカーを比較して選ぶ
  9. おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能⑧:パイオニア
  10. おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能⑨:パナソニック
  11. おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能⑩:ユピテル
  12. おすすめ最新カーナビ【2018】人気カーナビ3製品を比較!
  13. おすすめ最新カーナビ【2018】人気製品比較①:ユピテル YPB753
  14. おすすめ最新カーナビ【2018】人気製品比較②:パナソニック ゴリラ CN-G510D
  15. おすすめ最新カーナビ【2018】人気製品比較③:パイオニア VIC-RW301
  16. まとめ

おすすめ最新カーナビ【2018】最新の人気カーナビは?

今や車に乗る方の必需品になっているのがカーナビですよね。最近ではスマートフォンのナビアプリも普及していますが、電池の消費が激しかったり画面が小さく見にくいなど不便な点が多いため、カーナビのニーズはまだまだ高いと言えます。

また、最近のカーナビは多機能なうえ低価格なので、スマホアプリを使うよりもカーナビを購入した方がずっと快適です。今回はカーナビの種類や選び方、おすすめ製品の比較などをまとめたので、是非カーナビ選びの参考にしてみてください。

おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能①:2DINタイプ

まずは設置方法の違いから見ていきましょう。主に大きく分けて3つの設置タイプがあり、1つ目は2DINタイプというものです。いわゆる一体化と呼ばれるもので、配線が露出しないタイプなので見た目もすっきりしていますし、大画面というのも特徴です。

おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能②:ポータブルタイプ

61mchkhuw7l. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61MCHkHUW7L._SL1000_.jpg

ポータブルタイプは取り外せるようになっていて、主にダッシュボードの上に設置することが多いです。価格帯がリーズナブルに設定されているものが多いですが、その分機能を最低限にとどめたものが多く、カーナビを使い倒したいという方にはあまりおすすめできません。

とはいえ、スマホアプリよりは快適ですし手軽に設置することができるので、とりあえず道案内してくれるカーナビが欲しいという方におすすめです。

ベルソス 2018年版 7インチ ワンセグ るるぶ地図搭載 ポータブルナビゲーション [ VS-EG002 ] 最新地図データ オービス情報 旅行ガイドブック200冊分収録
価格 ¥ 9,300

おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能③:1DINタイプ

1DINタイプは、画面を1DINサイズに内蔵し使用する際に画面が出てくるタイプのカーナビです。本体は助手席の足元やシートの下になど離れた場所に設置できるので、2DINタイプでは大きすぎて取り付けれられない車種におすすめです。

おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能④:記録媒体を比較して選ぶ

Ghdtpc2i8koebfhb3iw6

地図データや道のり、また音楽ファイルを記録するメディアは以前だとHDDが主流になっていましたが、最近ではSSDとメモリータイプの2つが主流になっています。2つのそれぞれの特徴を詳しくご紹介していきます。

おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能⑤:SSDタイプ

Wfjxpbyuteviledl2tjh

この数年で大きくシェアを伸ばしているのが、パソコンなどでも多く採用されているSSDです。なんといっても処理速度が速く、起動してからの立ち上げや地図データの読み込みなども高速で処理することができ、ストレスを感じずにカーナビを操作することができます。デメリットとしては、メモリータイプと比較すると少々値が張る点が挙げられます。

おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能⑥:メモリータイプ

Fwbnm1rpyzpcmqwz15do

メモリータイプはほとんどのカーナビで採用されている記録媒体で、価格帯が安いモデルに多く使われています。前述したように以前はHDDが主流でしたが、衝撃に弱かったりまたカーナビに求められる容量などに合わせて最近ではメモリータイプが多く採用されるようになってきました。

SSDと比べてしまうと遅く感じられることもありますが、それほど速い処理などを望まないのであれば、できるだけ価格の安いメモリータイプを選ぶのも良いでしょう。

おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能⑦:メーカーを比較して選ぶ

Fkeq9vhjuqwniviiuua3

信頼のおけるメーカーのカーナビを購入するという方法もありますよね。カーナビのメーカーはいくつもありますが、それぞれ特徴や機能が異なるのでチェックしてみましょう。今回は3つの人気メーカーをご紹介します。

おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能⑧:パイオニア

71gons0dw8l. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71GOns0Dw8L._SL1500_.jpg

パイオニアは、なんといってもオーディオの技術が極めて高く、世界でも人気の日本メーカーです。GPSを搭載したカーナビを世界で初めて出したのもパイオニアなんですよ。オートバックスでも人気のメーカーで売上No.1をあげているメーカーでもあります。

機能の特徴としては、渋滞や工事の情報をリアルタイムで地図に反映し最適なルートを案内してくれる機能や、使いやすく簡単で見やすい点に特化した機能があります。

カロッツェリア(パイオニア) ヴォクシー80系専用 サイバーナビ 10型ワイド カーナビ AVIC-CE900VO
価格 ¥ 129,800

おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能⑨:パナソニック

91txzl%2bgpbl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91txZl%2BgPBL._SL1500_.jpg

パナソニックは家電を中心に販売している日本の電機メーカーです。主な製造ジャンルが家電なことから、ブルーレイを搭載したカーナビや地デジチューナーを搭載したものなど、家電ならではの機能を搭載したカーナビが特徴と言えるでしょう。

近年では大きな画面がつけられなかった車種のために、大画面が装着できる「フローティング構造」というものを開発し大きな話題にもなっています。

パナソニック カーナビ ストラーダ CN-RE04WD フルセグ/VICS WIDE/SD/CD/DVD/USB/Bluetooth 7V型ワイド CN-RE04WD
価格 ¥ 61,000

おすすめ最新カーナビ【2018】性能と機能⑩:ユピテル

81lkcnudghl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81LkcNUDgHL._SL1500_.jpg

ユピテルはあらゆる分野の製品をエレクトロニクス技術で開発、製造しているメーカーです。カーナビ、ドライブレコーダー、エンジンスターターなど自動車部品の製造にも長けています。ユピテルのカーナビの特徴は、なんといっても価格の安さです。

低価格なのに品質も高く、特にポータブルタイプのカーナビではシェアNo.1を誇っています。機能の多さでは他メーカーと比較すると少ないですが、価格や手軽さを重視する方にはおすすめのメーカーです。

ユピテル 7インチ ワンセグ内蔵 レーダー探知機機能付きポータブルカーナビ YPB742
価格 ¥ 18,899

おすすめ最新カーナビ【2018】人気カーナビ3製品を比較!

Xvuqptngelfj0lsbgf8h

カーナビの種類や選び方を把握したところで、実際にカーナビを比較していきます。おすすめのカーナビ3つをピックアップしてご紹介していきますが、まずはカーナビ選びに重要な比較ポイントをチェックしておきましょう。

比較ポイント①:ポータブルか嵌め込みか

一番最初に説明したように、カーナビは大きく分けて、ポータブルタイプのものと嵌め込みタイプのものがあります。この違いによって大きく使い心地が異なるので、ポータブルタイプか嵌め込みタイプか、まずは確認することが重要です。

比較ポイント②:機能と価格のバランス

最近では高機能なカーナビが続々登場していますが、高機能なほど価格も高価になります。安価でも性能に優れたカーナビもあるので、欲しい機能と価格のバランスがとれているかチェックしましょう。

おすすめ最新カーナビ【2018】人気製品比較①:ユピテル YPB753

【Amazon.co.jp限定】ユピテル 7インチ ポータブルカーナビ YPB753 ワンセグ 取締り情報収録 マップル旅行ガイドブック130冊分収録 2017年地図/ロードサービス1年無料付帯
価格 ¥ 17,980

ユピテルのAmazon限定7インチポータブルカーナビです。性能は同メーカーのYPB743と同じですが、取扱説明書が付いていない分、価格が安くなっています。1万円台で購入できることもあり、ポータブルカーナビの中では非常に人気のある商品です。

おすすめ最新カーナビ【2018】人気製品比較②:パナソニック ゴリラ CN-G510D

パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G510D 5インチ ワンセグ SSD16GB バッテリー内蔵 PND 2017年モデル
価格 ¥ 25,400

パナソニックのカーナビ人気シリーズ「ゴリラ」の5インチ2017年モデルです。5インチディスプレイのポータブルタイプということで、小型車にぴったりのサイズですね。SSD16Gを搭載しており、たくさんの情報を詰め込むことができます。

おすすめ最新カーナビ【2018】人気製品比較③:パイオニア VIC-RW301

カロッツェリア(パイオニア) 楽ナビ 7型ワイド カーナビ ワンセグ AVIC-RW301
価格 ¥ 35,037

パイオニアのカーナビ「カロッツェリア」は、ハイエンドモデルの「サイバーナビ」とスタンダードモデルの「楽ナビ」の2モデルで展開していますが、こちらはお手頃価格の「楽ナビ」でドライブをアシストしてくれます。

まとめ

スマホアプリがあるから…とカーナビを入れなかったことを後悔していませんか?最近のカーナビは手頃な価格のものも多く、ポータブルタイプであれば簡単に設置できるので、いまから購入するのも遅くないですよ。人気メーカーの製品や機能を比較して、ぴったりのカーナビを見つけてみてください。

車についてもっと知りたい方へ