Ultamszv86lchosdawbu

対策

CATEGORY | カテゴリー

地震対策!家庭の備えまとめ!グッズや持ち物・家具の対策やシェルターを紹介!

2018.10.17

いつくるか分からない大地震…。事前の対策や備えが必要ですが、地震対策とは具体的に何をすれば良いのでしょうか。家具の固定など家庭でできる備えから、必要な持ち物・食べ物などの防災グッズを紹介します。家庭用耐震シェルターの導入を検討する方も増えていますよ。

目次

  1. 【地震対策】地震の備えとして必要なグッズや持ち物は?
  2. 【地震対策】必要な家庭の備えは?①:非常食
  3. 【地震対策】必要な家庭の備えは?②:防災グッズ
  4. 【地震対策】必要な家庭の備えは?③:家具の固定
  5. 【地震対策】必要な家庭の備えは?④:応急手当の方法を確認
  6. 【地震対策】必要な家庭の備えは?⑤:連絡方法の確認
  7. 【地震対策】必要な家庭の備えは?⑥:避難所の確認
  8. 【地震対策】必要な家庭の備えは?⑦:耐震シェルター
  9. 【地震対策】必要な家庭の備えは?⑧:耐震補強
  10. まとめ
Mzpmbjxie15ghnhxj5ib

日本各地で大きな地震が発生し、南海トラフ大地震がいつ起こるか分からないと言われている今、地震への備えは非常に重要になっています。いざ地震が起こってから慌てないように、非常食などの食べ物や防災グッズはしっかりと備えておきたいですね。

また、食べ物や持ち物を備えて安心するのではなく、非常時の連絡の取り方や避難場所などをしっかりと家族で確認しておくことなども重要ですよ。家庭でできる地震の備えをまとめたので、チェックしてみてください。

生きていく上で最も重要なのが食べ物や飲み物ですよね。地震が起こって断水したり流通がストップしたりすると食べ物の確保が難しくなるので、水や非常食の準備をしておきましょう。一般的には、3日分の食べ物と飲み物の備えが必要だと言われているので、家族の人数×3日分の非常食を用意します。

必要な食べ物①:水

人間が1日に必要とする水分は体重などより異なりますが、約2リットルだと言われています。つまり、2リットル×家族の人数×3日分の飲み水の用意が必要ということになりますね。実際には食べ物から摂取できる水分もありますが、水は多めに用意しておいた方が良いでしょう。

必要な食べ物②:保存食

災害用に用意しておく食料は、長期保存ができるレトルトおかゆや缶詰がおすすめです。お湯を入れるだけで簡単に料理できるものや、料理不要の非常食を用意しておきましょう。また、カロリーメイトなどの高カロリー栄養食を用意しておくと、手軽にエネルギーを摂取できます。

電気・ガス・水道などのライフラインが断たれることにより、さまざまな不便が生じます。また、避難所での生活を想定して、必要になる持ち物を用意しておきましょう。セット売りのものもありますが、それだけ購入して安心するのではなく、自分や家族に必要な持ち物をしっかりと確認する必要があります。

必要な持ち物①:非常持ち出し袋

緊急事態が発生したときにすぐさま持ち出せるように、防災グッズをひとつにまとめたリュックなどの防災袋を用意しておきましょう。防災袋の中身は、水や非常食の他、応急手当セットやラジオ、常備薬など生活していくのに必要なものを詰めておきます。

必要な持ち物②:防寒用品

寒い季節に地震が起こった場合、防寒対策が非常に重要になってきます。特に、寒い地方に住んでいる方は暖房器具が使えないとなると生命の危機にもつながるので、電気が止まったケースを想定して備えをしておきましょう。コンパクトに収納されていて、いざというときに使えるエマージェンシーシートやアルミシートなどもおすすめです。

1 / 4