Xllctkpjbjwkf9e0nqzg

DIY・ハンドメイド

CATEGORY | カテゴリー

DIY初心者のための基礎知識&便利工具まとめ!簡単作品アイディア・注意点も!

2018.10.03

DIYの基礎となる便利工具や簡単な作品選びってどうやるの?、DIYの注意点って何?今回は、そんなDIY初心者でも分かりやすいよう、基礎知識や便利工具の選び方、注意点などを説明してまいります。そして、DIY初心者でも簡単に作れるアイディアDIY作品もご紹介していきます。

目次

  1. DIYって何をするの?DIY初心者のための基礎知識
  2. DIY初心者でも基礎から分かる その1 DIYブームの理由
  3. DIY初心者でも基礎から分かる その2 使いやすい便利工具をご紹介
  4. DIY初心者でも基礎から分かる その3 仕上がりがワンラックアップする3つの便利な材料をご紹介
  5. DIY初心者でも基礎から分かる その4 覚えておくと便利な注意点
  6. DIY初心者でも基礎から作れる その1 便利なDIYキット
  7. DIY初心者でも基礎から作れる その2 DIYの便利アイテム「フォトフレーム」の簡単小物DIY作品をご紹介
  8. DIY初心者でも基礎から作れる その3 便利な100均アイテムを使ったアイディア作品をご紹介
  9. DIY初心者でも基礎から作れる その4 DIYの便利アイテム「すのこ」を使ったアイディアDIY作品をご紹介
  10. 便利な材料を使えば、基礎からでも簡単にDIYにチャレンジできますよ
Grgscjthrtsdysrpxosc

最近テレビや雑誌などでよく目にする「DIY」ってどのような意味かご存知ですか?

まずは、DIYの基礎知識について簡単に見ていきましょう。

DIYとは「Do It Yourself(自分でやってみる)」というフレーズの各頭文字を取った言葉です。

最近よく言われているDIYの意味は、特に「身の回りのものを自分でつくる」という意味合いが強いです。

自宅で使う家具や壁紙の補修などの大掛かりなものから、フォートフレームやアクセサリーなどの小物作りまで、分野は様々あります。DIY初心者の方は、まずは小物の制作から始めてみるとハードルがあまり高くないのでおすすめです。

J1xholfn38bxlchxbvjw

では、なぜDIYブームが到来していると思いますか?
ここでは、最近のDIY人気が高い理由を解説していきます。

・費用を比較的安価に抑えられる。

まず、1つ目の理由として挙げられるのは、費用面での利点です。既製品を買ったり、専門の業者に依頼したりすると高額になるところも、自分でやればほとんどの場合費用を抑えることが可能です。

・自分好みのモノを作ることができる。

自分の好みやその場所の雰囲気に合わせたDIY作品を作ることができます。特にサイズに関しては、既製品ではスペースにぴったり合うものを探すのはなかなか難しいですよね。しかし、自分で作ればサイズもばっちり希望に沿うモノが作れます。

・InstagramなどのSNSの普及

これまでDIYでいろいろなモノを作っていた方は、自分で満足していたか、もしくは家族・親しい友人に披露して終わっていたと思います。

しかし、SNSが普及し、自分で作ったものを気軽に発表できる場所ができました。そのため、自分の作品を披露する場所や人に評価してもらえる場所ができ、同じ趣味をもつ人と情報交換ができるるようになりました。DIYは一種の自己表現の手段となっているのです。

1/5