Cls15uwtvakaehzmfvnp

中国

CATEGORY | カテゴリー

断易の方法とおすすめ書籍【2018】古代中国で行われていた方法をコインでできる?

2018.10.10

古代中国から伝わる六十四卦によって占う方法の断易ですが、専用のサイコロや筮竹がなくてもコインで行うことができ、その書籍も販売されていますので、まず書籍で勉強してみるのがおすすめです。今回は2018年版、断易の方法やおすすめの書籍などについてご紹介します!

目次

  1. 2018年版・断易の方法やおすすめの書籍をご紹介!
  2. 【2018年版・断易の方法やおすすめの書籍をご紹介】コインで断易を行う方法
  3. 【2018年版・断易の方法やおすすめの書籍をご紹介】おすすめの書籍①断易入門
  4. 【2018年版・断易の方法やおすすめの書籍をご紹介】おすすめの書籍②鬼谷古法・断易精蘊
  5. 【2018年版・断易の方法やおすすめの書籍をご紹介】まとめ

断易といのは、2000年以上も前の古代中国から伝わる占いの方法で、サイコロ・筮竹といった道具を使い、六十四卦を十二支などから導き出して占う方法です。テレビなどでも街角で長い棒を持った易者の姿を見たことがあるのではないでしょうか。素人には難しく感じられる占いの断易ですが、専用のサイコロや筮竹と呼ばれる棒がなくてもコインによって占う方法もあります。

断易は、周易と同様にコイン・サイコロ・筮竹(ぜいちく)などを用いて「六十四卦」を作り、卦を構成する六つの爻(こう)に十二支を割り振り、その十二支と占った時の月・日をからめて判断していく中国の占術です。易卦(えきか)の形を利用しながら、十二支の陰陽五行による生剋関係などを使って判断していくため、「易の形を借りた干支術」ともいわれています。また、五行易(ごぎょうえき)・納甲易・鬼谷易(きこくえき)・漢易・三文易とも呼ばれます。

今回は2018年版、古代中国かた伝わる断易のコインを用いての占い方法やおすすめの書籍についてご紹介いたします。

コインを用いての断易の方法をご紹介いたします。用意した3枚のコインをサイコロのように6回振り、六十四卦を導き出します。用意するコインは何でも構いません。

下記はコインでの断易を行うための詳しい紹介です。六十四卦の一覧なども参考にしてみてください。

1/3