Ab982ybfgplkyyi3yyjc

暮らし

CATEGORY | カテゴリー

クリスマスローズの花言葉まとめ♪種類別の意味は?咲く時期や特徴も!

2018.10.04

冬の時期に咲く、うつむきかげんのクリスマスローズは、可憐な雰囲気が人気。色も多く、種類によって特徴も異なります。花言葉にもさまざまな意味や由来があります。合格祈願などの贈り物にもおすすめです。そこでクリスマスローズの種類や花言葉の意味についてご紹介します。

目次

  1. ◆はじめに~クリスマスローズってどんな花?
  2. クリスマスローズの花言葉まとめ♪種類別の意味は?❶特徴
  3. クリスマスローズの花言葉まとめ♪種類別の意味は?❷花言葉
  4. クリスマスローズの花言葉まとめ♪種類別の意味は?①私を忘れないで
  5. クリスマスローズの花言葉まとめ♪種類別の意味は?②不安を救う・いたわる
  6. クリスマスローズの花言葉まとめ♪種類別の意味は?③中傷・スキャンダル
  7. ◆まとめ~クリスマスローズの花言葉まとめ♪種類による意味は同じ!

12月から4月に花期を迎えるクリスマスローズ。ややうつむきかげんに花を咲かせる姿が、バラ科のバラとは違って控えめな印象があり、とても可憐に見えます。花が少ない時期の冬に咲くという点や、趣も深くて気品ある姿から「冬の貴婦人」とも呼ばれています。では名前の通り、バラ科なのでしょうか? その特徴について、次からご紹介していきます。

特徴は次の通り。草丈は高いもので 30~40cm ほどあり、意外に大振りです。そして花びらに見えるのは花弁ではなく「がく片」です。(沖縄のブーゲンビリアなども、色がピンクに見える部分は花弁ではなく、やはりがく片です)。色は、白、黄、赤、緑など多くの色合いがあります。さらに「スポット」と呼ばれる斑点がある種類も。このように、色を始めとし、さまざまな表情を楽しめる点も、クリスマスローズが人気の理由です。

気になるローズという名前ですが、実はバラ科ではなく、「キンポウゲ科ヘレボルス」の植物です。同じ仲間に、クレマチス、ニリンソウ、トリカブトなどがあります。

種類は、「ヘレボルス・ニゲル」「ピュアホワイト」「アプリコット・シングル」「ホワイト・スポット」「ルーセブラック」「ローズカメレオン」などが代表的です。

1/4