2018年10月10日 UPDATE

断易の方法とおすすめ書籍【2018】古代中国で行われていた方法をコインでできる?

古代中国から伝わる六十四卦によって占う方法の断易ですが、専用のサイコロや筮竹がなくてもコインで行うことができ、その書籍も販売されていますので、まず書籍で勉強してみるのがおすすめです。今回は2018年版、断易の方法やおすすめの書籍などについてご紹介します!

目次

  1. 2018年版・断易の方法やおすすめの書籍をご紹介!
  2. 【2018年版・断易の方法やおすすめの書籍をご紹介】コインで断易を行う方法
  3. 【2018年版・断易の方法やおすすめの書籍をご紹介】おすすめの書籍①断易入門
  4. 【2018年版・断易の方法やおすすめの書籍をご紹介】おすすめの書籍②鬼谷古法・断易精蘊
  5. 【2018年版・断易の方法やおすすめの書籍をご紹介】まとめ

2018年版・断易の方法やおすすめの書籍をご紹介!

断易といのは、2000年以上も前の古代中国から伝わる占いの方法で、サイコロ・筮竹といった道具を使い、六十四卦を十二支などから導き出して占う方法です。テレビなどでも街角で長い棒を持った易者の姿を見たことがあるのではないでしょうか。素人には難しく感じられる占いの断易ですが、専用のサイコロや筮竹と呼ばれる棒がなくてもコインによって占う方法もあります。
断易は、周易と同様にコイン・サイコロ・筮竹(ぜいちく)などを用いて「六十四卦」を作り、卦を構成する六つの爻(こう)に十二支を割り振り、その十二支と占った時の月・日をからめて判断していく中国の占術です。易卦(えきか)の形を利用しながら、十二支の陰陽五行による生剋関係などを使って判断していくため、「易の形を借りた干支術」ともいわれています。また、五行易(ごぎょうえき)・納甲易・鬼谷易(きこくえき)・漢易・三文易とも呼ばれます。

今回は2018年版、古代中国かた伝わる断易のコインを用いての占い方法やおすすめの書籍についてご紹介いたします。

【2018年版・断易の方法やおすすめの書籍をご紹介】コインで断易を行う方法

コインを用いての断易の方法をご紹介いたします。用意した3枚のコインをサイコロのように6回振り、六十四卦を導き出します。用意するコインは何でも構いません。
下記はコインでの断易を行うための詳しい紹介です。六十四卦の一覧なども参考にしてみてください。

【2018年版・断易の方法やおすすめの書籍をご紹介】おすすめの書籍①断易入門

30877522 main l
引用: https://img.omni7.jp/co/productimage/0001/product/93/1101786093/image/30877522_main_l.JPG
断易のおすすめ書籍①は、東洋書院から出版されている「断易入門」です。まずは断易を一から学ぶにはおすすめの書籍です。
本書は、故・菅原壮先生が昭和四四年(一九六九)茅楊会より発行されました復刻本であります。  再刊にあたって月刊誌『易学研究』(六編)・月刊誌『実占研究』(三編)に連載された九編に「断易用語集」を増補しました。管見ですが言わば「菅原壮著作集」といえましょう。  初版は大熊茅楊教室講習会に使用されたテキストを底本に単行本として上梓したもので、精緻に体系化され、なお実践的に著された内容は『断易学=・五行易学』の名著として斯界では高く評価されておりますが、当初の発行部数が少なく、幻の稀覯本となっており、古書値もかなり高価で入手困難な実情であります。  ここに書籍・文献としてあるべき本分として、多くの読者の要望にお応えするべく再刊し、広く江湖に提供することにいたしました。

これから、断易を始めてみようという方にはおすすめの書籍ですが、入手困難となっているようです。

Images?q=tbn:and9gcs8r8j3xd xz3k pmslcvl9jlkdhc2zyckpjogm2n9ooccqt8yo
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS8r8j3XD_xz3k-pmslcVL9jLKDhC2zycKpjoGm2n9OOccQT8yO

【2018年版・断易の方法やおすすめの書籍をご紹介】おすすめの書籍②鬼谷古法・断易精蘊

Images?q=tbn:and9gcsebqcj0vxcg39so32z9y4s6yeg5zeh 6 wfyxglaj4t8bknj7z
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSEBQCj0vXcG39SO32z9y4S6yeg5ZeH_6_WFyxGlAJ4T8bKNJ7z
断易のおすすめ書籍②は八幡書店から出版されている鬼谷古法・断易精蘊です。こちらの書籍も基本からしっかり学ぶことができます。
多少でも断易をかじったことのある方にとっては、九鬼盛隆の『断易精蘊』といえば説明の必要はある まい。また古神道に関心のある人も、友清歓真が本書の著者と一時期交流をもち、易占を学んでいたこと、また二人で青年霊媒本田亀次の憑霊現象に立ち会った エピソードなどから、本書の題名ぐらいはご存知であろう。実際、友清歓真は『天行林』で断易についてかなり詳しく言及している。一般に、断易は易のなかで は異端とされる一方、古来、易占の名人は密かに断易を密用していたといわれている。しかし、中国でも断易、五行易というと偽書、偽説が多く、実は信頼でき る参考書というのは本書しかないのは、広く易学関係者の認めるところである。

ご自分の運命を切り開いていくために、断易精蘊で断易を基本から学んでみてください!きっと人生の道しるべとなり、成功へと繋がることでしょう。

I img768x768 1526039976qlkqsk29049
引用: https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0405/users/99cb573bb175b733294d06220606bdfc34066d34/i-img768x768-1526039976qlkqsk29049.jpg

中国文化に興味がある方はこちら!

占いに興味がある方はこちら!

【2018年版・断易の方法やおすすめの書籍をご紹介】まとめ

いかがでしたか?今回は2018年版、古代中国から伝わる占い方法である断易の、コインでの占ない方やおすすめの書籍についてご紹介してきました。断易を学び、ご自分の運命をぜひ占ってみてください。幸運の人生を切り開くための参考になるはずです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmVxE0UDjFj/?tagged=%E6%96%AD%E6%98%93