Zk5aamuhpmixqoiy3jie

恋愛

CATEGORY | 恋愛

1月の誕生花の意味や花言葉紹介!誕生日プレゼントにもおすすめ!育て方も!

2018.10.10

1月生まれの方、あなたの誕生花は?マーガレットでしょうか?それともスイートピー?意外に知らない方が多いようです。そこで1月の誕生花の意味や花言葉についてご紹介します。大切な方の誕生花や意味、花言葉も知っておけば、誕生日プレゼントにもできるのでおすすめです。

目次

  1. ◆はじめに~誕生花って何?
  2. 1月の誕生花の意味や花言葉紹介!誕生日プレゼントにも♪❶スノードロップ
  3. 1月の誕生花の意味や花言葉紹介!誕生日プレゼントにも♪❷水仙
  4. 1月の誕生花の意味や花言葉紹介!誕生日プレゼントにも♪❸クロッカス
  5. 1月の誕生花の意味や花言葉紹介!誕生日プレゼントにも♪❹スミレ
  6. 1月の誕生花の意味や花言葉紹介!誕生日プレゼントにも♪❺マーガレット
  7. 1月の誕生花の意味や花言葉紹介!誕生日プレゼントにも♪❻スイートピー
  8. 1月の誕生花の意味や花言葉紹介!誕生日プレゼントにも♪❼プリムラ
  9. 1月の誕生花の意味や花言葉紹介!誕生日プレゼントにも♪❽ラナンキュラス
  10. ◆まとめ~1月の誕生花の意味や花言葉紹介!

誕生花は、生まれた月日にちなんだ花のことを指します。しかし、誕生花の起源や考え方、由来、また誰が決定しているのかなどについては、国や地域によって異なるようです。

日本国内でも、誕生花と日にちの定義はどうやらはっきりしていないようです。お花に関係する職業の方たちの事情もあるようです。花によっては、マーガレットのように複数の誕生日の誕生花となっているものもあります。しかしあまり気にせずに花にまつわるエピソードを楽しみましょう。今回は1月の誕生花です。

スノードロップは、1月1日や16日の誕生花とされています。日本語にすると「雪の雫(しずく)」。その通り、とても小さくて可憐な花です。冬の終わりから春先にかけ花を咲かせ、春を告げる花として知られています。

花言葉

花言葉は「慰め」「希望」「恋の最初のまなざし」などがあります。

由来は、キリスト教の伝説にあります。エデンを追われたイヴが地上で初めて迎えた冬の日に、野原の草花が無くなった一面の雪原に嘆いていました。そこに現れた天使がイヴを慰めるために、降っていた雪をスノードロップに変えたのです。このことから希望と慰めの意味を持つとされています。

育て方

球根で育ちます。種子から育てることもできますが、この場合は花が咲く大きさの球根に育つまで数年かかります。

スイセンは1月3日や16日の誕生花とされています。日本でも野山にも咲いておりおなじみですが、もともとはポルトガルやスペイン、北アフリカなどの地中海沿岸、暖かい地域で自生していた外来種です。黄と白の2色があり、さわやかなイメージです。

花言葉

「うぬぼれ」「自己愛」と、その清楚なイメージからかけ離れているような気がしますが、由来は下に示したギリシャ神話にあります。

ナルキッソスは、その美しさにさまざまな相手から言い寄られたものの、高慢にはねつけ恨みを買った。そんな彼への呪いを聞き入れた復讐の女神ネメシスにより、水鏡に映った自分自身に恋してしまった。水面の中の像は、ナルキッソスの想いに決して応えることはなく、彼はそのまま憔悴して死ぬ(水面の像に接吻をしようとして溺死したという説もある)。そして、その体は水辺でうつむきがちに咲くスイセンに変わった、というものである。だからこそスイセンは水辺であたかも自分の姿を覗き込むかのように咲くのである。

何とも悲しいお話ですが、誕生日プレゼントにもおすすめの美しさです。

育て方

市販の球根を買って花壇や鉢に植えて育てます。難しいのが、一定の寒さが必要ということ。寒さに当てないと開花しないという性質を持っています。晩秋に球根を買い、植えて育てます。

1月3日と31日の誕生花のクロッカス。スイセンと同じように南ヨーロッパの暖かい地域が原産ですが、日本でも春を告げるガーデニングのお花として定着しています。

1 / 3